タグ:旅行 ( 344 ) タグの人気記事

山梨帰省旅行、1日目 ~ 広島→清水

年末年始、12月29日から1月2日にかけては私の実家、山梨県への帰省旅行。

今年は休みも長いし天気も良さそうだったので、いつもの新幹線ではなく車で移動、途中で
寄り道しながらゆっくり帰ることに。

1日目 … 広島→清水:泊
2日目 … 清水→伊豆(修善寺):泊
3日目 … 伊豆→山梨(実家):泊
4日目 … 山梨(実家):泊
5日目 … 山梨→広島

という旅程です。(えっ?実家にいた日が少ない??)

初日は5時起床、6時に自宅を出発。
志和ICから山陽自動車道に乗り、一路東へ。
7時半頃福山SAにて休憩中に日の出。先を急ぎます。

いつも渋滞する大阪の吹田付近や京都近辺、この日は気味が悪いくらい交通量が少なく、
快調に距離を稼ぎます。
草津JCTからは初めて通る「新名神高速道路」へ。
いや~、立派な道路ですね。カーブの半径は大きくて走りやすいし、シンボル的な橋、「近江大鳥橋」の主塔は彫刻的で美しいデザイン。実に快適です。(お金もかかっていそう。)
ばかに路肩が広いなと思ったら、どうも当初は片側3車線で計画されたものの、途中で建設費削減のため、暫定2車線で供用開始となったとか。

ホンダのサーキットで有名な鈴鹿のそばを抜けて「伊勢湾岸自動車道」へ入ります。
ここも実に快適&爽快な道でした。
e0045768_21554848.jpg

大きな斜張橋が3つも連続。主塔が赤・白・青に塗り分けられています。

「湾岸長島PA」で昼食。ここも広々として立派な施設でした。

その後、東名自動車道に入っても渋滞はなく、スムーズな走行。
清水ICで高速道路を下り、この日の宿泊先、JR清水駅すぐそばのビジネスホテル、「ホテルビスタ清水」に3時半に到着。

休憩込みで9時間、685kmのドライブでしたが、渋滞がなかったためかほとんど疲れも感じませんでした。(本当に嘘みたいにどこも空いていました。)

部屋は8階。ラッキーな事に海側だったので、駅越しに富士山がよく見えました。
e0045768_224336.jpg

手前の列車は電車で帰省するときに利用する、身延線の車両です。

富士山、道中や到着時には頂上に雲がかかっていましたが、ちょうど日没時にはキレイに晴れて赤く染まる頂上を拝む事ができました。
e0045768_2211415.jpg


ホテルビスタ清水、新しくて清潔、インテリアはモダンなデザインで統一されています。
価格も安いし、なんといってもこの眺望の良さ!お勧めできます。

夕食は少し歩いたところ、静鉄新清水駅そばの「寿司割烹 一兆」へ。
期待通り、魚が美味しかったです♪
e0045768_22144032.jpg

e0045768_2214567.jpg

e0045768_22151439.jpg

一番下の写真は桜海老のかき揚げ。
美味しかったのですが大き過ぎてこれでお腹が一杯になってしまい、寿司を少ししか食べられなくなってしまったのが残念でした。
「なんだか最近、美味しいものでもたくさん食べられなくなったね…。」とちょっと寂しい会話をかわしつつ、ホテルに戻りました。

(富士山のアップの写真のみ、K100D+SIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACRO、
 他は全て フジ finepix F100fd )
[PR]
by t_bow2002 | 2009-01-07 22:28 | Comments(2)

岡山旅行、その3(最終)

今日は仕事で必要な資格者証の更新講習でした。
朝から夕方まで1日がかりでミッチリ&ダラダラと。
どうせやるならもうちょっと有意義な講習にしてくれればいいのになぁ。
更新の案内が届くのもギリギリだったし…。

 ・・・

さて途中で中断していた先週3連休の岡山旅行記、再開です。

「岡山いこいの村」を出発、まずは宿から正面に見えた島、「長島」を目指します。

ここは日本発のハンセン病療養所である「長島愛生園」と「邑久光明園」がある島です。
物見遊山で訪れるような場所ではありませんが、せっかく近くまで来たので見学させていただきました。
島内は病院と関連施設があるのみで一般の住民はいないため、島全体が病院のようです。
手前が愛生園、奥の方が光明園。
光明園にある資料館を見学しました。
e0045768_22292044.jpg

差別と隔離の重い歴史と、明るい瀬戸内海の海とのコントラストが強烈でした…。

島を出て「岡山ブルーライン」に乗り、西へ走ります。
途中、道の駅「黒井山グリーンパーク」でひと休み。
e0045768_22361923.jpg

桜、ですよね?
花は小振りで色も薄めですが、可憐な八重咲きでした。
市場が大盛況で、わが家も一玉150円の丸々とした白菜を仕入れました♪
e0045768_22404540.jpg

片上大橋からの眺め。
エメラルドグリーンの海に牡蠣筏が浮かんでいます。

ブルーラインを降りて日生(ひなせ)の町へ向かいます。
大渋滞の国道250線をノロノロと走り、漁港周辺の駐車場になんとかレガシィを駐車、
お昼ご飯にします。

この日のお目当ては日生名物の「カキオコ」。
牡蠣入りのお好み焼です。
(HPはこちら

最初に訪れた「もりした」はあまりにも順番待ちが多過ぎてパス。
(ソースと醤油、半分づつの味付けは興味がありましたが…。)
行列の比較的少なかった「福来(ふくろう)」に入りました。

「お姉さん」の焼くお好み焼を席から観察。
焼き方など基本は広島風の重ね焼きのようです。
キャベツもどっさり、カキもどっさり!なかなか期待できそうです。
e0045768_22491873.jpg

ジャ~ン!カキが7、8つは乗っているでしょうか。

さて、お味の方は…、

うっ、ちょっと水分が多くてベチャっとしている。
キャベツもあれだけ長く蒸らしたはずなのに生っぽくて、甘さが引き出されていない…。

う~ん、きっとカキの水分が悪さするんでしょうね。

広島のお好み焼き店でカキ入りを注文しているのは観光客だけ、というのは有名な話です。
カキを食べたければお好み焼とは別に、鉄板焼きで食べた方が美味しいというのが地元の常識。
確かにあれだけカキが入っている割りには値段は安いのでお得感はありますが、本場の味を知ってしまうと、ちょっと厳しいかも。

腹こなしに周囲を散策。
e0045768_22555956.jpg

造船所で陸揚げされた船が塗装中。
e0045768_22564436.jpg

ホタテの殻が面白い形に積み上げられていました。

魚市場「五味の市」で買い物。こちらも大盛況です。
このあたりは岡山県の東よりなので、広島よりも関西の車の方が圧倒的に多いですね。

日生を出て備前に向かいます。
「備前焼」は絵付けもせず釉薬も使わずそのまま焼くのが特徴。
素朴ながら力強い焼き物です。

焼き物屋さんを冷やかしながら散策。
天津神社(あまつじんじゃ)には備前焼がそこら中に使われており、いい雰囲気です。
e0045768_237474.jpg

立派な狛犬も備前焼。キレイですが江戸時代のものだとか!
e0045768_2384073.jpg

門の瓦も赤銅色でいい感じ。
e0045768_2391194.jpg

e0045768_2393486.jpg

熱気球と朝日の写真は不発でしたが、それ以外は天気も良く、いい旅でした。

(片上大橋からの海の写真のみ K100D+DA18-55、他は全てフジ F100fd)
[PR]
by t_bow2002 | 2008-11-28 23:30 | Comments(0)

ベンガラの町 ~ 吹屋

日曜日、岡山県は成羽町の“吹屋”へ行ってきました。

ETC通勤割引の距離を読み違えて通常料金になるというハプニングはありましたが、
広島から3時間ほどで到着。

まずは手前の「広兼邸」「笹畝坑道」を見学。
当時の様子、豪勢な商家や厳しい炭鉱労働がよくわかります。

続いて訪れたのは「ベンガラ館」。
昔の弁柄製造工場を再現した建物です。
e0045768_21204015.jpg

ベンガラとコスモス、優しいピンク色の競演です。

続いていよいよ「吹屋ふるさと村」街並みへ。
e0045768_21224486.jpg

e0045768_21313465.jpg

ベンガラに加え、赤い石州瓦の重厚さも歴史を感じさせます。
e0045768_21322847.jpg

百日紅が満開。

家々の意匠を凝らした格子も見応えがあります。
e0045768_2134535.jpg

e0045768_2134172.jpg

もう一つ見逃せないのが「吹屋小学校」。
e0045768_2135245.jpg

明治42年(1909年)の建築ということですから、既に99年!
山あいの小さな町には不釣合いなくらいの立派な建物。当時の隆盛振りがうかがえます。

何よりも貴重なのは、この建物が現役で使用されているという事。
使用されている小学校としては日本最古だそうです。
中を覗き込んでみると廊下はピッカピカに磨かれていました。
今でも地域の皆様に愛されているのですね。

新しく購入した FinePix F100fd も持って行ったのですが、結局メインで撮ったのはペンタックス K100D。
やはり一眼レフのほうが撮っていても気持ちいいんですな。画質も当然いいし…。
[PR]
by t_bow2002 | 2008-09-16 21:51 | Comments(0)

帰省旅行、2日目 ~ 飛弾高山 → 上高地

お盆休みの山梨へのドライブ旅行、2日目は岐阜県の高山市から長野の上高地です。

高山市の朝はちょっと早起きして付近を散策。
昨夜は暗くなってしまい、十分見ることのできなかった「三番町」の古い町並みからです。
e0045768_2201698.jpg

まだ観光客が誰もいない道をゆっくりと歩いていると、電子機器に囲まれたあわただしい日常が嘘のような、非現実感にとらわれます…。
e0045768_2232935.jpg

静けさをひとしきり味わった後は、一転して賑やかな朝市へ。
e0045768_2242462.jpg

この「牧成舎」の牛乳が甘くてコクがあって美味しい!
牛の育ちがいいのか、低温殺菌のためか、普段あまり飲まない私でも本当に美味しくいただけました。

さてホテルに戻ってレガシィで出発です。

市内最後の観光は「飛弾国分寺」
e0045768_22121726.jpg

岐阜県指定重要文化財の三重塔+レガシィ 2.0i B-SPORT LIMITED。
e0045768_22162421.jpg

樹齢1200年余の大銀杏も見事です。
e0045768_2217136.jpg

サルスベリのピンクが鮮やか。
(ちょい露出オーバーか…。)

さらに近くの家具工場「飛騨産業」のショールームに立ち寄ります。
(わが家の本棚はここの製品とか。)
素晴らしい木の家具で目を養い、妻が花器をいくつか購入しました。

上高地はマイカー規制があるので自分の車では入れません。
平湯温泉の駐車場にレガシィを停め、山歩きの服装に着替え、リュックを持って上高地入り。
(ちょうど戻り車のタクシーがいて、バス並み料金で乗れてラッキー♪でした。)
e0045768_22275413.jpg

河童橋より撮影。
梓川を渡り来る風は涼しく、まさに気分爽快!
(振り返ると橋の上及び周辺は観光客でウジャウジャ…。)

この日は梓川沿いを散策です。
鮮やかな緑があふれんばかり。リフレッシュするなぁ。

定番の「明神池」ほとりにて猿と遭遇。
e0045768_22292823.jpg

観光客の目の前を悠々と歩いて通過。なんともフテブテしい猿でした…。

徳沢まで行きたかったのですが時間がなかったので明神池で折り返し。
帰りは梓川南側のルートで戻りました。
こちらの方が平坦で歩きやすいですが、景色も単調で飽きるかな…。

河童橋近くの梓川支流(?)。
e0045768_22344175.jpg

水の存在が感じられないほどに透き通った川の中に水草が漂っています。

ここで私の新兵器!
防水機能のある携帯電話、W61CAの登場です。
一抹の不安も覚えながら水中につっこみ、シャッターを切ります。
e0045768_22364258.jpg

ちょっとピントが甘いし色合いも鮮やかさに欠けますが、撮れるだけでも儲けモノです。

水がとにかく冷たくて、5秒も手を入れていると痛くなって我慢できません。
雪解け水なんだろうなぁ。

よく歩いてくたびれたので、ちょっと奮発して河童橋たもとの「五千尺ホテル」の喫茶店でひと休み。
e0045768_22393675.jpg

ケーキもコーヒーも美味しかった~♪

五千尺ホテルをあとにし、帝国ホテルも通過して我々の宿は大正池近くの「大正池ホテル」。
部屋に冷房施設は無し。必要ないって事ですねぇ。
大浴場が大浴場とは言えないほど狭いのには閉口しましたが、それ以外はまぁ、まぁでしょうか…。

次の日は早起きして「焼岳」登山です。

(この日は K100D+DA18-55mm)
[PR]
by t_bow2002 | 2008-08-19 22:55 | Comments(0)

山梨帰省旅行1日目 ~ 広島→飛弾高山

休みも終わって仕事再開の今日。

昨夜、“Happy プッチンプリン”(400グラムは通常の3.6倍!)の運だめしを一発で
見事当てた私、一日なんにもいい事ありませんでしたが…。

 ・・・

今年のお盆休み、前半は私の実家、山梨への帰省旅行でした。

1日目は広島をレガシィで出発、岐阜県は飛騨、高山市で一泊です。

自宅を6時30分に出発、2号線を走って志和I.Cから高速に。
京都南あたりで事故による渋滞がありましたが、それ以外はまずまず順調な走行。

名古屋の一宮JCTから「東海北陸自動車道路」へ。
この7月5日に全線開通したばかりの新しい路線。
周囲の緑も鮮やか、快適なドライブです。

長良川SAでひと休み、「雪氷花(シェーファービン)」という台湾スイーツをいただきます。
e0045768_21455436.jpg

かき氷かと思いきや、もっと滑らかでフワッとした食感が美味しく、強い日差しで火照った体にしみこみます。
(最近のサービスエリア、どこもキレイになりましたね。
 インフォメーションも“コンシェルジェ”と名乗ったりして。)

飛騨清見ICで高速を降り、高速道路のようで無料の高山清見道路を抜けて高山市内に16時30分頃到着。
641km、10時間のドライブでした。

市内中心部のビジネスホテルにチェックイン、ひと休みしてから夕食に出ます。
飛弾高山と言えば、飛弾牛で決まり!
e0045768_2146297.jpg

このお店ではなく、「肉の匠家」で焼肉をいただきます。
旨味あふれるジューシーな肉が美味しい♪

外に出るとちょうどキレイな夕焼け雲が。
e0045768_21472326.jpg

商店街にある山桜神社では「馬頭絵馬市」が開かれていました。
e0045768_21473746.jpg

なかなか見事な絵です。すぐそこでフリーハンドでどんどん描いているんですよ。
この「絵馬」を家の壁に貼って願い事を祈願するそうです。

歩いていると、お祭りの始まりを告げるような花火の音が響いてきます。
人が流れて行く方に着いて行くと、河原に出ました。
偶然&幸運にもこの日は「飛弾高山手筒花火」の開催日でした。
(どうりでなかなかホテルがとれなかった訳です。)

川の中に設けられた仮設の打ち上げ台に花火師が上り、火花が噴き出す筒を手で抱えるという勇壮な花火です。
e0045768_21481691.jpg

打ち上げ台は4台。ほぼ同時に着火、花火が噴き出します。
e0045768_21485369.jpg

頭上から火の粉が滝のように降り注いでいます。熱そ~。

散歩の締めは「桔梗屋」さんのワンタン麺。
素朴でまろやかな味わいが美味しゅうございました。

明日は上高地入りです。

(フジ Finepix F10)
[PR]
by t_bow2002 | 2008-08-18 22:03 | Comments(0)

大久野島 ~ うさぎ編

いつもながら連休明けはリズムが狂ってキツイですね…。
調子に乗ってSL230で林道を走りまくったのがたたったのか、左の手首が
少々痛く、パソコンを叩いても痛いです…。

--------------------------------

連休終盤、5日と6日は「大久野島」に行ってきました。
うさぎと「毒ガス」で有名な、瀬戸内海に浮かぶ小さな島です。

竹原市の忠海港からフェリーに乗船、わずか10分少々で到着。
宿泊先の「休暇村 大久野島」に荷物を下ろし、まず近くの「毒ガス資料館」を見学。
小さな資料館ですが、戦争の無残さ、愚かさを伝えるには十分なものでした。

見学後、大久野島のもうひとつの名物、ウサギと遊びます~♪

・・・ところが、
エサとして人参やキャベツを持っていったのですが、どうも興味を示しません。
e0045768_21423093.jpg

のび~。
e0045768_21445292.jpg

餌よりもうさぎ同士のおしゃべり(?)に夢中。
e0045768_2146281.jpg

ツツジが満開でした。

連休で観光客が多く、毎日エサをもらってお腹いっぱいのようです。
こういう時はどんなに鼻先にエサをぶら下げてもダメです。

夕方近くになってようやくお腹が空いてきたのか、動きがよくなってきました。
e0045768_2147072.jpg

キャベツちょうだい!
e0045768_21474570.jpg

ニンジンもちょうだい!!

宿舎でもエサを売っていますが、こちらはペレット状のドライフード。
ニンジンやキャベツの方が手からじかに食べてくれるので満足感は大なり、です。

休暇村、お風呂は少し小さめですが温泉だったし、バイキングの食事も品数が多く、
なかなかの満足感でした。

次の朝、食事の前に散歩がてらウサギの撮影。
今度はK100Dのレンズを望遠のSIGMA 70-300mm F4-5.6 DG MACROに付け替えて、ポートレート風の写真にチャレンジ。(他はDA 18-55mm F3.5-5.6AL)
e0045768_21534997.jpg

逆光に毛が光る感じを狙ってみたのですが、もうひとつか…。
もっと早起きしないとダメですね。

うさぎ、朝の方がお腹が空いているらしく、少し離れたところから写真を撮ろうと
しても駆け寄ってきてしまい、なかなかじっとしていてくれません。
逆に言えば朝の方が仲良くなれるチャンスかも。
e0045768_2157468.jpg

この子は色白でキレイなコでした。ひょっとして、飼いウサギの血統かも…。
(これだけはフジのFinepix F10)

ウサギ、子供の頃に家で飼っていたのですが、なぜかあまり家族にもなつかない、ちょっと乱暴なウサギに育ってしまいました。ちょっと目を離すと脱走したり…。

大久野島のウサギもかわいいですが、やっぱり野生。
エサは食べても体は絶対触らせません。

 ・・・

毒ガス関係の遺構巡りは明日に。
[PR]
by t_bow2002 | 2008-05-07 22:16 | Comments(0)

出雲旅行

“パリ・ダカ”ことダカールラリー、2008年大会がキャンセルされたとの事。
(公式サイトはこちら
現地の治安悪化が原因だそうで、残念ですが仕方ないのでしょうか…。

一時、熱心に見ていた頃(10年以上前)は毎晩、テレビの前で観戦していました。
(浜田麻里がテーマソング、歌ってましたねぇ。懐かしい!)

来年には再び開催される事を祈ります。

-----------------------------------

仕事始めの4日午後、出雲市への出張がありました。
片付くのは夜でその日には広島には戻れないし、せっかくなので1泊してきました。

宿泊はJR出雲市駅南口の「グリーンホテルモーリス」。
部屋は普通のビジネスホテルですが、広い大浴場があったり、朝食のバイキングが
非常に充実していたりと、なかなかお勧めですよ!

朝は雨が降っていましたが、そのうちに止むだろうと出雲大社へ出発。
到着する頃には雨も上がり、しっとり、ひんやりとした空気の中、初詣です。
e0045768_20531170.jpg

神職さん達がぞろぞろと移動中。
e0045768_20541485.jpg

神楽殿にある、大きな注連縄。長さ13メートル、重さ5トンだとか。
e0045768_20554048.jpg

みんなの願いがかないます様に…。
e0045768_20564878.jpg


お参りした後、参道をぶらぶらと散歩。

こちらは一畑電鉄の出雲大社前駅。かわいらしい駅舎です。
e0045768_20595626.jpg

内部は白いドーム型の天井になっていて、窓のステンドグラスやシャンデリア型の照明が彩りを添えています。
e0045768_2112198.jpg

プラットフォームには列車が2編成、出発待ちをしていました。
e0045768_21415466.jpg

黄色い方は東京の京王電鉄のお古だとか。

さらにてくてく歩き、(旧)大社駅に到着。
1990年に廃線になったJR大社線の終着駅ですが、国の重要文化財に指定されて保存されています。
e0045768_2193970.jpg

聞きしに勝る、堂々とした名建築です。

広々とした待合室もレトロな雰囲気たっぷり。
e0045768_21104686.jpg


プラットフォーム側にある精算所もいい味を出しています。
e0045768_21115457.jpg


構内のレールにはD51が保存、展示されていました。
e0045768_21124241.jpg

内部は「立ち入り禁止」でしたが、ちょっと失礼…。
e0045768_2113143.jpg

運転席です。過酷な労働だったんでしょうね。

再び歩いて出雲大社そばの駐車場まで戻りました。
(この距離を歩く観光客は少ないらしい…。)

時間もお昼近くになり、付近の道路は初詣客で大渋滞。
朝早くに来て正解でした。

おなかが空いたので出雲蕎麦をいただき、帰路につきました。
e0045768_2116140.jpg

“しじみ”の味噌汁が出雲らしくて美味しかったです♪

再びレガシィで国道54号、三次からは中国自動車道を走って200kmの道のりです。
島根、広島県境の峠付近はお正月前後に降った雪でまだ真っ白。
雪景色を見ているとまたスキーに行きたくなります。

路面には積雪はなかったので、順調に走って3時間半で広島に到着。
どろどろに汚れたレガシィ、下回りの錆が怖いのでコイン洗車場に寄って簡単に水洗いをして、給油してから帰宅しました。

往復423.5kmの走行で29.79L。14.2km/Lという好記録!
カタログ数値の14.0km/Lを超えました。
やはり一般道を止まらずに坦々と流すのが一番、伸びるようです。
(高速道路では100km/hキープ。)

車の燃費計では14.4km/L。今回は誤差僅少。なんでかな。
いつも同じガソリンスタンドで、同じような入れ方をしてるんだけど。

今回の写真は最後の「そば」以外は全てK100D。気合入れてマンフロットの三脚も持参したのですが、結局全て手持ちでパチパチとスナップ的に撮るばかりでした…。
ちなみに「そば」の写真は妻の携帯、auのW41CAで撮影。
200万画素というスペックはともかく、私のA5404S(130万画素)より遥かに自然な色で写ります。いいなぁ。
[PR]
by t_bow2002 | 2008-01-06 21:51 | Comments(0)

山梨へ帰省旅行

年末年始は私の実家、山梨へ帰省しました。

夏はレガシィで帰りましたが、冬場は日程も短いし、積雪があると大変なので新幹線で。

名古屋から中央本線で長野経由ルートもありますが、
今回は静岡、富士から身延線ルートを選択。

夏場は涼しい長野ルート、冬場は富士山がキレイな静岡ルートが多いです。

ただ、残念ながら今回の往路では雲がかかっていて富士山は拝めず。残念。

元旦は何もせずに家でのんびりと過ごしました。
e0045768_2232542.jpg

実家で飼っているスピッツです。
一応、女の子なのですがアラレもない姿で失礼…。
e0045768_22325493.jpg

寝ているとかわいいのですが、性格はけっこう自己中心的で、わがまま。
(母が甘やかすもので…。)

二日はゴロゴロしているのも飽きたので、車で30分ほど走った山の中腹まで富士山を眺めに出かけました。
e0045768_22352271.jpg

撮影スポットには三脚がいくつもセットしてありました。
聞けば、けっこう有名な富士山撮影スポットだそうで、元旦には富士山から初日の出が上がる、「ダイヤモンド富士」を狙うカメラマンで大変な人出になるとか。

その後、再び同じルートで広島に戻ります。
途中、ちょうど日没の時間帯に富士山に最接近。
夕日に赤く染まった富士山が実に見事でした。
e0045768_22415337.jpg

特急「ワイドビューふじかわ」から撮ったのですが、なかなか難しかったです。
初めはうっかりカメラ(Finepix F10)のISOを最低感度の80に設定したままになっていたのでブレまくり、慌てて直した後は障害物が邪魔になったり…。

山梨の実家を出たのが14時30分、広島の自宅に着いたのが21時近く。
お疲れ様でした…。
[PR]
by t_bow2002 | 2008-01-05 22:49 | Comments(0)

尾道 ~ 瀬戸田

3連休初日の11月23日はレガシィで尾道、瀬戸田に行ってきました。
e0045768_2149568.jpg

手前の船は尾道と向島を結ぶ渡船。後ろは尾道大橋です。

JR山陽本線。
e0045768_2201138.jpg

踏み切りの向こうは狭い階段を上がっていく坂道。
「千光寺」へ通じる道です。

昼食は大行列のラーメン店はパス、「イタリ庵西山亭」でパスタをいただきました。
なかなかでしたよ。

午後一番は浄土寺の奥の院へ。
尾道水道の眺めが最高です。海というより、川のようですね。
e0045768_21574126.jpg

こちら↓は反対方面、西方向です。
e0045768_2214330.jpg


山を降りて橋を渡り、しまなみ海道に乗って瀬戸田を目指します。
途中、有名なジェラート店「ドルチェ」などで寄り道しつつ、今回の目的地「耕三寺」に到着。

今まではその、「ニセモノ」って気がしていて、わざわざ見る気もしなかったんですけどね。
「ホンモノ」の日光東照宮の陽明門や京都のお寺も見たことあるし。

まぁ、先入観なしで見れば、それなりに立派なお寺でした。
(一応、登録有形文化財として登録もされているようですし。)
ちょっと詰め込みすぎでおなか一杯になりましたけど。
e0045768_22113935.jpg

こちらが陽明門を模した「孝養門」。
細工のゴウカケンランさにかけては本家も真っ青です。

仏教世界の地獄観・極楽観を描いた地下トンネルの「千仏洞地獄峡」もなかなかキッチュで笑えましたよ。
e0045768_22152411.jpg


一番見てみてみたかったのが奥に開ける「未来心の丘」。

イタリア産の白い大理石をふんだんに使った、丘まるまる一つの芸術作品です。
e0045768_22184654.jpg

北極の氷山ではありません。笑
それにしても空が青いなぁ…。
e0045768_2219148.jpg

e0045768_22192969.jpg

e0045768_22194949.jpg

最も高い位置にそびえる「光明の塔」です。合掌。
e0045768_22214946.jpg

e0045768_2222415.jpg

e0045768_22225912.jpg

すっかり異国気分に浸って写真を撮りまくりますが、ちょっと視線を外にそらすと
まごうことなき瀬戸内海の景色が。
e0045768_22243295.jpg

造船所のクレーンが見えます。

帰り道は再び伽藍の間を抜けていきます。
e0045768_22265077.jpg

e0045768_2227362.jpg

夕日を浴びて、ますます輝きます…。

今回はちょうど紅葉がキレイな時期でしたが、春は桜、初夏のツツジなど、四季それぞれに見どころはあるようです。

本日は全て、PENTAX K100D + DA 18-55mmF3.5-5.6AL でした。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-11-26 22:35 | Comments(4)

東北旅行 ~ 4日目(最終日)

東北旅行の最終日、10月9日(月)の日記です。

山形県は鶴岡市、湯田川温泉のお宿「湯どの庵」を出発。
(そうそう、朝ごはんも夕食同様、とても美味しいものでした。)

まずは宿のすぐそばの「由豆佐売神社(ゆずさめじんじゃ)」へ。

山田洋次監督による映画「たそがれ清兵衛」のロケーションが行われたそうです。
e0045768_2032047.jpg

神社の入り口のそばになっていた、紫色の木の実。

境内に入って石段を登っていくと、うっそうとした木々と緑の濃さに圧倒されます。
e0045768_20345569.jpg

e0045768_20352530.jpg

苔もいい感じ。
e0045768_20361047.jpg

「たそがれ清兵衛」では、お祭りのシーンが撮影されたそうです。
映画は(テレビで)見たのですが。残念ながら思い出せず。^_^;


天気予報は曇りのち晴れでしたが、
まだスッキリしないのでとりあえず鶴岡市内をブラブラと。
e0045768_20422875.jpg

こちらは「大宝館
(中には入らず。)
e0045768_20444662.jpg

カトリック教会の天主堂。晴れていればなぁ。
e0045768_20453355.jpg

庄内藩校「致道館」(ちどうかん)。立派な建物と松です。
e0045768_20471814.jpg

「鶴ヶ岡城」跡である「鶴岡公園」のお堀にいた白鳥と鴨ちゃんたち。

公園内外にはたくさんの桜の木が植えてありました。
桜の時期は本当にキレイだろうなぁ。

続いて市内のお土産屋さん、「清川屋」へ。
e0045768_20541414.jpg

土産物屋らしからぬ斬新な建物です。
e0045768_20552746.jpg

建物だけでなく、サインのデザインも秀逸。

インターネットによる販売が大好評だそうです。
(私は知りませんでしたが…。)

店内には喫茶コーナーもあり、ちょっとケーキ+コーヒーで休憩。

そろそろ青空も出てきたので出発。
昨日涙を呑んで通過した「鳥海ブルーライン」、再挑戦です。

晴れてきた鶴岡市内を抜けて北上。
鳥海山に近づいているはずなのに、なかなかその山容が現れてきません。
う~ん、この辺りは天気の回復が遅めか…。

ふもとからは中腹までは望めますが、山頂は雲の中。
どんなかなぁと思いつつ、ワインディングでぐんぐん高度を上げていきます。

たどり着いたのは標高1150m、五合目の「鉾立」パーキング。
e0045768_2164434.jpg

残念ながら、やっぱり山頂は雲の中でした。(T_T)

それにしても風が強くて寒い!
雲も切れそうに無いので、早々に下山しました。

鳥海山、次は山頂まで登ってみたい山です。
GW頃はまだ雪が深そうだから、7月くらいがベストかな?

先週末には早くも初冠雪が認められたとか。
あの辺りの冬も厳しそうですね…。

ふもと付近の畑ではピンク色の花がたくさん咲いていました。
e0045768_21135337.jpg

e0045768_21142119.jpg

補正したわけでもないのに色合いがずいぶん違うな。なんでじゃろ。

下界はこんなにいい天気なのに、山は依然として雲の中でした…。



楽しかった4日間の東北旅行もあっという間に終わり。
帰りは庄内空港から羽田経由でのフライトです。

空港ターミナルビルの展望台に上って、ズームレンズを試してみました。
e0045768_21192752.jpg

e0045768_2120717.jpg

撮影したのはこの後乗る飛行機。

レンズはカメラと一緒に買った、シグマの「70-300mm F4-5.6 DG MACRO」です。
少々トリミングしていますが、キレイに撮れるもんですね~。
手持ち撮影だったのですが、手ブレもないと思います。
e0045768_2125618.jpg

同じく展望台からの夕日。

また仕事頑張って、今度はどこに行こうかな。
[PR]
by t_bow2002 | 2007-10-21 21:32 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

上野で「ボストン美術館の至宝..
at 2017-08-18 22:37
NC700Sで茅ヶ崎里山公園へ
at 2017-08-18 21:12
珍客来訪
at 2017-08-17 22:08
雨のハト
at 2017-08-17 22:01
別系列のマツダディーラーでア..
at 2017-08-16 23:05

最新のコメント

ししとーさん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:57
そもそもの戦略性の無さと..
by t_bow2002 at 21:49
一括査定しなくて正解だと..
by ししとー at 17:01
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:50
ホント、東京の方は雨が続..
by たか++ at 20:45
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:18
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:59
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:51
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:56
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:52

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ