カテゴリ:バイク( 523 )

10/8、NC700Sで箱根ショートツーリング

株価が下がったの上がったので騒いでますが、現実感がない。

 ・・・

10/7にNC700Sで金峰山に山歩きツーリングに出かけましたが、前述の通り、バイク的には不完全燃焼となったので、次の日に箱根へひとっ走り。
e0045768_22190601.jpg
7:40の西湘PA。雲が低く垂れ込めています。その上は晴れているのでしばらくは降りそうではないけど。
早起きしたんですが、なんだか暗いので少し二度寝しちゃいました。

一日しっかり曇りどころか午後には雨が少し降りました。
前の晩のTV天気予報では「絶好のお出かけ日和でしょう♪」と自信たっぷりだったのに、まぁ天気予報なんてのはお気楽な商売だ。

前の日に山に行っといて良かったよ、ホント。
e0045768_22212374.jpg
スズキの旧車兄弟。キレイに乗ってるなぁ。
私も昔はスズキ(GSX-400XSインパルス)に乗っていたから知っているのですが、あの頃のスズキ車ってアルミは白く粉吹くわ、樹脂も白っぽく変色するわで部品の品質・耐久性が低目のイメージだったのですが、頑張ってます。尊敬します。

そういやカタナ、新しいのが出たそうで。この話題は改めて。
e0045768_22240566.jpg
こっちのR1100は脚周り総とっかえ、ゼニがかかってますな。
でも違和感の無い上品な仕上がりでセンスがいいですね。

後ろはGPZニンジャ、80年代にタイムスリップか。

早川でバイパスを下りて真鶴道路旧道へ。
いつもはここでボチボチ体を慣らすのですが、今回は前の日にもバイクに乗っていたので体の動きがいいです。ためらいなくスムーズに車体を倒しこめます。
やっぱり背中に荷物なんかしょってたらバイクはダメだな。

椿ラインも楽しく走れました。
e0045768_22280544.jpg
私と入れ違いに出て行っちゃいましたが、スープラとかMR2とか、往年の国産スポーツカーショー状態でした。
眺めとく分にはいいけど、2輪と4輪では走るリズム、組み立てが違うので一緒には走りたくない。
e0045768_22294462.jpg
金峰山に向かう林道は落ち葉が多くて時々滑りそうになりましたが、椿ラインはそれほどじゃなくてよかったです。
e0045768_22304352.jpg
大観山。芦ノ湖は見えたけど富士山は拝めず。
e0045768_22312496.jpg
古めのポルシェ(ターボ?)、シブくてカッコいい。
e0045768_22320785.jpg
オープンのマクラーレンだ、スゴ~イ。
e0045768_22324350.jpg
車名の675とは675馬力の意。もう開いた口が塞がらん。( ゚д゚)ポカーン
e0045768_22325452.jpg
マフラーのこの高さ、こんなのアリなの?
e0045768_22332111.jpg
車内はバックスキンだらけ。ステアリングホイールなんか、新品の時はよくてもすぐ手垢でテカテカになるんでは?なんてビンボー人は心配しちゃいますが。^^;

4691万5000円で限定500台、あっという間に売り切れたそうですよ。
あるところにはあるねぇ。
e0045768_22342668.jpg
隣のフェラーリもカッコいいけど、マクラーレンに比べると普通のクルマに見える。
e0045768_22350477.jpg
ウチのNC700S(売価60万円)のリアタイヤ、今日は頑張って開けたつもりだったのに、まだヒゲが残ってるしサラッと涼しげな表情。全然ダメじゃん。^^;

BSのBT016 PRO、案外、耐摩耗性・耐久性悪くないのかも。
グリップはいいですよ。NC700Sのパワーでは滑る気配もない。

でもいかにもブリヂストンらしい、スムーズだけどフィードバックが希薄な感じで、やっぱりあまり好みじゃないな。次は違うメーカーにしよう。

まだ時間は早いですが、この日はまだ寄りたいところがあったので箱根新道で下ります。

風祭でNC700Sに給油。これまた早いですが前日にはガス欠の恐怖にオノノイタので。
119.0kmの走行で3.9L、燃費は30.5km/L。開けても30キロは切らない。VTR1000Fの半分しかガソリン食わん。

レギュラー単価は149円。高くなったなぁ。

(EXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-10-12 23:03 | バイク | Comments(0)

映画「汚れた英雄」をDVDで鑑賞

天気予報@朝日新聞の朝刊紙上、では完全晴れマークだったのに家を出ると間もなく雨。
駅に着くころには土砂降り。
私はいつでも折り畳み傘を持っているので事なきを得ましたが、持っていない人はお気の毒でした。

しかし天気予報なんてのは結果責任ゼロ、お気楽な商売だ・・・。

 ・・・

これまた随分前に買っていたDVD「汚れた英雄」を観ました。
e0045768_21525440.jpg
角川春樹の初監督作品だそうで。
原作は大藪春彦の長編小説、映画化されて公開されたのは1982年という事ですが、
いや~もう、バブル臭がこれでもかとばかりに香ばしい映画でした。時代だなぁ。

あのキザさ加減を演じてしまうのが草刈正雄サンの凄さですな。
お色気ムンムンの木の実ナナは当時30代半ば過ぎか。女盛りだなぁ。どうりで「彼のオートバイ、彼女の島」の原田貴和子(当時20歳くらい?)と随分、違う訳だ。(何を比べてるんだ?)

あと金髪美女がヘリコプターでサーキットに降りたつ(乱暴だな)シーンでの風のイタズラは計算なのか?

映画はヤマハが全面協力(よくやったよな)だそうで、バイクのレースシーンは迫力満点、いや、この映像だけは見る価値がありますよ。
当時のトップクラスのレーサー、TZ500なのかYZR500なのかよくわからんけど、映像はずいぶん頑張ってる。

主人公のバイク乗車シーンはもちろん草刈サンではなく、スタントマンですが、これが往時のヤマハのエースライダー平忠彦。長身でいい男で実力も兼ね備えて、実にカッコよかったですね。今ではすっかりオッサンになりましたが。

レース中に着用している革ツナギに施された名前が時々映画上での「AKIO」ではなくて「TAIRA」になっているシーンがありました。
本当のレースシーンも使ったのか?

他にもヤマハチームから木下恵司に上野真一と懐かしい名前。
プライベーターでは徳野正樹ってその後はホンダワークスでガードナーと組んで8耐優勝してた名ライダー、和歌山利宏は今でも2輪業界で活躍中だし、福田照男もこの後、本当に世界GPに参戦しました。いろいろ出てたのね。顔が出ないからサッパリわからんけど。

でもやっぱりね、バイクで死んではダメなのよ。絶対。いくら映画でも。

あとこの方のブログでの解説が最高に面白かった。

以上、ご安全に。



by t_bow2002 | 2018-09-03 22:37 | バイク | Comments(0)

レーサーズ外伝 Vol.1 YZRとエディ・ローソン

9月になって昨日・今日と涼しくなりました。
台風が悪さをせずに早いとこ過ぎ去ってくれればいいのですが。

 ・・・

カープは今日もヤクルトに勝利し、3連戦全勝。スゴイな。
これでM13、最短で来週には優勝が決まる可能性とか。

 ・・・

レーサーズ外伝 Vol.1 特集:YZRとエディ・ローソン
e0045768_22170880.jpg
こんなの出てたんだ。
通常の「レーサーズ」は特定のモデル・ハード的な面を解説していますが、「外伝」は人を切り口にしているそうで。

通常版はもう主だったモデルはひと通り出揃ってしまい、最近はだんだん(ますます)マニアックな領域になっちまっているので全然フォローもしていなかったのですが、久しぶりに買っちまいました。オッサンホイホイにかかりましたよ。

中身はと言えば、ローソンの話より後半のヤマハのエンジニアOB達による本音トークの方が面白かったりして(爆)。やっぱりローソン、真面目だし。

私的には当時、理解できなかったカジバへの移籍については「パート2」だって。やられた。

それにしても“キング”ケニー・ロバーツの今の奥さんが日本人とは驚いた。なんか最近、阿蘇の方で「ケニー・ロード」なんてのを聞いたのは、その辺りのご縁なんでしょうか。

しかしケニー・ロバーツってのは未だにイタズラ小僧と言うかガキ大将と言うか、面白いな、本当に。



by t_bow2002 | 2018-09-02 22:36 | バイク | Comments(0)

ホンダ、モンキー125の試乗

少し、涼しくなりましたかね。
そう思って久しぶりにエアコン止めて窓開けて掃除していたら汗ダラダラでしたが。

来週はまた台風か・・・。

 ・・・

奈良のバイク事故、気の毒な話ですけどね、
バイク3台で8人乗車、未成年ばかり6人死亡って、どうよ?
ただでさえ人数合わないのにヘルメットは人数分ないとか、メンバーのだれも大型免許もってないとか。

あのCBR1000RRも盗難車じゃないんか・・・。

 ・・・

久々の試乗ネタ。バイクですが。

ホンダのモンキー125を試乗してきました。
e0045768_20192325.jpg
前のモンキー50に比べると全体的にひと回りかふた回りほども大きいのですが、実にうまいこと「モンキー」のイメージ通りのプロポーションを再現しています。
e0045768_20233051.jpg
黄色と白のツートンカラーも実にお似合い。「バナナイエロー」なんだって。笑

リアフェンダー、実際には長いんだけど途中までのメッキ処理でルックスの軽快さを表現しています。
e0045768_20270773.jpg
茅ヶ崎市のナンバープレート、これはやり過ぎじゃろ。文字が小さくなっとるわ。
e0045768_20324010.jpg
空冷の前傾シリンダーの造形は悪くもないけど、その上のエアクリーナーBOXがデカ過ぎ。
無粋なFIを隠すためか?
キャブレター(カービュレーターともいう)なんてのは過去の遺物になってしまうんだろうなぁ・・・。
e0045768_20350210.jpg
丸いメッキハウジングに納められたヘッドライトはLED。時代だなぁ。
普通のH4バルブの方が簡単に交換できて楽しそうだけど。
e0045768_20403208.jpg
倒立フォークだよ!スゴイなぁ。
e0045768_20411489.jpg
125になって車体が大きくなったので、自然なポジションが取れるようになりました。さすがに折り畳み式のハンドルは廃止されてます。

デジタルメーター、なんだかオープニングのアニメみたいのが表示されていたけど、肝心の視認性が極悪、黒地の液晶画面に表示される内容がサッパリ見えない。ここはデザイン重視、実用性軽視の弊害かと。
やっぱりメーターはシンプルな機械式「針」のもんですね。
e0045768_20442415.jpg
張り出したサイドカバーにふくらはぎが当たるので、タンクへのニーグリップは不可能。
見るからに厚みのあるシートはフカフカ柔らかくてお尻が気持ちいい。笑
幅があるので足がまっすぐ下ろせず、意外と足つきは良くもない。まぁ軽いんで問題ないですが。

さて走り出します。50と違ってセルスタートなので始動は簡単、排気音も実に静かです。
これまた軽いクラッチを握ってギアを入れて発進。うん、普通に走れます。

ナップスからの試乗コース、アウディのそれと同じかと思ったら手前の住宅街の中の狭い道を先導車付きでトロトロと30km/h走行。でもこのバイクにはそのくらいのペースが合うんだろうな。

折り返し過ぎて帰路の国道1号線、奇跡的にガラガラに空いていました。
50km/hまで加速して走行。うん、普通に走れるな。

見た目はレトロですが中身は現代のバイク、一般道なら快適に走れそうです。

欲を言えば、もう少しエンジンの存在感が欲しかったかな。スムーズ過ぎて面白味が無い。
現代の去勢されまくったフォースト125ccに多くを求めてはいけないんだろうけど、昔乗っていたSL230の半分くらいのパルス感があれば。その辺はマフラー交換でって事か。

お値段はABS付きで432,000円(税込)、ABS無しでも399,600円(同)と、私の乗っていたSL230より上。
まぁ時代だし仕方ないんだろうけど、どうせなら大径ホイール装備のちゃんとしたトレール車の方が走行安定性も勝るし遊べるフィールドも多くて楽しめるのでは?と思ったら、125ccクラスのオフ車って、ないんですね、今。国内4メーカーとも、絶滅状態。
なんだかなぁ。

モンキー125、私みたいな実用性重視のライダーには割高感が強いですが、バイクとしての出来は悪くないので、高速道路には乗らない使用パターンで、あのデザインが気に入れば「買い」だと思いますよ。

ナップス店舗での試乗イベントでしたが、主催は販売店のユーメディアさん。
暑い盛り故、熱中症対策か受付には冷風が吹き出る機械設置、試乗前と後に冷たい缶ジュースまで出てきて、至れり尽くせりでした。アリガトウ。m(__)m
e0045768_21191791.jpg
F・スペンサーレプリカのヘルメット。
どちらも落ち着いた色合いでカッコいいけど、RX-7Xは高杉。
e0045768_21251498.jpg
こちらのヤマハカラーのが30%だか35%だかオフで安くなってましたよ。
ヤマハカラーだけど全然ハデじゃないし、他メーカーでもいけるんじゃないでしょうか。

私的にはフルフェイスは今のクアンタムJがまだ全然痛んでいないので、今は買い替えは有り得ません。
オープンフェイスで安いのがないかな・・・。

(EXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-09-01 21:37 | バイク | Comments(0)

8/26、NC700Sで箱根へ 椿ライン→ポーラ美術館

カープ、なんだか締まらない勝ち方だったけど、久し振りにスタメン出場だった新井サンの活躍を見る事ができてヨカッタ。あのズッコケっぷりも彼らしい。

 ・・・

8/26(日)、暑いらしいですが頑張って箱根へNC700Sでひとっ走り。

朝6時前に出発。上は当然メッシュジャケットだけど、早朝の割にはそれほど涼しくもない。先が思いやられます。
下は久し振りのレザーパンツ+ブーツ。帰宅して脱ぐ時がコワい。
e0045768_21262332.jpg
6:35、西湘PAに到着。
e0045768_21275445.jpg
箱根の山もスッキリ見えてます。こないだは降られたけど今日は大丈夫でしょう。
e0045768_21282455.jpg
初期型GSX-R750だ。しかもマフラーまでノーマル状態、奇跡のコンディション!
もう30年も前の型です。更にヘルメットには「ジンプライズ」のステッカー。
80年代の亡霊か。(つд⊂)ゴシゴシ
e0045768_22434698.jpg
このクソ暑いのにターンパイクでマラソン大会! よくやるよ・・・。
9月8日(土)か。覚えておいて箱根には行くま。

真鶴道路(旧道)を経由し、椿ラインを上がります。
e0045768_21311678.jpg
e0045768_21313414.jpg
椿の木に実がなっています。なるほど椿ライン。

7月に交換したタイヤ、BSのバトラックス BT-016 PRO HYPERSPORT(長)
e0045768_21315838.jpg
そこそこ頑張って走ったつもりなのに、この涼しい顔。路面温度も高い筈なのに。
表面が溶けたり荒れたりするどころか、まだヒゲも残ってるよ。

ま、しょせん開けられていないって事なんでしょう。^^;
e0045768_21402288.jpg
前輪は更にサラッと。BT-016 PRO、案外ライフも短くなかったりして。
e0045768_21413612.jpg
同じくらい倒していてもタイヤの端は余ってる気がする。

BT-016 PRO、グリップ自体は全くもって十分ですが、グリップ感もサラッとしていて少々手応えが薄いか。
やっぱり私はダンロップの、タイヤがたわんで路面をぐっと掴む感じの方が好きだな。

乗り心地的にはGPR300とBT023の間で023寄りか。悪くはないです。西湘BPの目地段差に対してもBT023の方が突き上げがキツかった気がする。

日陰で休憩していても蒸し暑くて休んだ気にならない暑さ。早々と退散します。
e0045768_21473754.jpg
大観山に到着。ようやく涼しさを感じられます。
ここは相変らずのモーターショー状態、すんげぇポルシェだ。
奥のアルファロメオ、メッシュのグリルには鳥の羽が・・。(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル
e0045768_21495028.jpg
放置バイクらしく。かわいそう、盗難車とか盗難ナンバーなんだろうな・・・。
あえてナンバーを公開。千葉ち 66-46
e0045768_21510289.jpg
鈴鹿8耐でV4を飾ったヤマハYZF-R1、初期型イメージの白赤カラーもよく似合います。
e0045768_21535851.jpg
富士山がよく見えました。来年こそはと・・・。

珍しく「芦ノ湖スカイライン」へ。260円也。
車も少なく、ほぼ貸切状態、涼しくて気持ちいいので、ゆっくりを味わいながら走ります。

レストハウスにピットイン。
e0045768_21584450.jpg
そこの低い山に登ると絶景だと言う看板が。
ここなら涼しいし、登ってみますか。
e0045768_22014462.jpg
真っ白で何も見えず・・・。
e0045768_22021227.jpg
晴れていれば富士山や駿河湾方面が見渡せるらしく。残念。
あ、確か看板には3分って書いてあったけど、3分は早いよ。5分だな。
e0045768_22034460.jpg
しばらく粘ってみました。空は時々晴れるけど、下はガスが晴れません。また来ましょう。
e0045768_22042964.jpg
芦ノ湖側は見えるんだけどなぁ。
e0045768_22045026.jpg
ムカゴが無いからコオニユリか。

湖尻に降りる途中で警察官が交通整理しています。
コーナーを抜けるとBMWのカッコいいオープンカーが事故していましたよ。ご愁傷さま。
e0045768_22081072.jpg
仙石原のコンビニで休憩+遅い朝ご飯。バイクに乗ってるとあまりお腹が空かない。
e0045768_22085048.jpg
ポーラ美術館に到着。
e0045768_22091133.jpg
ルドン展
e0045768_22092960.jpg
ルドンは幻想的な雰囲気が好きです。
東京の美術館と違って空いていて、実に快適。汗もすっかり引きました。

写真撮影可能なコーナーがありました。
e0045768_22105690.jpg
アンリ・ルソー「エデンの園のエヴァ」
箱根だけどエヴァンゲリオンとは無関係。
e0045768_22121609.jpg
アンリ・マティス「リュート」

先日、上野で見た藤田嗣治(レオナール・フジタ)のコーナーもありました。
藤田が交友のあった画家たちの作風をまねて描いた小品シリーズがあったのですが、これが非常にそれぞれの特徴をよくとらえていて、傑作でした。私の大好きなデュフィもありましたよ。
上手なのは間違いないし、よく言えば軽妙、悪く言えば少々軽薄と言うか。
e0045768_22160724.jpg
増田セバスチャン×クロード・モネ "Point-Rhythm World 2018 -モネの小宇宙-"(長)という展示の一つだったと思います・・・。
e0045768_22194753.jpg
ここに来たら周囲の「森の遊歩道」も楽しまないともったいない。
e0045768_22202936.jpg
e0045768_22205124.jpg
ヤマボウシの実がなっています。食べられるらしく。
e0045768_22234136.jpg
ブナの木はいいなぁ。
e0045768_22241598.jpg
先へ進んでいくと、森の中に飾り付けとテントがたくさん!

帰宅後に調べてみたら「FOREST MUSEUM 2018」という、「自然を鑑賞する。アートを体験する。森の美術館で1日をすごすキャンプイベント」が土日で開催されていた模様。
屋外シネマで映画を観たり、食事は美術館のレストラン、楽しそうだなぁと思ったら料金は1人 23,000円(税込)。ウチなら温泉旅館の方がいいな。^^;
e0045768_22280130.jpg
負けない木。
e0045768_22284628.jpg
ひと回り歩いてきたら、また暑くなって汗かいちゃいました。やっぱり暑いよ、この夏は。

久し振りにコミネのメッシュジャケットを着てきたのですが、つくりがタイトなので汗をかくと脱いだり着たりが一苦労。肩を脱臼しそうです。

バタつかないし内蔵プロテクターがずれないしカッコもいい筈なんだけど、少しキツ過ぎ。
もう一つのグリーディのは楽だけど逆に緩すぎるし。

来年はちょうどいいフィット感のを探して買い替えるか・・・。

11:30に出発、帰路につきます。
湯本の手前もまだ混みだす前で、流れは遅いものの止まることは無く通過できました。

風祭でNC700Sに給油。
195.9kmの走行で6.31L、燃費は31.0km/Lでした。
レギュラー単価は142円。

1号線もまだ箱根方面が渋滞、小田厚からの西湘バイパスも石橋方面が渋滞しており、みなさん目的地に着くのは何時になるやら。
海沿い国道134号線も辻堂海浜公園の駐車場待ちが大行列で混んでいました。

老婆心ながら皆さん、もう少し早めに行動した方がよろしいのではないかと。

日射を受けて気温は上昇、走っていても風が生ぬるく、あまり涼しくない。
自宅そばになると市街地走行で流れも悪く、汗が乾きません。

早く帰ってシャワーを浴びてビールを飲みたいところですが、6年前に事故したのもこのような状況でした。最後まで焦らず気を抜かず、慎重に走ります。

全身ベタベタ状態で帰宅。案の定、レザーパンツが肌に貼りついてしまい、七転八倒の末、更に汗まみれになってようやく脱ぐことができました。

無事に帰れて何より、シャワーしてスッキリ、ビールも美味しい。^^;

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-08-29 22:57 | バイク | Comments(0)

彼のオートバイ、彼女の島

カープ、7点差をひっくり返してのサヨナラ勝ち! ヽ(^。^)ノ
いつの間にか2位に上がってきたヤクルト相手の3連戦で2勝、しかもこの勝ち方は大きい。

それにしても野間の一塁をアウトと判定した塁審、どう見てもセーフじゃろ。猛省せい。

 ・・・

台風が近づいている筈の広島は雨も降らず試合を終了したのに、こっちでは風が強くなってきました。大丈夫なのか?

それにしても今日も蒸し暑かった。

 ・・・

今年の夏休み、前半は暑かったので家で撮り溜まったTV番組や映画を見ていました。

そう言えばと、奥からひっぱり出したDVD。
e0045768_22003065.jpg
「彼のオートバイ、彼女の島」

だいぶ前に何かで安売りしていたのを買ったきり、放置していました。
片岡義男原作、監督は大林宣彦だったんだ。

バイク乗りのバイブル的に言われたりしていましたが、世代的には少し上なんですよね。
そんな訳で原作本も読んだことは無く、主人公を演じているのが原田知世のお姉ちゃんだって事くらいの予備知識で。

いやぁ、聞きしに勝る世界でしたね。最初っから最後まで突っ込みどころ満載のありえなさ。ヘソが茶を沸かしっぱなしでしたよ。
乱暴で長閑で、いい時代でしたね。原作は1977年、映画公開が1986年か。

もう一人の主人公の男性、えらく爽やかでカッコいい好青年です。今も芸能界にいるんだろうかと思って確認したら、竹内 力? え゛っ! 全然、別人じゃん・・・。この映画の後、彼の人生に何があったんでしょうか?


映像化される際に原作と雰囲気が変わるってのもよくある話なので、ブックオフで探してみるかなぁと思っていたら、インターネットで読むことができちゃうんですよね。著作権とか、いいのか?

まぁ、原作も似たような話でしたよ。映画はよくできているのではないでしょうか。
むしろ原作にない、彼女の島での夏祭りのシーンなんか私はけっこう気に入りました。

バイクの整備をする場面で「『カービュレーター』を新品に交換した」ってあるんですよ。

カービュレーターって、何だ? 少なくとも新品に交換するってんだから消耗品なんだろうけど、私が四半世紀バイクと付き合ってきた中でそんなもん替えたことないよ。ディストリビューターの間違いか?

あ、もしかしてキャブレターの事ですか? そんな言い方するヤツいないし、だいたいキャブなんてチューンナップで強制開閉の高性能版に置き換える以外は交換なんてするもんじゃないよ。ホンマついていけんわ。



by t_bow2002 | 2018-08-23 22:37 | バイク | Comments(0)

NC700Sで山中湖ツーリング

今日は終戦の日。

来年のこの日は今の皇太子殿下が天皇なんだなぁ。

 ・・・

天気が安定しない今年の夏、バイクの乗り方を忘れそうなので、ひとっ走りしてきました。

朝5時半に出発。富士山が山頂までキレイに見えました。
微妙な天気予報だったのですが、これなら大丈夫か?

富士山、今年こそと思ってルートを勉強したりしたのですが、またも持ち越しとなりました。^^;
e0045768_20475249.jpg
西湘PA。風が強くて波も高め。途中で潮が舞っている感じのところがありヘルメットのシールドが汚れたのでトイレで洗わせてもらいました。

箱根の山が雲の中だなぁと心配しつつ走っていくと、湯本を過ぎて登りだした辺りで雨がポツポツと。
すぐにサーッと本降りになる気配、慌ててUターンして下界に引き返します。
e0045768_20552367.jpg
箱根登山鉄道のガード下で雨宿り。やれやれ。向かいの歩道橋下にもご同輩が。
e0045768_20575182.jpg
ワックスが効いているので水玉コロコロ。久しぶりの雨中走行になりました。
レインウェアはあるのですが、少し様子を見るとします。
e0045768_20574358.jpg
シコンノボタンでしょうか。雨で生き生きしています。

15~20分ほどすると雨も止みました。走りますかね。

ひと雨降って気温が下がったのに加え、メッシュジャケットはさっきの雨で少し濡れたままです。さらに国道を覆っている木々から滴が落ちてきて、非常に涼しい。

タイヤも新品だし、車の流れで慎重に走ります。
宮城野で気温は22℃。さすがに金時山の駐車場もクルマは少なめでした。

乙女峠のトンネルを越えても雲は切れず。とりあえず御殿場まで下りて身の振り方を考えるとします。
e0045768_21081659.jpg
御殿場の「なか卯」にピットイン。
e0045768_21084042.jpg
すっかり体が冷えてしまったので、温かい「海老かきあげ蕎麦」をいただきました。
e0045768_21095237.jpg
御殿場市の原付ナンバーは富士山なんだ。色使いがイマイチかも。

天気は何とか持ち直しそうなので、山中湖へ向かいます。
須走の「道の駅すばしり」に立ち寄り。
e0045768_21122248.jpg
ようやく夏らしい強い日差しが戻ってきました。
暑けりゃ文句、寒くても不満、人間がなってませんな。

R138の籠坂峠はクルマも少なく、路面もドライ。ようやく自分のペースで気持ちよく走れました。
先月交換したタイヤ、BSのBT016 PRO、グリップについては確認できるほどのペースで走っていないのでわかりませんが、ハンドリングの傾向に関しては前のダンロップGPR300よりは落ち着いた感じかな。
スポーツタイヤですが西湘BPの目地段差もまずまずこなします。GPR300よりは劣るけどBT23より乗り心地は良好。BT23は突き上げがキツくて胃が下がりそうでしたが。
e0045768_21201048.jpg
「花の都公園」にて。富士山はだいぶ雲が多くなりました。
e0045768_21213996.jpg
e0045768_21222423.jpg
キバナコスモス。
e0045768_21231902.jpg
百日草も見ごろでした。
e0045768_21240540.jpg
写真の撮り方にしてもツーリングのルートにしても去年と同じ、進歩が無い。

道志みち、天気もいいし空気は涼しくて爽やか、車の後だけど流れはスムーズ、実に気持ちよかったです。
箱根で雨に降られて寒かったけど、来てよかった。
e0045768_21262218.jpg
道の駅は相変わらずの大賑わい。バイクは奥の芝生駐車場に誘導されました。
e0045768_21271416.jpg
川遊び、いいなぁ。
e0045768_21281442.jpg
イヌも涼しそう。ベロが出てない。

クレソンと空芯菜を買って出発。
e0045768_21292199.jpg
ピットインして水を補給。

こっちに来てからも色んな水を汲んで飲んだけど、やっぱり広島の千代田の水が美味しかった気がします。
思い出は常に美しいせいかもしれませんが。

相模原の青根あたりまで来ると、気温がぐっと上がります。おもしろいもんだな。
e0045768_21310526.jpg
鳥居原の駐車場は意外と少なめでした。
宮ヶ瀬湖の水位はたっぷり、水不足の心配は無さそうです。
e0045768_21354751.jpg
厚木の「松屋」で昼食。大根おろしが添えられた牛丼です。
夏場にはサッパリしていいですね。

I.Cそばの宇佐美でNC700Sに給油。
203.6kmの走行で6.14L、燃費は33.2km/L。

レギュラー単価は140円。少し下がったかな。

厚木から高速に乗って帰りました。
風が強く、時折流されそうになって走りにくかったですが、道は空いていました。

暑かったのでヘルメットはSZで出かけたのですが、やっぱり1日かぶっていると頭、特に左の前頭部が痛くなる。
次はサイズ上げないとダメかな・・・。Orz

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-08-15 21:48 | バイク | Comments(0)

ヤマハのセローが復活でメデタイけど値段が高杉。

今日から8月。

もう言うのもイヤだけど今日もまた一段と、朝から暑かった。6時20分から暑かった。
いつも駅についてから汗を拭くのに今日は歩いている途中で汗がタラタラ。

私なぞは朝晩の通勤時だけだけど、外で働いている皆さんはお気をつけて。

 ・・・

今日もカープはホームラン攻勢で大勝!
(でも終盤ナニゲに点取られてるけど!)

明日も勝てばマジック42!だって。

 ・・・

スポーツ界、日大のアメフト騒ぎも収束しない中、次はボクシング連盟ですか。
「奈良判定」とか、いろいろアレンジできそうで、流行っちゃうかも?
いろいろ病んどるな、日本・・・。

 ・・・

1985年から続いている人気モデルにもかかわらず、2017年に排ガス規制の強化により生産停止となっていたヤマハのセロー、この度、規制に適合して復活と相成りました。
e0045768_22182615.jpg
変わらぬ姿で帰ってきてくれてメデタイ次第だけど、
お値段564,840円 [消費税8%含む](本体価格 523,000円)って、ずいぶん立派になったなぁ。前の型より5万7240円アップだって。

もうウチのNC700Sの598,500円(税抜き 570,000円)と5万も変わらん。
昔乗っていたSL230なんか359,000円(税抜)でさらに割引もあったから、ずいぶん安くて、でも楽しめるバイクでした。

車重も133kgって、こちらもなかなか。

50万越えちゃうと、気軽に「もう一台」という訳にはいかんな・・・。
新車で買えるだけでも、復活させてくれただけでも有難い話かもしれんけど。


by t_bow2002 | 2018-08-01 22:33 | バイク | Comments(0)

ヘルメットを偵察 & SZラム3の修理

今日も暑かった。明日も暑いらしく。社会復帰できるだろうか・・・。

 ・・・

NC700Sのタイヤ交換作業中、ヘルメットを偵察。

VZ-RAM、いつの間にかプロシェードシステムが標準装備の「プラス」が出ていました。
まぁ当然だけど、最初にプロシェードキットを別売りで買った人はお怒りではないか?

お値段は3,000円プラスの49,000円(税別)。
3,000円の差額自体は妥当だけど、ジェットタイプで5万って、絶対的には高いよね。
ショウエイのインナーバイザー装備「J-Cruise」44,000円より5千円高。

更に訳わからんのが、オプションの「VAS-Z PSロングサンバイザー」の存在。
標準タイプは短すぎて効果が少ないと認めているようなものでは?
なんだかな~。
e0045768_21533061.jpg
OGKカブトの新製品、EXCEED(エクシード)。やっすいなぁ。アライ・ショウエイの半値だよ。
e0045768_21543094.jpg
上下方向に拡大されたというインナーバイザー。
どんなもんじゃろうかと被ってみたところ、かぶり心地は悪くないですが、バイザーを下ろした瞬間、微妙に鼻に触れます。そんなに高い鼻じゃない筈なんだけど。

頭と顔がデカいから鼻の位置が想定よりも前なんでしょうね。ショウエイのJ-Cruiseではそんな事ないのに、カブトは詰めが甘い。

「アヴァンド2」ではシールドが口に近過ぎて気になったし、私はOGKの基準を超過した頭と顔のデカさらしく、ご縁がありませんでした。残念。

自分の10年モノ「SZラム3」をしみじみ眺めていたら
e0045768_22000264.jpg
ブローベンチの帽体側ダクトが浮いていたので引っ張ってみたところ、取れちゃいました。
右がダメなら左もだろうと触ってみたら、やはり同様にすっぽ抜けました。

アライは接着が弱い気がするな。アライに言わせれば10年もてば充分だろうって話かもしれませんが。
e0045768_22014322.jpg
困ったときのセメダイン・スーパーX。
できる限り、もとの接着剤を除去してから塗布。
e0045768_22022580.jpg
「ヨネギーズ」セロテープで押さえ中。

位置決めが難しいんだよね。何か段差やガイドになる線が入っている訳じゃないので、目検討です。左右だけでなく、前後も自分で決めるしかない。
少々ズレても全くダメという事にはなりませんが、左右にずれれば空気の取り込み量が減るし、後ろ過ぎればシールド側開口部との間に隙間ができてやはり効率ダウン、前過ぎると今度はシールドに当たって開閉がキツくなりそう。

生産現場では治具的な器具や工夫があるのでしょうが、いずれ職人芸的な作業や慣れに頼っていては生産性も上がらないのではないかと余計な心配を。
e0045768_22035828.jpg
既にシールドの内側がダクトと擦れて傷になってます。たぶん、新品時点で少しダクトが前過ぎ・きつかったのかもしれません。
アライのブローベンチ、ベンチレーションの効果は悪くないだろうし帽体に余計な穴を開けなくて済むというメリットはあるでしょう。ずいぶん長いこと使い続けているけど、総合的に考えて、どうなんじゃろか。
e0045768_22142028.jpg
ここも剥がれていたので貼りつけて、
e0045768_22151032.jpg
シールドベース、取り外しが最近固かったのでシリコンスプレーを塗布。動きがよくなりました。
e0045768_22214139.jpg
内装も洗濯してスッキリ♪
e0045768_22231599.jpg
アゴ紐カバーが少し痛んできているけど、まだ1~2年は使えるでしょう。

いよいよダメになるまで次はどれにするか、ゆっくり悩むとします。


by t_bow2002 | 2018-07-16 22:32 | バイク | Comments(0)

NC700Sのタイヤ交換、BS・BT016 PRO

暑い! 今日は39度のところを通過してきました。まだ7月半ばだってのに。

金曜日に有休を取り、北アルプスに行ってました。

またも1,000枚、撮ってしまったので、アップできるのはいつになるやら・・・。^^;

 ・・・

先日、ロマンスカーを撮影した時にNC700Sのタイヤを見ると、
e0045768_20565051.jpg
前輪、スリップサインまで残りわずか、ほぼ終了しちゃってます。
センター部分はまだ残ってるけど、これだと安心して倒せんな。交換するか。

今のタイヤは2015年の秋に入れたダンロップのGPR300、走行距離は7,000km弱。
前の新車装着だったブリヂストンBT23は9,000kmちょっとだったから耐久性では劣ったけど、わかりやすいグリップ感や軽快なハンドリング、何よりも良好な乗り心地がBT23より遥かに優れていて気に入っていました。
e0045768_21021613.jpg
後輪は途中で1回、パンクして交換しているのでまだ使えるレベル。もったいないけど、やっぱり前後同時に替えとくか・・・。

GPR300は気に入っていたので、またコレでもよかったのですが、ナップスをのぞいたら前後セットの特価品がいくつか。
ピレリのエンジェルSTにしようかと思いましたが、隣にあったBSのバトラックス016 PROにしてみました。
e0045768_21083070.jpg
作業中。
e0045768_21091344.jpg
e0045768_21093163.jpg
キャリパーに軍手を被せて傷付き防止。なかなか気が利いています。
あとはキャリパーをそのままぶら下げず、何かで吊ってくれれば100点満点。
e0045768_21110515.jpg
新品のタイヤは溝が深くてゴムはモチモチしなやか、気持ちいいなぁ。
e0045768_21115193.jpg
e0045768_21115804.jpg
後輪は2018年14週、前輪は13週の製造。
バトラックス016 PRO、モデルとしては何年か前の型落ちになりますが、モノは新品。

前のGPR300よりたぶん、ハイグリップ寄りのスポーツタイヤです。
ライフはさらに短くなるかもしれないけど、その分コーナリングで楽しませてもらえれば、かまいません。

帰宅する途中の第一印象ではまず、ロードノイズが大きい。
あとはハンドリングはGPR300というかダンロップのようにキビキビ動かず、ゆったり目。BSらしいかな。
e0045768_21153541.jpg
2015年の秋に装着した「フォークガード」、なんか位置が下がってるな。
e0045768_21171018.jpg
フォークのアウターチューブと結束バンドの間のゴムが劣化してゲソゲソになってます。
肉が痩せた分、縮んで緩んだ模様。アフターパーツの品質はやはりこの程度のものか。
増し締めしようにも結束バンドを切ってしまっているので、不可能。ま、ほっとくか。
e0045768_21201131.jpg
新車時につけた、後ろの自作泥よけは、まだ目立った劣化もありません。やっぱり直射日光に当たるか当たらないかの違いが大きいのでしょうか。
e0045768_21211505.jpg
リアショック辺りの汚れも目立たないので、やはり効果は高い模様。
最新型のNC750でも同様に装着できるようですよ。
オーナーの方はこちらのBLOGをご参照ください。これは絶対、お勧め。
e0045768_21251635.jpg
NCシリーズ、750になって色々機能面では向上しているようですが、このテールライト回りの形は700の方がユニークで、いまだに好きだな。750は平凡な気がする。


by t_bow2002 | 2018-07-15 21:34 | バイク | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
読書
未分類

最新の記事

ユッカ・キミガヨラン(君が代..
at 2018-10-16 22:12
アテンザ、フロアマットを洗濯
at 2018-10-15 22:35
臼井 隆一郎「コーヒーが廻り..
at 2018-10-14 22:42
10/8、大磯「澤田美喜記念館」
at 2018-10-13 22:28
10/8、NC700Sで箱根..
at 2018-10-12 23:03

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:03
おはようございます、t_..
by たか++ at 06:39
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:49
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:35
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:05
こんばんは。色々読ませて..
by biti at 23:36
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 21:29
初めまして、同じnc75..
by biti at 00:07
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:27
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:35

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ