タグ:旅行 ( 359 ) タグの人気記事

11/25~27、北海道旅行 ~ モエレ沼公園→帰宅

北海道旅行記、写真テンコ盛りですがもういい加減、終わらせたいので一気にいきます。

二泊目の宿は「ニューオータニイン札幌」。
この日も朝食はしっかりいただきます。
e0045768_21505223.jpg

その場で焼いて供されるパンケーキ、食感がフワフワで軽く、初めての体験でした。
ヨメさんが食器を下げてもらった際、お盆に置いておいたカードキーも気づかずに回収されてしまいました。
フロントで再発行してもらえたものの、そんなところに置いておく方も、気づかずに持ってく方も、ウッカリさん同士だったのが不幸でした。

この日の移動はレンタカー。チェックアウト後、予約していた営業所に向かいます。
e0045768_21554853.jpg

時間貸し駐車場、こういうゲートは初めて見たな。普通の路面から立ち上がるタイプは雪が積もると使えないとか?
e0045768_21582759.jpg

日本キリスト教団 札幌教会。カワイイ建物だなぁ。
国の登録有形文化財に登録されているそうです。後ろの建物が味気ないのが残念。
e0045768_2205663.jpg

普段、雪の降らない地域に住んでいるとわからないけど、雪国はいろいろ大変そうです。

レンタカーを受け取り、まず向かったのはすぐそばのJR苗穂駅のそば。
e0045768_223712.jpg

あっ、扇型庫、既に解体終了で何も残っていない・・・。Orz 遅かったか。

札幌辺りで土地も余ってそうだし(失礼)、残してくれればいいのに。
e0045768_2271883.jpg

除雪車でも眺めときますか。
e0045768_2282845.jpg

奥の方には芋虫のような列車が。
e0045768_228466.jpg

e0045768_228555.jpg

ひっきりなしに色々な列車が通過して楽しいところですね。

キリがないので出発しましょう。
天気も悪くなさそうなので、少し郊外の「モエレ沼公園」に向かいます。
出発した金曜の時点では日曜は雪の予報だったのですが、よかったです。

公園に到着。東側駐車場にクルマを停めて園内へ。
e0045768_22204543.jpg

川に見えますが、これがモエレ沼。昔は川だったんでしょうね。
e0045768_2224582.jpg

橋の上は雪で真っ白。
e0045768_22242117.jpg

橋の上から河川敷を見下ろすと、雪の上は動物の足跡だらけ。なんだろう?タヌキ?
e0045768_22265022.jpg

ガラスのピラミッド。
e0045768_22274064.jpg

e0045768_2227518.jpg

既に内部に入ってるヨメ。
e0045768_22282152.jpg

e0045768_22283752.jpg

へ~、中はこんななんだ。
e0045768_22285959.jpg

イサム・ノグチ作「オンファロス」

「基本設計は世界的に著名な彫刻家イサム・ノグチが手がけ、「全体をひとつの彫刻作品とする」というコンセプトのもとに造成が進められました。」
「」内は公式サイトより引用。

イサム・ノグチといえば、広島の平和大橋・西平和大橋の欄干も氏の作ですね。
e0045768_22315441.jpg

エレベーターで上へ。
e0045768_22321720.jpg

雪のために屋上は閉鎖。残念。
e0045768_22324125.jpg

空が青いです。
e0045768_22334852.jpg

トレッキングシューズで来て本当によかった。
e0045768_22342969.jpg

園内の「モエレ山」に登りましょう。
e0045768_22343874.jpg

不燃ゴミと公共残土を積み上げ造成された人工の山で、標高は62.4m。
e0045768_22353982.jpg

眺望はぐるっと360度、いい眺めです。地球の丸さを感じる事ができますよ。

でも風が冷たくて長居はできません。そろそろ帰りの時間も気になるし、降りましょう。

再び札幌市内に戻り、北海道大学そばのスープカレー店、ピカンティに入りました。
e0045768_22401758.jpg

メニューはこちら。
e0045768_224036100.jpg

まずSTEP1として、ベースとなる味を3種類の中から選ぶのね。
「開闢」=世界の始まり、とか、
「アーユルヴェーダ」=インド大陸の伝統的医学、とか、壮大なのね。

次にSTEP2でメイン具材を選んで、
STEP3で辛さを選択するというシステム。

私は濃い系「アーユルヴェーダ」+やわらか仔羊のガーリック焼き、辛さは「2.知覚の扉(中くらいの辛さ)」にしました。
e0045768_22462723.jpg

30分ほど待たされて供されました。けっこう時間かかるのね。
うん、サラッとしたスープにゴロゴロとした野菜、北海道のスープカレーですな。

ひと口食べた時はそれほど辛さを感じないのですが、ジワジワ作用して顔から頭から汗が流れ出します。これがインドの医学の力か!?
美味しかったですよ。外に出た時に頭がスースーしました。

さて、楽しかった北海道旅行もこれで終わりです。帰りましょう。

札幌北インターで札幌自動車道に乗り、道央自動車道に乗り継いで千歳I.Cで下車。
レンタカーに給油して営業所で返却、バスで空港に送ってもらいます。

スムーズに来たのでフライトまで少し余裕があります。
久し振りに来た新千歳空港、施設が増築されていろいろお店も増えているようです。
e0045768_2254419.jpg

ロイズ チョコレートワールドですと?
e0045768_22545516.jpg

パンに板チョコが丸ごと挟んであるし。
e0045768_22552094.jpg

けっこう本格的な工場が空港の中にあるんですね。
e0045768_22554760.jpg

チョコレートの型だ。 流し込んだ後に機械でグルグル回すんですよ。
e0045768_2256824.jpg

まるで精密機械工場のような趣。
e0045768_22565317.jpg

カカオの木と実の模型。
カカオの畑、コーヒーの農場みたいなものかとイメージしていたら、もっとずっと原生林というかジャングルみたいな環境で驚きました。収穫もワイルドだし。
e0045768_2258131.jpg

ANAのパック旅行、2,000円×2人分のクーポンがついていました。けっこういろいろ買えました。

最後に飛行機の展望スペースに立ち寄ったら、目の前をボーイング747が移動中!
えっ、なんで? 国内からは引退したはずなのに!?

慌てて写真を撮ろうとしたのですが、EXILIM ZR1600はバッテリー切れ、もう一台のPEN E-P1はカード容量ナシ。手も足も出ません。
EXILIMのSDカードをPEN E-P1に入れ替えて離陸した後の747をかろうじて撮影。
e0045768_2375692.jpg

広角17mmレンズ(35mm相当)なので、かなりトリミング。

EVA(エバー航空)っていう、台湾の会社だそうです。まだ747を使ってるんですね。
もっとアップで撮りたかった・・・。

空港は大混雑、手荷物検査も大行列でした。
11月末で北海道の観光シーズンもピーク後かと思ったけど、そうでもないんだ。人気ですね。

帰り便の席は真ん中でしたが、もう真っ暗だったので別にかまいません。
ひと眠りしているうちに羽田に着きました。 おしまい。

(EXILIM ZR1600+PEN EP-1)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-25 23:07 | Comments(0)

11/25~27、北海道旅行 ~ 小樽観光→札幌ミュンヘン・クリスマス市

そうか、昨日は天皇誕生日でしたか。

個人的にはもういい加減、ラクにして差し上げたいですが、なんかいろいろ大変みたいですね。
憲法との整合性だとか。

 ・・・

もうほとんど一ヶ月前になった北海道旅行、今日含めてあと2回?3回?

ニッカさんにバスで小樽まで送り届けていただきました。
美味しいウイスキーの酔いも手伝い、みなさんいつの間にか夢の中。

酔い覚ましにと小樽を散策。 運河方面に下っていきます。
e0045768_22145236.jpg

ピザのデリバリーも3輪バイクって訳にいかないよねぇ、やっぱり。
e0045768_22161340.jpg

消防犬ぶん公、だって。
「昭和の初めころに消防本部で飼われていた雑種のオス犬です。消防自動車が出動する時は、一番先に乗り込み、火事場では野次馬(見物人のこと)を追い払い、水を掛けるホースのもつれを直したりして大活躍したと言い伝えられています。」だって。(小樽市サイトより引用。)

暖かいの着せてもらって、よかったね。
e0045768_2217498.jpg

e0045768_2223537.jpg

ウミネコさん。ヒトに慣れていて、ビクともしない。

2007年に訪れた時に食べた「なると」でまた若鶏半身揚げを食べようと思ったのですが、今は運河そばのお店では店内で食べられないとの事。

やっぱり食べたかったので、少し歩いて本店まで行きました。
e0045768_22291791.jpg

飲み過ぎだっちゅーに。
e0045768_22293686.jpg

鶏が出るまでの間、握り寿司などつまみつつ。つぶ貝がコリコリで美味しかったです。安いし。
e0045768_22322199.jpg

若鶏半身揚げ、変わらぬ美味しさとボリュームで大満足。
e0045768_2233285.jpg

三角市場を抜けて小樽駅に向かいます。
e0045768_22332865.jpg

けっこう売り込みが盛んでした。観光客向けになってるのかな。
e0045768_2234321.jpg

海鮮丼おいしそうだけど今はお腹に入らない。

小樽から札幌までは便も多いし、すぐです。外はすっかり暗くなり、海も真っ黒でした。

札幌駅からホテルに向かいます。
e0045768_22362647.jpg

北海道庁旧本庁舎へ西へ向かう通り、イルミネーションがキレイでした。
車道が廃止されて広場のようになったんですね。

この日のホテルはニューオータニイン札幌。ひと息入れて、再び街へ。
e0045768_2240172.jpg

大通公園のミュンヘン・クリスマス市へ。 札幌市とミュンヘンは姉妹都市だそうで。
前の晩は西側のイルミネーションだけ見物して寒さに負けましたが、この日はだいぶラクでした。
お店がたくさん出ており、賑わっていましたよ。
e0045768_22421081.jpg

マトリョーシカ、すごい!
e0045768_22424599.jpg

お土産品みたいなイメージがありましたが、ここのはけっこう高級で、工芸品といったレベル。
ヨメさんが気になったものを手に取ると、1万2千円とか。
もう一軒のお店の方はお手頃価格でしたが、やっぱり見比べると全然違いました。
ロシア人?のお姉さんも美人でしたよ。
e0045768_2245691.jpg

e0045768_22451160.jpg

ドイツの伝統的なクリスマス飾りなど雑貨がいろいろありました。
e0045768_22451690.jpg

この日の夕食ははお寿司屋さんです。
e0045768_2245469.jpg

時計台の隣りのビルにあります。 時計台、夜の方が周囲のビルが気にならなくていいかも。
e0045768_22462820.jpg

「町のすし家 四季 花まる」

お値段はお手頃なのですが、回転寿司ではありません。
e0045768_2247546.jpg

e0045768_22482090.jpg

北海道の地酒、ニ世古酒造の特別純米「彗星」、美味しかったです。
e0045768_22501737.jpg

かすべの一夜干し。これが日本酒にマッチして最高でした。ボリュームも満点。
e0045768_22514695.jpg

e0045768_22515359.jpg

氷下魚(こまい)の三平汁、魚の身も野菜もたっぷり、これで320円ですよ。

いや~、いいお店でした。大満足。
前の晩はススキノで変な居酒屋に入って大後悔したけど、すっかり機嫌も直りました。
洞内だけでなく、東京にもお店があるようです。これは行かねば。

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-24 22:57 | Comments(0)

11/25~27、北海道旅行 ~ ニッカ「十年目のマイウイスキー」懇親試飲会

今日は冬至ですか。
ここんとこ暖かいので雰囲気無いけど、日の短さは確かにそれっぽい。
夕方すぐに暗くなるので、不便。朝は暗くて起きるの辛いし。

 ・・・

北海道旅行の続き。

旧余市福原漁場を見学した後、帰りは歩く事にしました。
e0045768_2152405.jpg

余市湾の向こうに見えるのはシリパ岬。 足元はずっと、雪。軽くてよく滑りそうな雪質です。
e0045768_21551268.jpg

「旧下ヨイチ運上家」 運上家というのは、江戸時代、松前藩が行っていたアイヌ民族との交易を請け負った商人が経営の拠点とした建物だそうです。
e0045768_21562288.jpg

人形コワイ。
e0045768_21565918.jpg

e0045768_2157216.jpg

余市町指定文化財「波に千鳥(板戸)」。これも江戸時代のものだそうです。

ボランティアの方に勧められたので靴を脱いで中をひと回り、解説していただきながら廻ったのですが、まぁ足元の寒い事。参りました。

外の雪道でもトレッキングシューズを履いて歩いてればそれほど冷たさも感じないのですが。
e0045768_2203933.jpg

「宇宙の湯」って、どんなじゃろか?
この日は残念ながら時間がなかったので入浴はかないませんでしたが。
e0045768_222986.jpg

余市川を渡り、
e0045768_223943.jpg

リタ幼稚園。
e0045768_224932.jpg

ちょっと残念さ漂うスペースシャトル。
スペースシャトル“エンデバー”に乗船した宇宙飛行士、毛利 衛さんは町内出身だそうです。
e0045768_22104286.jpg

10年半ぶりのニッカウヰスキー北海道工場・余市蒸溜所です。
e0045768_22133987.jpg

前回に参加した「余市マイウイスキーづくり」、今回は「十年目のマイウイスキー懇親試飲会」の参加です。
e0045768_22144299.jpg

10年前と全く変わらない景色が広がります。
e0045768_22162210.jpg

e0045768_22163029.jpg

e0045768_22164187.jpg

e0045768_22165262.jpg

でもその間にマッサンブームがあり、ピークの頃はだいぶ賑わったそうです。
e0045768_22173120.jpg

マイ樽と再会ですよ。
e0045768_2218767.jpg

久し振り~。 中身のウイスキーはすっかり熟成された事でしょう。
e0045768_22182449.jpg

おっ、広島のニッカバー今市の御主人も私たちと同じ年に訪れていたんですね。

会場に入ります。
e0045768_22371488.jpg

「日本のウイスキーの父」竹鶴政孝は広島県に生まれました。
e0045768_22201058.jpg

ありました、私たちのウイスキー。 正真正銘のシングルカスクですよ。
e0045768_22205952.jpg

香り:ウッディでバニラのような甘くコクのある香り。(以下略)
味わい:(前略)潮風の余韻

上手いこと言うもんだなぁ。
e0045768_22224479.jpg

スコットランド由来のバグパイプの生演奏。音量が大きくて大迫力、ビックリしました。

ヨメさんが撮った動画も。










e0045768_22242155.jpg

ニッカとアサヒビールの皆さんのご挨拶で開会。
e0045768_2225884.jpg

ウイスキー、実に豊潤で美味しいです。
ひいき目もあるのでしょうが、これまでに飲んだどれよりも美味しく感じました。
e0045768_22302394.jpg

おもしろい趣向として、同じ年の別な日程の「マイウイスキーづくり」で樽詰めされたものも試飲する事ができます。
全部は飲み切れませんが、5種類ほど試してみました。
やっぱり自分のが一番だと思いますね。必ず皆がそう言うそうですが。^^;
e0045768_22331176.jpg

地元産の素材が使われたオードブルも美味しかったです。ちゃんとウイスキーに合うものが選ばれているんですよね。
e0045768_2234696.jpg

e0045768_22342127.jpg

陶板のフタが蒸留工程のポットスチルだ。

ちなみに10年前の2006年の出来事と言えば、
e0045768_22351065.jpg

トリノオリンピックで荒川静香が金メダルとか、ワールドベースボールクラシックで王さん率いる日本が優勝したとか、ホリエモンの逮捕とか。
e0045768_22364536.jpg

10年ぶりに再会した皆さんとも会話が弾みました。大病をした方とか、私も含めて転勤・引っ越しとか、いろいろありましたね。

この日飲んだものと同じウイスキーが参加者に1本ずつ、送られます。
残りはニッカさんでブレンドの材料として使用されるそうです。いいウイスキーになるといいね。

帰りは小樽駅そばまでバスで送ってくれました。まさに至れり尽くせり。
えぇ、私はもう今後、ニッカしか飲みませんよ、ウイスキーは。笑

(まだ続く・・・。)

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-21 22:50 | Comments(2)

11/25~27、北海道旅行 ~ 札幌→列車で余市へ

昨夜のサッカー「クラブW杯」決勝、もしかして鹿島アントラーズがレアル・マドリードに勝っちゃうの?!
と思ってみてたら、最後はやっぱりC・ロナウドにやられちゃいましたね。

ロナウドとかメッシとか、すごいね、ホント。

 ・・・

北海道旅行、まだ二日目です。
e0045768_2252158.jpg

朝からしっかり食べますよ。昨夜もお腹いっぱい食べたけど。
最近のビジネスホテルの朝食、レベルアップが著しくて美味しくて困ります。

この日も札幌泊まりなので本当は連泊したかったのですが、取れなかったのでチェックアウト。
ホテルリソルトリニティ札幌、よかったですよ。
e0045768_2273955.jpg

8時前に出発。札幌駅まで歩きます。
e0045768_228953.jpg

気温は0℃。吐く息は白いけど、陽が差す分、ゆうべよりだいぶラクです。

途中でこの日に泊まるホテルに荷物を預け、身軽になって札幌駅へ。
e0045768_229312.jpg

e0045768_2295729.jpg

切符を購入。片道1,070円也。 久しぶりにキップ買ったな。最近はICカードばかりだし。

乗る予定の列車には少し時間があったのでホームをウロウロ。
e0045768_22105120.jpg

e0045768_22105956.jpg

e0045768_2211675.jpg

ブルブルブル((*´д`*)) サムゥゥゥ・・・

そろそろ乗り込みましょう。
e0045768_22131370.jpg

普通列車なのにデッキと車室の間に扉があります。寒冷地仕様だなぁ。

出発すると間もなく、左側の車窓にジャンプ台が。
e0045768_2214787.jpg

大倉山?あんな近くなんだ。
前に訪れたのは・・・、2007年3月か。もう10年近く経つんだ。

銭函(ぜにばこ)駅を過ぎると、右側には海が広がります。
e0045768_22215280.jpg

線路のすぐそばが海で、なかなかの迫力。潮をかぶりそう。鉄、サビそう。
強風時など、運行中止にならないんだろうか?
e0045768_22224589.jpg

車内は終始、定員に満たずに空いていました。東京は人大杉。
とにかく駅でも静かだなと思ってたら、発車の合図のメロディがないんですね。

非常に好ましく思いました。私は首都圏の駅の、メロディが輻輳して騒々しいのが大っ嫌いなので。
いっそ止めりゃあいいのに。チンドン屋じゃあるまいし、張り合うようにうるさくして。
e0045768_22274130.jpg

余市までは直通していなかったので、小樽で乗り換えです。
途中でお腹が痛くなり(食べ過ぎ?^^;)、ホームのトイレに駆け込みました。ギリギリセーフ。^^;
e0045768_22283771.jpg

車両数が減った為か本数が減る為か(両方だな)、今度は意外と混んでいました。
ワンマン運転できるディーゼル車両を2両、つないでいます。

小樽から先も函館本線なのですが、急にローカル線っぽくなります。
e0045768_22302050.jpg

塩谷駅も静けさの中に佇んでいます。

退屈なので先頭車両まで移動してきました。
e0045768_22321739.jpg

周囲はすっかり雪景色。
e0045768_22335498.jpg

真っ直ぐ線路が続いています。
e0045768_22341781.jpg

運転してみたい。

動画も撮りました。



そうこうしているうちに余市駅に到着です。
e0045768_2235817.jpg

e0045768_22352123.jpg

ほとんどのお客さんがここで下車した感じ。
e0045768_22354248.jpg

e0045768_22354769.jpg

サイナラ~。(^^)/~~~




e0045768_2237698.jpg

10年半ぶりの余市です。

目的地であるニッカウヰスキーの工場は目の前ですが、せっかくなのでと早めの便で来ました。
周囲を観光します。

目指すは「旧余市福原漁場(ぎょば)」。駅から2kmちょっと、少し遠いので往路はタクシーで。
e0045768_2243424.jpg

「余市町浜中町に幕末から定住し、ニシン漁を行っていた福原家が所有していた建物群が福原漁場です。」※余市町HPより転載。
e0045768_22445599.jpg

e0045768_2245325.jpg

e0045768_22451290.jpg

e0045768_22452235.jpg

往時のニシン漁業の様子と権勢をうかがい知ることができます。

(あと何回続くのかなぁ・・・。)

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-19 22:53 | Comments(0)

11/25~27、北海道旅行 ~ 札幌市内

なかなか進まない北海道旅行記、まだ初日です。^^;

「開拓の森」は止めにして、何やら目についた高い塔に向かいます。
e0045768_218289.jpg

今シーズン初めての雪道。レンタカーのインプレッサにはスタッドレスタイヤが装備されているので問題ナシ。
e0045768_219983.jpg

「北海道百年記念塔」だそうです。高さも100m。 周囲の芝生広場は雪で覆われています。
e0045768_21104480.jpg

そんな事もあろうかと、今回はトレッキングシューズを履いていきました。
雪でも浸みないし寒くないし滑らないし、正解でした。
思ったより車の運転もしにくくなかったし。
e0045768_2112114.jpg

e0045768_21123212.jpg

中には展望台もありそうな作りでしたが、入れませんでした。残念。

さてそろそろ日も暮れるし、市内に向かいましょう。
e0045768_21131780.jpg

SL風の幼稚園送迎バス、なかなか凝ってますな。

国道12号線を札幌市内方面へ。
e0045768_21143936.jpg

バイク屋さんの店頭には中古の除雪機が。
北海道だとバイクも乗れる季節が少なくて大変そうです。でもその割にはお店もあったな。

札幌市電が東西に走る通り沿いでレンタカーを返却し、歩いてホテルに向かいます。
e0045768_2117166.jpg

大通公園ではイルミネーションのイベント開催中。寄ってみますかね。
e0045768_21172599.jpg

e0045768_21173148.jpg

e0045768_21475422.jpg

けっこう大がかりなものですね。
広島の平和大通りでも今頃は開催中なのかな。
e0045768_2118312.jpg

e0045768_2118992.jpg

後ろのテレビ塔も色が変わります。

日もすっかり落ちて気温が下がってきました。
e0045768_21192082.jpg

マイナス1℃か。もっと寒い気がしたけど。

この日の宿は「ホテルリソル トリニティ札幌」。ややこしい名前だな。
e0045768_21205344.jpg

新しくてキレイなホテルです。
e0045768_21211475.jpg

部屋は大通公園側。イルミネーションがよく見えます。部屋も良かったですよ。

ひと息入れて、食事に出かけます。
e0045768_21215571.jpg

ニッカのおじさん、久しぶり!

ススキノにあるジンギスカンの有名店「だるま」に行く予定にしていました。
場所がわからなくなり、角にいた男性に聞いたところ(ここが間違いでした。)、「だるまはすぐそこだけど、この時間(18時半前)だと大行列でだいぶ待つだろう。私の知っているそこの店でもジンギスカンは美味しいのでお勧めですよ。」と。

この若い男性、近くのカラオケ店の客引きだったようなんですけどね、それならお腹も空いているし寒い中で待つのも辛いし、そっちにするか。北海道の人はやっぱり親切だ!と入ったのは「道産居酒屋 海鮮丸」

なんか入った瞬間、雰囲気悪かったんですよね。この時間なのにお客さん誰もいないし、従業員は私語が多いし。

まぁでも普通の居酒屋だろうと、とりあえずビールと、お勧めっぽい「ホッケの刺身」と「串焼き」を注文。
e0045768_21281746.jpg

ホッケの刺身。なんだか水っぽいし、食感がシャリシャリしてる。冷凍の解凍か?
e0045768_21285030.jpg

串焼きは、まぁ普通。

でもどうみてもジンギスカンは本職じゃない雰囲気。ヨメさんはどうしても専門店でジンギスカンを食べたいらしく、ここで河岸を変える事にしました。

お勘定は二人で約5,000円。生ビール2杯と1,000円程度の料理二品しか頼んでいないのに、高くないか?
明細を確認したところ、お通しが500円に席料が350円、さらにサービス料10%だとか。

やられましたね。ボッタクリとまでは言わないけど、少なくとも良心的な店ではない。
北海道の人には悪い人はいないと信じていたけど、やっぱりススキノは要注意でしたな。

帰宅後に食べログみたら同じような話がゾロゾロと。もう笑っちゃいました。
事前に調べたインターネットの情報ばかりに頼るのもどうかと思いますが、今回ばかりは初志貫徹するべきでしたね。失敗しました。

しかし、あんなひどい店でもやってけるんですね。一見の観光客ばかりだまして、札幌も都会だな。
「海鮮丸」は止めといた方がいいです。

気を取り直してジンギスカン食べに行きましょう。
e0045768_21392544.jpg

狸小路七丁目。なんかここから雰囲気変わるな。
e0045768_21405415.jpg

ヤマダモンゴル。
e0045768_21411357.jpg

e0045768_21413325.jpg

e0045768_21414199.jpg

安くてウマい、やっぱりコレだよね!
e0045768_21421445.jpg

〆はラーメン。つけダレでいただきます。
e0045768_21423350.jpg

お腹いっぱい、満足しました。

ホテルに帰りましょう。
e0045768_2143427.jpg

コンビニで買ったウイスキーで二次会ですよ。
私は水割り、ヨメさんはハイボール。 イチゴはウトナイ湖の道の駅で買いました。
美味しかったですよ。

(まだまだ続く)

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-18 21:53 | Comments(2)

11/25~27、北海道旅行 ~ ウトナイ湖、苫小牧→札幌へ

プーチン大統領が来日しての日露首脳会談、昨日は山口の大谷山荘だったそうで。
2013年のGWに泊まりましたが、いい宿でした。

一週間も貸切だったそうですが、休業補償とか、どうなってるんでしょうね。

ところで北方領土問題が進展するんじゃないか、なんて希望的観測もあったようですが、フタを開けてみれば全っ然じゃんか。まぁ、いい加減な事を言うもんだな・・・。

 ・・・

11/25~27の北海道旅行。 全然進みませんが。

千歳空港を下りてレンタカーを借り受け、まずはさっき飛行機から見えたウトナイ湖へ。
e0045768_21481332.jpg

道の駅で苫小牧市公式キャラクター「とまチョップ」がお出迎え。

とまこまいの「とま」、ハクチョウの「チョ」、ハナショウブの「ョ」、ホッキ貝の「ッ」、ハスカップの「ップ」の組み合わせだそうです。

ベースが白鳥なのはわかったけど、あとはちょっと難易度高すぎるな。
e0045768_21502068.jpg

降りたった頃は晴れていましたが、雪が降り出しました。
降るって言うか、風に乗って舞ってる感じ。道路に落ちても融けずに風に吹かれて右へ左へと。
e0045768_21515054.jpg

e0045768_21521492.jpg

凍った湖面に雪が乗っている状態。
e0045768_21522284.jpg

白鳥、かろうじて4羽、いました。あの辺は氷の上なの?それとも浅瀬で地面なのか?
e0045768_21531990.jpg

時おり上空を飛行機が轟音と共に飛び去っていきます。
e0045768_21535223.jpg

寒いのか、全然動きません。置物のようです。
e0045768_21543243.jpg

e0045768_2154478.jpg

e0045768_21545528.jpg

雲が切れて陽が差しました。

真っ白な鳥が飛んできて湖面に降りたちます。
e0045768_21565733.jpg

白鳥ではありません。ダイサギでしょうか。
e0045768_21572060.jpg

優雅ですな。

道の駅の隣りにある、ウトナイ湖野生鳥獣保護センターに向かいます。
e0045768_21582273.jpg

神奈川辺りでは見かけない鳥さんがいました。 白いのは雪ですよ。
e0045768_21585932.jpg

ものすごい立派な望遠鏡があって、野鳥を観察する事ができます。
でも肝心の野鳥が全然いませんが。
e0045768_21593621.jpg

さっきの鳥さんはカササギだそうです。九州と苫小牧にだけいるって、面白いなぁ。
e0045768_2201394.jpg

e0045768_2202278.jpg

そろそろお昼時です。
道の駅にもレストランはありましたが、メニューがパッとしなかった(失礼)ので、ヨメさんが下調べしていた苫小牧のラーメン屋さんに向かいました。
e0045768_2213471.jpg

「味の一龍」。 インプレッサはこの日のレンタカー。
e0045768_2233214.jpg

ホッキラーメン。美味しかったですよ。

他にもいろいろデカ盛り系のメニューがありました。
健啖家な向きは、ぜひ。

この日は札幌市内で宿泊です。途中、再びウトナイ湖周辺で寄り道。
e0045768_2252312.jpg

広大な原野の中を走りゆく雰囲気を撮りたかったのですが、イマイチ・・・。Orz
e0045768_2255966.jpg

飛行機の数がスゴイ。

沼ノ端西I.Cから日高自動車道に乗り、札幌方面へ。
e0045768_2271433.jpg

高速道路も広々していて気分がイイです。空いてるし。

途中の輪厚PA(「わっつ」って読むんだ!)で休憩。
e0045768_22105929.jpg

山わさびって、初めて見たな。沢で育つ本わさびと違い、普通の土の畑で育つそうです。
e0045768_22132613.jpg

おやつにとパンを買って食べてみました。山わさびベーコンパン。
e0045768_2214373.jpg

けっこうツーンときました。

まだ時間があったので札幌市内に入る前に札幌南I.Cで下り、「北海道開拓の村」へ。
e0045768_2217088.jpg

立派な建物がお出迎え。明治41年(1908)に建てられた札幌停車場の正面外観を縮小再現したもの、だそうです。
e0045768_2218563.jpg

木製ベンチもいい感じ。

場内には明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物が54.2haの敷地に移築復元・再現されているそうですが、思ったより広すぎて、途中で日が暮れそう。
800円払うのももったいないので、止めとくか。^^;

(まだまだ続く。)

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-16 22:24 | Comments(0)

11/25~27、北海道旅行:羽田→千歳へ

11月25日(金)から27日(日)、1日有休を取って北海道に行ってきました。

横浜から京急に乗り換え、蒲田を経由して羽田空港へ。
平日ですが普段の通勤より早いくらいの時間なので電車も混む前でよかったです。
乗り継ぎもスムーズでした。
e0045768_2215950.jpg

秋晴れです。ターミナルも空いていて実に快適。やっぱり建物がデカすぎるのは不便だけど。
e0045768_22155570.jpg

ソラシドエアにはくまモンが。 がんばれ熊本!
e0045768_22165542.jpg

JALはやっぱり鶴丸がいいな。
e0045768_22183125.jpg

ゲートブリッジ。
e0045768_2217161.jpg

ANAのパックですが機材は共同運航のエア・ドゥでした。
e0045768_2220288.jpg

さっき見たくまモン・ソラシドが先に離陸する模様。
e0045768_22204328.jpg

エア・カナダの向こうには真っ白な富士山が。前の24日にけっこう降った様子。

離陸します。
e0045768_22213057.jpg

川崎から横浜方面の街。右奥には丹沢の山並みが。こちらも雪化粧していますね。
e0045768_22224687.jpg

幕張メッセとマリンスタジアム。
e0045768_22233117.jpg

船橋。右下の小さい楕円はオートレース場。この春に廃止になっていたそうで。関係ないけど。
左の大きな楕円が競馬場。間の高架道路は東関道。

羽田を北向きに離陸した後、東京湾の上を逆S字型に旋回してから北に向かうんですね。
e0045768_22254443.jpg

住宅が広がります。こっちでも雪になったんですね。
e0045768_2229548.jpg

霞ヶ浦から銚子方面。
e0045768_22293583.jpg

家が少なくなり、田園風景に。真っ白でキレイです。
e0045768_22301626.jpg

オーバルのテストコースが見えます。
矢田部か?と思いましたが、まわりがバカに田舎だな。
帰宅後に調べたら、日本自動車研究所のテストコース、もう10年以上前に矢田部(筑波)から城里に移っていたんですね。知らなかったなぁ。
e0045768_22394322.jpg

雲のじゅうたんが敷かれました。
e0045768_22402260.jpg

雲の中。
e0045768_22403630.jpg

雲もいろいろ。
e0045768_22405338.jpg

いつの間にやら海の上。
e0045768_2241911.jpg

あっという間に北海道。苫小牧の東、勇払上空からアプローチ。
e0045768_22472361.jpg

ウトナイ湖。この後、訪れる予定です。
e0045768_22441841.jpg

羽が空中分解!
e0045768_22443473.jpg

無事に千歳に到着。8時30分から1時間10分、楽しくてあっという間のフライトでした。

フライトはあっという間でも旅行記はこのペースでは当分かかりそうだな・・・。^^;

(EXILIM ZR1600)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-13 22:48 | Comments(0)

11/6、越後妻有で草間彌生のアートや星峠の棚田を見て帰宅

カジノとか大阪万博とか、いかがなもんかと思いますが。

東京オリンピックすら、既に完全にもてあましているのに。

 ・・・

まだやってんのかの11月初旬、新潟紀。
これで終わりですよ。

11/6、宿泊したホテルは素泊まりだったので、起きて支度してソソクサと出発。
まっすぐ帰らず、さらに東方面に向かいます。天気はあいにくの雨。
e0045768_2032551.jpg

この辺り、こういったスタイルの家が多いです。
1階部分は倉庫やガレージで、玄関は外階段を上がった2階にあります。
雪、積もるんだろうなぁ・・・。

途中のコンビニで朝食を仕入れます。少し寒いくらいだったので、温かい肉まんを食べようと思ったら、レジで前に並んだオジサンの分で売り切れちゃいました。残念。
車内で食べる際、オッチョコチョイなヨメさんがお茶をシートにハデにこぼしてくれましたが、お茶だったのでセーフでした。

国道253号はスノーシェルターの連続。雪、積もるんだろうなぁ・・・。

山の紅葉が見頃でしたが、天気も悪いので止まりもせずに先へ向かいます。
e0045768_20375694.jpg

十日市を経由し、「ほくほく線」松代駅に隣接した道の駅に到着。
e0045768_20395785.jpg

電車の形をした石造りのベンチ。
e0045768_2040304.jpg

道の駅の内部にも特急車両が。
残念ながらこの車両は北陸新幹線が開業して、なくなってしまったそうです。

売店で買い物をした後、クルマを停めたまま周囲を散策。
この辺りは「芸術祭の里」なのですよ。
e0045768_20423427.jpg

ゲロンパ4号と5号がお出迎え。3号も横にいます。
1号と2号はどこ? その辺の田んぼで働いてるのかな?
e0045768_20432748.jpg

押して勢いをつけて飛び乗ると楽しいです。
e0045768_20443012.jpg

藁でできた巨大な牛の親子。
e0045768_2045031.jpg

キター!、草間彌生「花咲ける妻有」
e0045768_20454353.jpg

この位の大きさ。触れちゃうのがウレシイです。
e0045768_20462978.jpg

e0045768_20464132.jpg

e0045768_20465547.jpg

すぐ横は田んぼ、カエル君も元気です。

周囲にはまだまだ多くのアート作品がありますが、巡っていたら日が暮れそう。
今回はここまでにして、先へ向かいます。
e0045768_20483034.jpg

星峠の棚田。狭くて急な上り坂を登っていったところにあります。
e0045768_20485335.jpg

ほ~! 見事な棚田風景が眼下に広がります。
e0045768_20501376.jpg

この時期でも水が張ったままなんですね。
e0045768_20503475.jpg

前後の道は狭いですが、けっこう駐車場が確保されており、大型の観光バスまで上がってきます。

この時期も悪くはなかったけど、やっぱり一番キレイなのは初夏の田植え後か、稲刈りの時期なんだろうな。また来ますかね。

そろそろ引き返しましょう。
帰りついでに途中の「蒲生の棚田」にも立ち寄りました。
e0045768_20512599.jpg

e0045768_20551048.jpg

こちらの方が、こじんまり。
色はちょっとハデ目にレタッチしてみました。

往路と同じ、国道253号を東へ戻り、六日町I.Cで関越道に乗り、ひた走ります。
混む前に帰りたいしね。

とは言え、お腹は空きます。 赤城高原S.Aで休憩。レストラン「シャンゴ」に入ります。
e0045768_2114226.jpg

e0045768_2114875.jpg

美味しゅうございました。
e0045768_2121174.jpg

e0045768_2121861.jpg

サービスエリア内の紅葉もキレイでした。

SAに入る時点ではまだ渋滞はなかったのですが、出る時には事故渋滞が既に発生。
やれやれ、事故すんなよ・・・。
e0045768_2133344.jpg

バカBMW、先が詰まってるのに左から追い越して割り込んでも意味無いんだって。

いい歳こいたドライバーなのに、残念。
ナンバー晒して差し上げましょう。所沢338 ふ12-18の320。

私は特に高速道路を走っている時には、車間距離をしっかり取ります。
前の車のチャカチャカした動きに惑わされてブレーキ踏むのがイヤなので。

リズムが大きいだけで流れには乗っているのですが、ときどき短気なのが下品に追い越して割り込んできます。同じだっちゅーに。

事故の原因はキャンピングカーの横転だったらしく。
今回のは誰が悪かったのか知りませんが、とにかくマナーも技術も低過ぎる。
e0045768_2184978.jpg

藤沢あたりで日が暮れました。
e0045768_2191576.jpg

なんで必要もないリアフォグつけるかな。
XVハイブリッドの横浜303 も10-05。

帰宅前にレガシィに給油。
644.1kmの走行で51.07L、燃費は12.6km/Lでした。
レギュラー単価は115円。

帰宅して夕食。
e0045768_21144574.jpg

星峠の棚田米、美味しゅうございました。

(PENTAX K-7+TAMRON 18-200mm+C-PL、CASIO EXILIM ZR200)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-12-03 21:15 | Comments(0)

11/5、八海山を下りて六日市で宿泊の巻

韓国の朴槿恵大統領、任期満了前の退陣を表明ですか。
先日の辞任を要求するデモは20万人とか、スゴイな・・・。

 ・・・

八海山を千本槍小屋で引き返し、下山します。
e0045768_21334519.jpg

日差しがポカポカ暖かいです。
e0045768_21342519.jpg

あそこまで戻る訳ね。スキー場のコースの様子がよくわかります。
e0045768_21352494.jpg

下りの方が雪で滑りそうで危ないので、傾斜が急になる辺りで一眼レフはザックに収納。

最大の難関であった鎖場、雪が緩んでシャーベット状になっており、実にスリリングでした。
e0045768_21374683.jpg

無事に六合目の女人堂まで下りてきました。ウチの女人コワい。
e0045768_2138537.jpg

朝は雪が凍っていて歩きやすかったのですが、予想通り溶けてベチョベチョのグチャグチャ。
ヘタに避けると却って滑ったりするので、ゴアテックスの防水性を信じて水たまりに踏み込みます。
e0045768_21405723.jpg

コケと雪。
今年は初雪が記録的に早かったので、紅葉の上に雪という景色があちこちで見られたそうです。
e0045768_21414850.jpg

次はあのコブコブも制覇したいなぁ。

ロープウェイの頂上駅まで戻ってきました。
朝とはうって変わり、周囲は観光客で賑わっています。

展望台はヒトで鈴なり状態。 確かにここ辺りでもいい眺めだけど、せっかく高いロープウェイ代を払ってくるなら、もう少し頑張って歩けばもっといい景色ですよ~。
e0045768_21454479.jpg

ここのコース、なかなかの斜度だな。(@_@;)
しかも圧雪しないのでコブになるらしく、私の脚前では往生しそうです。

トレッキングシューズは泥まみれ、これで下界に降りるのは気が引けると思っていたら、ちゃんと靴を洗うために水桶とブラシ、さらにはエアーガンまで完備されていました。気が利いてるな~。

帰りの便は行列でしたが、1便待ちで乗れました。
e0045768_21494929.jpg

途中からの眺め。山の中腹辺りがちょうどいい紅葉でした。
e0045768_21504385.jpg

駐車場の売店でこの時期だけの「新米オニギリ」を楽しみに下りてきたのですが、既に売り切れていました。残念。
e0045768_2158678.jpg

ちょっとアンタ、ヒトの車でなに遊んでるんだよ。やってることの意味がわからん・・・。
e0045768_2159851.jpg

レガシィと記念撮影。
e0045768_220681.jpg

向きまで変えて、ご苦労なこった。

この日はすぐ下の六日町で宿泊です。渋滞の高速道路を眠気を我慢しながら帰らなくていいと思うと、ラクだな~。
e0045768_2211521.jpg

途中の町内でケーキ屋さん「パティスリー・シュクレ」に立ち寄りました。
田舎とは思えないくらい(失礼)、品揃えも垢抜けていて、いいお店でした。
お値段もリーズナブル、お店の店員さんもカワイイ子ぞろいだし、流行る訳だ。
e0045768_2231161.jpg

宿は「六日町温泉 旬彩の庄 坂戸城」。
なかなかな名前がついていますが、まぁ、学生がスポーツ合宿に使う感じのお宿です。

この日は団体が入っており、個人客は夕食の対応ができないという事で、格安プランで利用できました。駅まで歩けるので食べるところはあるし、それはそれでかまいません。

まずはさっき買ったケーキでお茶にします。
e0045768_226246.jpg

「たぬきちゃん」

イヤ本当に「ちゃん」がついてるんですって。求肥がモチモチ、美味しかったです。

ひと眠りして、夕食に出かけます。

JR上越線、六日町駅前の「魚沼釜蔵総本店」に入りました。
e0045768_22143331.jpg

ここは当然、日本酒「八海山」でしょう。

吟醸酒粕焼酎「雪男」も美味しかったです。
e0045768_2216199.jpg

面白メニューもあり。
ウチのヨメさんは「巨乳ハイボール」をオーダー。そうきましたか。
e0045768_2217534.jpg

料理も美味しかったですよ、串焼き、私は少し苦手なモツ系も抵抗なくいただけました。
どれもボリュームたっぷり、お値段はリーズナブルで、いいお店です。
e0045768_22195566.jpg

〆は魚沼産コシヒカリ(新米!)のオニギリ。 新米ならではのピカピカもっちり甘みたっぷり、美味しかったです。
中の具は「かぐら南蛮」にしてみました。変わってるな、土地のものだろうと思って知りもせずに注文したのですが、唐辛子なんですね。どうりで赤くて辛い訳だ。

お腹いっぱい、ほろ酔いで上機嫌。駅に行ってみました。
e0045768_22231752.jpg

電車が到着したタイミングではそこそこ、人が降りてくるのですが、すぐに静かになります。
私は食っていけさえすれば、この位の田舎でも雪が降る土地でも全然かまいませんが。
ヒト大杉の東京よりよっぽどいい。

ホテルに戻ります。
e0045768_22252970.jpg

今どきブラウン管のテレビだよ。シブいなぁ。でもちゃんと地デジが写ります。

(もっかい、あります。)

(PENTAX K-7+TAMRON 18-200mm+C-PL、CASIO EXILIM ZR200)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-11-29 22:27 | 山歩き | Comments(0)

11/5、新潟県の八海山トレッキング、続き

フィデル・カストロ氏、亡くなったそうで。

毀誉褒貶あった人ですが、今頃はあの世で盟友・ゲバラとの再会を喜んでいる事でしょう。

 ・・・

また週末、泊まりで遊びに行ってしまい、写真は溜まる一方、記事は進まず・・・。

もう1ヶ月近く経つのにまだやってんのかの八海山トレッキング。^^;
e0045768_2157886.jpg

e0045768_21584087.jpg

眺めのいい稜線に出ました。この辺が薬師岳か?
e0045768_2159875.jpg

e0045768_21591632.jpg

e0045768_21592749.jpg

e0045768_21594229.jpg

e0045768_2201287.jpg

e0045768_226541.jpg

e0045768_22102938.jpg

ぐるっと周囲が見渡せます。 空気もキリッと冷たく澄んでおり、最高の気分です。
e0045768_2272514.jpg

田園地帯を貫く関越道。車がキラキラ光りながら走っていくのも見えます。

冬山登山も気持ちいいんだろうなぁ。天気さえ良ければ。
私は根性も体力も無いので冬になるとゲレンデ専門ですが。
e0045768_2213460.jpg

おそらく「かぐらスキー場」かと。
e0045768_2221638.jpg

雪の上をケムシ君が歩き去っていきました。
e0045768_2235998.jpg

e0045768_224920.jpg

9合目にあたる千本槍小屋、あそこまで行って休憩して、どうするか考えるとしましょう。
e0045768_225965.jpg

山で食べるカップラーメンは美味しい。
e0045768_2284159.jpg

一つ目のコブ、地蔵岳くらいは登ってみようかと思いましたが、途中の道の狭さと積雪に敗退。^^;
e0045768_229455.jpg

ここまでで引き返しました。

さて、帰りますかね。

(カップ麺のみ、EXILIM ZR200、それ以外はK-7+タムロン18-200+C-PL)
[PR]
by t_bow2002 | 2016-11-28 22:11 | 山歩き | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

11/23~25、多治見「焼..
at 2017-12-13 21:51
エキサイトブログの画像容量を..
at 2017-12-12 21:32
ホンダ、新型レジェンド
at 2017-12-12 21:26
11/23~25、多治見「焼..
at 2017-12-11 22:30
GJアテンザ、タイヤチェーン..
at 2017-12-10 22:38

最新のコメント

> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:38
おはようございます。 ..
by ししとー at 06:30
> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:58
おはようございます。 ..
by ししとー at 06:06
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:17
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:28
> たか++さん バン..
by t_bow2002 at 20:04
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:24
> たか++さん ..
by t_bow2002 at 22:31
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:39

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ