人気ブログランキング |

ホンダ、インサイトの試乗

三連休も終わりました。
ボチボチ仕事も本格的に忙しくなってくる時期です。
しょうがない、やるか。

 ・・・

土曜日、久しぶりにクルマの試乗に行ってきました。
e0045768_22032003.jpg
ホンダ・インサイト。
e0045768_22041076.jpg
シビックのハイブリッド版(+ちょい上級)としての再登場。

このアウディ・スポーツバックのような、セダンなのにクーペライクな滑らかなルーフラインはけっこう好きです。
後席の頭上空間は厳しくなりそうだけど、ウチはほとんど関係ないし。
ちなみに全長4,675mm×全幅1,820mm×全高1,410mm
e0045768_22084033.jpg
トランクスペースはまぁ、ボディサイズなりといったところか。
ハイブリッドという事を考えれば健闘しているのでしょう。トランクスルーも装備されているし。
ボードをめくると床下にスペアタイヤは無し、パンク修理キットの積載のみで余裕はなし。
細々したものの搭載は難しそう。

アメリカ人のデカイ手に合わせたのでしょうか、アテンザより一回り大きくてゴツイ形状のドアハンドルを引いて乗り込みます。

アテンザの意識で座ったら、おぉ!腰が思った以上にストンと落ちて一瞬ヒヤリとしました。5cmくらいは低いのではないでしょうか。アテンザは一番下げてもなお、シート位置はけっこう高いです。
e0045768_22165904.jpg
シートが低目なのに加えて、インパネやセンターコンソール周辺が高めに配置されており、よく言えば包まれ感の強い、悪く言えば閉塞感のある雰囲気。

試乗車は最上級グレードの「EX・BLACK STYLE」という事で、助手席前のパネルにまでウルトラスエードが施されており、プラ部分の質感も含めてシビックとは明確に差別化されています。
ルーフやピラー内側のライニングもこのグレードは黒、ウチのアテンザにも通じます。

低目のシートにもウルトラスエードが配置されており、滑りにくいし座り心地も悪くない。
でもカーナビの画面とメーターパネルがピカピカ派手に光り過ぎでオモチャっぽい。残念。
もうハイブリッドを声高に演出する必要は無いんじゃないかと思うけど。
e0045768_22225557.jpg
ペダルの配置、ポジションに拘るマツダ車よりはじゃっかん、左寄りだけど、不自然さを感じるほどではありません。長距離乗るとどうかはわからないけど。

この写真はショールーム内の展示車のものですが、フロアマットがピッタリ合ってない気がするのは気のせい?違う車種のを持ってきた?

さてボタン式のATセレクターを操作し、走り出します。
確かにATであればレバーである必然性もないけど、ボタンもどうなんじゃろ?慣れれば見ないで操作できるようになるのかな?

インサイトのハイブリッドは「SPORT HYBRID i-MMD」。
高速クルーズ以外では基本的にモーターの力のみで走行するというものです。
ちなみに走行用モーターの出力は131PS・27.2kgf・mという事なので、出力はともかくトルクはウチのアテンザ(ガソリン2.5L、25.5kgf・m)より上です。

加速の感覚はまさにモーターらしく、発進・低速から力強く、スムーズにシームレスに加速するもの。
うん、なかなか伸びやかで気持ちがいい走りです。
日産のノート e-POWERほどのレスポンスはありませんが、逆に馴染みやすさ・上質さがあります。
三菱のアウトランダーPHEVはもう5年近く前の試乗だから記憶が薄いですが、背の高いSUVと違って、車との一体感は遥かに上なのは間違いないところ。

途中でエンジンが始動しても音は静かだし回転の変化・推移は自然かつ車速の変化にリニアなもので、違和感を感じさせません。ここは違和感ありまくり+安っぽいノート e-POWERとは段違い。まぁ価格・クラスが違うけど。

乗り心地に関しては、特に可もなく不可もなく。ディーラー周辺の市街地を軽く回った限りでは感動も不満もありませんでした。
ちなみにタイヤサイズは215/50R17。

一方で残念だったのがロードノイズの大きさ。
アテンザより歴然と、ウルサイです。パワートレインが静かなせいで目立つだけではないと思いますよ。

試乗車が準備できるまでショールームの席で見ていたビデオでは「小さな声で会話ができるくらい、静か」と謳っていたのですが、それは言い過ぎだな。

アテンザとはクラスが違うだろう?
クラスは違うかもしれませんが、値段は変わらないんですよ。
ウチの25Sより今回の「EX・BLACK STYLE」の方が高い。カーナビ標準装備を割り引いても。

3,628,800円のクルマって考えると、カチカチしたウィンカーの手応えや音も安っぽいし、価格面も含めた総合的な評価は厳しくなりますね。

シビックも結局まだ乗れていないので試乗をお願いしてみたのですが、最近試乗車を売っぱらってしまったそうで。残念。
e0045768_22533387.jpg
こちらはショールーム内に展示されていた車両。
グレードは一番安いLXという事で、フォグがつかない。
e0045768_22563085.jpg
リアスポイラーが無いのはむしろスッキリして良いくらいかも。
でもタイヤは215/55R16と1インチダウン。このくらいの車体サイズになると16インチだと小さく見えるな。最近すっかりデカいタイヤ・ホイールに目が慣れてしまって。まぁアテンザの19インチはいまだにやり過ぎだと思うけど。
e0045768_22541935.jpg
ルーフライニングはグレー
e0045768_22544132.jpg
パネルの表皮も違います。
e0045768_22550405.jpg
サッシュ内側は鉄板むき出し。さっきの試乗車「EX・BLACK STYLE」は車体色が濃かったから気付かなかったけど、同じなんだろうな。

このLXでも車体価格は3,261,600。300万超のクルマにしてシートは電動調整もつきません。なんだかなぁ。

悪いクルマじゃないと思いますが、ちょっと最近のホンダにありがちな強気な値付けで評価は割り引かざるを得ないかと。売れるのかなぁ?

今回のホンダディーラー、大きい店舗の方が試乗車も確実にあるだろうと思って近辺で一番大きなお店に行ったのですが、建物は大きくてキレイだし何よりお客さんもスタッフも多くて活気があって、いつ行ってもお通夜のようなマツダディーラーとは雲泥の差。

アテンザで帰ります。
着座位置が高めで見晴らしがいいし(これでもBPレガシィから乗り換えた際は囲まれてる感があったのですが)、メーターはリアル針、エンジンの存在感は常にあるしと、なんだか古い時代の乗り物のようですが、実に安心感があります。

最近のマツダ車の素晴らしいところは、運転操作をしていて全ての操作感・タッチに統一感があるところだと思います。
アクセルやステアリングだけでなく、ウィンカーや各種スイッチ等の全てに配慮が行き届いている。これは相当、考え抜いて造り込んでいますよ。

燃費の問題はさておき、満足度から言えばアテンザは割安、お買い得と思います。特にガソリン25S Lパッケージは。

(EXILIM ZR1600)


by t_bow2002 | 2019-01-14 23:28 | | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

辻井喬「叙情と闘争 辻井喬*..
at 2019-06-26 22:30
サスティナブルZOOM-ZO..
at 2019-06-25 22:58
吉村昭「破獄」
at 2019-06-24 22:30
サスティナブルZOOM-ZO..
at 2019-06-23 21:51
焼酎「伊佐美」と伊佐美チョコ
at 2019-06-22 21:35

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:32
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:27
> out>in>out..
by t_bow2002 at 21:23
ご無沙汰しております。 ..
by out>in>out at 23:22
> 阿藤芳樹さん はじ..
by t_bow2002 at 21:31
たまたま発見したのですが..
by 阿藤芳樹 at 07:00
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:26
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:45
> たか++さん おぉ..
by t_bow2002 at 21:49
おはようございます、t_..
by たか++ at 06:26

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ