タグ:ZR1600 ( 137 ) タグの人気記事

雨のハト

今日は雨も小休止でしたが、昨日はほぼ一日、冷たい雨が降り続きました。

窓から外を眺めていると、電線に鳥がとまっています。
こんな雨ならどこかで雨宿りでもすればいいのに。
e0045768_21595088.jpg
茶色いけど、鳩だよなぁ。

意外とタフというか、アフォなだけなのか?



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-17 22:01 | Comments(0)

8/11~13、山梨に帰省

天気が悪いな~。全然バイクでツーリングにも行けないよ。
こんな夏休みも珍しい。

 ・・・

8/11~13にかけて山梨の実家に帰省してきました。

高速道路の下り線渋滞ピークは早くも11日だというので、早めに出ようと思い、4時起床、4時半に出発しました。ところが既に圏央道相模原I.Cの先から中央道相模湖まで渋滞、通過に80分かかるとの事。
こりゃたまらんと相模原I.Cで下車、下道を走って相模湖I.Cで中央道に乗りました。
所要時間は30分ほど。あれだけ詰まったら下道の方が絶対に早いです。
そこからは時おり流れが滞る事はあったものの概ね順調でしたが、SAやPAはどこも大混雑で本線上にまで順番待ちの列が伸びていました。
都会は本当に大変。やっぱり首都圏への人口集中を解消しないとダメだと思います。

実家にあまり早く到着してもしょうがないので、時間つぶし。
甲府南I.Cを下りた付近のコンビニで朝食(最近カウンターで食べられるところが増えて、助かります。コーヒーも安くて美味しいし。)を済ませ、例の場所へ。
e0045768_19225502.jpg
お寺のワンちゃん、久しぶり~。
e0045768_19231593.jpg
相変わらず人懐こくてカワイイ。
e0045768_19234896.jpg
多肉系植物の鉢がたくさん。上手だなぁ。
ウチのヨメさんも好きで育てているのですが、なかなかうまくいかない様子。
e0045768_19251625.jpg
また来るから元気でね~。
e0045768_19253221.jpg
次は新車で来るよ~。
e0045768_19255944.jpg
実家のネコは相変わらずマイペース。
e0045768_19262505.jpg
ネコとはそういうモノなのニャ。
e0045768_19270137.jpg
また太って重くなったんじゃないですか? お腹がムニュムニュ柔らかくて気持ちいい♪
e0045768_19272302.jpg
この日は母の古希祝いという事で集まりました。
弟のところの子供が年々成長して大きくなるので、家が年々狭くなってたまらん。

次の日の朝
e0045768_19290294.jpg
向かいの家のネコちゃんが庭に遊びに来ました。
e0045768_19293294.jpg
もう大人だそうですが、小さくて実に可愛らしい。ウチのはデブなのに。
e0045768_19301372.jpg
そうやって寝てばかりいるからじゃないの?

涼しいところに出かけようと、富士山ろくにある「風穴」に出かけました。

国道358号線で峠越え。
レガシィのブレーキパッドが残り少ないので、下り坂ではパドルシフトを駆使してエンジンブレーキを活用する作戦で。

富岳風穴、駐車場もなんとか空いており、すぐに2台とも入れました。
e0045768_19332724.jpg
青木ヶ原樹海の森。
e0045768_19335003.jpg
風穴へ向かう階段の途中から既に冷たい空気に包まれます。
中は夏でも気温3度という事で、寒いくらいです。
e0045768_19351067.jpg
氷があるのは隣の「氷穴」だと思っていたら、風穴にもあるんだ。

奥が広くなっています。
e0045768_19354420.jpg
養蚕で、涼しい風穴の倉庫に蚕の卵を保管し、孵化の時期を調節することで年に3~4回も蚕を飼う事ができるようになり、生産が飛躍的に向上したそうです。へ~。
隣には農作物の種でも同様に活用されたという説明がありました。
e0045768_19382733.jpg
地上に出ると眼鏡が曇って真っ白に。

隣の氷穴にも行きましょう。
いったん駐車場に戻ってクルマで移動してもいいのですが、樹海の中に遊歩道が整備されているそうなので、こちらを歩くことにしました。
e0045768_19393796.jpg
少し蒸し暑かったですが、ずっと木陰で道もそう悪くなく、歩きやすかったです。
でもこっちを歩いてる人は少なかったな。みんなこのくらいは歩いたほうがいいのに。
e0045768_19405217.jpg
溶岩の上を植物が覆っています。

年寄りと子供のペースなのでゆっくり歩いて30分弱だったでしょうか。
鳴沢氷穴の入り口に到着すると、さっきの風穴とはうってかわった人混みにビックリ。
入場待ちの行列になっており、所要時間は1時間だとか。

こっちの方が大人気なんだなぁ。ずいぶん差があるもんです。
せっかくなので並びましたが。
e0045768_19433875.jpg
さっきの風穴は任意でしたが、こちらは全員ヘルメット着用。
私は作業用ヘルメットも昔はよく被っていたので慣れていますが、普通の人は戸惑うよね。
e0045768_19450981.jpg
ズラッと並んでます。並んでいるところが日陰で涼しいからいいけど。
それにしても列が動かない。出てくるペースが遅いのは何でだろう?
e0045768_19460425.jpg
溶岩の棚の下が通路になっています。その上は木。まぁ、崩れはしないんだろうけど。

ようやく入れますよ。
e0045768_19465921.jpg
うわ、いきなり低くて狭い! これじゃあ、進みが遅い訳だ。
横穴トンネル、1100年程前の巨木の跡だそうです。
足元も悪いところがあるので、サンダルより靴の方がいいと思います。
e0045768_19475913.jpg
氷が出現。入り口の既に寒いところで待っている間に体が冷えているので、本当に寒い。
e0045768_19504426.jpg
氷柱。青いのは照明の色ですが、造形は自然のものです。
面白いなぁ、特に真ん中の。キノコというかナンと言うか・・・。

見どころはここまで、折り返して上って終了。
待たされた割にはあっけなかったです。まぁ、楽しかったけど。

入場待ちの列は更に伸びており、あれじゃ1時間半は待ちそうな勢いでした。
帰りは表の国道沿いを歩く事にして向かっていると、クルマの駐車場待ちの列もすごい事になっています。
列は国道まで伸びており、両側から曲がりたくても入れない車が国道を塞いでしまっているので、国道も大渋滞。
なんか、カオス。そこまでしてまで観るほどのもんでもなさそうだけど・・・。

最初はこの後、河口湖方面に出て昼食にしようと考えていたのですが。この渋滞ではとても無理です。
風穴駐車場から来た道を戻り、甲府市内で食事をして帰りました。

とにかく首都圏、ヒト大杉。

もう一泊し、また渋滞が始まる前にと朝食後に出ました。
今度はさすがにスイスイ、むしろ逆方向がまだ混んでいました。首都圏、ヒト大杉。

圏央道の外回り、海老名JCT手前で混みだしました。
東名道の渋滞が圏央道まで及んでいる様子。

東名に入るクルマは早めに左車線に入ってくれればいいのに、ギリギリまで右で粘るタチの悪いのがいるから右の通過車線も影響を受けるんだよな。

藤沢からの国道1号が非常に空いていました。みんな帰省で出ちゃったのかな。
いつもこんなならいいのに。

山梨からはいつものように野菜などをいただいて帰ったのですが、今回はこんな謎薬を持たされました。
e0045768_20022285.jpg
ヘビイチゴの実の焼酎漬け。虫刺されや痒みの万能薬だとか。 まじっすか?

(EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-14 20:11 | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳⑦ ~ 針ノ木岳→扇沢

チンタラ台風5号、早く抜けてくれればいいのですが。

 ・・・

針ノ木岳、頂上で粘ったかいがあり、立山連峰と黒部湖の絶景を堪能しました。
体も冷えてきたし、そろそろ戻るとしましょうか。
e0045768_21122819.jpg
赤沢岳方面の稜線をずっと歩いて、時計回りに扇沢に降りるルートも素晴らしいそうですが、ウチの体力とペースではもう一泊しないとキツそう。
e0045768_21163681.jpg
次々と湧いては消えていく雲と山々。見飽きない眺めです。
e0045768_21172376.jpg
e0045768_21173265.jpg
名残惜しいですが、出発。
e0045768_21175472.jpg
e0045768_21180631.jpg
向こうは蓮華岳。コマクサ、可愛かったな~。
帰り道で油断して落ちないように、慎重に。
e0045768_21184179.jpg
e0045768_21190017.jpg
最後の急傾斜を下りると針ノ木小屋。
e0045768_21194707.jpg
11:30、お湯を沸かして昼食にしました。
e0045768_21204641.jpg
小屋からもこんなに素晴らしい眺めが楽しめたんだ。
昨日も今朝も真っ白で何にも見えなかったのに。
e0045768_21270873.jpg
トンガリ槍ヶ岳も見えました。
e0045768_21313163.jpg
デザートは白桃ゼリー。小屋での夕食に出たものですが、食べずに取っときました。^^;
e0045768_21331083.jpg
12時前に小屋を出発。
e0045768_21353918.jpg
再び扇沢を目指します。下界はまた暑いんだろうなぁ・・・。
e0045768_21364500.jpg
最初は砂利道をジグザグに。昨日は辛かったけど下りはサクサクと。
e0045768_21361675.jpg
e0045768_21374990.jpg
雪渓の下から雪解け水がほとばしります。
e0045768_21381539.jpg
e0045768_21382579.jpg
雪も不安定だし、岩も慎重に見極めないと動いちゃいます。
e0045768_21392562.jpg
さて再びの雪渓。アイゼン装着で下ります。

昨日の大雨でたっぷり水を吸った雪はすっかり緩み、グサグサのザクザク。
ウチのオモチャみたいなアイゼンは全く効きません。フラットに足を置くように気を付けてもすぐにズルッと滑ります。
二人でオタオタ踊っている横を、きちんとした装備のグループが涼しい顔をしてスタスタと追い越していきます。やれやれ。

考え方を変えて、つま先を持ち上げ、踵を雪にめり込ませて足場を作るように足を下ろしてみたら、この方がまだ歩きやすかったです。
e0045768_21440475.jpg
私もヨメも3回ずつくらい尻もちついたかな。1回は2~3m、滑っちゃいました。^^;

それにしても下りは早いです。特に雪渓は圧倒的に早いしラク。
50分ほどで雪渓区間を通過しました。登りのちょうど半分です。

アイゼンを外して片付けていると、歩いてきた辺りにガスが湧いてきました。
e0045768_21480158.jpg
e0045768_21481233.jpg
幻想的。

ここからは再び山道。雪渓は涼しくてラクだったのに、上り下りが多くて大変だし、天気もすっかり良くなって暑くなり、汗が流れます。
e0045768_21500845.jpg
大沢小屋で休憩。小屋の中が涼しくて生き返ります。トレッキングポールを収納するヨメ。
ここの湧水は実に美味しいです。飲めるだけ飲んだ後、空いたボトルに目いっぱい、いただいて帰りました。
e0045768_21521257.jpg
e0045768_21522134.jpg
夏山ですなぁ。スバリ岳と赤沢岳の間くらいが見えているのでしょうか。
e0045768_21575311.jpg
e0045768_21581583.jpg
この辺りはブナ林。いい雰囲気です。
e0045768_21583831.jpg
e0045768_21585331.jpg
待ってくれ~。
e0045768_21591218.jpg
振り返ると針ノ木雪渓。
e0045768_22001416.jpg
e0045768_22002660.jpg
あ、トロリーバス♪ 帰ってきました。
e0045768_22010026.jpg
「山を思えば人恋し 人を思えば山恋し」

あぁ、楽しかった。また来たいな。次は縦走で。
e0045768_22015692.jpg
15:10。お疲れさんでした。下界はやっぱり暑い。

駐車場、3,000円はちと応えるけど、やっぱり何かと施設に近いのはラク。枠も広々、荷物を広げても気兼ねないし。
e0045768_22031921.jpg
大沢小屋で調子に乗って水を飲み過ぎたせいか、トイレに直行。^^;

蛇口の水が冷たいと思ったら、関電トンネル「破砕帯」の水だそうで。へ~。

汗で濡れた服を着替え、売店へ。
e0045768_22045332.jpg
ヨメさんはソフトクリーム、私はコカコーラ。
500mlボトルしかなくて多いかと思ったのですが、すぐに飲んじゃいました。

(まだ続く。^^;)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-07 22:17 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳⑥ ~ 蓮華岳→針ノ木岳へ

今日は暑くなりました。 また涼しい山の上に行きたい。

7/17、蓮華岳の頂上(標高2,799m)にて。
e0045768_20275195.jpg
東尾根方面。登山路はここで終わりです。大町市内方面は雲の向こう。
引き返すとしましょう。
e0045768_20332810.jpg
スバリ岳・赤沢岳方面の稜線にかかる雲。なかなか切れないな~。
e0045768_20390887.jpg
イワベンケイ。 コマクサもだけど、こんな岩場でよく生えるよなぁ。
e0045768_20432168.jpg
南側、北葛岳方面の尾根道。見える範囲はなだらかだけど、その先が危ないらしい。
今日は来た道を戻ります。
e0045768_20463627.jpg
e0045768_20465062.jpg
白いコマクサだ! ヽ(^。^)ノ
探しながら歩いていたのですが見つけられず、これが最初で最後でした。
実は往路も気づかず、登ってきた若いグループが写真を撮っているので気づいた次第。
ありがとね~。
e0045768_20490001.jpg
e0045768_20492387.jpg
e0045768_20494573.jpg
この株は花付きが良好。カワイイな~。
風に吹かれると花がフルフル揺れるのがなお一層、愛おしいです。
e0045768_20505169.jpg
e0045768_20510931.jpg
e0045768_20512656.jpg
奇岩。何かの顔のようにも見えます。
e0045768_20520644.jpg
針ノ木小屋が見えてきました。急坂を注意して下ります。

小屋に到着、トイレを借りましょう。小屋の中のが清掃中につき、外の方へ。
e0045768_20534838.jpg
瞑想館、か。うまいこと言うな。
今回は小用につき、瞑想する間もありませんでしたが。^^;
e0045768_20550756.jpg
まだスッキリは晴れませんが、天気予報は間違いなく良くなる方向。
蓮華岳でコマクサをたっぷり見ることができて、半分くらい満足していましたが、今回は時間にも余裕があるし、針ノ木にも行きましょうか。
e0045768_20580638.jpg
こっちも最初がいきなりの急坂、息が上がります。
e0045768_20591601.jpg
7月も半ばを過ぎて、ようやく新緑の季節を迎えたところです。
e0045768_21002874.jpg
でもまたすぐ冬に戻るのですが。
e0045768_21022384.jpg
シナノキンバイでよろしいでしょうか、先生! 似たのがあるらしいから自信ない。
e0045768_21032774.jpg
雪渓をトラバース。 前のパーティーは大きなザックを背負っているので、縦走らしく。
ウチは針ノ木小屋に置いてあるので身軽です。
e0045768_21075682.jpg
肩幅程度のしっかりしたステップが出来ている(作ってある?)ので、慎重に歩けば滑らないしアイゼンも不要ですが、下を見ると足がすくみます。
踏み外したら遥か下まで止まらんよなぁ、って感じで、考え出すと下腹部がスーッと。^^;
e0045768_21115705.jpg
さっきの蓮華岳とは隣の山なのに、地形も地質も咲く花も全く違っています。面白いもんですね。
e0045768_21131669.jpg
もうこの雪庇になっているところとか、本当にコワいのよ。
踏み抜いて壊れたらどうなっちゃうんだろうと想像するとまた下腹部がスーッと。^^;

天気も相変わらずガスってるし、ゆうべ山小屋で一緒だった人が下りてきたので様子を聞いてみたら、針ノ木岳山頂もやっぱりガスで黒部湖ほとんど見えなかったって言うし、心が折れそうになりながらも足を進めます。
e0045768_21153616.jpg
オダマキに励まされて山頂を目指します。

9:45、針ノ木岳山頂(2,821m)に到着。
e0045768_21191034.jpg
おっ、向かいの立山連峰、ちょっと見えているじゃないか!
e0045768_21210950.jpg
見えたかと思えばまたすぐにガスに覆われてしまい、一進一退の状況。

ま、この日は時間に余裕もあるので急いで降りる必要もありません。
e0045768_21215148.jpg
周囲に咲く花の写真でも撮りながら、雲が切れるまで粘ってみましょうか。

待つこと10分ほど、雲が動きだしました。
e0045768_21255231.jpg
周囲からも「オォーッ!」と歓声が上がります。
e0045768_21271917.jpg
赤沢岳も頭をのぞかせました。

でもまた再びガスに覆われます。
e0045768_21290227.jpg
風が冷たく、じっとしていると体がすぐに冷えてきます。
e0045768_21300348.jpg
立山連峰と黒部湖、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!

正面がおそらく大汝山(3,015m)。2年前の秋に歩いた辺りです。
右に別山と剱岳。素晴らしい。
e0045768_21333068.jpg
黒部湖を行く遊覧船もハッキリ見下ろせます。
e0045768_21340087.jpg
記念撮影♪

絶景を拝めて、よかったヨカッタ。

(まだ続く)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-06 21:42 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳⑤ ~ 針ノ木荘から蓮華岳へ、コマクサに会いに

ありゃあ、今日のカープはDNAにコテンパンですか。
明日がんばりましょー。

 ・・・

駅から家までの間、ベンツのCLAシューティングブレイクを3台も見ました。
グレー、黒、白。売れてるんだなぁ。
けっこう好き嫌いの分かれそうなクルマだと思ったけど。

 ・・・

7/16(日)、雪渓を歩いて針ノ木荘に到着。
まずはチェックインして休憩。土間の自炊スペースで昼食です。
e0045768_21313892.jpg
朝、大町のコンビニで買った総菜パンを中心に、お湯を沸かしてカップのポタージュスープとコーヒー。汗をかきつつも寒いくらいだったので、温かいものが体にしみます。
(ラーメンの器は前のお客さんが食べたものですよ。)
e0045768_21345919.jpg
天気が良ければこの日のうちに蓮華岳か針ノ木岳か、どっちかを片付けてしまおうと思っていたのですが、天候は回復しそうにありません。部屋でゆっくりしますかね。
e0045768_21355812.jpg
枕、ちっちゃ! こんなの初めて見たな。オーダーメイドか?
ウチは昔、布団屋だったけど、こんなの見たことないぞ。

この日はそれほど混まず、布団は一人一枚確保できました。
前の晩は二人で一枚だったそうですよ。嫌だなぁ。

外は雨、する事もないので昼寝したり食堂兼談話室で本を眺めたり。
同室の男性、九州から来ているお医者さんだそうで。遠いところご苦労さんです。
e0045768_21412330.jpg
17:30、夕食です。サバの味噌煮がメインでした。
いつも思うけど、皆さん案外アルコール飲まないよね。
e0045768_21421437.jpg
ウチは食事後にもさらに二次会。持参した焼酎をお湯割りでいただきます。
とにかく時間があり余っているのでヒマ。全部飲んじまったい。^^;

夜が更けるにつれ、風雨は更に激しさを増し、暴風雨状態。
明日は大丈夫なんじゃろか?と心配しつつ、眠りにつきます。
ウチは根性も体力もないのでテントは無理だな。

次の朝は例によって早くから、4時頃には皆さんゴソゴソしだすので目が覚めます。
トイレに行きがてら外を眺めると、まだ周囲は真っ白、雨も残っています。

こりゃダメだな。思ったより天候の回復が遅い。
日の出登山は諦めて、ゆっくりするとしましょう。
e0045768_21462194.jpg
5:30、朝食です。早出組は出発してしまったので、朝食は一回で全部すんだ様子。
夕食は2回転でした。前の晩は4回転だった模様。

針ノ木荘、特に豪華でもないですが、こじんまりとして過ごしやすかったです。
何といっても混まなければ印象がいいよね。
e0045768_21492590.jpg
6時過ぎ、晴れはしないものの雨はあがったので出発します。
e0045768_21502614.jpg
ザックは山小屋に置いたまま、サブザックで身軽に。
針ノ木岳と、どっちを先にしようかと迷いましたが、景色が見えなくても楽しめそうな蓮華岳を先に目指します。
e0045768_21524345.jpg
登り始めは急坂。振り返ると針ノ木荘が。
e0045768_21532901.jpg
シャクナゲが咲いています。
e0045768_21535700.jpg
最初に一気に上がってしまうと、あとはなだらかな道が続きます。
e0045768_21544840.jpg
左に振り返って爺ヶ岳方面。なかなか雲が取れんなぁ。涼しくていいけど。
e0045768_21554223.jpg
黄色いスミレ
e0045768_21571368.jpg
コマクサちゃん、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!! 会いたかったよ♪
e0045768_21585053.jpg
e0045768_21585841.jpg
e0045768_21595011.jpg
こんな荒涼とした厳しい環境なのに、植物はたくましい。
e0045768_22002658.jpg
ウマヅラちゃん♪
e0045768_22024831.jpg
群生地。写真を撮る際にも足元に気をつけないと踏んづけちゃいそう。
e0045768_22031752.jpg
右も左もコマクサ。なかなか足が先に進みません。
e0045768_22035057.jpg
e0045768_22035945.jpg
e0045768_22041431.jpg
祠が。頂上かと思いましたが、違うみたい。
e0045768_22044614.jpg
e0045768_22045766.jpg
7:30、蓮華岳(標高2,799m)に到着。
写真撮りとり、のんびり歩いていたら標準タイムより余計にかかりました。^^;

ま、この日も日程には余裕があるので、気分もラクです。

(まだまだ続く)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600))




[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-04 22:14 | 山歩き | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳④ ~ 扇沢から針ノ木荘へ、雪渓を歩いて

帰宅時、駅前のミスドがえらい大行列。
何事かと思ったら、auユーザーはクーポン280円分使えるとかナントカ。

私もauだけど、280円のためにあの行列に並ぶのはありえんわ。

 ・・・

本拠地での阪神戦、今日も死闘でしたな。
まぁ、負けなかっただけいいか。
でもそろそろ明日はスカッと勝って欲しいなぁ。

 ・・・

なんだか体がだるいしお腹の調子もイマイチ。夏バテか?
仕事やる気ないのは今に始まった事じゃないけど。

 ・・・

山歩き、再開です。^^;
e0045768_21205549.jpg
7:15、扇沢を出発。
e0045768_21220453.jpg
最初は関電の管理用道路を何度も横切りつつ。
e0045768_21224294.jpg
雲っているので日差しは無いのですが蒸し暑く、すぐにシャツは脱いで長袖Tシャツに。
木々の中、歩きやすい道を歩いていきます。
e0045768_21232449.jpg
木立の切れ間から大きな雪渓が見えます。もしかして、あそこを歩くのか?
e0045768_21255537.jpg
うわ、やっぱり。歩いてるよ。
3年前に歩いた白馬の大雪渓より傾斜がキツい気がするけど、気のせい?
e0045768_21303623.jpg
野生動物の落し物。まだ遠くに行ってなさそうな雰囲気。
e0045768_21313489.jpg
ウツギ?
e0045768_21322779.jpg
小さな川を何度か渡ります。
e0045768_21324776.jpg
e0045768_21325954.jpg
開けた河原に出ました。
e0045768_21331755.jpg
清冽な雪解け水が流れ落ちます。水が冷たい!
e0045768_21334677.jpg
それほど水量は多くなかったので、石を伝って濡れずに渡れました。
e0045768_21344151.jpg
e0045768_21345533.jpg
キヌガサソウ
e0045768_21402887.jpg
8:40、大沢小屋に到着。ひと休みです。
e0045768_21411884.jpg
湧水が冷たくて実に美味しい。
冷やされた缶ビールに魅かれましたが、我慢、ガマン。
e0045768_21422771.jpg
e0045768_21424487.jpg
私のザックで虫クンも休憩。スカシシリアゲモドキだそうです。
e0045768_21512235.jpg
15分ほど休んで出発。
距離的には7kmのうち既に3km来ているのですが、高さ的にはまだほとんど上がっていません。ここからですよ。^^;
e0045768_21524092.jpg
左に雪渓を眺めつつ、だんだん険しくなる道を歩きます。
e0045768_21544971.jpg
けっこう道が厳しいのでいっそ雪渓を歩かせて欲しい気もするけど。
e0045768_22001028.jpg
でもあんなクレバスあるし、もう少し上まで行かないと危ないんでしょうね。
e0045768_22005103.jpg
9:40、雪渓の取付地点に到着。3年ぶりの簡易アイゼン装着です。
いちおう出発前に点検し、ゴムが劣化していないことは確認済み。
e0045768_22012542.jpg
今回に備えて購入したモンベルの「フォームクッション」680円+税、
雪の上でも濡れないし冷たくないし、快適でした。買っといて良かった。
e0045768_22091517.jpg
さて歩きますかね。
雪渓の上は涼しい上、ついに雨がパラパラ降ってきたのでレインウェア上下と手袋装着。
e0045768_22110555.jpg
一歩一歩雪を踏みしめながら歩いていきます。
e0045768_22121655.jpg
まだまだ先は長い。

雪渓、初めは傾斜も緩くて意外と歩きやすかったのですが、だんだん傾斜がキツくなるにつれて足元がズルッと滑る事しばしば。
ヨメさんのトレッキングポールを一本、借りました。これだけでも随分ラクに歩けます。

トレッキングポール、私はいつもカメラを持っているので、メリットより邪魔になる方が多い気がして持っていないのですが、今回は助けられました。

雨はそれほど強くもならないものの風が徐々に強くなり、歩みを止めざるを得ない事もしばしば。
手足は冷えてくるし、なんでこんな辛い思いをしないといけないんだろうと思いながら、黙々と進みます。
e0045768_22162288.jpg
やれやれ、最も傾斜がキツいところは何とか乗り切りました。
e0045768_22195007.jpg
アイゼンもね、やっぱり最低でもこのくらい(モンベル「スノースパイク 6」)は必須。
ウチの「コンパクトスノースパイク」なんざ、本当に気休め程度です。
(帰路の下りでは更に痛感しました。)
e0045768_22214440.jpg
雪渓の終点。アイゼンを外します。ここもパックリ割れていて本当に怖いのよ。
e0045768_22251660.jpg
ここから上は時おり雪渓を横切る事もあるものの、アイゼンなしで行けます。

最後に砂地の急斜面をジグザグに上がり、
e0045768_22263578.jpg
鉢の木荘に到着。やれやれ。
e0045768_22262753.jpg
12時ちょうど。
e0045768_22265549.jpg
マッチロで何も見えんがな。

赤いカッパを着た山岳パトロールのお兄さん曰く、これから移動性低気圧が通過するから今日はダメだけど、通過した後は天候も回復するのではないか、との事。

明日に期待、ですかね。

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-03 22:43 | 山歩き | Comments(0)

メルセデス・ベンツ CLA 180 シューティングブレーク の試乗

8月です。暑いのキライ。

久しぶりに強く雨が降りました。
神奈川でも藤沢や横須賀など、あちこちで冠水騒ぎになったそうで。

やっぱり自然災害も怖いからあんまり高いクルマは買えんな。^^;

 ・・・

懲りずに試乗、またもメルセデス・ベンツ@ヤナセ。^^;
2年半前にCクラスに試乗して以来です。
e0045768_22033824.jpg
FFのAクラスファミリーであるCLA。やっぱりドヤ顔すぎるな。
あとホイールも頑張り過ぎ。225/40R18とか、過剰。 だって、122馬力よ?
e0045768_22101689.jpg
この斜め後ろからの形はカッコいい。窓の狭さが気になるけど。

丸っこいので小さく見えますが、全長4645mm×全幅1780mmと、そこそこデカイ。
レヴォーグ(4690×1780)とほぼ一緒だな。
e0045768_22114091.jpg
荷室はこんな感じ。
カッコよさと引き換えであろう開口部の狭さと高さには驚かされましたが、中は意外なくらい広い。これならワゴン的に使えない事はないかも。

営業マン氏がメジャーで測ってくれましたよ。
後席を倒さない状態の奥行きはちょうど100cm、背もたれを倒すと前席までで170cmちょっとあります。
おぉ、これならスキー板も積めるじゃないか。

帰って調べると容量は495Lあるそうです。ナニ? BPレガシィ(459L)より大きいの?!
やっぱりBPは絶対的なサイズは決して大きくはないんだな。使いやすいけど。
e0045768_22155063.jpg
床下にもそこそこなスペースあり。
e0045768_22163997.jpg
おぉ、スバルの4ドア車からは絶滅したサッシュレスだ! やっぱりスッキリとしてカッコいいです。
e0045768_22203754.jpg
握りが太くて小径なステアリングホイールや赤いステッチなど、スポーティー色の強い仕立て。空調の吹き出し口デザインとか、これまたやり過ぎ感あり。

外から見て想像はしていましたが、閉塞感がハンパない。ものすごい狭いところに閉じ込められた感じがします。
フロントウィンドウの天地が浅くて覗き窓から見てる感じだし、後方視界も絶望的。
シートもヘッドレスト一体型で圧迫感あるし、内装が黒っぽいのもさらに閉塞感を助長します。

やっぱりこのデザインを成立させるには、もう一回り大きなボディが必要な気がします。
昔あった、スプリンター・マリノ&カローラ・セレス兄弟みたいに、車体サイズが小さすぎてコンセプトを生かせず、破たん気味。

走り出しますよ。

アクセルをちょっと踏んでも動きが鈍いところは相変わらずベンツっぽいな。
乗り心地はタイヤサイズから想像されるほど固くもなく、「ひき締まった」と表現できる程度。

クルマの向きがパッと変わるんですね。ステアリングのギア比も速めなのかもしれませんが、切った瞬間にスパッと曲がる。手首の動きに反応する感じです。これがアジリティ?

1.6Lターボのエンジン+デュアルクラッチ+7速の駆動系も過不足ない働きぶり。
直進安定性は良好、このあたりも小さい末弟ながら、ベンツですね。
試乗コースにあるコーナーをやや速めに入ってみましたが、ピタッと安定していました。

帰路では営業マン氏が制御モードをスポーツに変更。
おぉ、前が空いたときに踏み込んだらそれまで静々と黒子に徹して回っていたエンジンが一気に4,000回転まで吹き上がり、勇ましい排気音まで! ステアリングの手ごたえもズッシリ重めになり、まるでスポーツカーのように変貌します。
前に乗ったプジョーの308みたいだ。

悪いクルマじゃないけれど、好みはハッキリ分かれそうです。
私はあの閉塞感がダメ。

それにしてもヤナセ、前回に続いて今回もお茶ひとつ、出てきませんでした。スゴイなぁ。
そんなに冷やかしオーラが滲み出してるかな。少なくとも今回はどれかは買うつもりなんだけど。

だいたいアンケートフォームの職業欄に、会社役員と会社員だけでなく「会社社長」って選択肢があること自体、いかにもだよなぁ。

2年半前、ヤナセの態度が悪ければシュテルンもありますよ、って教えてもらっていたのに、また玉砕しちゃいました。^^;
あれから後、いつのまにか藤沢にシュテルンの店舗がオープンしたようですが、もう今さら、いいかな・・・。

レガシィに乗って帰りますよ。
ウエストラインが低くてガラスが広く、解放感あふれまくり。ハズカシー。
ステアリングを切ってもワンテンポ遅れて車体が動く気がします。
BHから乗り換えた時はキビキビ動く気がしたもんですが。
でもやっぱりエンジンは自然吸気の方が気持ちいいな。

マイナーチェンジされたレヴォーグ、1.6Lターボのマナーがどれだけ改善されているかが気になります。
相変わらずのターボラグならアテンザが優勢になるかな・・・。

(EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-08-01 22:54 | | Comments(0)

7/29、藤沢の「いすゞプラザ」見学

もう順序グチャグチャだし、ネタこなし切れずに山歩き放置だし。

 ・・・

7/29(土)、いすゞ自動車の藤沢工場隣接地にオープンした「いすゞプラザ」に行ってきました。
e0045768_21523166.jpg
駐車場はほぼ満車。けっこう人気なのね。
最初は近いし一人だしバイクで行こうかと思いましたが、雲行きが怪しいし帰りに寄りたいところもあったので車で。蒸し暑いし(弱)。
e0045768_21534533.jpg
いや~、想像以上に大きくて立派な施設で驚きました。(失礼)
この4月に開業したばかりだそうです。

さっきの駐車場からバカに小さな子供のいる家族連れが目につきます。
いすゞのトラックがそんなに人気なのかな。

受付を済ませて入場。無料です。
e0045768_21555210.jpg
エントランスには、いすゞ自動車が最初に作ったトラック「ウーズレーCP型」が。
e0045768_21563924.jpg
東京石川島造船所って、石播改めIHIの事? へ~、知らなかった。

奥へ進むと何やら人だかりが。
大きなジオラマでトラックが走り回っています。

ちょうど実演中でした。これを見ている人達が来ないうちに先の展示を観ちゃいましょう。
e0045768_22010571.jpg
自衛隊の「SKW」車両。災害地の救援などで見かけるのですな。
e0045768_22022963.jpg
屋根が幌なんだ。
この水平に近いステアリングホイール、ウチの昔のハイエースを思い出します。
e0045768_22031096.jpg
シートベルトはあるけどヘッドレストは無し。追突されるのは想定していない?
e0045768_22033777.jpg
運転席からはこんな眺め。
e0045768_22040350.jpg
こんな車両でもオートマなんですね。
アリソントランスミッションって知りませんでしたが、アメリカのメーカーで大型車両のAT分野では圧倒的なシェアだとか。
e0045768_22054686.jpg
ウインチ装備!
e0045768_22060452.jpg
灰皿も装備!!
e0045768_22061963.jpg
デフロックして6輪駆動で悪路をグリグリ走ってみたい。
e0045768_22071751.jpg
後ろにはあまり乗りたくないな。
e0045768_22073954.jpg
「ギガ」トラクタ。
これだけで走ってるのを見ると、ブレーキかけたはずみで前転しそうな気がして心配になります。
e0045768_22091697.jpg
いや~、眺めがいいな。

あちこち触って楽しんでいたら、ジオラマを見終わった子供が来て「早く乗りたい~。」と駄々をこねます。だからガキはキライ。
e0045768_22105360.jpg
大型トラック用のディーゼルエンジン、
排気量は15,000cc! でも6気筒って、ワンシリンダー2.5L!
e0045768_22124110.jpg
いやすごいもんだ。
e0045768_22125829.jpg
マグロ船? ぶら下がってるし。
さまざまな建機とか、完成品は他ブランドでもエンジンはいすゞというものも多い様子。

2階に上がると、生産ラインの解説が。
e0045768_22135105.jpg
鋼板がドアパネルになるまでのプレス工程。
ちゃんと窓の部分で他の部品を作るんですね。
e0045768_22145893.jpg
アルミはやっぱり軽い。適材適所で設計するそうです。
e0045768_22152350.jpg
クランクもゴツイな~。
e0045768_22154676.jpg
ドライビングシミュレータが大人気、行列でした。
みんなこれをしに来てるのかな。
e0045768_22163472.jpg
レイアウトはもう、ギッチギチ。よくこれでラジエターに空気流れて冷えるなぁと感心するくらい。サスペンションのアームも短い(でも太い)し、ご苦労が伺えます。
e0045768_22180545.jpg
最後は歴史展示コーナー。
e0045768_22182161.jpg
いすゞと言えばエルフトラック。
展示されている車両はいすゞ車内ですべてレストア(復元)され、実際に走行できるそうですよ。
e0045768_22192382.jpg
ベレル、1961(昭和36)年。三角形のテールランプが個性的。
e0045768_22224233.jpg
残念ながらあまり売れなかったらしく。
e0045768_22233609.jpg
ミニカーコーナーのベレG。これの黒/オレンジのツートンカラーのが好き。
e0045768_22241871.jpg
ピアッツァ。 この辺の懐かしいのが実車で展示されていたら最高だったのに。
e0045768_22245825.jpg
「町の遊撃手」FFジェミニ、ヨーロッパの街を縦横無尽に駆け回るTVCMが衝撃的でした。

そして最後を飾るのは、
e0045768_22314322.jpg
名車、117クーペ。 実にエレガント。いいなぁ。
e0045768_22334455.jpg
向こうに立ち並ぶ工場群、中も見学できるようになると嬉しいですね。

駐車場に戻ってくると、なにやら変わったクルマが。
e0045768_22342285.jpg
最近の日産の造形だけど、国内のラインナップじゃないよね、左ハンドルだし。
e0045768_22351128.jpg
ムラーノか。へ~。一時は国内でも売ってたけど、いつの間にか消えましたね。
北米仕様車を引っ張ってきたんでしょうか。

なかなかカッコいいけど、こんなデカいクルマの左ハンドルなんて絶対ムリ。

次の目的地に向かいました。

(EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-31 22:46 | | Comments(0)

7/23(日)、NC700Sで山中湖方面ツーリング

今日も連投、頑張りますよ。

7/23(日)、バイクでツーリング。
この頃は連日暑かったので、涼しいところに行きたいと思い、行先は箱根経由で山中湖に。
e0045768_22052011.jpg
朝5:30、江ノ島入り口で望む朝日。(HDRアート)
e0045768_22063753.jpg
数時間後には人混みになっているであろう事が信じられないくらいの静かな朝です。

西湘バイパスのPAで休憩。
曇っているせいか、バイクも少なめでした。箱根方面は真っ白い雲の中で、イヤな感じ。

国道1号→138号で箱根越え。
標高が上がるにつれ、涼しいのを通り越して寒いくらいになってきました。涼し過ぎだっちゅーに。

金時あたりからは完全にガスの中、ヘルメットのシールドにはポツポツ水滴が。面倒なのでカッパも着ずにそのまま御殿場まで下りちゃいました。
e0045768_22114442.jpg
あ~、寒かった。 ホットコーヒーで温まります。

FISCOでアメ車のイベントでもあるのでしょうか、バカに派手なアメ車が目につきました。

富士山なんかどこにあるかもわからんし御殿場方面も雲の中なんですが、天気予報は悪くなかったし、行ってみますか。
e0045768_22125453.jpg
五湖道路を延長する橋脚でしょうか。ちょうど雲が切れて富士山も顔を見せてくれました。
e0045768_22140280.jpg
HDRアート。

結局この日、富士山はこれが最初で最後でした。
e0045768_22144595.jpg
国道138号沿いに大きなユリがたくさん咲いていました。
e0045768_22151425.jpg
「山神社」だそうです。
e0045768_22153790.jpg
ビックリするくらい大きな百合の花でした。匂いも濃厚で、むせかえりそう。
e0045768_22161203.jpg
山中湖畔。 まだ朝も早い(8時前)し天気はイマイチだし、ヒトが少ない。
e0045768_22165580.jpg
この日は出番がありましたかね。
e0045768_22172348.jpg
花の都公園。百日草が花盛り。
e0045768_22182475.jpg
e0045768_22183255.jpg
e0045768_22184899.jpg
ここで折り返し、帰路につきます。
e0045768_22210958.jpg
山中湖北岸、白鳥だ♪
e0045768_22213258.jpg
なにやら歩き出しましたよ。
e0045768_22214945.jpg
あぁ、あの人がエサをくれるのね。
e0045768_22220976.jpg
みんな素直についていきます。白鳥がアヒルに見えてきた。
e0045768_22224574.jpg
見てるだけのお前に言われるスジアイないわ! つつかれちゃいました。^^;
e0045768_22231817.jpg
道志の道の駅で休憩。 天気イマイチで涼しいので川遊びしている人も少ないです。
e0045768_22235740.jpg
売店で野菜を購入。インゲン柔らくて最高でした。クレソンも空芯菜も美味しかったです。
e0045768_22251857.jpg
白馬の騎士がパトロール。後ろは女性かな。 みんな安全運転でね~。

道志みち、信号が少なくて走りやすくて楽しいんだけど、けっこう危ないよね。
ヘタクソなクルマはカーブではみ出してくるし、イケイケなバイクは無謀な追い越しかけてくるし。

最後に宮ヶ瀬湖、鳥居原に立ち寄り。
e0045768_22275205.jpg
e0045768_22280993.jpg
まぁここはいつ来ても賑やかでスゴイな。
e0045768_22283601.jpg
宮ヶ瀬湖、なんか水位が下がってるけど、大丈夫か?

帰りに厚木の宇佐美でNC700Sに給油。
前回から296.9kmの走行で8.86L、燃費は33.5km/L。
チョイ乗りもあったけど、飛ばしたり回したりもしなかったので、まずまずの燃費。
レギュラー単価は119円でした。

厚木から高速に乗って帰宅しました。
天気はイマイチだったけど、久しぶりにブーンと距離を走って、それはそれで楽しかったです。

(EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-28 22:37 | バイク | Comments(0)

7/17、蓮華岳・針ノ木岳④ ~ プロローグ・7/15 八方尾根を下りて「ぽかぽかランド美麻」泊

今度はポルシェが排ガス不正か。
(日経新聞Web記事はこちら

「排ガス試験時にだけ有害物質を抑える装置が働くソフトウエアを搭載しており、完全に違法」って、相当に悪質ですな。

 ・・・

今週末は鈴鹿8耐。
今日の予選はヤマハの中須賀他によるチームがトップ。
相変わらずヤマハYZF-R1、速いな。

でも2番手にヨシムラスズキ、3番手がハルクプロ・ホンダ、4番手にカワサキと4メーカーが揃い踏み、
面白そうな展開になってきました。

 ・・・

順序がもうグチャグチャですが、7月三連休での山歩きの続き。

八方尾根を下り、この日の宿泊先である「ぽかぽかランド美麻」に向かいます。

県道33号→31号線へ、このルートは3年前に白馬に行ったときの道ですな。
前は長野市を経由して入ったので、逆ですが。

途中で鮮やかに青いアジサイの花が目に飛び込んできました。
e0045768_21162579.jpg
e0045768_21163510.jpg
道端に青いアジサイがずっと続いています、花盛りで実にキレイ。
e0045768_21173329.jpg
クルマを停めてしばし鑑賞。
e0045768_21171904.jpg
e0045768_21175505.jpg
どうも個人のお宅の様なんですが、自宅の庭先および周辺に植えまくっている模様。
自宅の建物周辺も誰でもウェルカムな雰囲気。
e0045768_21195845.jpg
2014年に発生した地震では大きな被害があったそうです。傾いてますね・・・。
e0045768_21212720.jpg
ヤマハ ポッケ。懐かしい。 ホンダのモンキーは4ストだけどヤマハは2ストなんだ、やっぱり。
こんな真っ黒ミッドナイトスペシャルなんて、あったんだ。 洒落てるなぁ。
だいたいXSナントカのイメージだったけど。
e0045768_21254166.jpg
本宅のお庭も拝見。
e0045768_21260059.jpg
e0045768_21260949.jpg
e0045768_21262274.jpg
e0045768_21263184.jpg
堪能させていただきました。
e0045768_21272050.jpg
この日の宿は「信州やすらぎの郷 ぽかぽかランド美麻 」
道の駅と日帰り温泉が主体の施設ですが、宿泊も可能なんです。

温泉大浴場で汗を流した後、お食事です。
e0045768_21365308.jpg
大ジョッキで乾杯♪ ウマ-ヽ(^。^)ノ
e0045768_21373245.jpg
いい感じの夕焼けです。明日は晴れるといいなぁ。天気予報は相変わらず微妙なんですが。
今回は出発前の数日は天気予報がコロコロ変わり、決行するか延期するか、さんざん迷った末の出発でした。
e0045768_21372203.jpg
e0045768_21401268.jpg
高級旅館ではないので、そんなに凝ったものは出ませんが、でも全部が美味しかったです。
ここは意外と穴場、お勧めできますよ。
e0045768_21410145.jpg
締めの蕎麦も美味しかったです。

次の日はいよいよ山歩きなので、朝食は食べずに早く出発。
(出発間際にもマイナートラブルがありましたが、なんとかクリア。)

朝もやの中を扇沢に向かって走ります。涼しくて気持ちいいドライブです。
e0045768_21431870.jpg
e0045768_21433873.jpg
水田越しの山並み。 晴れてくれ~。
e0045768_21441103.jpg
6:30、扇沢の駐車場に到着。
手前の無料駐車場にもまだ停められそうでしたが、奥の有料、いっときました。
入ってすぐのベストポジションに停められてラッキー♪ 枠も広いしトイレも近いので正解でした。

お隣さんのレガシィはBH型。ウチのBPでも10年過ぎてあちこちガタが来てるのに、元気だなぁ。
e0045768_21475286.jpg
2年前の秋に来た時は大変な行列でしたが、この日はそれ程ではありませんでした。
この時期だと室堂はまだ雪が残っているのかな?

(まだまだ続く)

(K-7+タムロン18-200、EXILIM ZR1600)



[PR]
by t_bow2002 | 2017-07-28 21:58 | | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
未分類

最新の記事

珍客来訪
at 2017-08-17 22:08
雨のハト
at 2017-08-17 22:01
別系列のマツダディーラーでア..
at 2017-08-16 23:05
運転免許証の更新手続きをしました
at 2017-08-16 21:15
ガリバーでレガシィの買取査定..
at 2017-08-16 15:24

最新のコメント

ししとーさん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:57
そもそもの戦略性の無さと..
by t_bow2002 at 21:49
一括査定しなくて正解だと..
by ししとー at 17:01
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:50
ホント、東京の方は雨が続..
by たか++ at 20:45
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:18
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 20:59
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:51
たか++さん、こんばんは..
by t_bow2002 at 21:56
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:52

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ