タグ:旅行 ( 344 ) タグの人気記事

8/11~13、山梨に帰省

天気が悪いな~。全然バイクでツーリングにも行けないよ。
こんな夏休みも珍しい。

 ・・・

8/11~13にかけて山梨の実家に帰省してきました。

高速道路の下り線渋滞ピークは早くも11日だというので、早めに出ようと思い、4時起床、4時半に出発しました。ところが既に圏央道相模原I.Cの先から中央道相模湖まで渋滞、通過に80分かかるとの事。
こりゃたまらんと相模原I.Cで下車、下道を走って相模湖I.Cで中央道に乗りました。
所要時間は30分ほど。あれだけ詰まったら下道の方が絶対に早いです。
そこからは時おり流れが滞る事はあったものの概ね順調でしたが、SAやPAはどこも大混雑で本線上にまで順番待ちの列が伸びていました。
都会は本当に大変。やっぱり首都圏への人口集中を解消しないとダメだと思います。

実家にあまり早く到着してもしょうがないので、時間つぶし。
甲府南I.Cを下りた付近のコンビニで朝食(最近カウンターで食べられるところが増えて、助かります。コーヒーも安くて美味しいし。)を済ませ、例の場所へ。
e0045768_19225502.jpg
お寺のワンちゃん、久しぶり~。
e0045768_19231593.jpg
相変わらず人懐こくてカワイイ。
e0045768_19234896.jpg
多肉系植物の鉢がたくさん。上手だなぁ。
ウチのヨメさんも好きで育てているのですが、なかなかうまくいかない様子。
e0045768_19251625.jpg
また来るから元気でね~。
e0045768_19253221.jpg
次は新車で来るよ~。
e0045768_19255944.jpg
実家のネコは相変わらずマイペース。
e0045768_19262505.jpg
ネコとはそういうモノなのニャ。
e0045768_19270137.jpg
また太って重くなったんじゃないですか? お腹がムニュムニュ柔らかくて気持ちいい♪
e0045768_19272302.jpg
この日は母の古希祝いという事で集まりました。
弟のところの子供が年々成長して大きくなるので、家が年々狭くなってたまらん。

次の日の朝
e0045768_19290294.jpg
向かいの家のネコちゃんが庭に遊びに来ました。
e0045768_19293294.jpg
もう大人だそうですが、小さくて実に可愛らしい。ウチのはデブなのに。
e0045768_19301372.jpg
そうやって寝てばかりいるからじゃないの?

涼しいところに出かけようと、富士山ろくにある「風穴」に出かけました。

国道358号線で峠越え。
レガシィのブレーキパッドが残り少ないので、下り坂ではパドルシフトを駆使してエンジンブレーキを活用する作戦で。

富岳風穴、駐車場もなんとか空いており、すぐに2台とも入れました。
e0045768_19332724.jpg
青木ヶ原樹海の森。
e0045768_19335003.jpg
風穴へ向かう階段の途中から既に冷たい空気に包まれます。
中は夏でも気温3度という事で、寒いくらいです。
e0045768_19351067.jpg
氷があるのは隣の「氷穴」だと思っていたら、風穴にもあるんだ。

奥が広くなっています。
e0045768_19354420.jpg
養蚕で、涼しい風穴の倉庫に蚕の卵を保管し、孵化の時期を調節することで年に3~4回も蚕を飼う事ができるようになり、生産が飛躍的に向上したそうです。へ~。
隣には農作物の種でも同様に活用されたという説明がありました。
e0045768_19382733.jpg
地上に出ると眼鏡が曇って真っ白に。

隣の氷穴にも行きましょう。
いったん駐車場に戻ってクルマで移動してもいいのですが、樹海の中に遊歩道が整備されているそうなので、こちらを歩くことにしました。
e0045768_19393796.jpg
少し蒸し暑かったですが、ずっと木陰で道もそう悪くなく、歩きやすかったです。
でもこっちを歩いてる人は少なかったな。みんなこのくらいは歩いたほうがいいのに。
e0045768_19405217.jpg
溶岩の上を植物が覆っています。

年寄りと子供のペースなのでゆっくり歩いて30分弱だったでしょうか。
鳴沢氷穴の入り口に到着すると、さっきの風穴とはうってかわった人混みにビックリ。
入場待ちの行列になっており、所要時間は1時間だとか。

こっちの方が大人気なんだなぁ。ずいぶん差があるもんです。
せっかくなので並びましたが。
e0045768_19433875.jpg
さっきの風穴は任意でしたが、こちらは全員ヘルメット着用。
私は作業用ヘルメットも昔はよく被っていたので慣れていますが、普通の人は戸惑うよね。
e0045768_19450981.jpg
ズラッと並んでます。並んでいるところが日陰で涼しいからいいけど。
それにしても列が動かない。出てくるペースが遅いのは何でだろう?
e0045768_19460425.jpg
溶岩の棚の下が通路になっています。その上は木。まぁ、崩れはしないんだろうけど。

ようやく入れますよ。
e0045768_19465921.jpg
うわ、いきなり低くて狭い! これじゃあ、進みが遅い訳だ。
横穴トンネル、1100年程前の巨木の跡だそうです。
足元も悪いところがあるので、サンダルより靴の方がいいと思います。
e0045768_19475913.jpg
氷が出現。入り口の既に寒いところで待っている間に体が冷えているので、本当に寒い。
e0045768_19504426.jpg
氷柱。青いのは照明の色ですが、造形は自然のものです。
面白いなぁ、特に真ん中の。キノコというかナンと言うか・・・。

見どころはここまで、折り返して上って終了。
待たされた割にはあっけなかったです。まぁ、楽しかったけど。

入場待ちの列は更に伸びており、あれじゃ1時間半は待ちそうな勢いでした。
帰りは表の国道沿いを歩く事にして向かっていると、クルマの駐車場待ちの列もすごい事になっています。
列は国道まで伸びており、両側から曲がりたくても入れない車が国道を塞いでしまっているので、国道も大渋滞。
なんか、カオス。そこまでしてまで観るほどのもんでもなさそうだけど・・・。

最初はこの後、河口湖方面に出て昼食にしようと考えていたのですが。この渋滞ではとても無理です。
風穴駐車場から来た道を戻り、甲府市内で食事をして帰りました。

とにかく首都圏、ヒト大杉。

もう一泊し、また渋滞が始まる前にと朝食後に出ました。
今度はさすがにスイスイ、むしろ逆方向がまだ混んでいました。首都圏、ヒト大杉。

圏央道の外回り、海老名JCT手前で混みだしました。
東名道の渋滞が圏央道まで及んでいる様子。

東名に入るクルマは早めに左車線に入ってくれればいいのに、ギリギリまで右で粘るタチの悪いのがいるから右の通過車線も影響を受けるんだよな。

藤沢からの国道1号が非常に空いていました。みんな帰省で出ちゃったのかな。
いつもこんなならいいのに。

山梨からはいつものように野菜などをいただいて帰ったのですが、今回はこんな謎薬を持たされました。
e0045768_20022285.jpg
ヘビイチゴの実の焼酎漬け。虫刺されや痒みの万能薬だとか。 まじっすか?

(EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-14 20:11 | Comments(0)

7/18⑧、松本泊→7/19、車山のニッコウキスゲ

いや、今日は暑かったですね。東京都心で37度超、この時間でも30度だそうで。
今朝、東京駅の地下街から外に出た瞬間の暑さ、というか「熱さ」は、いまだかつてないものでした。朝から太陽、ギンギラギン。

電車はなんだか空いていました。もうボチボチ夏休みのところもあるのでしょうか。

 ・・・

長きにわたった長野山歩き旅行、今日で最後です。
e0045768_22081391.jpg
三連休の最終日という事で、中央道の上り線は大渋滞の予測。
疲れた体に渋滞はイヤなので、もう一日、休みを取っちゃいました。^^;

この日は松本泊まり、余裕です。
高速にも乗らず、一般道でのんびりと。

山を歩いている最中もそうでしたが、時間に余裕があると気分にも余裕ができて、実にイイです。
e0045768_22122256.jpg
松本城。前に訪れたのは2010年の大晦日でした。
前回は雪の夜で寒くてゆっくりできなかったのですが、この日は暑くて寄り道する気にもなれず。^^;

この日の宿はドーミーイン松本。明るい内にチェックインし、大浴場で汗を流します。
露天風呂が実に気持ちいいです。
晴れた空、暑いとはいえ松本市、やはり東京よりは空気は爽やかだし。

夕食は駅近くの飲食店へ。
ホテルの案内マップにあった郷土料理が食べられる居酒屋「萬来」へ。
なかなかの人気で、なんとか座れました。
お祭りでもあったのでしょうか。相席の皆さんは浴衣姿でしたよ。
e0045768_22231498.jpg
まずは大ジョッキで乾杯♪
e0045768_22272078.jpg
馬肉とにんにく芽の油炒め
e0045768_22280897.jpg
馬刺しは選べる三種盛りで。ヒレとコウネと、もう一つは何だったかな?^^;
e0045768_22293598.jpg
長野の地酒も佳し。 美味しゅうございました。

有休取ったし職場の皆様に土産でもと、駅前をフラフラ。
e0045768_22314592.jpg
あれ?まだ28度もあるのか。松本もけっこう暑いな。
e0045768_22321821.jpg
このくらい暖かければ裸でも平気だね♪(酔)

部屋で二次会をしようと、コンビニで缶チューハイを買って持ち込みましたが、途中で撃沈しました。^^;

明けて7/18。
e0045768_22343984.jpg
ホテルで朝食。メニューが豊富だしどれも美味しい。
どちらかと言うと和食メニューの方が郷土料理が取り揃えられており楽しそうでしたが、
休みの日はパンにコーヒーが好きなので。
(平日はご飯。パンだと腹持ちが悪くて昼まで持ちましぇん。^^;)
e0045768_22361822.jpg
蜂の子が小鉢に少量ずつ取り分けられていたので、お試し。
佃煮の甘辛い味ばかりで、蜂の仔なのか何なのか目をつむって食べたらわかりませんわ。

窓の外は通勤するサラリーマンに通学する学生さん達。
少しばかり申し訳ない気持ちもしつつ、ゆっくりさせていただきました。
レストランも混まないし、平日有休バンザイ。

松本I.Cで長野自動車道に乗り、中央道の諏訪I.Cで下車。まっすぐ帰るのももったいないので寄り道。車山を目指します。

いつもは白樺湖の方からアプローチする事が多いのですが、諏訪湖の方からだと県道40号線もタイトなワインディングで登り坂もきつめ。
クルマも少ないので楽しく走れますが、2速ホールドでぶん回さないと登りません。^^;
e0045768_22464275.jpg
9:15、車山肩の駐車場に到着。全く順番待ち無し。平日有休スバラシイ。クセになりそう。^^;
e0045768_22490422.jpg
e0045768_22491822.jpg
e0045768_22493077.jpg
ニッコウキスゲもちょうど見ごろ、素晴らしかったです。

4年前に来た時より花がずっと多かった。
鹿の食害からニッコウキスゲを守る活動が功を奏したのでしょうか。
e0045768_22510854.jpg
ヨメさんは山歩きの筋肉痛がひどく、段差が越えられないという事で途中リタイヤ。

バカでかい三脚にこれまたデカイ望遠レンズをつけてスタンバイしているカメラマンがたくさんいました。珍しい野鳥でもいたのでしょうか。
e0045768_22515637.jpg
e0045768_22520479.jpg
e0045768_22521458.jpg
e0045768_22522574.jpg
e0045768_22532933.jpg
e0045768_22533922.jpg
同じ道を戻るのもつまらないので、白樺湖経由で下りました。

諏訪南I.Cから乗るためには道がわかりにくいので今回は諏訪I.Cを目指しましたが、市内の国道152号線はけっこう混みますね。これならやっぱり面倒でも諏訪南の方が早そう。

インター手前のガソリンスタンドでレガシィに給油。
477.0kmの走行で40.10L、燃費は11.9km/Lでした。
レギュラー単価は121円。

給油機からパンパカパ~ン♪と景気のいい音がして、何やら紙が。
e0045768_23031806.jpg
「2等おめでとうございます!!」 ティッシュをプレゼントって、次回かい! 来んわ!

高速に乗ってしばらくすると、残り走行可能距離が表示されました。
e0045768_23043772.jpg
900kmって、スゴイな。
まぁ、ガソリンタンクが64L×2.0iのカタログ燃費14km/L=896kmだから、あながち不可能とも言い切れないけど。実際、高速が主体なら14km/L超えることもあるしね。

次の週末、雨の中を歩いて汚れたレインウェアを洗濯しました。
普通の洗剤で手洗いした後、乾かして防水(撥水)スプレーをして、アイロンがけ。
e0045768_23254421.jpg
4年前の秋に購入したL-Breath、まだまだ頑張ってもらいますよ。

(K-7+タムロン18-200+C-PLフィルター、EXILIM ZR1600)


[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-09 23:21 | | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳⑥ ~ 蓮華岳→針ノ木岳へ

今日は暑くなりました。 また涼しい山の上に行きたい。

7/17、蓮華岳の頂上(標高2,799m)にて。
e0045768_20275195.jpg
東尾根方面。登山路はここで終わりです。大町市内方面は雲の向こう。
引き返すとしましょう。
e0045768_20332810.jpg
スバリ岳・赤沢岳方面の稜線にかかる雲。なかなか切れないな~。
e0045768_20390887.jpg
イワベンケイ。 コマクサもだけど、こんな岩場でよく生えるよなぁ。
e0045768_20432168.jpg
南側、北葛岳方面の尾根道。見える範囲はなだらかだけど、その先が危ないらしい。
今日は来た道を戻ります。
e0045768_20463627.jpg
e0045768_20465062.jpg
白いコマクサだ! ヽ(^。^)ノ
探しながら歩いていたのですが見つけられず、これが最初で最後でした。
実は往路も気づかず、登ってきた若いグループが写真を撮っているので気づいた次第。
ありがとね~。
e0045768_20490001.jpg
e0045768_20492387.jpg
e0045768_20494573.jpg
この株は花付きが良好。カワイイな~。
風に吹かれると花がフルフル揺れるのがなお一層、愛おしいです。
e0045768_20505169.jpg
e0045768_20510931.jpg
e0045768_20512656.jpg
奇岩。何かの顔のようにも見えます。
e0045768_20520644.jpg
針ノ木小屋が見えてきました。急坂を注意して下ります。

小屋に到着、トイレを借りましょう。小屋の中のが清掃中につき、外の方へ。
e0045768_20534838.jpg
瞑想館、か。うまいこと言うな。
今回は小用につき、瞑想する間もありませんでしたが。^^;
e0045768_20550756.jpg
まだスッキリは晴れませんが、天気予報は間違いなく良くなる方向。
蓮華岳でコマクサをたっぷり見ることができて、半分くらい満足していましたが、今回は時間にも余裕があるし、針ノ木にも行きましょうか。
e0045768_20580638.jpg
こっちも最初がいきなりの急坂、息が上がります。
e0045768_20591601.jpg
7月も半ばを過ぎて、ようやく新緑の季節を迎えたところです。
e0045768_21002874.jpg
でもまたすぐ冬に戻るのですが。
e0045768_21022384.jpg
シナノキンバイでよろしいでしょうか、先生! 似たのがあるらしいから自信ない。
e0045768_21032774.jpg
雪渓をトラバース。 前のパーティーは大きなザックを背負っているので、縦走らしく。
ウチは針ノ木小屋に置いてあるので身軽です。
e0045768_21075682.jpg
肩幅程度のしっかりしたステップが出来ている(作ってある?)ので、慎重に歩けば滑らないしアイゼンも不要ですが、下を見ると足がすくみます。
踏み外したら遥か下まで止まらんよなぁ、って感じで、考え出すと下腹部がスーッと。^^;
e0045768_21115705.jpg
さっきの蓮華岳とは隣の山なのに、地形も地質も咲く花も全く違っています。面白いもんですね。
e0045768_21131669.jpg
もうこの雪庇になっているところとか、本当にコワいのよ。
踏み抜いて壊れたらどうなっちゃうんだろうと想像するとまた下腹部がスーッと。^^;

天気も相変わらずガスってるし、ゆうべ山小屋で一緒だった人が下りてきたので様子を聞いてみたら、針ノ木岳山頂もやっぱりガスで黒部湖ほとんど見えなかったって言うし、心が折れそうになりながらも足を進めます。
e0045768_21153616.jpg
オダマキに励まされて山頂を目指します。

9:45、針ノ木岳山頂(2,821m)に到着。
e0045768_21191034.jpg
おっ、向かいの立山連峰、ちょっと見えているじゃないか!
e0045768_21210950.jpg
見えたかと思えばまたすぐにガスに覆われてしまい、一進一退の状況。

ま、この日は時間に余裕もあるので急いで降りる必要もありません。
e0045768_21215148.jpg
周囲に咲く花の写真でも撮りながら、雲が切れるまで粘ってみましょうか。

待つこと10分ほど、雲が動きだしました。
e0045768_21255231.jpg
周囲からも「オォーッ!」と歓声が上がります。
e0045768_21271917.jpg
赤沢岳も頭をのぞかせました。

でもまた再びガスに覆われます。
e0045768_21290227.jpg
風が冷たく、じっとしていると体がすぐに冷えてきます。
e0045768_21300348.jpg
立山連峰と黒部湖、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

正面がおそらく大汝山(3,015m)。2年前の秋に歩いた辺りです。
右に別山と剱岳。素晴らしい。
e0045768_21333068.jpg
黒部湖を行く遊覧船もハッキリ見下ろせます。
e0045768_21340087.jpg
記念撮影♪

絶景を拝めて、よかったヨカッタ。

(まだ続く)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-06 21:42 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳④ ~ プロローグ・7/15 八方尾根を下りて「ぽかぽかランド美麻」泊

今度はポルシェが排ガス不正か。
(日経新聞Web記事はこちら

「排ガス試験時にだけ有害物質を抑える装置が働くソフトウエアを搭載しており、完全に違法」って、相当に悪質ですな。

 ・・・

今週末は鈴鹿8耐。
今日の予選はヤマハの中須賀他によるチームがトップ。
相変わらずヤマハYZF-R1、速いな。

でも2番手にヨシムラスズキ、3番手がハルクプロ・ホンダ、4番手にカワサキと4メーカーが揃い踏み、
面白そうな展開になってきました。

 ・・・

順序がもうグチャグチャですが、7月三連休での山歩きの続き。

八方尾根を下り、この日の宿泊先である「ぽかぽかランド美麻」に向かいます。

県道33号→31号線へ、このルートは3年前に白馬に行ったときの道ですな。
前は長野市を経由して入ったので、逆ですが。

途中で鮮やかに青いアジサイの花が目に飛び込んできました。
e0045768_21162579.jpg
e0045768_21163510.jpg
道端に青いアジサイがずっと続いています、花盛りで実にキレイ。
e0045768_21173329.jpg
クルマを停めてしばし鑑賞。
e0045768_21171904.jpg
e0045768_21175505.jpg
どうも個人のお宅の様なんですが、自宅の庭先および周辺に植えまくっている模様。
自宅の建物周辺も誰でもウェルカムな雰囲気。
e0045768_21195845.jpg
2014年に発生した地震では大きな被害があったそうです。傾いてますね・・・。
e0045768_21212720.jpg
ヤマハ ポッケ。懐かしい。 ホンダのモンキーは4ストだけどヤマハは2ストなんだ、やっぱり。
こんな真っ黒ミッドナイトスペシャルなんて、あったんだ。 洒落てるなぁ。
だいたいXSナントカのイメージだったけど。
e0045768_21254166.jpg
本宅のお庭も拝見。
e0045768_21260059.jpg
e0045768_21260949.jpg
e0045768_21262274.jpg
e0045768_21263184.jpg
堪能させていただきました。
e0045768_21272050.jpg
この日の宿は「信州やすらぎの郷 ぽかぽかランド美麻 」
道の駅と日帰り温泉が主体の施設ですが、宿泊も可能なんです。

温泉大浴場で汗を流した後、お食事です。
e0045768_21365308.jpg
大ジョッキで乾杯♪ ウマ-ヽ(^。^)ノ
e0045768_21373245.jpg
いい感じの夕焼けです。明日は晴れるといいなぁ。天気予報は相変わらず微妙なんですが。
今回は出発前の数日は天気予報がコロコロ変わり、決行するか延期するか、さんざん迷った末の出発でした。
e0045768_21372203.jpg
e0045768_21401268.jpg
高級旅館ではないので、そんなに凝ったものは出ませんが、でも全部が美味しかったです。
ここは意外と穴場、お勧めできますよ。
e0045768_21410145.jpg
締めの蕎麦も美味しかったです。

次の日はいよいよ山歩きなので、朝食は食べずに早く出発。
(出発間際にもマイナートラブルがありましたが、なんとかクリア。)

朝もやの中を扇沢に向かって走ります。涼しくて気持ちいいドライブです。
e0045768_21431870.jpg
e0045768_21433873.jpg
水田越しの山並み。 晴れてくれ~。
e0045768_21441103.jpg
6:30、扇沢の駐車場に到着。
手前の無料駐車場にもまだ停められそうでしたが、奥の有料、いっときました。
入ってすぐのベストポジションに停められてラッキー♪ 枠も広いしトイレも近いので正解でした。

お隣さんのレガシィはBH型。ウチのBPでも10年過ぎてあちこちガタが来てるのに、元気だなぁ。
e0045768_21475286.jpg
2年前の秋に来た時は大変な行列でしたが、この日はそれ程ではありませんでした。
この時期だと室堂はまだ雪が残っているのかな?

(まだまだ続く)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-28 21:58 | | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳③ ~ プロローグ・7/15 八方尾根(終わり)

東京都心部から横浜方面については夕立はセーフだったものの、すごい湿気でムシムシ。
高圧鉄塔の碍子がジリジリ言ってます。

 ・・・

写真撮り過ぎて収拾つかなくなってる山歩きですが、とりあえず今日もダラダラと。
e0045768_21494685.jpg
イワイチョウ(みつがしわ科)
e0045768_21495714.jpg
e0045768_21500888.jpg
e0045768_21502279.jpg
しばらく粘ってみましたが、ガスは濃くなる一方です。 諦めて下りますかね。
e0045768_21505574.jpg
e0045768_21512097.jpg
近くの木から「ホ~、ホケキョ♪」と。
e0045768_21551364.jpg
ウグイスだ。 あんな目につくところに陣取るなんて、珍しいな。
鳴き声のリズムと合わせて体が動くんですね。カワイイ。
e0045768_21561018.jpg
鎌池まで戻ってきました。
e0045768_21572119.jpg
コオニユリ(小鬼百合)も見ごろ。
e0045768_21590180.jpg
e0045768_21591935.jpg
モンキチョウでしょうか。

リフト乗り場隣のレストランPailar(ピラール)でお茶にします。
e0045768_22031087.jpg
眺めがいいです。
e0045768_22032583.jpg
クロワッサンのサンドイッチ、美味しかったです。
e0045768_22042499.jpg
抹茶ラテなど飲んでみました。

休憩後、リフトで下って「うさぎ平」に。
下に降りてくるにつれて確実に空気が生暖かくなってきます。上は涼しくてよかったのに・・・。
e0045768_22063263.jpg
ヒョウモンチョウ。
e0045768_22083569.jpg
ツバメシジミ
e0045768_22101720.jpg
口がクルクル♪
e0045768_22103866.jpg
e0045768_22104730.jpg
e0045768_22105672.jpg
e0045768_22110628.jpg
八方尾根スキー場、なかなかに滑り応えのありそうなコースが多く、そそられました。
泊まりじゃないと無理だけどね。 黒菱のコブ斜面でコテンパンにやられてみたい♪

(あと何回、続くことやら。)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-25 22:21 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳② ~ プロローグ・7/15 八方尾根にて

昨夜は夕食後に爆睡してしまったのでなかなか進まない山歩き紀。
終わりが見えない状況の中、続き。

7/15(土)、八方尾根を歩きます。
e0045768_21215328.jpg
ワタスゲほわほわ。
e0045768_21220804.jpg
3つ目、最後のリフトに乗ります。
e0045768_21230187.jpg
さて、ここまで楽して上がってきましたが、ここからは自分の脚で歩きますかね。
今日は軽いお散歩コース、八方池まで。1.5km、1時間半ほどだそうです。
e0045768_21243173.jpg
e0045768_21245892.jpg
トキソウ。小さいけどラン科だそうです。
e0045768_21261640.jpg
タテヤマウツボグサ(しそ科)
実際はもっと赤っぽい紫色なのですが、どうしてもデジカメだと紫が出ない。

ここの気の利いているのは、花のすぐそばに立派な看板が設置されており、花の名前が分かるようになっている点。
毎年同じところに咲くんでしょうね。
e0045768_21282210.jpg
ハイマツの花。
e0045768_21285660.jpg
散策路は実によく整備されており、歩きやすいです。
私はこの日は登山靴でなく普通のスニーカーで歩きましたが、全く問題なし。
サンダルで歩いてるお姉ちゃんは足が丈夫でスゴイなと思いましたが。

薄曇りの天気でしたが、かえって暑過ぎずにちょうどよかったです。
e0045768_21302539.jpg
雪渓が残っていました。ひんやり冷気が気持ちいです。
次の日はイヤってほど雪渓を登るんだろうから、気持ちいいなんて余裕ないんだろうけど。
e0045768_21312614.jpg
ショウジョウバカマ(ゆり科)

散策路も狭くないし人もそれほど多くないので写真撮影も気兼ねなく可能でした。
e0045768_21323372.jpg
ニッコウキスゲ。
e0045768_21330746.jpg
ケルンを超えて。
e0045768_21332712.jpg
まだこの時は向こうの山(白馬鑓ヶ岳)も中腹部は見えていたのですが。
e0045768_21343481.jpg
イブキジャコウソウ(しそ科)
岩の割れ目で大きく育って、たくましいです。
e0045768_21354702.jpg
ハッポウウスユキソウ(きく科)
e0045768_21365982.jpg
タカネバラだったかな?
e0045768_21424003.jpg
両線の向こうは唐松岳。今日は行きません。八方池からさらに2時間半だそうです。
e0045768_21432450.jpg
八方池に到着。残念ながらガスに覆われてしまい、白馬三山は拝めず。
e0045768_21441667.jpg
チシマギキョウ(きょう科)
これまた色が出ないんだな。もっと赤みのある紫でした。
e0045768_21450813.jpg
毛が生えてる。^^;

(まだまだ始まったばかり。^^;)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-24 21:53 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳① ~ プロローグ・7/15 八方尾根へ

暑い日が続きます。

ヤクルトは14連敗がようやく明けて久々の勝利ですか。
よかったですね。

 ・・・

7/15~17・海の日三連休+1日有休で蓮華岳・針ノ木岳に行ってきました。

山小屋での一泊に加えて前泊・後泊ありの三泊四日という、乏しい体力と気力を時間と金で補おうというツアー。^^;
(たいした山ではないのにもかかわらず。^^;)

例によって写真どっさりにつき、いつ終わるか見当もつきませんが、とりあえず見切り発車します。^^;

初日は自宅を5時に出発。余裕のスタートです。
e0045768_20301665.jpg
小袋谷の跨線橋が本格的に通じて便利になりました。
踏切も大船駅そばのクランク交差点もサヨナラです。
e0045768_20323379.jpg
新湘南バイパスから富士山がよく見えました。まだ少し雪が残っていますね。

圏央道も順調だったのですが、高尾山インターを過ぎた八王子JCT手前のトンネルで渋滞につかまっちゃいました。
やれやれ、余裕カマし過ぎましたかね。^^;
ま、今回はスケジュールに余裕があるので気分にも余裕がありますよ。
e0045768_20380993.jpg
あのレヴォーグ、純正っぽいけど見たことないホイールだなと思ったら、1.6GTの空力向上ホイールキャップを外しているんですね。17インチなのに小さく見える気がする。

最近マイナーチェンジしたレヴォーグですが、普通のアルミホイールだけになってます。
結局、たいした効果はなかったという事?
e0045768_20514049.jpg
八ヶ岳もスッキリ晴れ。この日に登った人は正解でしたね。

天気が安定せずに予報もコロコロ変わり、この週に行くか次週にするかだいぶ迷った末の出発でした。このまま好天が続いてくれればいいのですが。

諏訪湖SAで朝食休憩。8時。
施設がリニューアル工事中という事で、フードコートのエアコンの効きが悪くて暑い。
でもお腹も空いたので我慢して座りました。
e0045768_20551407.jpg
私は売店で売っていた鯖サンド(630円)。

少し高いなと思ったのですが、鯖は半身たっぷりだしパンもしっかりしたフランスパンで、意外と食べ応えがありました。これならアリかな。
ヨメさんはとろろ蕎麦(同じく630円)。すぐ出るかと思ったら少し待たされて、これまた意外と(失礼)ちゃんと作っている雰囲気、味も悪くなかったです。
e0045768_21040591.jpg
お盆休み期間中のキャンペーンをやるらしく。
私も渋滞は大っ嫌いなので協力したいですが、うまくスケジュールが合うかな?

長野道に入り、安曇野ICで下車。
e0045768_21035697.jpg
あちゃ、北アルプスは雲の中・・・。

国道147号に出て北上。
道路わきの家々でオレンジ色が鮮やかなノウゼンカズラの花が目につきます。
その一方でアジサイもまだキレイに咲いていて、季節の進み方が違いますね。

いつの間にか国道148号に乗り継ぎ、
e0045768_21091797.jpg
JR大糸線、木崎湖そばの稲尾駅。 列車が来ないかと期待したのですが、
e0045768_21112513.jpg
次の便は1時間後だそうで。

仁科三湖、二つ目は小さ目な中綱湖。
e0045768_21131548.jpg
静かな湖面に緑濃い山が映り込んで、キレイでした。

暑いのに釣りをしている人が多かったです。通りがかった地元の方に聞いたところ、ヘラブナ釣りだそうで。シブいな。
e0045768_21150696.jpg
最後は仁科三湖の中で一番大きな青木湖。
カヌー遊びをしていましたよ。

「道の駅 白馬」で休憩。
観光案内所で山の天気の動向を聞いてみたところ、「まだパラグライダーが飛んでいるからしばらくは崩れないだろう。」との事。ならいいんだけど。
e0045768_21203415.jpg
売店でコマクサちゃん販売中。 連れて帰りたい誘惑にかられましたが、まだ三泊もするし、今回は山の上まで歩いて会いに行くんだから、要らんのよ。
e0045768_21262244.jpg
11時ちょうど、八方ゴンドラリフト直近の駐車場に到着。
有名な大きいスキー場なのに、意外とふもとはゴチャゴチャしていて大きな駐車場も見当たりません。こんなでスキーシーズンは大丈夫なんだろうか?
e0045768_21295460.jpg
一番上のリフトまで通し往復で2,900円。

最初のゴンドラを下りたところはパラグライダーの出発場所になっていました。
インストラクター付きで体験飛行ができる模様。
e0045768_21331646.jpg
いい風が来たようですよ。
e0045768_21342621.jpg
e0045768_21363610.jpg
あっという間に風を捕まえてテイクオフ! 上手いもんじゃのぉ。
e0045768_21384241.jpg
気持ちよさそう!

いつか乗ってみたいと思いつつ、次のリフトに向かいます。
e0045768_21420406.jpg
シモツケソウ。
e0045768_21424294.jpg
ちょっと標高が上がっただけでだいぶ空気が涼しいです。夏山リフトも気持ちいい♪
e0045768_21444299.jpg
三つ目のリフトとの間にある「鎌池湿原」に咲くニッコウキスゲ。

(今日はここまで)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン18-200)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-22 21:53 | 山歩き | Comments(0)

5/14、山梨の両親と長野旅行、その4 ~ 雷滝を見て帰宅

カープ、またも巨人に3連勝で首位返り咲き!ヽ(^。^)ノ

この調子で交流戦も昨年同様に加速して欲しいものです。

 ・・・

今日もいい天気で出かけてきました。
ネタが続いているので2週間も前の話はいい加減に片付けましょう。

高山村にある「雷滝」に立ち寄りました。
e0045768_22254792.jpg
遊歩道を降りていきます。
水量の多い滝の様で、この辺りで既に「ドーッ!」という地響きのような水音が響いています。
e0045768_22264663.jpg
水煙が漂います。
e0045768_22275201.jpg
スローシャッター。
e0045768_22322607.jpg
早いシャッター。こっちの方が雰囲気出るかな。
e0045768_22332472.jpg
e0045768_22331692.jpg
e0045768_22341767.jpg
恨み、じゃない「裏見の滝」とも呼ばれています。
e0045768_22283809.jpg
滝の裏側に突入!

深い庇状になっているのでダイレクトに水がかかる事はありませんが、それでもこれだけの水量です。
やっぱりかなり水しぶきが飛んできて、ゆっくり立ち止まっているとかなり濡れます。
じっくり撮影、楽しみたい向きには防水のカメラとカッパが必須かと。
e0045768_22310889.jpg
通り抜けたところ。
e0045768_22351685.jpg
いや~、大迫力で楽しめました。
e0045768_22354046.jpg
動画も撮りました。





雷滝を後にし、更に県道66号を東へ、標高を上げていきます。
e0045768_22375626.jpg
山田牧場に到着。スキー場なんですね。
風も涼しくて爽やか、標高の高いところに来た感じがします。
放牧も始まっていると聞いていたのですが、見た限りでは牛はいませんでした。残念。

父が山梨で午後から用事があるという事なので、ここで引き返して帰路につきます。
復路は往路とは反対、松川右岸の県道66号を下りました。
こちら側もリンゴ畑が多く、実に美しい山村風景が広がっています。

小布施のスマートI.Cで高速道路に乗りました。
姨捨SAで休憩と昼食。
e0045768_22451099.jpg
善光寺平が一望。
e0045768_22512383.jpg
e0045768_22513101.jpg
ツバメちゃんが巣作り中。
ちゃんと配慮されているのが嬉しいですね。

食事はフードコートで。私は豚汁定食のアジフライ付きにしたのですが、アジフライがいかにもチンで残念。
ヨメさんの山賊焼き定食(鶏肉)の方が正解でした。
南アルプスI.Cで下車し、山梨の実家で小休憩。
e0045768_22495593.jpg
ネコは犬と違って放っておけるからラクですね。
e0045768_22502462.jpg
ここがネコ専用の出入り口のようです。
蚊が入るので今年は買い替えるそうですが。
e0045768_22505933.jpg
e0045768_22510888.jpg
山梨までは順調に走れましたが、小仏トンネルはこの日も渋滞中。
上野原で下りて国道20号へ。結果的に時間は大して変わらんのでしょうが、私は渋滞ノロノロより距離はあっても下道を走っている方が気にならないタイプなので。
高尾から再び高速道路に。最後で1号線がまたしっかり混みました。やれやれ。

772.7kmの走行、ガソリンは途中での給油と合わせて63.16L消費、
燃費は12.2km/Lとなりました。



[PR]
by t_bow2002 | 2017-05-28 22:57 | Comments(0)

5/14、山梨の両親と長野旅行、その3 ~ 山田温泉「緑霞山宿 藤井荘」と周辺

今日もカープは巨人相手に快勝でした。ヽ(^。^)ノ

それにしても読売新聞、安倍政権忖度新聞に改名した方がよろしいかと。

 ・・・

もう2週間前になりましたが長野旅行、2日目。

緑霞山宿 藤井荘の朝食は8時半から。ゆっくり過ごして下さいという事なんでしょう。
そうは言っても目は覚めるので、周囲を散歩。
e0045768_21020911.jpg
宿の向かいにある「滝の湯共同浴場」、なかなか雰囲気があります。
藤井荘に泊まれば無料で入れるそうです。また今度ですね。
e0045768_21065289.jpg
e0045768_21072217.jpg
e0045768_21073567.jpg
一回りしてお腹もすいたころに朝食です。
e0045768_21075897.jpg
朝ごはんも美味しゅうございました。量も多すぎず、適切で。
e0045768_21082567.jpg
川沿いに降りることができる散策路があります。
e0045768_21085938.jpg
e0045768_21091363.jpg
実に爽やか。降りていくにつれ、川音が徐々に大きくなってきます。
e0045768_21102678.jpg
何か申し訳なさそうな。
e0045768_21104620.jpg
e0045768_21105725.jpg
シャクナゲ
e0045768_21111403.jpg
スミレの仲間でしょうか。
e0045768_21115105.jpg
川のそばまで下りてきました。けっこう水量があります。
e0045768_21122384.jpg
ちょうどいい腹ごなしになりました。
e0045768_21125659.jpg
チェックアウトです。
e0045768_21131323.jpg
藤井荘、いい宿でした。料理は素晴らしいし、静かで寛げて。
今度は秋に来たいな。キノコ料理も美味しそうだし。

女将さんに見送られつつ、県道を東方向へ出発。
e0045768_21155689.jpg
新緑が実にすばらしい。まだ芽吹いたばかりで山の上の方はこれからという雰囲気。

八滝(やたき)を見物。
e0045768_21165493.jpg
落差180メートル 八つの滝壺を持つことから八滝と称されているそうです。

(まだ続く)


[PR]
by t_bow2002 | 2017-05-27 21:19 | Comments(0)

5/13、山梨の両親と長野旅行、その2 ~ 山田温泉「緑霞山宿 藤井荘」へ

上田市内を後にし、この日の宿泊地へ向かいます。
上信越自動車道、今度は坂城I.Cから乗って須坂長野東I.Cで下車、
須坂市内を経由し、山田温泉を目指します。

長野電鉄の須坂駅、前に電車を眺めに来たのはもう、5年半も前か。早いなぁ。
今回は自分の都合では動きにくいので、電車はナシ。

市街を抜け、標高が高くなるにつれて周囲には果樹園が広がってきました。
e0045768_22321529.jpg
リンゴの木だ。花が咲いています。
e0045768_22324274.jpg
e0045768_22325530.jpg
清楚な感じがいいですね。
e0045768_22333142.jpg
標高が高いせいか、まだ桜も咲いていました。 あと水仙やチューリップも。
冬は寒いし雪も相当、積もるそうですよ。
e0045768_22335829.jpg
e0045768_22341600.jpg
e0045768_22342552.jpg
変わった形の橋。
e0045768_22345067.jpg
新緑に浮かぶ真っ赤な橋、まるで絵みたい。

この日の宿は「緑霞山宿 藤井荘」
e0045768_22353030.jpg
川に面しており、緑がたっぷりと楽しめます。
e0045768_22362662.jpg
抹茶とお菓子でひと息入れて、部屋に。
e0045768_22365120.jpg
いい気分です♪
e0045768_22371918.jpg
この天井の仕上げ、少し前にTVで作るところを見たな。
e0045768_22375399.jpg
部屋でひと休みしてから温泉へ。
それほど大きなお風呂ではありませんが、空いてたのでゆっくりできました。
露天風呂からも緑の山を眺める事ができます。

この旅館、たまたま空いていたせいかもしれませんが、人が少なくて静かなのも良かったです。
落ち着いた雰囲気で、くつろげました。
e0045768_22413584.jpg
売店には無料の利き酒が♪

大吟醸の「夜明け前」も美味しかったですが、純米吟醸の「北光」の方が気に入りました。

食事は個室の食事処で。
e0045768_22443094.jpg
予約時に母の古希祝も兼ねての利用と伝えておいたところ、お祝い風の設えをしてくれました。
嬉しいですね。
更に、ちゃんとしたカメラで撮ってくれた集合写真は次の日の朝、これまたちゃんとしたパネルになって贈呈されました。母にはいい記念になった事でしょう。
e0045768_22472293.jpg
ビール、えらい泡ばっかりだなぁと思ったら、実に美味しい!
スーパードライのプレミアムだそうですが、前に飲んだ缶のとはまるで違う銘柄のような違いでした。
ビール、注ぎ方で変わりますね。

あまりに美味しくてすぐになくなってしまいました。^^;
もう一杯とも思いましたが、さっきの日本酒「北光」に切り替えました。
うん、やっぱり美味しいです、これ。

ここ、飲み物のお値段はリーズナブル。お高めの旅館なのに良心的です。
こないだの「南紀白浜 浜千鳥の湯 海舟」みたいにボッタくられると酔いも覚めますが。
e0045768_22494954.jpg
真ん中の大きなモノはなんでしょう。
e0045768_22540525.jpg
あ~、ナルホド。「ぽんぽん鍋」ってコレの事だったんだ。串揚げね。
稚鮎が美味でした。

なぜ「ぽんぽん」か? 昔、狸の肉も使っていたからだそうです。ホントか?
ちなみに旅館の方が要所で給仕をしてくれます。ウチの担当は若いお兄さんでしたが、必要以上にでしゃばる事もなく、感じのいい方でした。

料理はどれも本当に美味しかったです。今までに泊まったホテル・旅館でトップレベル。
大満足でした。

(まだ続く)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-05-25 23:07 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

NC700S、車検に備えてヘ..
at 2017-08-19 22:21
レヴォーグの見積りと新型XV..
at 2017-08-19 21:51
上野で「ボストン美術館の至宝..
at 2017-08-18 22:37
NC700Sで茅ヶ崎里山公園へ
at 2017-08-18 21:12
珍客来訪
at 2017-08-17 22:08

最新のコメント

ししとーさん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:57
そもそもの戦略性の無さと..
by t_bow2002 at 21:49
一括査定しなくて正解だと..
by ししとー at 17:01
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:50
ホント、東京の方は雨が続..
by たか++ at 20:45
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:18
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:59
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:51
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:56
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:52

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ