<   2007年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧

SL230で林道ツーリング ~ 吉和、湯来方面

今日もうちの奥さんは風邪…。

ついているほどの事もない様子なので、本日もバイクでお出かけ。

十方山に登り損ねたので、代わりに十方山林道を目指す事に決定。

国道2号線~五日市から県道41号~魚切ダム経由~湯来町で国道488号~と最短距離で目指します。
本多田先はいまだに工事中で通行止め。立派な「雲出トンネル」(中はとっても寒かった)を抜けて、もみのき森林公園前を通過。
e0045768_21253024.jpg

水仙が道端を彩っていました。

吉和からは林道「大向長者原線」で北上。
昨年秋は工事による通行止めで引き返したのですが、今日は全線通行可でした。
明るくて雰囲気のいい道ですが、完全に舗装されてしまって寂しい限りです。
悔し紛れに脇道(高圧線の鉄塔の保守道路)にそれてみたり。

国道488号にいったん合流、いよいよ本日のメインステージ、十方山林道!
e0045768_2134151.jpg

ガーン!

完全に道路封鎖状態。入り口に完全なゲートを設置するのみならず、奥にもう一つバリケード、さらには重機で道を塞いでいます。
e0045768_21372551.jpg

いよいよ本気だな、「独立行政法人緑資源機構」。
e0045768_2138289.jpg

工事看板を見ると、現在施工中の工事は今年8月一杯でいったん終了になっていますが、
そんなもんじゃなさそうです。

中国地方屈指のロングダートとしてオフロード愛好者の聖地だった十方山林道、その歴史にも終止符が打たれるのでしょうか…。

仕方ないので引き返します。
まだ走り足りないので、そこらじゅうで目に付いた林道に突入!
でも十方山林道を走れなかった心の傷は癒えません…。

湯来町で、以前から気になっていた林道を探す事にしました。
伏谷近辺から「阿弥陀山」の中腹を横切っている道が下からよく見えていたんです。

入り口は知らなかったので、適当に探しながら走ります。
(こんなブラブラ走りができるのがSL230のいいところ。)
e0045768_2158756.jpg

どうやら牧草地に迷い込んだようです。
でも目指す林道は前方に近づいてきました。

なんとか「太田川林業地基幹線」に到着。ぐんぐん高度を上げていきます。
e0045768_221677.jpg

空が広い…。

路面はキレイなアスファルト舗装ですが…。

結局、ダートは最後の工事中の100m程度だけでした。残念!
e0045768_2233564.jpg

眺めは最高!
いつも走っている国道433号はもちろんのこと、遠くは広島市内の街並みや海まで望めます。

しかし、この林道もなんだか何のために作っているのかよくわからない道でした…。

最後にもう一本、「窓ヶ山林道」。
ここも舗装寸前ですね。道の端に木杭が打ってあります。
路面も舗装するための砕石が敷かれており、乾いて滑りやすく、走りにくいです。

そのまま広島市安佐南区の奥畑に抜け、帰宅しました。

本日の走行約160kmでガソリン4.66L。34.3km/L。

ガソリン、来月から値上げらしいですね。(T_T)

--------------------------

帰宅後、まだ時間があったのでバイク屋さんによってオイル交換。

いつもホンダ純正ですが、なんと在庫切れ。
「割引するから」ということで、高級オイル「MOTUL(モチュール)300V」を入れました。

モチュールなんて、学生時代以来です。
あの頃はバイクにかける金には糸目つけていなかったからなぁ。

「絶対良さが体感できますよ!」ということでしたが、
そういえば、ちょっと回転がスムーズになった、ような…、
シフトが軽くなった、ような…、気もします。笑

帰宅後、まだ明るかったのでアクセルの遊びを調整しました。
(どうも最近、遊びが大き過ぎる気がしていたので。)
グリップ側でも調整できるのですが、せっかく整備性のよい単気筒エンジンということで、
キャブレター側で調整、遊びを少なくしました。
フィーリングがどのくらい変わるか、楽しみです。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-30 22:42 | バイク | Comments(2)

VTR1000F ~ ツーリング、益田

今日もいい天気!

山にでも登ろうかと計画していたのですが、奥さんが体調不良のため延期。
FIRESTORM号で出かけました。

時間もあるし、ちょっと遠出したい気分だったので目標は山陰側の島根県益田市に決定。

まずは国道2号を西へ。
廿日市市宮内交差点→県道を西へ→国道186号→スパ羅漢でひと休み→生山峠(羅漢山)経由で六日市へ。

生山峠付近の道はほぼ1車線のタイトな峠。アップダウンと切り返しの連続ですが、やっぱり体がついてきません。
シーズン初めのスキーと同じく、不要な力ばかり入ってバイクのコーナリング性能を全く生かせない状態。
あせらずに、リハビリ気分でじっくりと。

道路そばではあちこちで八重桜が咲いています。
やはり山間部、広島市内よりだいぶ遅いですね。
e0045768_20562025.jpg

雲ひとつない晴天!

六日市町の菜の花?畑。
e0045768_20574493.jpg


柿木村ではちょっと寄り道して「大井谷の棚田」を訪れました。
e0045768_20585580.jpg

残念ながらまだ田んぼに水が張られる前だったので景色的にはもう一つでしたが、石積みの見事な事!また違う季節に来てみたいです。

日原町で国道9号線に合流。
このまま益田市に直行してもいいのですが、交通量も多くて退屈なので、「青原」の辺りから脇道にそれて海を目指します。

またも完全1車線「大型車は通行困難」と標識が出ているような道ですが、ようやく体がほぐれてきて、バイクと一体感を感じられるようになってきました。

前に読んだバイク雑誌、「BIG MACHINE」誌では、大型バイクは高めのギアを選んでトルクを生かして立ち上がったほうがトラクションを生かすことが出来てよい、なんて記事があったような気がするのですが、私はどちらかというと低めのギアの方が、アクセルワークで姿勢を作れて好みです。
(3速から2速へのシフトダウンは少々気を使いますが。)

飯浦あたりで日本海に出ました。
真っ青な海と空、気分爽快!!
e0045768_2113143.jpg

国道191号に合流、進路を東にとって益田市内を目指します。
e0045768_21145584.jpg

(たぶん)三里ヶ浜の海水浴場。遠くに石見空港の誘導施設が見えています。

瀬戸内海の多島美とキラキラした太陽の反射も好きですが、
日本海の何にもない水平線と、吸い込まれるような濃い青もまたヨイです。
(冬のどんよりとした、鈍色の日本海はちょっと気分が滅入りますが…。)

「県立万葉公園」がツツジの名所と聞いていたので、寄ってみました。
が、予想よりはるかに大きい公園で、ツツジがどのあたりに咲いているやらわからずに退却。
e0045768_21301149.jpg

e0045768_21302686.jpg

まぁ、新緑がキレイだったし鯉のぼりも見事だったので、それはそれで良かったですが。

益田からは国道191号線で一気に広島に。
戸河内のインター付近は車で大混雑。でも、バイクは割と少なかったなぁ。

本日の走行距離は290km。久し振りにたくさん走りました。
ガソリンは益田で9.44L(129円)、広島で8.77L(122円)で計18.21L。
15.9km/Lでした。いつも15kmちょうど位なので、少し良かったです。

帰宅してから洗車していると、リアタイヤにネジ?が刺さっているのを発見。
e0045768_214395.jpg

パンクです。(T_T)
すぐにいつものバイク屋さんに持ち込んで修理してもらいました。
どこで拾ったんだろう?幸いエアが抜けていなかったので無事に帰ってこられたけど。
やっぱりすり抜けで路肩を走るのがいけないんだろうなぁ。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-29 21:47 | バイク | Comments(2)

元宇品、散歩

よく晴れたゴールデンウィーク初日。
まずは愛車レガシィ“2.0i B-SPORT LIMITED”を洗車&ワックスがけ。

ここんとこ黄砂まみれで汚れっぱなしだったので、スッキリ!です。
“ニューポートブルー・パール”の輝きがよみがえりました。(^O^)

そのあと、広島湾に浮かぶ小島(現在では陸続きですが)、元宇品(もとうじな)を散策。

e0045768_23371843.jpg

アサリなどの貝掘りでしょうか、ワカメ取りでしょうか?
海に入って何かを取っている人もたくさん。

e0045768_23383457.jpg

広島港の真ん中なので、大小いろんな船がひっきりなしに行きかいます。
このフェリーは江田島行きかな?

e0045768_23393153.jpg

このあたりをねぐらにしているらしき、猫達。

数年前、非常に強い台風に直撃されたとき、この遊歩道は壊滅的に破壊されました。
久し振りに訪れたのですが、痕跡も感じさせないくらい完全に復旧されて再び市民の憩いの場となっていました。大したもんだなぁ。
ただ、堤防もないしテトラポッドを設置する等の対策がとられた様子もないし、またあんな台風がこなければいいけど…。

海沿いの遊歩道から、島の内部の道に入ります。
e0045768_23404467.jpg

広島市内なのに、驚くほどの原生林が残っています。

e0045768_23412173.jpg

新緑が目に沁みます…。

e0045768_2342162.jpg

これまた驚くほど立派な楠の巨木。
すぐ隣の灯台を守るかのようにそびえたっています。

e0045768_23425795.jpg

逆光に透ける緑もキレイです。

自然はいいなぁとゴキゲンで車に帰ってくると、フロントウィンドウやボンネットに樹液のポツポツがたくさん…。
木陰に停めていたのが失敗でした。
せっかく洗ったばっかりなのに…。(T_T)
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-28 23:49 | Comments(2)

「旧中工場アートプロジェクト」

近くで行われたイベントにぶらりと出かけてきました。
(公式HPはこちら

舞台は広島市の吉島にある、古いゴミの清掃工場とその周辺。
e0045768_22415941.jpg

レガシィの向こうに聳え立つのは、隣りに出来た新しい清掃工場。
ゴミ焼きとは思えないような現代的な建物です。
内部の見学も出来るのですが、まずはイベントから。

e0045768_22433135.jpg

花輪もゴミでできています。

内部の展示は・・・、   (*_*)   ・・・、現代アートは私には理解できましぇん。

周辺道路にはこんな展示も。
e0045768_2246625.jpg

(ツツジは従来からある車道と歩道の間の植栽。)

やっぱり意味不明でしゅ。(T_T)


気を取り直して、新しい「中工場」を見学。
e0045768_22495188.jpg

こんなボイラー?が通路から見えます。

こんな展示も。
e0045768_22502853.jpg

外観デザインといい、ちょっと税金無駄遣い気味で、広島市民としてはビミョー。(ーー;)
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-26 22:55 | Comments(2)

レガシィ vs GSX-R1000

2007年型スズキGSX-R1000(K7)、
そろそろ広島でも本格的にデリバリーが始まっているようです。
e0045768_2214375.jpg

某“赤い”全国チェーン店では定番の青/白ワークスカラーに加え、黄/銀も入荷。
私が黄色好きということもありますが、なかなか新鮮でカッコいいです。

それにしても小さくって、軽い!

いいなぁ。 速いんだろうなぁ。

別なお店ではエンジンをかけてくれました。
メカノイズが小さくて、いかにもフリクションロスが少なく、精密に組み上げられた感じ。
排気音も程よく消音されていますが、弾けるようなイキの良さ、密度の高さがあります。
最新技術の粋、ってやつですかね。

雑誌のインプレ記事などを読んでいると、高回転での出力特性や操縦性では明らかに進歩しているものの、低~中回転でのトルクはむしろ2005、2006年型の方が優れている模様。

ライディングポジションも含め、一般道での使用においては旧型の方がいいのかも。

デザインもK7では洗練されすぎちゃって、K5-K6のちょっとワイルドな方が好みです。
スーパースポーツのマフラーはやっぱり集合でしょう!

K7の価格は車両で130~140万、税金なども含めると150万程度か?
VTRの下取りはせいぜい20~30万だろうから、追金は軽く100万超。
ちょっと無理だなぁ。
K6にしても、相変わらず品薄の人気モデル、そんなに変わらんだろなぁ・・・。

GSX-Rも気になるけどVTRも気に入っているし、まだまだ乗るぞ!

--------------------------------------

ところで、レガシィとこの’07 GSX-R1000(K7)、意外な共通点が。


答えは、

メーカー名が「スバル」と「スズキ」で、どちらも“ス”から始まっている!(^O^)

なんて事じゃなくて(^_^;)、

こちら↓の技術。
e0045768_22145154.jpg

e0045768_2215281.jpg

上がレガシィの「SI-DRIVE」、下がGSX-R1000の「パワーモード切替機能」のグラフです。
(GSX-Rのグラフは「バイカーズステーション」誌5月号より転載)
それにしてもスズキのネーミングは“そのまんま”やな。

いやぁ、よく似ています。

どちらも3つのモードの使い分け。
レスポンスの鋭いフルパワー解き放ちモードと、レスポンスをちょっと穏やかに、でも最高出力はフルパワーモード、そしてレスポンス、最高出力共に抑えた全域穏やかモード。

どちらも最高出力はもはや、一般人には使いきれない域に達してしまった事をメーカー自ら公認したようなもんですね。

でも、この手の制御機能って、どうなんでしょうね。

落ち着いて使い分けを楽しめる状況ならともかく、
とっさの判断・操作を求められるような局面で、期待した加速が得られないと、かえって危険な状況に陥る危険性があるようにも思います。

最近のオートマのように、“学習機能”をエンジンマネージメントにも応用して、その時の運転状況を判断して出力特性を自動的・連続的に変化させる方がいいような気もするんですが。

スキーの板でも小回り用、大回り用と使い分ける人もいますが、私なんぞは一本(組)の板でもいまだに使いきれません。(^_^;)
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-25 22:22 | バイク | Comments(2)

カタログ ~ 日産フェアレディZ

以前から気になる車のカタログを入手しては眺めるのが楽しみでしたが、
日産「フェアレディZ」のカタログがすごい!と聞いたので、お取り寄せしちゃいました。
(インターネットは便利だなぁ。)
e0045768_22252672.jpg

ハードカバーの表紙に70頁余りにわたる豪華版!聞きしに勝るすごさです。

一体何にそれほどのページを割いているのかというと、普通の解説に加えて
開発に関わった各担当者が、各々のこだわりの部分を熱く語る、という構成になっている為。

う~ん、確かに妥協せずに理想を追い求めるのは悪い事じゃないけど、
ちょっと押し付けがましさが鼻につくかも…。

最近のカタログ、エンジンなどのメカニズム解説は二の次、使い勝手の部分ばかりがクローズアップされていて物足りなさを感じる事が多いので、新鮮でちょっと嬉しくもありましたが。

とかく、過去には“技術の日産”を標榜するばかりに市場から乖離した車作りに迷走したこともある会社だけに、ちょっと先行きに不安すら感じます。

私も昔はN14型パルサーX1-Rを気に入って乗っていた人間、日産には頑張って欲しいなぁと思います。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-23 22:39 | | Comments(0)

“CAR GRAPHIC”誌 続編

イヤミな(笑)高級自動車雑誌 “カーグラフィック”、
先月の4月号の特集は
「ジャイアント・テスト 2.5~3リッター・セダン編」でした。

比較に引っ張り出されたメンバーは

アウディA4 2.0TFSIクワトロ
アルファ・ロメオ159 2.2JTSセレスピード
スバル・レガシィB4 3.0R
トヨタ・マークX 250G
ニッサン・スカイライン250GT
ボルボS40 2.4i
BMW325i M-スポーツ
メルセデス・ベンツC230アバンギャルド
レクサスIS250バージョンL

の9台。サスガの豪華メンバーです。

動力性能、燃費、乗り心地、ラゲッジルーム、操縦性、ブレーキという各項目をチェックし、総合評価するというもの。

その結果は、
e0045768_2273228.jpg

BMWの1位に続き、われらがレガシィがアウディと同着の2位という結論。

…。また300万円のレガシィと600万のBMWを同列に比較してるし。(-_-;)

確かに、「値段が安いんだから」と言い訳をしているうちは、日本車はいつになってもヨーロッパの歴史あるメーカーに敵わないのだから、あえて厳しく評価する、というのなら理解できますが。

BMWの3シリーズ、一番安い素の“320i”でも約400万。ちなみに150ps/20.4kgm。
レガシィだと“tuned by STI”でやっと同じくらいの価格。ちなみに260ps/35.0kgm。

通常のレガシィだと、同じ価格帯なのは1シリーズの“116i”300万弱かその上の“118i”。
それぞれエンジンは1.6L/115psと2.0L/129ps。

この辺りの、同じ価格帯同士で一度比較してもらいたいものです。

最近うちの業界では“VFM”(ヴァリュー・フォー・マネー)という事がよく言われますが、CG誌にもそのあたりの観点があれば、また違った結論になるのかなぁ。

えっ?カーグラフィックは“夢”の部分がいいんだから、あんまり世知辛いこと言うな?
はい、失礼致しました。m(__)m
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-22 22:57 | | Comments(0)

“CAR GRAPHIC”誌

昨夜は少々遅くまで飲み過ぎたため、今日は体調不良。
無理が利かないトシになったのかも。

--------------------------------

高級自動車雑誌「カーグラフィック」、

値段も高いし、掲載されている車種も外車や高級車が多くて縁遠いので普段はほとんど買うことはありませんが、4月号からは「創刊45周年特別号」としてDVDがついている(WebCG公式サイトによる紹介はこちら)のに興味を持ち、4月号、5月号と購入しました。
e0045768_20402029.jpg

第1弾は、「ロードゴーイング・スポーツ」として「マクラーレンF1」「フェラーリF40/F50」「ブガッティ・ヴェイロン16.4」などのスーパースポーツが次から次へと!

いやぁ、目の保養になりますね。

第2弾は、「レーシング・スポーツ」。
「マツダ787B」を見ていると、あのルマンを制覇した日が脳裏によみがえって今でも胸が熱くなります。「フェラーリF1」の甲高いV12サウンド、もはや芸術的です。
「スバル・インプレッサGr.A」などのラリーカーもたくさん収録されていますが、一流レーサーが運転するのを車内から撮影した画像は大迫力!
しかし、こんなのを見てるとやっぱり絶対的な“速さ”という点では、2輪は4輪には到底かなわんなぁと感じます。

さすが“大人向け”な雑誌だけあり、うるさいBGMや余計なしゃべりがないのもいいですね。
素材の良さを存分に味わえます。

わが家のパソコン(ソニーの今はなき「タイプM」)は多少、音質の良いスピーカーが付いているので、ボリュームを上げて聴くとなかなかの臨場感。

なかなか楽しめるDVDでしたよ!


誌面の方はと言えば、キレイな写真の高級車がたくさん掲載されてけっこうですが、
164万円のスズキSX4と239万円のVWクロスポロを比較して、結局クロスプロに軍配を上げるなんざ、ちょっと当たり前すぎて興醒めです。
やっぱりお金持ち向けの雑誌なんだなぁ。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-21 21:11 | | Comments(0)

スバル “STELLA”

レガシィのオーディオスイッチ不調の確認作業中、スバルの軽ハイトワゴン、“ステラ”を拝借して近場をひとまわり。
e0045768_2212774.jpg

最上級スポーティーグレードの“ステラ カスタム RS”です。

お値段、税込み約140万円! (@_@;)

ド派手な紫メタリックのボディーカラーといい、ハッタリかました大きなランプ類といい、“CUSTOM”なんてグレード名を持ち出すまでもなく、ダイハツの“ムーヴカスタム”の真っ向対抗馬ですね。
30代も後半に差し掛かった二人が乗るには気恥ずかしささえ感じます。(^_^;)

乗り込んでみるとメーターなどインパネは「R1」「R2」と全く共通。
イカツイ外観にはちょっとそぐわないかも。(コストダウンだなぁ)

走り出すと、さすが4気筒、振動もなく実にスムーズに回転が上昇します。
トランスミッションはCVTなので、じゃっかん、金属質の唸りが聞こえますが、まぁ、軽自動車と思えばこんなものか。(10年位前のシビックを思い出しました。)

五日市のケーキ屋さん「無花果」でケーキを物色。
e0045768_22502466.jpg

ボンネットの見切りはさほど良くもないし、3角窓もあまり有効ではないのですが、とにかく絶対的に小さいので狭い駐車場でも楽勝です。


×な点。

・やっぱり660ccで4気筒は厳しいのでは?

 スーパーチャージャー付きとはいえ、回転の上昇に加速がついてこない感、強し。
 せっかくの出力もフライホイールの回転上昇とフリクションロスに食われているようで、
 じれったいです。
 バイクでも250ccで4気筒というカテゴリーがあります。まるでモーターのようにウルトラ
 スムースに2万回転近く(!)まで吹け上がりますが、音の割にはさっぱり前に進まないん
 です、ホント。
 低回転からのピックアップを考えると3気筒がいいところじゃないのかなぁ。
 本当は2気筒でも充分だろうけど、振動や音の面で商品価値的には厳しいのかも。

・完全に“デッド”なステアリングフィール

 フロントタイヤがどっち向いているのか、どんな路面でどれくらいグリップしているのか、全く
 わかりましぇ~ん。
 こんな車乗ってると、シート後ろに倒して片手ハンドル回すようになるんだろうなぁ。

・レガシィと共通のドアミラー
e0045768_2232135.jpg

e0045768_22322421.jpg

 ・・・。別にいいけどさ。(=_=)  ←心が狭いなぁ。
 
ステラをお返しして自分のレガシィで発進すると、全てにおいて緻密で滑らかなフィーリングに感激!
やっぱこれだなぁ。笑
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-19 22:57 | | Comments(0)

レガシィ ~ ステアリングスイッチ不調

私のレガシィ、2.0i B-SPORT LIMITED、
特別仕様としてステアリングホイールの左側スポークに「オーディオリモートコントロールスイッチ」がついています。
e0045768_21531071.jpg

買うまでは「こんなの使うのかな?本体に手を伸ばしたほうが早いじゃろ!」
と思っていたのですが、これが使ってみると意外と便利で重宝しています。

ところがここ最近、右上の「音声ミュート」のスイッチが時々利かなくなるトラブルが発生。
接触が悪いらしく、使えたり使えなかったり。

ディーラーに持っていったところ、修理はせずにスイッチ一式のアッセンブリー交換となるそうで、部品を発注と相成りました。
こんなの、ちょっとバラして調整すれば済むんじゃないのかなぁ。
なんだか使い捨て文化の象徴のようです。
(でも自分でやって取り返しつかなくなると嫌だし。まだ新車だし。(^_^;))

思えば車の故障なんて、初めてのことです。
中古で買ったN14型パルサーX1-R(日産の車でも製造は富士重工!)も、BD型TS-R、BH型TX-SⅡも全くトラブルフリーでした。

スバルは壊れやすい、なんていまだに思っている方もいるようですが、
そんな事は全然、ありませんよ!
[PR]
by t_bow2002 | 2007-04-18 22:12 | | Comments(2)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

ペットショップのハリネズミと..
at 2017-11-21 22:39
アテンザ、カメラレンズに雨対..
at 2017-11-21 22:22
アテンザ、クッションの購入
at 2017-11-21 22:02
最近のウーパールーパー
at 2017-11-21 21:43
11/12、NC700Sで足..
at 2017-11-21 21:26

最新のコメント

> たか++さん ..
by t_bow2002 at 22:31
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:39
> ししとーさん 10..
by t_bow2002 at 21:39
談合坂で6速キープは難し..
by ししとー at 20:16
あ、文章分かりにくかった..
by t_bow2002 at 22:38
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:17
まささん、こんばんは。 ..
by t_bow2002 at 21:44
ししとーさん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:42
この近辺だと金沢文庫の、..
by まさ at 00:43
原付は、市役所にナンバー..
by ししとー at 22:10

以前の記事

2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ