人気ブログランキング |

「マツダ3」の試乗

カープは連敗脱出。ホーム3連敗にならずによかった。
広島は晴れて暑そうでしたね。こっちは曇って涼しかったけど。

今日もジリジリするような展開が続きましたが、最後のフランスアの抑えはスカッと圧巻だった。
ナカザキも疲れているだろうから、しっかり調整して、また頑張ってもらえれば。

 ・・・

天安門事件から30年ですか。

戦車の前に立ちはだかった「タンクマン」も、そしてその戦車に乗務していた軍人も、誰なのか消息は全く分からないとの事。中国ってコワい国だ。

それにしても考えさせられたのは、今どきの中国の若い世代の考え方。
もちろん全てがそうではないでしょうが、経済さえ堅調であれば独裁政治だろうが人権侵害があろうが、今の体制で問題ないと考えている割合が低くないという話。

ゾッとしますが、翻って考えてみれば、一強体制が続いているどこかの国も同じかと。
妙に納得。それでいいかどうかは別として。

 ・・・

マツダ3を試乗しました。
e0045768_21381326.jpg
購入したディーラーのショールームにあったのはハッチバックもとい、ファストバック。
e0045768_21391947.jpg
シグネチャーが黒っぽいのね。シルバーめっきじゃなくて。
白い車体色との組み合わせだとちょっとビミョー。安っぽく見える気がする。フォグランプもないし、300万のクルマには見えん。
e0045768_22531401.jpg
サイドステップ部の形状、薄い板を組み合わせたようになっています。空力上の要請?
うっかり踏んづけて壊さなければいいですが。
e0045768_21405124.jpg
ドアミラーもフルモデルチェンジ。本体部分がステーから浮いたような構造でカッコいい。
e0045768_21420521.jpg
話題沸騰の「トーションビーム式」リアサスペンション。すごいスペースが余っていてスカスカ。
VWのゴルフでは上級グレードが4リンク式なのに対し、エントリーグレードではトレーリングアームと、どうしてもある種の固定観念に囚われがちですが、マツダは絶対の自信があるみたいです。どうなんじゃろか?
e0045768_22415818.jpg
だけどビームの断面形状は連続的に変化して複雑、剛性や変形をコントロールしている風があるし、サスアームの下側に樹脂製の整流版が取り付けられているし、単なる生産性やコスト対策ってレベルでは無い事は間違いなさそうですよ。
機械ってのは働きが同じであれば単純な方がエライしね。
e0045768_22435500.jpg
サス部分以外でも下回りはフラットに整えられています。日本車もここまで来たか。
e0045768_21512961.jpg
ルーフライン、ヒンジ部分の出っ張りが無くなっており、スムーズに面が流れています。
アテンザやアクセラはこんな感じでしたが。
e0045768_21522531.jpg
その分、内側のスペースを苛めてなければいいですが。
(そういや屋根のシャークフィンアンテナも無くなってましたね。)

今回は遮音対策にも力を相当、入れたそうで。
e0045768_21534144.jpg
ドアのサッシュ部分のシールも非常に凝った構造になっています。3層?
柔らかめの素材や固めの素材、植毛されている部分もあります。

こちらもちなみにのウチのアテンザ。
e0045768_21545700.jpg
うん、単純。
e0045768_21555480.jpg
プジョーの変形小径ステアリングホイールも慣れればOKな気もしましたが、やっぱり真ん丸で素直な形状が一番ですね。
e0045768_21570104.jpg
マツコネ周りも刷新されています。コマンダーダイヤルが大きくなっており、スライドパッド的な機能も持たされたらしいのですが、この場では試せず。
e0045768_21580182.jpg
外観から想像された通り、斜め後方の視界は絶望的。
電子デバイスでフォローできるという考え方もあるのでしょうが、スバルの広々とした、開放感のある視界の良さが懐かしくもあり。
e0045768_21593297.jpg
3ウェイスピーカー、上からピラー根元のツイーター、ドア中ほどの中音用スコーカー、
さて低音用のウーファーは?

足元の車体側だというのですが、
e0045768_22011021.jpg
おっ、アレか?
e0045768_22015337.jpg
発見。想像以上に奥でしかも高めなので相当のぞきこまないと見えないし、足で蹴とばす事も無いでしょう。
口径は公表されていませんが、あまり大きくは無さそう。容量が3Lと言われても大きいのか小さいのか。

まさしく新世代、正真正銘のフルモデルチェンジです。

残念ながらこの店舗には試乗車は無いとの事だったので、同じ販社の隣の店舗に足を伸ばしました。
e0045768_22054011.jpg
SKYACTIV-D 1.8エンジン装備の「XD Burgundy Selection」
何やらスポイラー等のオプション装備、車体色もソウルレッドクリスタル、BOSEオーディオと軽く300万越えてるそうで。
たぶん、ウチのアテンザ(25S・Lパケ)より高い。
e0045768_22091755.jpg
黒いシグネチャーもこの車体色なら精悍さの演出としてアリかも。
e0045768_22102034.jpg
真っ赤なシート。本革素材はナッパレザーとは歌われていませんが、質感は上々。
なにより座り心地が絶品。背中のカーブに吸い付くようにフィットして、運転姿勢を自然に支えてくれます。
e0045768_22115918.jpg
ポジションの調整幅も広く、これまた無理のない姿勢が決まります。
メーターのデザインは相変わらずスッキリしていて見やすい。他メーカーみたいな派手にしないでよ、これからも。
e0045768_22161386.jpg
カップホルダーがシフトレバーの前に移動しました。
これは実際に使ってみないとどっちがいいのか、わからん。
e0045768_22154134.jpg
左膝あたりのフィット感も現行アテンザ並み。

とにかく走り出しても質感が高く、部分的にはアテンザを越えているとさえ感じさせられます。

「しっかり」
「しっとり」
「しなやか」

の「3し」ですかね。中身がミッチリ詰まった感じがします。
スバルが現行インプレッサでSGPシャシーに進化した際は、アクセラの上を行ったと思いましたが、これでまた抜き返しましたね。

路面のギャップを越えた際は少々強めのショックが入りますが、それ以外は常に車体との一体感を保ち、自分のクルマと同じメーカーという事を差し引いても、意思のままに操る事ができます。先ほど述べたシートの優秀さも車体との一体感に貢献していますね。

今回の試乗車はディーゼルエンジン。
走り出す一瞬こそディーゼルっぽさを感じるものの、走り出してしまえばもう何だか全然わかりませんね。
最近はガソリンも下からトルクフルだし、優秀なパワートレインほど黒子っぽくなってしまうのかも。

静粛性については、街乗りの範囲では特に静かとも感じられませんでしたが、あの下回りの作りを見ても、高速走行で違いが出てくる気もします。

「トーションビーム」のリアサスですか?
その辺を流しただけでは全くわかりませんね。少なくとも不満はありませんでした。
e0045768_22243768.jpg
マツコネの画面は横長に。精細感が向上し、動きの追従も改良されています。
取付位置が遠くなり、視線移動が楽になりました。
一方でタッチパネルが廃止され、手元のコマンダーダイヤルで全て操作する方式になったのはビミョー。
e0045768_22262336.jpg
電話番号や50音で入力する時はタッチパネルの方が早いよね。
試乗車もまだ入ったばかりとの事で、隣に乗っていた営業マン氏もコマンダーダイヤルのスライドパッド操作には苦戦していました。
(さっきの店舗の営業マンはまだ乗った事も無いとか。それも如何なものかと。)
e0045768_22273145.jpg
BOSEオーディオ、良かったですよ。
もうあれもこれも下剋上、ウチのアテンザより上をいっていてイヤになります。^^;
e0045768_22281582.jpg
音源はUSBメモリ。メーカーからデモ用に送られてきたという音源なので、車体側システムに最適化されているのでしょうが、それにしてもイイ音でした。
低音が効きすぎるという噂もありましたが、そんな事も無かったですよ。
ジャズ系の曲でしたが、実に自然でバランスよく、臨場感も最適。
ノーマルもかなり頑張っているそうなので、聴き比べてみたいものです。
e0045768_22313306.jpg
少々クセのあるスタイルさえ気に入れば、あと少々の閉塞感が気にならなければ、クルマは間違いなく、相当なレベルです。もう外車買う意味ないかも。
e0045768_22323168.jpg
カタログの雰囲気も一新。

今さらだけど、車名って単に「3」じゃなくて「マツダ3」なの?
フルネームだとマツダ・マツダ3って事??
e0045768_22333069.jpg
ファストバックとセダンではウィンドウまわりのクロームの回し方が逆なのね。
セダンは展示車も無かったのでまだ見ていませんが、私の好みは伸びやか+コンベンショナルなセダンの方かも。
ファストバックのヌメッとした車体側面からCピラーあたりの造形、デザイン的に新しいし生産技術的にスゴイとは思うけど、好きかと問われると違うかも。
e0045768_22341050.jpg
内容に伴ってお値段も上昇傾向。
ディーラーの営業マン氏も売り方に悩んでいる様子でした。
これまで外車に行っていた層は取り込めるだろうが、そこまで求めていない、過不足ない大きさのハッチバック車が欲しい層を遠ざける方向ではないか、と。難しい問題ですね。

アテンザは今の型のままで「マツダ6」になるそうで、アテンザと言う名前は無くなっちゃうのね。

アテンザに乗って帰りますよ。
うん、明るくて解放感がありゆったりしてる。走り出すと、ユルイな。笑
ま、この適度な緩さもまた、いいんじゃないですかね。^^;
e0045768_22373090.jpg
次期型で噂通り直6搭載のFRになると、価格的に手が届かなくなっちゃうのかなぁ。
今より車体サイズが大きくなるのも困るなぁ・・・。

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-06-09 23:06 | Comments(2)
Commented by たか++ at 2019-06-10 20:27 x
こんばんは、t_bowさん。
MAZDA3、ファストバックの15STを試乗しました。斜め後方の視界は「こんなもんか」でしたが、天井まで暗いために振り向いたときの後方の暗さが気になりました。

下剋上も覚悟した上でアテンザを選択した私ですが、選択は間違っていなかったなと思っています。何よりもMAZDA3にはワゴンの設定がないですからね(笑)。
Commented by t_bow2002 at 2019-06-10 21:32
> たか++さん
こんばんは。今日はこっちが大雨です。

マツダ3、車内の薄暗さと言い、実に雰囲気がオトナですよね。笑
15ST、エンジンの出力に不足は無かったですか?
アクセラ1.5はMTでは不足なかったものの、ATでは少々トルクが物足りなかった覚えがあります。

アテンザも進化しているので、現行型ならまだ互角だと思いますよ!
「3」、ファストバックとセダンに加えて、昔のアテンザにはあったようなセダンベースのハッチバックが出たら、ちょうどいいかもしれません。


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

盆休みに山梨に帰省 ~ 2/..
at 2019-08-21 22:28
盆休みに山梨に帰省 ~ 1/..
at 2019-08-19 22:46
コーヒー豆の芽が出た
at 2019-08-18 21:37
芋焼酎「有明の月 空蒼(くう..
at 2019-08-17 22:48
最近の植物、ウンベラータやフ..
at 2019-08-16 20:54

最新のコメント

> ししとーさん ソニ..
by t_bow2002 at 21:30
私の場合、2年目に値段が..
by ししとー at 22:09
> ししとーさん お久..
by t_bow2002 at 20:50
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:14
お久しぶりです。アテンザ..
by ししとー at 09:20
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 20:06
おはようございます、t_..
by たか++ at 08:38
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:18
確かに、無駄?な親心では..
by biti at 17:50
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:03

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ