人気ブログランキング | 話題のタグを見る

10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学

今日は涼しくて過ごしやすかったですね。

背中の痛みもほぼ、治りました。やはり疲れでしたかね。

 ・・・

妙義山を降りて向かったのは「富岡製糸場」
上信越道からすぐなのですが、いつも忙しく通過するばかり、この日は山歩きが軽く済んだし、高崎の宿泊まで時間に余裕があるので寄ることができました。

市内の観光駐車場に車を停め、歩いて製紙場に向かいます。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21335997.jpg
いきなりこの小さなバスに遭遇。「まちなか周遊観光バス」だそうです。タイヤがたくさんあって芋虫みたいだな。
思ったより製紙場に向かう観光客は多い印象でした。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21345897.jpg
東側正門から入場
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21425474.jpg
このチケット売り場の建物もいい感じ。「検査人館(生糸の検査などを担当したフランス人男性技術者の住居)」だそうです。どうりで。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21442644.jpg
まず「東置繭所」を利用した展示を見学
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21450760.jpg
「女工哀史」なんて言って過酷な労働を強いられていたイメージだったけど、全然そんな事なくて恵まれてるじゃんか。実は先進的な職場だったのね。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21464135.jpg
原合名会社って、「三渓園」か。民間に払い下げられて、けっこう経営が変わってるんだ。知らんかった。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21490382.jpg
片倉と言えば「片倉館『千人風呂』」だ。何かとご縁がありますな。(^^;

「昭和40年代には生糸生産の最盛期を迎えましたが、生糸価格の低迷により1987年(昭和62年)に操業を停止しました。」
昭和62年って、そんな最近まで動いてたんだ。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21530762.jpg
そう、これこれ。私の山梨の祖父祖母も養蚕をしていたんですよ。ハッキリ覚えています。
桑の葉を刈ってきて与えると幼虫がバリバリ食べるんだよね。雨が降っているような音がするんですよ。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21545899.jpg
これも覚えてる。組み立て式で、繭を作る時期になると引っぱり出して蚕を移して。偏らないように時々回すんだよね。
「熟蚕(ズーサン)」とあるけど、山梨では「ひき」って言ってたような気がする。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_21561775.jpg
蚕や繭の手触りまで記憶してますよ。ウチの田舎ではこの後、完成した繭を枠から機械で外して、そこまでで出荷していた気がする。だから糸をつむぐ工程は見たことが無い。

幸運にも茹でられなかった繭はその後、中で蛹が羽化し、カイコガが出てきます。真っ白で羽が退化していて飛べないので、歩き回って交尾し、黄色い卵を産みます。そこから黒い幼虫が孵化する、と。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22004173.jpg
明治5年(1872年)に建てられた建物が現在までそのまま残っているという奇跡。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22021294.jpg
これは敷地内にある社宅。いい建物だから幹部社宅だったんでしょうね。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22040740.jpg
蒸気機関の模型。ピストンからクランクで回転運動を得る、機関車と同じだな。大きいのは弾み車(フライホイール)。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22075661.jpg
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22083132.jpg
西置繭所。こちらも展示施設になっています。官営から民間に経営が変わった件は先ほど触れましたが、その過程で労働時間が伸びた模様。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22103896.jpg
この眺めは明治と同じかもしれない。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22111482.jpg
2階に上がるのにあの小さいエレベーターしかないって、どうなのよ。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22115329.jpg
「フランス積み」なレンガの外壁。フランス人技術者の手によって製紙場が建設されたそうです。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22133372.jpg
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22134456.jpg
一番見たかった「繰糸所」
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22153349.jpg
おぉ、使ってた機械がそのまま残っている!
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22160408.jpg
スゴイな。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22165315.jpg
「小屋組みにトラス構造を用いることで建物の中央に柱のない大空間を作り出すことが出来ました。」
そのために機械を度々入れ替えても建物はそのまま使うことができて現在に残ったそうです。

奥に実演コーナーがあり、実際に茹でた繭から絹糸を紡いでいました。細い糸を器用に引き出すもんですね。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22183775.jpg
一段床が高いのは「首長館」、指導者として雇われたフランス人 ポール・ブリュナが家族と暮らしていた住居だそうです。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22193157.jpg
向こうに並ぶのは寄宿舎。見学不可でした。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22200120.jpg
左が寄宿舎で右が「首長館」、どんだけデカいんじゃ。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22204808.jpg
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22205628.jpg
診療所・病室
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22212519.jpg
ざっと1時間半弱でした。パネルとかじっくり見ればもう少しかかりそうです。
10/7・8、群馬旅行。その5、「富岡製糸場」見学_e0045768_22223757.jpg
上毛新聞社の社屋もカワイイですな。

宿泊地である高崎に向かいます。

(iPhone12)


by t_bow2002 | 2023-10-22 21:21 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
カタツムリ
未分類

最新の記事

4/22(日)、大船界隈の八..
at 2024-04-23 21:04
コンポ用スピーカーの買い替え..
at 2024-04-22 21:33
NC700S、ウインカー交換
at 2024-04-21 21:20
NC700Sのウインカーが長..
at 2024-04-20 20:34
4/19、横浜公園のチューリップ
at 2024-04-19 22:26

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:43
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:28
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:47
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:56
最近はChatGPTや生..
by メガトレンド・サステナビリティ at 15:23
> ホームセンターさん ..
by t_bow2002 at 22:43
全く同じ変態君メールを私..
by ホームセンター at 22:25
> ホームセンターさん ..
by t_bow2002 at 21:46
私も結構強めな花粉症。1..
by ホームセンター at 18:34
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 20:50

以前の記事

2024年 04月
2024年 03月
2024年 02月
2024年 01月
2023年 12月
2023年 11月
2023年 10月
2023年 09月
2023年 08月
2023年 07月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ