<   2014年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

嫁さんの登山靴を買い替え。

この土日は天気もパッとせず。
結局は今日も降らなかったのですが、ダラダラと不完全燃焼で終わりました・・・。

 ・・・

嫁さんのトレッキングシューズを買い替えました。
e0045768_20292123.jpg

今は無き「ライケル」ブランド。

まだそれほどヤレていない気もしますが、購入してから6年が経過。
ゴアテックスなのですが水も浸みるらしいし、仕方ないですかね。

紐がだらしないですよね。これが伏線ですよ。
e0045768_20355150.jpg

私が運転免許証を更新した後、横浜で待ち合わせ。
このモニュメントはヴィム・デルボア氏によるアート作品、「低床トレーラー」

今年の春、横浜美術館に来た時にはまだ工事中だった向かいの敷地、立派な商業施設になって賑わっていました。
昼も過ぎていたのでとりあえず腹ごしらえ。4階フードコートで“どうとんぼり神座(かむくら)”のラーメンをいただきました。美味しかったです。

その後、地下2階のスポーツオーソリティで物色するもお気に召すものはなかったらしく、とりあえず先日の白馬岳で紛失したトレッキングポール先端のラバーキャップを購入。
e0045768_20513753.jpg

302円(税込)。店頭在庫があって良かったです。しかもバラ売りだし。

1階のモンベルショップに移動。
e0045768_20532670.jpg

「テナヤブーツ」をお買い上げ。

決め手はコレ。
e0045768_20545980.jpg

BOAリールアジャストシステム。
モノグサな嫁さんの心をガッチリとらえたらしく。

前のモデルから進化して、リールが上下2つになっています。
上下それぞれに締め具合を調節できるので、登りと下りで締め具合を変えることもできます。

実にスピーディーに履けるし脱げるし、よくできています。
山小屋から朝、出発するときなんか玄関はヒトであふれて実にうっとおしいですからね。
パッと履けるメリットは大きいでしょう。

ベースの「ツオロミーブーツ」より4,000円高いんですね。BOAが1個1,000円でしょうか。
e0045768_2121792.jpg

ソールはビブラムではなく、モンベルオリジナルの「トレール グリッパー」
どうなんでしょうね。

え、私のですか? これがなかなか決まらないんですよ。
e0045768_2121878.jpg

神奈川県庁の前を通り、次の店へ。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-31 21:08 | 山歩き | Comments(2)

運転免許の更新

昼間はまだ蝉の声もしていましたが、今は周囲から虫のすだく声が聞こえてきます。

豪雨や台風もなく、このまま穏やかに秋になってくれればいいのですが。

 ・・・

運転免許を更新しました。
e0045768_2083137.jpg

広島で1年ちょっとの間にUターン違反を立て続けに2回やっちまたので、違反者講習です。
ゴールド免許証ともお別れか・・・。

神奈川県民は二俣川の運転免許試験場です。
e0045768_20111252.jpg

横浜から相鉄に乗り換え。
ちょうど次の便が「急行」。横浜を出ると間の8駅は全部すっ飛ばして二俣川までノンストップ。
相鉄沿線、意外と便利かも。

駅からはバスも出ていましたが、歩きました。
距離は大したことありませんが、登り坂をガシガシ歩いたら着くころには汗ダラダラに。

9:30頃には到着したのですが既に順番待ちの列が。都会ですね。

違反者講習は2時間。長いですね。
中身は相変わらずの紋切型、退屈です。

意外と若い女性が多いなぁと思ったら、違反者講習と初回更新講習が一緒なんですね。
「要注意」って意味では共通する部分もあるのかもしれないけど、本来は別にするべきじゃないのかなぁ?
e0045768_20222050.jpg

ブルー。しかも有効期間は3年だし、気分もブルーだわ。
e0045768_20251817.jpg

もう煮るなり焼くなり好きに使ってチョーダイ。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-30 20:28 | Comments(0)

最近のわが家の植物

今日も雨が降ったり止んだり。
朝、自宅のそばで大きなカタツムリが2匹もはいずりまわっていました。
道に出て踏まれてなければいいけど。

 ・・・

最近のわが家の植物たち。
e0045768_2159943.jpg

コーヒーの木です。 種から芽が出ました。

でもホンマに育つんかいな?
e0045768_21594752.jpg

ナス。5月に山梨に帰省した際に持って帰った苗です。

4本持って帰った苗のうち、元気のいい2本を選んでプランターに植えたのですが、あまり成長具合が芳しくありません。
実がなるどころか、せっかく花が咲いても実がつく前に落ちてしまったり。

やっぱりベランダのプランターじゃダメですかね。
けっこう大きめのを買ってきて土も大量に投入したのですが。
e0045768_2232439.jpg

モンステラの根っこの先端です。

1m以上に伸びていて床に這わせていたのですが、うっかり何かで踏んづけたようで、先っぽがつぶれて枯れてしまいました。
放っておいたら横っちょから芽が出て再び伸び始めました。

植物はスゴイ! たくましい!!

あと他に、相変わらず元気なのは木立性ベゴニア。
またも伸びすぎ気味なので、また切らないと。

ダメだったのは「ツルなし朝顔」。
発芽して双葉が出て本葉が出るまでは順調だったのですが、そこから全然育たずに枯れちゃいました。
なんでだろう? 種が悪かったのか、3代目だからなのか?

あとコスモスも発芽して10cm位までは伸びたのですが、枯れちゃいました。
コスモスもプランターじゃダメかなぁ。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-29 22:11 | | Comments(0)

レガシィのスペアキー

雨が降ったり止んだりの日が続いています。
野菜が大変な値上がりだそうですが。

今日も帰宅時、駅を出る頃にちょうど降りのピーク。
雨用の革靴で出ていたのですが、浸みちゃいました。

山用のトレッキングシューズ同様、防水性が劣化している模様。
こちらも買い替えか・・・。

 ・・・

先日、白馬岳に行った際、念のためにレガシィのスペアキーを持参しました。
e0045768_22154124.jpg

装飾がメインキーより簡単なのは最初からですが、ボディのプラスチックの素材は同じだったはず。
メインキーは使い込まれてテカテカになっています。

たまにはこっちを使ってみるか、とアンロックボタンを押してもレガシィは反応せず。
もしかしたらスペアキーには電池が最初から入っていないのか?と中を開けてみたところ、ちゃんと電池は入っています。
ほとんど使わなくても8年近く経てば自然放電でダメになるんですかね。

BPレガシィのキー、
差し込む時のカチャッとはまる感触、ひねった際のキー本体の剛性感、いかにも自分でセルを回して火を入れるって感覚が好きで、けっこう気に入っています。
今度クルマを買い替えたら、味気のないプッシュスタートになっちゃうんだろうなぁ・・・。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-28 22:24 | | Comments(0)

山梨に帰省

いきなりビックリするくらい、涼しくなりました。
久しぶりにスーツの上着を着て家を出ました。(駅に着くころには暑くなったけど。)

 ・・・

8/15から17、私の実家の山梨に帰省してきました。

家を出たのは昼ごろ。藤沢のリンガーハットで昼食にしました。
e0045768_225891.jpg

夏限定メニューの「冷やしちゃんぽん」、美味しかったですよ。

厚木で706km走ってガソリン残量警告灯が点いていたレガシィに給油。
55.79L入りました。
リッター158円で8,815円。

もし60リッターで167円なら1万円突破ですよ。レギュラーでよかった。
燃費は12.7km/Lでした。

この日は夕方に到着して、終わり。
e0045768_22131384.jpg

しょぼくれアースジェット犬。

次の日は甲府市内に出かけました。
e0045768_22134787.jpg

「甲州夢小路」という、山梨のグルメ や地場産業のショップなどが軒を連ねる商業施設です。
甲府駅の北口、東側にあるのですが、この辺りの北口エリアはすっかりキレイになって昔とは様変わりですね。これでもう少し人出が追い付いて来ればいいんでしょうが。
e0045768_22164960.jpg

すんごい紫水晶。そう、甲府は宝石の町です。
e0045768_22172610.jpg

51万円也。

JRの線路に面しているので、電車がよく見えます。
e0045768_22174438.jpg

EF64と舞鶴城(甲府城)の櫓。
e0045768_22201570.jpg

身延線が入線。
e0045768_22205640.jpg

横浜からやってきた特急「はまかいじ」が到着。
185系、えらいガタンゴトンと大きな音を立てます。
我が母曰く「なんだか壊れそうな電車だねぇ。」と。
e0045768_22242941.jpg

物販店は蔵造りでレトロなムードの町並みになっていますが、奥にモダンなガラス張りの建物が。
e0045768_22251942.jpg

奥の美術館で草間彌生と岡本太郎の版画展をやっていました。
どちらも好きなアーティスト、知らずに訪れたのですが、ラッキーでした。
合わせて1階の「アンティークジュエリーコレクション」も見ることができて、お得です。
あと隣りにある雑貨店の2階でも「清水勲」展を実施しており、それぞれはこじんまりとした展示数であったものの、けっこうお腹いっぱいになりましたよ。

お店でレーズンサンド(山梨の葡萄を使用)を買って、帰宅しました。

この日の夕方は近所で夏祭り。
e0045768_22374765.jpg

子供の頃に、亡くなった祖父・祖母に連れてきてもらったお祭り、まだ続いています。

太鼓の勇ましい音色が聞こえてきます。
e0045768_22382182.jpg

「甲州遠光太鼓」だそうです。メンバーに若い女性(中高生?)が多くて驚きました。





上手ですね。

夕食時、父が何を思ったか「酒屋で珍しいビールを買ってきた。」と出してきたのがアイルランドの「マーフィーズ」
e0045768_22441475.jpg

(この写真は帰宅後に獲ったものですが。)

黒ビールですね。国産メーカーのと違って、苦みと炭酸が弱く、いささか爽快感に欠けます。
アルコール度数も4%と低いのでお腹がふくれるばかりでさっぱり酔わないし。

う~ん、寒い時期にゆっくりいただくとまた違うのかもしれませんが、日本の夏向けじゃないな。
(と言う訳で2本買ってあった1本しか空かなかったので残りは持って帰った次第。)

次の日は畑で収穫。
e0045768_22474643.jpg

まずは梨。

2月の大雪による被害、作業小屋は半壊したものの果樹の影響は大したことなかったようです。
が、今年はカメムシが発生しており、実の表面がボコボコになる被害が出ているとか。
味に影響がなくても見た目が悪いのは出荷できません。(しても二束三文。)

よって見た目が悪いのは選別後、自家用となります。
e0045768_22494099.jpg

晴れて日差しが痛いほど暑いのですが、富士山は見えず。
e0045768_22505520.jpg

カボチャ畑にはアマガエルが。

ほんの1時間程度、手伝っただけなのですが、大汗をかきました。蚊には何ヶ所も刺されるし。
山梨は日中、暑いです。夜は涼しくなるのですが。
e0045768_2251494.jpg

近くの肉屋で「甲州ワインビーフ」を買って帰りました。
ワインを絞って残ったブドウ粕を飼料として育てた牛だそうです。

焼肉にして食べたのですが、柔らかくて美味しかったですよ。

中央道は相変わらずの渋滞、いつもの相模湖の手前の上野原で高速を降り、一般道で帰りました。
やっぱり圏央道は使いにくいな・・・。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-27 23:01 | Comments(0)

ヤマハ MT-07の試乗。MT-09、ホンダNC700Sとも比較しつつ。

予備校の「代々木ゼミナール」、苦境に陥っているようで。
広島校も閉鎖だとか、従業員もリストラだとか。

私は駿台には通ったことありますが、どこも大変ですね。
時代はかくも移り変わるなぁ・・・。

 ・・・

夏休み中、ヤマハの気になるニューモデル、MT-07に試乗してきました。
e0045768_21275417.jpg

あったあった、MT-07。お立ち台に置かれています。
流行りの艶消しボディーカラー。
最近のGKらしい、凝った面構成とディテールで、小柄ながらも存在感があります。

あ、お店は国道1号線沿いのYSP戸塚さんです。はじめてお邪魔しました。
e0045768_21355385.jpg

後ろには兄貴分のMT-09。せっかくなので乗り比べをお願いしましょう。
大磯の試乗会ではちょっとしか乗れなかったし。
e0045768_2140747.jpg

エクシリム「HDRアート」モード。
エンジンって、カッコいい。モーターではこの表情は出せませんね。
e0045768_21411072.jpg

MT-07、本当に細部まで手抜き無しです。
これで699,840円(ABS無し、消費税8%含む)だってんだから、ヤマハ頑張ってるなぁ。ひところなんか息してなかったのに。
e0045768_21451056.jpg

この波打つエキゾーストパイプもポイント高し
NC700なんかもう、隠して無かったことにしちゃってますもんね。
e0045768_21474196.jpg

でもタイヤはNC700と同じ、BSのBT-23でした。ミシュランのパイロットロード3が標準装備だって聞いていたのですが、ロットにもよるんですかね?

さて試乗です。見てるだけじゃわかりません。

ここの試乗はお店の方(おそらく店長さん)の先導つきです。
今回も動力性能を発揮させる機会はないか?と思いましたが、結果的にはそうでもありませんでした。(後述)

MT-07、引き起こす瞬間から軽い!
179kg(ABS無し)だもんなぁ。NC700Sの211kgとは実に32kgも違います。

ポジションは自然なモノ。
MT-09で感じた、不自然に開いたハンドルのような違和感ポイントはありません。
シートやステップ周辺も実にスリムで、ほぼナナハンというバイクとは信じられない小柄さ。

走り出しても軽快。
最初は住宅街や狭い裏道をスローペースで抜けて行きますが、まるで400ccクラスのような軽さ、圧迫感の無さです。
タイトな切り返しでもヒラヒラと、まるで蝶の舞のごとく。

ヘッドライト辺りも軽量に仕上がっているんだろうなぁ。
ステアリング回りがNC700Sのように遅れてグラッと動く嫌な感じがなく、スッと切れます。
手前過ぎて見にくいメーターも、この軽快なハンドリングに貢献しているかもしれません。

シフトも軽いですが、タッチはヤマハ流の少々固いフィーリング、
ブレーキは初期から制動力が立ち上がり、軽い車重とも相まって指一本で速度を殺せます。

この軽快感と風のような爽やかさ、何に似ているかなぁと思い出していると、
あぁ、アクセラだ。
マツダのアクセラ、1.5Lの6速マニュアルトランスミッション車。
絶対的なパワーは大したことないけれど、エンジンは気持ちよく吹けるし、全てのタッチが軽快で爽快。
うん、あれに通じるものがあります。
(もちろんMT-07の方がアクセラ15よりずっとパワーに余裕はありますが。)

先が開いてクルマも少ないところでMT-09の先導車がピューッと加速しました。
待ってました! こちらも加速!!

うん、高回転まで実にキレイに伸びていきます。
NC700Sみたいにあっという間に頭打ちという事もないし、VTR1000Fファイアーストーム(国内仕様)のように、高回転域で振動が出ることもないです。
もちろん4気筒エンジンには及ばないものの、じゅうぶん「回す愉しさ・悦び」を味わうことができます。
絶対的な加速能力は大したことないですけどね。気持ちいです。

スペック的には73PS/9,000rpmという事。
このくらいがちょうどいいんでしょうね。

NC700同様、決して「味」を最優先で狙ったエンジンではないのでしょうが、アクセルを開けてエンジンが応え、駆動系を経て後輪が路面を蹴って加速していく、そんなプロセスが感じ取れるんですよね。

MT-09やリッタークラスだと、アクセルを開けた途端にドカーンと後ろから蹴っ飛ばされるように加速してしまい、ワープ状態になりがち。ま、それはそれで楽しいんですけどね。

でも昔のナナハンの77馬力より遅い気もしたなぁ。
マヒしてるだけか?

試乗コースの折り返し地点で先導さんのMT-09と交代しました。
e0045768_22225733.jpg

MT-09、ハンドルは妙に近くて広いし、ステップはMT-07より全然後ろだし、なんかすごい変なポジションです。意識してシートの後ろに座ると改善されますが。

店員さん、「気をつけて開けて下さいね。ひっくり返りますんで。」といいつつ、Aモードにセット。

まぁ別に、慎重に乗ってる分には普通ですよ。特にギクシャクもしません。
ただ開けるとスゴイですね。パコーンと打ち出される感じ。
私は用心して前にかぶせていたので大丈夫でしたが、あれなら確かにウィリーしそうです。

私の乗っていたVTR1000Fより明らかに中間加速は速いですね。
軽いフィーリングなのですが、速い。トラクション性能も優秀です。

あと他にもファイアーストームに明らかに勝っている点は、「熱さ」。残念ながら。

お店の近くまで戻ってくると道が混んできて流れが悪くなったのですが、エンジンからものすごい熱気が上がってきます。
足元も暑いし、上がってくる熱気で上体も熱い。
ネイキッドタイプですが、かなり熱いです。夏場の通勤は辛いかも。
VTR1000Fは太もも部分のフレームは熱くなったものの、熱気が気になる事はなかったけどなぁ。

MT-07はそれほど熱く感じませんでした。
ハイパワーなバイクはやはり相応に熱気を発するって事ですかね。

あとMTシリーズで気になったのは、メーターパネルの見にくさ。

デザイン的にはどちらもカッコいいんですけどね。
MT-07は手前過ぎて見下ろす角度が急で見にくいし、MT-09はタコメーターの数値がフチに近すぎて見にくい。この辺りはデザインに走り過ぎた感があります。

うん、MT-07と09、兄弟分ですがだいぶ性格は違いますね。まとまった距離を乗せてもらえて、だいぶわかりました。乗り比べれば迷うことはないと思います。

今の私なら07ですね。09は過剰だし、熱すぎる。
シートも07の方が相性が良かったです。09は固くてお尻が痛くなりました。

さてウチのNC700Sに乗って帰りますかね。
e0045768_22313391.jpg

いただいたカタログがポンと入るトランクスペース、やっぱり便利なんだなぁ。

引き起こすと、お、重い・・・。

クラッチをつないで走り出しても、常に重さを感じます。
曲がり角を小さく曲がる際もヨッコラショ感があるし。

でもタラ~っと加速していくと、これはこれで実にいいんですね。NC700S。
豊かなトルク感はMT-07と同クラスとは思えないくらいの濃厚さ。
クルマの流れで走っていても苦にならないし、穏やかな気分で走れます。
ポジションは(足元の広さは少々気になるものの)MT-07以上に自然で見通しがよく、メーターパネルも視認性良好。小さなスクリーンもちゃんと効いています。

NC700S、負け惜しみでなく、MT-07に勝っている部分は確かにあります。
乗る前はラゲッジスペース以外は全部負けていたらどうしようかとドキドキもんでしたが。
e0045768_2238362.jpg

今の私にはこれがいいや。

でも大型を取ったばかりの、特に若いライダーに勧めるのはMT-07かな。
軽いバイクを自在に操る悦び、エンジンを高回転まで回す愉しさを知って欲しいと思うから。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-26 22:54 | バイク | Comments(0)

今回、白馬岳の為に買った道具、簡易アイゼン他


今回の白馬岳登山、初めての雪渓歩きがあるという事で、簡単なアイゼンを購入して持参しました。
e0045768_21525145.jpg

モンベルの「コンパクトスノースパイク」、1,905円+消費税。

さらに安い、「スノースパイク シングルフィット」1,619円+消費税もあったのですが、こちらの方が爪の数が多くて縦横に効きそうだし、ゴムバンドも2本あってずれたり外れたりしにくそうなので、選びました。
e0045768_21562016.jpg

店頭で手に持ってみたところ、思ったより軽いし小さい(あと安い)。これなら荷物に入れても負担にもならないし、持参した方が安心かと。携行用の袋もついてるし。

猿倉や白馬尻の山荘でも販売していました。4本爪で黄色いベルト(テープ)で固定するタイプで1,000円。使い比べた訳ではないので能力的な差はわかりませんが、あらかじめ購入・試着してみて安心できるメリットはあると思います。
e0045768_2159102.jpg

こんな感じに、土踏まずの部分に装着します。
見ての通り前後は全くそのままなので、斜面・雪面に対してフラットに足をつかないと効力を発揮しません。ちょっと滑ると一気にズルッとなって手をつく羽目になります。
(ま、そもそも山ではフラットに足を運ぶものなので、滑るのは基礎訓練ができていないという事でしょう。)

私のミズノのトレッキングシューズは土踏まず、踵が凸凹ハッキリしているので誂えたようにピッタリはまりましたが、
e0045768_221533.jpg

嫁さんのライケルのように曲線・面的なデザインになっているとフィット感はイマイチ。
(でも気にもせず使っていたようですが。)

ゴムバンド+ワンタッチフックでの装着なので非常にラク+スピーディーに扱えますが、雪渓が終わって石ゴロゴロの急斜面を登った際に、意図せずに外れてしまいました。
ねじれるような力が加わると外れやすい気がします。
この辺りは簡便性とのトレードオフですかね。

ゴムバンドの耐久性も気になるところですが、今のところはバンドだけの交換部品も販売されているので安心。それより次にいつ使う機会があるか、ですね。

雪の上は眩しい、ので嫁さん用にサングラスを購入。(同じくモンベルの「トレッキンググラス」)
(えぇ、ウチの嫁さんはスキーでも平気で裸眼で滑ってる奇特なヒトなのですが。)
e0045768_228720.jpg

レンズがあまり真っ黒なのも見た目がキツイ、と思って薄めで茶色のを選んだのですが、この程度のものでも効果は十分あったようで、良かったようです。
モンベルならではの「ジャパニーズフィット」で、日本人的な鼻をしている嫁さんでもずり落ち難いのもプラスポイントです。
e0045768_2215219.jpg

使わない時は小さく折りたたんで付属のケースに収納すれば壊れることもありません。
気が効いているなぁ、モンベル。

え、私ですか?私はメガネなので、
e0045768_22122688.jpg

20ウン年前に購入したクリップオン+フリップアップ(跳ね上げ式)のコイツ。
普段はレガシィに積みっぱなし、冬場のスキー場への運転に使っています。
一応、偏光レンズ。20年も経ってまだ偏光機能が維持されているのかビミョーですが、まだ微かに効果が感じられましたよ。(気のせい?)

ヘッドランプも購入。
e0045768_22162952.jpg

えぇ、今まで実はなかったんです。
暗い時に動くことはないし、山小屋ではマグライトの小さいのを持参したり、携帯電話の灯りで間に合わせたりしていたので。
お安い、それほど明るくもないモデルですが、確かにあればあるで便利ですね。
e0045768_22174122.jpg

笛も購入。薄くて軽いので、付属のひもで首から常にぶら下げて歩きました。
裏面には身元や連絡先を記入したカードが入れられるようになっています。
こればっかりは出番がないまま終わってくれるに越したことはありませんが。

これまでは二人とも割と安上がりに、簡易的な装備で乗り切ってきたのですが、今回はさんざん水責めにあったり、汗をかいた後に冷やされたり、少々シビアな状況にさらされて辛い状況がありました。

やっぱり北アルプスを安全に、快適に楽しもうと思うと、それなりの装備が要求されますかね・・・。
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-25 22:31 | 山歩き | Comments(0)

白馬岳登山、最終回 ~ 白馬大池→栂池へ下山

昔「キャプテン翼」を見ていて、時間と言うか試合の進みが遅くてちっとも進まないなぁと思っていましたが、ココも同じですな。^^;

でもようやく最終回。

乗鞍岳から天狗原まで降りてきました。
相変わらず岩がゴロゴロの登山道。けっこう歩きにくいです。

天狗原を過ぎて「もう少しだ」と思うのですが、登山道はますます水を含んでヌタヌタ状態。
どこを歩けばいいんだろう?と言うような箇所に少なからず遭遇し、下りなのにペースが上がりません。

嫁さんは体力的にもそろそろ限界の様子ですぐに間隔が開きます。
地面をトレッキングポールで掘り出したので何事かと思って戻ってみると、ポールのゴムキャップが地面に埋まって抜けてしまったとか。

ぬかるんだ路面で、しかも木の根っこが入り組んだところでズボッとはまり込んだようです。
かなり深く埋まった様子なので諦めて先へ進むこととしました。
(山に異物を残してしまい、ゴメンナサイ。)
e0045768_22455876.jpg

ロープウェイが見えてきました。あとひと踏ん張り!
(この辺りまで降りてきて、まだ反対に上がっていく人がけっこう多くて驚くやら呆れるやら。
 この時点で息が上がっている状況で、どこまで行くつもりなんだろうか?)
e0045768_22472711.jpg

ビジターセンターに到着。
下り口には靴の泥汚れを洗い落とす水道+ブラシがありました。ありがたい。

時刻は14:00ちょうど。
白馬山荘を6時に出てから実に8時間もかかっちまいました。かかり過ぎだな。^^;
e0045768_22524076.jpg

疲労コンパイ状態のヨメ。
e0045768_22524671.jpg

ここからは文明の利器が連れてってくれますよ。良かったね。
リフトと合わせての運賃は1,720円とありますが実際は値上げされており、1,920円でした。

ロープウェイはギューギュー満員に押し込まれて狭いやらクサいやらでイマイチでしたが、ゴンドラリフトはグループごとで乗せてもらえたので快適でした。
e0045768_22553045.jpg

いや~、あの山々を歩いてきたんだなぁ。
e0045768_22565974.jpg

天気に悩まされる時もありましたが、稜線ではちょうど展望が効いて、楽しめました。

動画も撮影。



眼下はスキー場のゲレンデです。
e0045768_2259979.jpg

けっこう滑りごたえのありそうな距離があります。
そのうちスノーシーズンにも来てみたいなぁ。

ゴンドラリフト、中間駅で乗り換えるのかと思っていたら、スピードを落として扉が開くものの、結局乗ったままで下まで行っちゃうんですね。
こんなの初めて。中間駅で下りなくてよかった。

麓の高原駅で下車すると周囲は観光客だらけ。
人里に戻ってきました。
e0045768_2321786.jpg

コカコーラを飲んで息を吹き返したヨメ。
よかったね。疲れている時は甘いものが美味しいよね。
e0045768_2344848.jpg

この辺り、まだアジサイが満開でした。
来た時は強い雨で気づきもしませんでしたが。
e0045768_2344564.jpg

ユリ?八重咲きでした。
e0045768_2345270.jpg

e0045768_2345813.jpg

e0045768_235423.jpg

前夜に宿泊した蚊の御殿 ロッジ ウィザードに到着。
宿の方に挨拶したところ、下界で雨が強く降って心配していたとか。
むしろ山の上の方が雨量は少なかったかもしれませんね。
無事に帰ってくることができて何よりでした。

停めさせてもらっていたレガシィに乗り込んで出発です。

当初の予定では近くの立ち寄り温泉で風呂に入ってから帰ろうと思っていましたが、この時点で既に15時。遅くなりそうなので、とりあえず簡単に着替えてまっすぐ帰る事にしました。

来た時の逆ルート、長野市から上信越自動車道、関越道(ちょい渋滞)、圏央道(雨)を経由して帰宅しました。帰りは平日だったので高速代は割引もなく、海老名までで6,000円超。痛いなぁ。

レガシィの燃料警告灯が点灯していましたが、自宅まではもちそうだったし、いつもの出光に寄り道するもの面倒だったので帰宅しました。

天気や蚊に振り回されてちょっと大変だったけど、いい山で楽しかったです、白馬岳。

(この日のは全部、EXILIM ZR200)
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-24 23:20 | Comments(2)

白馬岳登山、7/8 ~ 小蓮華岳→白馬大池

晴れる予報だったのに午前中は雨。
洗濯は乾かないし、下駄箱の中の靴はカビてるし。

ま、少々降ったり晴れたりしたぐらいで文句はありませんが。
だいぶ涼しくなってきた感じだし。

 ・・・

まだやっていたのか状態の白馬岳登山記。

小蓮華岳を過ぎてさらに北東方向へ。
e0045768_2144119.jpg

白馬山荘は長野県と富山県の境でしたが、このあたりでは左側は新潟県です。
e0045768_21433586.jpg

遠くに白馬大池が見えてきました。
e0045768_2144132.jpg

e0045768_21443010.jpg

e0045768_21445896.jpg

大池が近づいてきました。赤い屋根の山荘も見えます。
またも雨が降ってきたので一眼レフはザックに収納し、コンデジをポケットから出したり入れたりしながらの撮影です。
e0045768_2146670.jpg

チングルマがお出迎え。
e0045768_21462112.jpg

この辺りは白い花びらが散ったあとのタイミング。
黄色いおしべが立派で目立つので、最初は黄色い花が咲いているかと思いました。
満開の時期はさぞ見事な事でしょう。
e0045768_2151944.jpg

10:30、白馬大池山荘に到着。
中は狭いし雨も止んだので外で休憩。下から持参したパンを食べました。

ここからしばらくは溶岩ゴロゴロの歩きにくいルートです。
e0045768_21525715.jpg

正規のルートが水没しています。台風で池が増水したのでしょうか?
ルート外ですが左側を歩くしかありませんん。
e0045768_21533445.jpg

ここのチングルマはまだ花盛りでした。
e0045768_21542177.jpg

大きな岩の急坂をよじ登るようにして上がっていきます。
歩きやすい道ではありませんが、特に狭かったり危険なところはないでしょう。
e0045768_21554652.jpg

乗鞍岳手前のケルン。

嫁さんが手の皮がむけて痛いと訴えます。
見ると親指の付け根内側がマメになっている様子。

トレッキングポールを持って踏ん張る際に力がかかっているんでしょうね。
ストラップが長めのユルユル、手だけで使っているから力が集中するんだよ、そりゃ。
調整して手首のあたりと負荷を分散させるようにアドバイスしました。
(だいたい日頃からモノの仕組み・機能を理解しないで使うタイプですが。)

私が持参していた絆創膏を貼って、再出発です。
乗鞍岳を超えるとあとは下りです。
e0045768_2242199.jpg

お、雪渓だ。
前の人が歩いた跡が階段状になっているのでアイゼンは装着せずにすみました。

そう言えば前の日の登りルート、大雪渓の後の小雪渓は通らなかったんですよね。
ルートにそって歩いていたらいつの間にか通過していました。
e0045768_227173.jpg

ここからは更に巨大な岩の間を縫うようにして下っていきます。
浮いていてゴロゴロするような事はないのですが、けっこう緊張します。
e0045768_2274740.jpg

天狗原が見えてきました。

すぐそこに思えたのですが、ここからがけっこう長くて疲れました・・・。

(まだ続く。)

(PENTAX K-7+タムロン18-200、CASIO ZR200)
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-23 22:21 | 山歩き | Comments(0)

白馬岳登山、6/8 ~ 小蓮華岳へ

カープ、地元のゲームでマエケンの完封勝利!

よかったなぁ。広島が土砂災害で参っているところに、本当によかった。

 ・・・

白馬岳登山、気分のいい稜線歩きの続きです。
e0045768_2242845.jpg

斜面に座り込んでいるヒト。
e0045768_225581.jpg

コマクサ、本当にカワイイなぁ。
ギザギザの葉っぱで空気中の水分を集めているそうです。
この時も水玉がキラキラしていました。
e0045768_2254256.jpg

そのうち寝そべって撮りよったらしいですよ。全っ然、先に進みませんわ。
e0045768_2265693.jpg

ときどき狭くてちょっと危ないところもあったりします。
e0045768_2285429.jpg

でも稜線歩きは気分サイコー。涼しいし、もう下界に降りたくないです。
e0045768_2295477.jpg

e0045768_221188.jpg

もう高山植物って、ホント泣けてくるほど健気です。
e0045768_22112090.jpg

e0045768_22112692.jpg

e0045768_22124532.jpg

e0045768_22125214.jpg

e0045768_2213746.jpg

e0045768_22142451.jpg

8:45、小蓮華岳(2,768.9m)に到着。
6時に白馬山荘を出てから2時間45分ですか。標準タイムの2倍ですな。^^;

(まだ続く)
[PR]
by t_bow2002 | 2014-08-22 22:22 | 山歩き | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

結浜 @ カーサ・ブルータス
at 2017-07-20 21:42
レースのカーテンを買い替えた
at 2017-07-19 22:22
第34回「日本の自然」写真コ..
at 2017-07-18 22:24
ふるさと納税で夕張メロン
at 2017-07-13 22:31
あんかけスパ by ヨコイ
at 2017-07-11 22:39

最新のコメント

スバル360みたいな単純..
by t_bow2002 at 22:30
SUBARU360、今年..
by GRI at 00:02
GRIさん、こんばんは。..
by t_bow2002 at 21:42
ご覧頂きありがとうござい..
by GRI at 14:10
ししとーさん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:18
VW、試乗しまくり!興味..
by ししとー at 22:34
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:46
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 21:00
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:52
おはようございます、t_..
by たか++ at 06:58

以前の記事

2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ