2017年 08月 07日 ( 2 )

NC700Sのバッテリー交換。ACデルコの出来の悪さに手を焼いた件

NC700S、少し前から時々セルの回り始めに「ためらい」を感じる事がしばしば。

この秋で丸5年、寿命でしょうね。交換しましょう。

NC700Sに搭載されているのはGSユアサのYTZ12S。
互換で安くあげる場合、ポピュラーなのは台湾ユアサのTTZ12Sあたりみたいですが、私はレガシィで使って信頼しているACデルコのDTZ12Sにしてみました。

ヨドバシ通販で6,120円、さらに612ポイントと、安かったし。
3,4日くらいで届きました。
e0045768_22262380.jpg
さて交換。バッテリー液は別添えになっていなかったので、既に注入済みの模様。
e0045768_22272592.jpg
161015の刻印。普通に考えれば2016年10月15日の製造でしょう。

まずは古いバッテリーの取り外し。NC700Sのメンテハッチを開けましょう。
e0045768_22285244.jpg
NC700Sを購入してすぐの11月に、ETCを取り付けるために開けて以来のご対面。
e0045768_22323881.jpg
余った電源コードやらアンテナ線やらを隙間に押し込んであります。
あまり見たくなかった景色。^^;
e0045768_22340373.jpg
YTZ12S、5年間ご苦労さん。

後日、近所のガソリンスタンドでレガシィの給油ついでに引き取ってもらいました。

あとは新しいバッテリーを載せ替えて、接続するだけ、

・・・?

バッテリーのターミナルにバイク側電源線の端子がハマらん???

ボルトの穴の位置が合わなくて、ボルトがまっすぐに入らないし、ターミナルと端子が平行にピッタリ合わない。そんなバカな。

いったんバッテリーを下ろします。
e0045768_22364435.jpg
こっ、こういう事か・・・。

右の新車装着バッテリーYTZ12Sに対し、左のACデルコDTZ12Sは赤い矢印部分の寸法が非常に小さいために、車体側の金具が本体部分に干渉して接続できないという始末。

ACデルコ、やってくれるわ。どこが互換なんだよ。色も違うし、金属の素材も安物か?

方法は2通り。(買い替えるというのはもちろん除外して。)
穴を削って広げるか、本体部分を削ってスペースを作るか。

金属が削れる丸棒やすりは持っていないので、カッターナイフで対応できそうな後者で。
削り過ぎて臓物が飛び出したらどうしようと、ドキドキしながらシコシコ削ります。
e0045768_22403323.jpg
こんなもんか。角に非常に小さな穴が顔を出したのが気になりますが、見なかった事にしておこう。

ACデルコ、オートバイ用バッテリーの欠点がもう一点。

ターミナルの内側に入れる受けの四角いナット、これが小さいのですぐにパタンと倒れてしまい、なかなかボルトとかみ合ってくれない。

狭いところに工具やら指やら突っ込んで、イライラする作業です。蚊には刺されるし。
ちゃんと虫よけスプレーしてきたのに。

元のユアサYTZ12Sはこのような作り。
e0045768_22442494.jpg
六角ナットがキッチリはめ込まれており、後方にずれない様に本体が成形されています。
素晴らしい。ちゃんと作業性を考慮した設計になっています。

なんとか接続できましたよ。
e0045768_22455522.jpg
バッテリーを外したので時計がリセットされています。
時間合わせをして作業終了。

やれやれ、ACデルコには振り回されたな。
クルマ用は持ち運びに便利なハンドルが気が利いていて気に入っていたのに、同じメーカーの製品とは思えないくらいの出来の悪さ。ガッカリです。
あとはバッテリー本来の性能が劣っていなければいいけど。

後日、インターネットで同じような話が出ていないかと探してみたら、ありました。
こちらの方のアマゾンのレビュー、バイクとバッテリーの型番は今回と違うものの、言っている事・事象は全く同じです。

やっぱりバイク側が悪いんじゃないよね、ACデルコの設計が配慮不足。

この方は私のように本体プラスチックではなく、端子穴を削って対応されたそうです。

大事な事なので、改善される期待を込めてもう一度、

「ACデルコのオートバイ用バッテリーはお勧めできません。」

疲れを感じつつ、部屋に戻って携帯電話を開くと、
e0045768_22521231.jpg
うわ、こっちもリセットされているよ!

これの交換用バッテリーはもう入手できないんだから、ヤメテ。



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-07 22:59 | バイク | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳⑦ ~ 針ノ木岳→扇沢

チンタラ台風5号、早く抜けてくれればいいのですが。

 ・・・

針ノ木岳、頂上で粘ったかいがあり、立山連峰と黒部湖の絶景を堪能しました。
体も冷えてきたし、そろそろ戻るとしましょうか。
e0045768_21122819.jpg
赤沢岳方面の稜線をずっと歩いて、時計回りに扇沢に降りるルートも素晴らしいそうですが、ウチの体力とペースではもう一泊しないとキツそう。
e0045768_21163681.jpg
次々と湧いては消えていく雲と山々。見飽きない眺めです。
e0045768_21172376.jpg
e0045768_21173265.jpg
名残惜しいですが、出発。
e0045768_21175472.jpg
e0045768_21180631.jpg
向こうは蓮華岳。コマクサ、可愛かったな~。
帰り道で油断して落ちないように、慎重に。
e0045768_21184179.jpg
e0045768_21190017.jpg
最後の急傾斜を下りると針ノ木小屋。
e0045768_21194707.jpg
11:30、お湯を沸かして昼食にしました。
e0045768_21204641.jpg
小屋からもこんなに素晴らしい眺めが楽しめたんだ。
昨日も今朝も真っ白で何にも見えなかったのに。
e0045768_21270873.jpg
トンガリ槍ヶ岳も見えました。
e0045768_21313163.jpg
デザートは白桃ゼリー。小屋での夕食に出たものですが、食べずに取っときました。^^;
e0045768_21331083.jpg
12時前に小屋を出発。
e0045768_21353918.jpg
再び扇沢を目指します。下界はまた暑いんだろうなぁ・・・。
e0045768_21364500.jpg
最初は砂利道をジグザグに。昨日は辛かったけど下りはサクサクと。
e0045768_21361675.jpg
e0045768_21374990.jpg
雪渓の下から雪解け水がほとばしります。
e0045768_21381539.jpg
e0045768_21382579.jpg
雪も不安定だし、岩も慎重に見極めないと動いちゃいます。
e0045768_21392562.jpg
さて再びの雪渓。アイゼン装着で下ります。

昨日の大雨でたっぷり水を吸った雪はすっかり緩み、グサグサのザクザク。
ウチのオモチャみたいなアイゼンは全く効きません。フラットに足を置くように気を付けてもすぐにズルッと滑ります。
二人でオタオタ踊っている横を、きちんとした装備のグループが涼しい顔をしてスタスタと追い越していきます。やれやれ。

考え方を変えて、つま先を持ち上げ、踵を雪にめり込ませて足場を作るように足を下ろしてみたら、この方がまだ歩きやすかったです。
e0045768_21440475.jpg
私もヨメも3回ずつくらい尻もちついたかな。1回は2~3m、滑っちゃいました。^^;

それにしても下りは早いです。特に雪渓は圧倒的に早いしラク。
50分ほどで雪渓区間を通過しました。登りのちょうど半分です。

アイゼンを外して片付けていると、歩いてきた辺りにガスが湧いてきました。
e0045768_21480158.jpg
e0045768_21481233.jpg
幻想的。

ここからは再び山道。雪渓は涼しくてラクだったのに、上り下りが多くて大変だし、天気もすっかり良くなって暑くなり、汗が流れます。
e0045768_21500845.jpg
大沢小屋で休憩。小屋の中が涼しくて生き返ります。トレッキングポールを収納するヨメ。
ここの湧水は実に美味しいです。飲めるだけ飲んだ後、空いたボトルに目いっぱい、いただいて帰りました。
e0045768_21521257.jpg
e0045768_21522134.jpg
夏山ですなぁ。スバリ岳と赤沢岳の間くらいが見えているのでしょうか。
e0045768_21575311.jpg
e0045768_21581583.jpg
この辺りはブナ林。いい雰囲気です。
e0045768_21583831.jpg
e0045768_21585331.jpg
待ってくれ~。
e0045768_21591218.jpg
振り返ると針ノ木雪渓。
e0045768_22001416.jpg
e0045768_22002660.jpg
あ、トロリーバス♪ 帰ってきました。
e0045768_22010026.jpg
「山を思えば人恋し 人を思えば山恋し」

あぁ、楽しかった。また来たいな。次は縦走で。
e0045768_22015692.jpg
15:10。お疲れさんでした。下界はやっぱり暑い。

駐車場、3,000円はちと応えるけど、やっぱり何かと施設に近いのはラク。枠も広々、荷物を広げても気兼ねないし。
e0045768_22031921.jpg
大沢小屋で調子に乗って水を飲み過ぎたせいか、トイレに直行。^^;

蛇口の水が冷たいと思ったら、関電トンネル「破砕帯」の水だそうで。へ~。

汗で濡れた服を着替え、売店へ。
e0045768_22045332.jpg
ヨメさんはソフトクリーム、私はコカコーラ。
500mlボトルしかなくて多いかと思ったのですが、すぐに飲んじゃいました。

(まだ続く。^^;)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-07 22:17 | 山歩き | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

11/23~25、多治見「焼..
at 2017-12-13 21:51
エキサイトブログの画像容量を..
at 2017-12-12 21:32
ホンダ、新型レジェンド
at 2017-12-12 21:26
11/23~25、多治見「焼..
at 2017-12-11 22:30
GJアテンザ、タイヤチェーン..
at 2017-12-10 22:38

最新のコメント

> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:38
おはようございます。 ..
by ししとー at 06:30
> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:58
おはようございます。 ..
by ししとー at 06:06
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:17
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:28
> たか++さん バン..
by t_bow2002 at 20:04
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:24
> たか++さん ..
by t_bow2002 at 22:31
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ