人気ブログランキング |

プジョー 308の試乗と308SWの観察

今週末も寒そうですね。
北関東では平野部でも雪が予想されているとか。

年末には滑れるかな?

 ・・・

先週の土曜日、プジョーの308を見に行ってきました。

藤沢の内陸部のディーラー。湘南台近くなると国道467号も渋滞気味。ちっとばかし面倒かな。
e0045768_2235996.jpg

明るいショールームに展示されているのは308SW。

「リオハ・レッド」という車体色。写真では全く再現できていないのですが、深みのあるメタリックでなかなかいい感じ。
e0045768_2253961.jpg

奇をてらった部分の無い、実に正統派なステーションワゴン的スタイル。
全長4,585mmという手ごろなサイズながら、伸びやかな雰囲気を醸し出します。
これまた写真では分かりにくいですが、側面のキャラクターライン・プレスも適度な抑揚でいい感じです。
ゴルフのヴァリアントよりはあるけど、マツダのアテンザほど過剰ではないくらいの色気感。
e0045768_2271840.jpg

フラット+スクエアな荷室。
展示されていた上級グレード(Cielo:シエロ)では2本のラゲッジフックレールと、その上で自由な位置に固定できる着脱式フックまで装備され、使い勝手も良さそう。

リアシートの背もたれは6:4可倒に加えてアームレストスルーも装備されているので、スキー板など長尺モノを積みながらでも4人乗車が可能です。

なお、後席背もたれを倒すと座面が沈み込み、荷室との段差を抑える工夫もあります。
これはもしかしてマツダのアテンザに装備されていた「カラクリフォールド」のマネか?
まぁ、いい事はどんどん真似て欲しいものです。

床下にはちゃんとスペアタイヤを装備。
今どき修理キットで済ませる車種が多いなか、ここも好感を覚えます。
e0045768_22141313.jpg

すんごい面積が広いサンルーフ装備。
後席からの眺めは感動的です。

定石通り後席は前席より高く配置されているのに加えてこのパノラマ。
営業マンが「酔うので車に乗りたがらなかったお子さんが、この車種に乗り換えた途端、全く車酔いしなくなった。」と言うのもうなずける気がします。
でも運転手にはメリット小さい気もするなぁ。夏は暑そうだし。(サンシェードはありますが。)
e0045768_22172478.jpg

タップリとしたサイズのシート。
座面なんか長すぎるくらいで、短足の私だと膝裏が触るくらいです。

固くもなく柔らかくもないんだけどホールド性は良好。
しっかりと優しく包み込まれる、不思議な感じです。
e0045768_22201144.jpg

あとはこのブッ飛んだ操作系デザインを受け入れられるかどうか、なんでしょうか。
質感は高いですよ。全然安っぽさはないです。BM/BRレガシィより高いくらいかも。
e0045768_2241663.jpg

シフトパドルは私の好きなコラム固定方式なのですが、パドルスイッチが短くて小さい。
これじゃちょっとステアリングホイールを切ると探しちゃいそうでイマイチかも。
しかも、手前に引くと動くのは外側の銀色の部分だけなんですね。
ストロークが異常に少ないし、操作した際の手応えもペチペチと安っぽくて残念。
これならステアリングホイール連動の方がむしろ良さそう。
e0045768_2220556.jpg

SWことワゴンの試乗車は無かったので、こちらのハッチバックボディです。
e0045768_22213457.jpg

ナンバーはお約束の「308」。グレードはこちらも最上級のシエロです。
e0045768_22221548.jpg

低めの位置にセットされた小径のステアリングホイールの上から、高めの位置に配置されたメーターを見る、という初めての光景。
右側のタコメーターなんか、回転方向が反対なんですよ。

バイクなんですが、昔日の名車、スズキの刀(カタナ)もこんなでしたが。
e0045768_22243192.jpg

一見、反対方向に回るようですが、回転としてはどちらも時計回りです。
(バイカーズステーション誌から拝借。)

ナビはもちろんの事、オーディオやエアコンの操作も全てセンターのディスプレイをタッチして行うという仕様もすごい割り切り。(ボリュームだけはダイヤルがありましたが。)

ま、とにかく走ってみますかね・・・。

エンジンはなんと1.2L! 3気筒にターボ過給で130ps/230Nmってことは23.4kgか。
ウチのレガシィ(2.0L OHC)より馬力はないけどトルクはある感じですかね。

確かにトルクはあります。十分に。
軽く踏み込むとターボラグも感じずにレスポンスよく1,320kgの車体を加速させます。
3気筒故でしょうか、ちょっとゴロゴロして回転に色気はないけれど、実に実直なタイプです。

最近いくつかターボエンジンの車を試乗しましたが、
ターボラグを全く感じない ・・・ BMW320GT、308
ターボラグは少し感じる ・・・ アウディA5、A3
ターボラグを感じる ・・・ レヴォーグ1.6
という感じでしょうか。

トランスミッションはトルコン+6段のAT。
日本のアイシン製だそうで、シフトショックも少なく、嫌な部分が全くありません。優秀です。

乗り心地は軽快さというより重厚感を強く感じるものです。
シートは大きいし、ボディ剛性もじゅうぶんだし、メーターやダッシュボードが高い位置にあって包まれ感を強く感じる影響もありそうです。

段差ではちょっと硬めのショックを伝えてきます。
ハッチバックのCieloグレードになるとタイヤはインチアップして225/45R17に。
これはSWの205/55R16、うちのレガシィと同じですが、の方が良さそうな気がしますね。

タイヤは固めでもサスペンションの動き自体は悪くないと思います。

途中で「スポーツモード」に切り替えてみました。
(外車ディーラーはどこも試乗コースが長めでタップリ乗せてもらえるのがいいですね。)

いきなりメーター照明が真っ赤っかになってビックリ。
タコメーターのレッドゾーンが同化してわかんなくなっちゃうのはご愛嬌でしょうか。

エンジンのレスポンスが鋭くなるし高回転まで引っ張るし、落ち着いたグランドツーリングカーがスポーツカーのように変貌します。
挙句の果てにはドアのスピーカーから「ブォーン!」ってエンジン音が響きます。
これはやり過ぎだなぁ。演出過剰。思わず笑っちゃいました。

総じて308、最近のレベルでは小柄ともいえる車体サイズですが、むしろ高速道路のようなハイスピードクルージングで良さが際立つ気がします。

ちょっと気に入らなかったのはステアリングの手応え。
いかにも電動パワステという感じで、フィーリングが希薄で路面を掴む感触が薄いんです。

さらにステアリングホイールのリムの断面形状、手前の手のひら側が妙にとがっているんですね。
直進時に軽く握っている際にはフィットしていいんですけどね。
私はコーナーに差し掛かると上体をシートに押し付けて安定させるために、押す側の手はステアリングホイールを手のひらで押し付けながら回すクセがあります。そうすると掌が痛いんです。
小径なのは慣れそうだけど、横に扁平な形状ゆえに回すとデコボコ動くのも気になるし。

やっぱりステアリングホイールは形状も断面も基本通り、丸いのが好きです。

308、ワゴンのSWのスタイルは非常に気に入ったし大きさも手ごろなんだけど、微妙に惜しいなぁ。

メーカーもインポーターもどうせあまり売れると思っていないんでしょうかね。
グレード構成もイマイチ意味不明。
ハッチバックのシエロとワゴンの価格が同じ!(339万円)

こりゃあアテンザと同様、ワゴンがお買い得かと思いきや、同じグレード名なのに装備が違う。
先ほど触れたタイヤ&ホイールサイズの他にも安全装備やオーディオでハッチバックの方が充実しているんですね。

どうせなら多少、価格が上がってもいいからワゴンにも同等の装備をしてくれればいいのに。

ん~、なんかいろいろ惜しいな。

どうでもいいような話ですが、ハッチバックもワゴンも一番安いグレードが「プレミアム」なんですね。(上級が「シエロ」)

「プレミアム」って言葉も既にだいぶ手垢がついて安っぽくなってきた感がありますね。
あと数年したら昔の「デラックス」みたいなイメージになってしまうんですかね。
今頃デンパクの諸氏はプレミアムに次ぐ言葉を懸命に探している事でしょう。

12/6の時点では私がいいなとおもったワゴンSW、赤の車体色は在庫があって年内納車可能だそうです。
でもタイミングが悪くて在庫が無いと3か月以上かかるケースもあるそうなので、来年12月の車検前に買い替えるつもりがあるなら夏ごろには本気で検討を始めた方がいい、というアドバイスをいただきました。

ちなみにレガシィの下取り査定は32万。
「年式と走行はいっているが状態は悪くない。」との評価をいただきましたよ。そりゃどうも。

レガシィで帰宅します。
エンジンはトルク感はイマイチですが、やっぱり自然吸気ならではのナチュラルで軽いレスポンスが気持ちいいし、回していくとさらに爽快。
なによりステアリングの情報量が圧倒的に豊かで、路面をしっかりつかんでいる安心感が頼もしいです。

まだまだ良さがありますよ、BPレガシィ2.0i。
by t_bow2002 | 2014-12-12 23:26 | | Comments(2)
Commented by たか++ at 2014-12-13 07:49 x
おはようございます、t_bow2002さん。

プジョー308... メーカもインポータもあまり売れると思っていないというよりも、やることなすことが不思議ちゃんなのかもしれません。シトロエンディーラーさんでそんな話をきいたことがあります(笑)。

イタフラな車はいろいろ惜しいコトも、完璧な優等生でなくてそこがかわいいところと思いましょう(^-^)。
Commented by t_bow2002 at 2014-12-13 20:46
こんんばんは、たか++さん。

プジョー308、なかなかの不思議ちゃんぶりでした。
確かにそのアンバランスさが魅力なのかもしれませんね。

昔まだブログを始める前ですが、アルファロメオの156に試乗したことがあります。
ATなのにシフトダウンすると「フォ~ン!」って過剰なくらいのブリッピングが実に熱血的だったのを思い出しました。
イタフラなクルマの予期できない具合は実に面白いですね。


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

盆休みに山梨に帰省 ~ 2/..
at 2019-08-21 22:28
盆休みに山梨に帰省 ~ 1/..
at 2019-08-19 22:46
コーヒー豆の芽が出た
at 2019-08-18 21:37
芋焼酎「有明の月 空蒼(くう..
at 2019-08-17 22:48
最近の植物、ウンベラータやフ..
at 2019-08-16 20:54

最新のコメント

> ししとーさん ソニ..
by t_bow2002 at 21:30
私の場合、2年目に値段が..
by ししとー at 22:09
> ししとーさん お久..
by t_bow2002 at 20:50
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:14
お久しぶりです。アテンザ..
by ししとー at 09:20
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 20:06
おはようございます、t_..
by たか++ at 08:38
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:18
確かに、無駄?な親心では..
by biti at 17:50
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:03

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ