人気ブログランキング |

カテゴリ:車( 534 )

サスティナブルZOOM-ZOOMフォーラム2019 in 横浜 ~ 後編

セ・パ交流戦の最終戦となった本日の楽天戦、
先発の九里が見事、完封勝利!ヽ(^。^)ノ

やればできるじゃないか。

 ・・・

サスティナブルZOOM-ZOOMフォーラム2019 in 横浜の続き。

マツダ3チーフデザイナー、土田さんの講演の後は「クレイモデル」見学。
e0045768_21474381.jpg
マツダで使うクレイ(粘土)は非常に固く、オーブンで温めて柔らかくして使うそうです。
固いからこそ、このリアルな硬質感が出るんでしょうね。
e0045768_21484499.jpg
まさに職人芸。マツダはCGだけでなくクレイ作成にも非常に力を入れていて、モデラーの技術レベルも粘土の消費量!も業界トップクラスだとか。
e0045768_21502021.jpg
道具はみな手作りだそうです。

さて、そろそろ予約しておいた試乗の時間が近づいてきました。
e0045768_21513151.jpg
これは私が乗る車両ではないのですが、土田チーフデザイナー推しの「ポリメタルグレーメタリック」、初めて見ました。
雨上がりだったのですが、どちらかというとメタリック感よりペタッとした樹脂感の方を強く感じました。正直あまり似合ってないような・・・。晴れてると違うのかな?
スバルのXVやボルボのV40にも似たような色がありますが、あちらさん達の方が似合っている気がします。
e0045768_21544731.jpg
白も先日ショールームで見たらイマイチだったし、この日は他に黒メタもあったけど、似合うのは赤(ソウルレッドクリスタルメタリック)とダークグレーメタ(マシーングレープレミアムメタリック)という有料色ばかりだったような。
e0045768_21572060.jpg
試乗したのはこちらのセダン。
エンジンは先日ディーラーで試乗したのと同じ、1.8Lディーゼルです。

当たり前ですが乗った印象も同じですね。
段差の当たりが少々コツコツと固めながら、基本的には「引き締まった」と好意的にとらえられる乗り心地と、一体感の強さ。ギュッとした凝縮感がありますね。
ファストバックよりセダンの方が閉塞感が弱く、荷室も広いし、私が買うならセダンだな。

BOSEオーディオも変わらず好印象。やはりBOSE側が用意したというCDが音源。
今回は同乗した営業マンがオーディオも一押しでボリュームをかなり上げてみましたが、ひずみが少なくボワンとした感じにならず、気分よく聴けます。ウーファーが密閉型BOX構造になっているので、車外への音漏れも少ないそうですよ。

営業マン氏が「今日は販売店からのご案内でご来場いただいたのですか?」と聞いてきたので、「いいえ。」とキッパリ否定しておきました。事実だし。
講演会場で斜め前に座っていた男性は湘南マツダのロゴの入ったクリアケースを持っていたので、湘南マツダは案内があったのかな。あっちで買っとくんだったかなぁ、関東マツダは失敗だったか?

マツダ3の試乗後、次の試乗まで少し時間があったので、入り口近くのホワイエで実施中の「MAZDA3開発秘話」を聞きます。
e0045768_22045442.jpg
左が今回のマツダ3開発主査を務めた別府さんだそうです。
e0045768_22053807.jpg
途中からさっきのチーフデザイナー土田さんも合流。
e0045768_22055923.jpg
そんな気がしながら写真を撮っていたんですけどね、会場に置かれたマツダ3ファストバック、自慢のボディ側面の凹形状が映える位置・角度にわざわざ置き直したそうです。
e0045768_22103791.jpg
マツダ3も確かにカッコいいけど、アクセラもまだまだ魅力は衰えないと思います。アテンザもね。

さてお待ちかね、2台目(まで可能)の試乗時間ですよ。
e0045768_22102868.jpg
ロードスターRF
e0045768_22115880.jpg
カッチョエエのぉ。
e0045768_22123444.jpg
「スポーツタン」色の本革内装がまたステキ♪
e0045768_22130603.jpg
いつものアテンザに比べると、まるで地面に座るかのごとくベタベタに低いシートポジション。
下半身がスッポリはまってジャストフィット、私の体格(小さ目)でこうなら、大柄な人は狭くないんじゃろか?

第7世代となるマツダ3の精緻なインテリアデザイン・スイッチ類もカッコいいですが、第6世代の適度に緩い感じも悪くなかったりして。
e0045768_22165684.jpg
トランスミッションは残念ながらATでした。

さて走り出しますよ。
長いノーズが自分を中心にしてグルグル回るのが楽しいですな。

いや~、さっきのマツダ3のディーゼルよりこっちのガソリン(2.0L)の方がよっぽどノイズも振動も大きいよ。ルームミラーがプルプルしてるし。
エンジンの回り方まで緻密さを感じるマツダ3に対し、ロードスターRFは回り方がワイルドです。
アテンザに搭載されているのと基本的に同じエンジンの筈ですが、全然印象が違います。
アテンザではスムーズに軽く回る気がしましたが、ロードスターでは豪快な感じ。面白いなぁ。

すっかり雨も上がったので、途中で屋根を開けてもらいました。
e0045768_22234903.jpg
キャッハー! 気持ちいい!
頭の上を適度に風が吹き抜けていきます。車内への嫌な巻き込みは極小、よく出来ていますよ。
私が(もったいないな、と)エアコンを止めたら隣の営業マン氏、「オープン時でも意外と冷房が効くんですよ。」と。
少し蒸し暑い日だったのですが、確かに風量をそんなに上げなくても冷たい風が当たって気持ちいいです。贅沢しているようで(根っからのビンボー人なもので。)ちょっと胸が痛みますが、街中を走っている時は確かに効果的かも。
いや、実際買ったら街中では屋根、開けないな。

前に乗った1.5Lに比べるとエンジンはトルクフル、ATという事も相まってリラックスしたイージードライブとなりますが、それでもやはりロードスター、クルマとの一体感、操る楽しさは別格ですね。
e0045768_22295638.jpg
いいなぁ、コレ。でも高いんだよなぁ。このグレードだとウチのアテンザより高い。

ここでお暇し、会場を後にしました。
朝と帰りと雨が降らずによかった。

無料でしっかり楽しませてもらって、良かったですよ。

そう言えば最初の猿渡さんの講演の時、観衆の中になんか業界人っぽい感じの年配の男性がいて、質問の時でも長々しゃべっていたんですよね。
フシキさんとか言ってたなぁと調べてみたら、自動車評論家の伏木悦郎さんだった模様。
前の日の21日(金)が報道陣・業界向けだったそうなのですが、なぜ一般公開日に?
と思っていたら、インターネットにいろいろ出てきますね。

業界の暗部を指摘するような言動がもとで日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)を除名された、とかナントカ。前の日には顔を出し難かったのでしょうか。
まぁあの業界の持ちつ持たれつ馴れ合い度合いの酷さは昔からなんとなく聞いていたけど、なんだかなぁ。
ますます「日本カー・オブ・ザ・イヤー」も色褪せますな・・・。

※当日の様子を紹介している「モーターファン」サイト、私もちょっと写ってます。^^;

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-06-25 22:58 | | Comments(0)

サスティナブルZOOM-ZOOMフォーラム2019 in 横浜 ~ 前編

今日は沖縄「慰霊の日」
沖縄戦の組織的戦闘が終結したことにちなんでいるそうです。
組織的戦闘が終わった後も悲劇は終わらなかったんでしょうけどね。樺太しかり。

 ・・・

今日もカープは素晴らしい負けっぷり。
10回表で9失点って、ひど過ぎるだろ。怒るぞ、見に行ったお客さんは。ホームで3連敗じゃないか。
だいたい9回裏の1死1、3塁ってサヨナラのチャンスを生かせなかったのが悪い。
悪い時の広島打線って本当に淡泊で、勝とう、勝ちたいって気持ちが感じられない。

これで交流戦の最下位が決定ですか。
幸い巨人も今年は菅野がイマイチ、まだじゅうぶんに射程距離なので、また切り替えて頑張ってくらはい。

 ・・・

昨日はマツダのイベント「サスティナブルZOOM-ZOOMフォーラム2019 in 横浜」に行ってきました。

会場は横浜の子安にあるR&Dセンター。そんなところにそんな施設があったんだ。
開発は広島で行っているのかと思っていたのですが、違うんだ。

子安、毎日通過しているけど下りた事ないです。
JR新子安駅だと少し歩きそうなので、横浜駅で京急に乗り換え。
子安駅に止まるのは各駅のみ、3本に1本しかないのね。急行やら何やらを見送り、10分少し待ち。ホームのどこで待ってればいいのかルールがわからん。
e0045768_20281467.jpg
小さな漁船がたくさん係留してある運河を越えて首都高横羽線をくぐり、
e0045768_20282903.jpg
貨物線の踏切を渡って到着。なんか雨がパラパラしてきたな。降る予報じゃなかったのに。
まぁ、屋内のイベントなのでいいですが。
e0045768_20292716.jpg
新型マツダ3のセダンが並んでいます。おんなじ色。渋い。やっぱりグリルはメッキの方がいいな。ファストバックの黒っぽいのより。
ドアにナンバーが貼ってあるので、今日の試乗車でしょう。
(この後、実際に乗ったのはまさに一番手前の6号車でした。)

受付を終了し、すぐに試乗の申し込みをします。
まだ乗れていないマツダ3の1.5Lガソリンに乗ってみたかったのですが、10時過ぎの時点で既に夕方まで予約が埋まっていて断念。人気なのね。
という事でロードスターを申し込んだのですがこれも一番早い枠で15時。皆さん早いのね。

最初に参加したのは講演「マツダが考える人間中心の開発哲学とは」
マツダの製品本部本部長 猿渡健一郎さんです。
e0045768_20334536.jpg
この時は撮影禁止って言われなかったと思うのでけっこう撮っちゃったんですけどね、
次の人見さんの時は禁止って言われたので、アップはこれ一枚だけにしときます。

クルマの事を考える前に人間の体のつくり・動きを相当、考えているんですね。
だからマツダ車はどれに乗っても同じような自然なフィーリングになるんだなと納得。

「骨盤を立てる」というのがキーワードでしたが、最近スキーもバイクも基本姿勢がそうなっています。昔は猫背だったけど。
業界は違っても人間が中心である以上、基本・根本は同じになるんだなぁと興味深く。

アテンザの室内夜間照明は白に統一されており、見易いなと思っていたのですが、マツダ3では更に「白さ」の統一を図っているとの事。飽くなきつくりこみ。

続いてはシニアイノベーションフェロー(ってすごい役職名だな)人見光夫氏による特別講演「環境に対する内燃機関の役割~SKYACTIV-Xと内燃機関の将来展望」

猿渡さんともども以前に「日経ビジネスオンライン」の人気連載コラム『フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える』に登場していたので、TVで見た芸能人を実際に見たような感覚。
生の講演なのでオフレコっぽい過激な話が出てくるかと期待していたのですが、どちらも意外と真面目な話に終始して、少し肩透かし?でした。(勝手に期待する方が悪いのですが。)

人見さんの話もエンジンの話というより、もっとマクロな話が多かったですね。
地球上のCO2排出量を本気で減らそうと思ったら、電気をEVに使うのではなく、CO2排出量の多い火力発電、特に石炭火力を減らすために使うべき、というのが骨子でした。
あと「Well to Wheel」の考え方で、実燃費をベースに考えればCO2排出量におけるEVの優位性は実は無いんだよ、内燃機関はまだまだ改善できる余地があるんだ、と力強く語っておられました。

人見さんの講演に続いてはエンジンに関するクイズ大会。
初めの3問程度は全員正解のサービス問題、4問目?のエンジン出力の表記方法に関するクイズでようやく○×が分かれ、終了。私も含む正解者にはプレゼントが渡されました。
銀色の厚手のビニール袋に何やら固いモノが入っています。なんだろう?
e0045768_20533368.jpg
ばっ、バルブですか!? ホンモノ?
こげなモンもろうても、どないせぇっちゅーんじゃ・・・。

傘の燃焼室側に「54」という刻印がありますが、径は30mm程度です。どのくらいのエンジンのバルブなんでしょうね?

今のアテンザは4バルブ×4気筒で16バルブという標準的な構成。
今までで多かったのはFZR1000が5バルブ(吸気3・排気2)×4気筒で20バルブ、
少ないのはSL230がOHC単気筒で吸排気一つづつの2バルブ、ですか。
e0045768_21004455.jpg
SKYACTIV-X エンジンの展示。
手前のオイルパンみたいな箱は何だろう?

人見さん、燃焼のコントロールに非常に苦労したと何度も言っていました。
ガソリンとディーゼルのいいとこどりみたいなエンジンだそうですよ。早く乗ってみたい。

e0045768_21020558.jpg
まだまだ向上させる余地はある!という信念が伝わってきました。
e0045768_21025262.jpg
もう何がなんやら。

次の講演まで少し時間が空いたので、会場内をブラブラ。
e0045768_21035699.jpg
いつの間にか外は土砂降りの大雨。予報大外しじゃろ。(-_-;)
e0045768_21104481.jpg
レーシングカーの展示。レナウンカラーだけど787Bとは違うなと思ったら
e0045768_21112921.jpg
ロータリーの787Bが優勝した1991年の翌年に出場した、MX-R01という車種でした。
自然吸気の3.5L、V10エンジンはジャッドのものがベースだそうで620PS。
92年のルマン24時間では総合4位だったそうです。787Bの総合優勝があまりにも感動的過ぎて、次の年の記憶は全くない。^^;
e0045768_21161901.jpg
4位も立派な成績ですけどね。NA3.5LV10の高回転も聞いてみたい。
e0045768_21171876.jpg
こちらは2014-16年にアメリカ?のシリーズに出場していたという「LMP2 SKYACTIV-D Racing」。ディーゼルなんだ。
e0045768_21201114.jpg
続いてはマツダ3のチーフデザイナー、土田康剛さんによる講演「魂動デザインの深化とMAZDA3デザイン」
e0045768_21214511.jpg
会場はどこも冷房が効きすぎて少し寒かった。

土田さんはいかにもデザイナーと言った雰囲気の男前、モニターが使えなくなり、全てアドリブ対応というアクシデントにもかかわらず、堂々の話しっぷりでした。普段から社内のお偉いさん相手にプレゼンし慣れているんだろうなぁ。

講演の後は質問コーナー。
会場の聴講者から、「ファストバックのスポイラー部分はなぜボディ色でなく、黒なのか? また後方視界が悪そうだが、社内基準との兼ね合いは?」という(感じだったと思う)面白い質問が。
e0045768_21273762.jpg
この部分ですよね。

これはそもそも今回「ハッチバック」でなく「ファストバック」なのかの理由と同じで、ボディ色部分のルーフを視覚的に短くする事によりスピード感を狙っているそうです。
後方視界は確かに悪いが、SUVとは違うカッコよさを演出したいのと、後方視界の安全性についてはBSM(ブラインドスポットモニタリング)のような先進装備でフォローしたい、との事でした。なるほどね。この辺はスバルとの違いかも。
e0045768_21321824.jpg
展示されていたセダンはなぜか左ハンドル。白革内装は明るくていいな。
革の質感は悪くないけど、やはりウチのアテンザのナッパレザーには少し劣る感じ。
e0045768_21334177.jpg
左ハンドルでも足元のペダル配置は良好、左右対称に真っ直ぐ足を伸ばせて気分がいい。
e0045768_21333029.jpg
斜め後方の視界もファストバックよりはセダンの方が良好かも。

(続きは後編)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-06-23 21:51 | | Comments(0)

プジョー508の試乗

この週末は基本的にノンビリ過ごしました。

先週は土日で泊りのツーリング、少し疲れが残っているかなぁと思いながらも火曜日に献血をしたらダルさ増しマシ、今までこんな事は無かっただけに、歳とったなぁと実感。^^;

 ・・・

と言いながらもヒマだったので久しぶりにクルマの試乗に。^^;
カッコよくなったと評判の新型プジョー508です。
前にレガシィの乗り換え候補として308を試乗したディーラーさんへ、3年半ぶりの訪問。
e0045768_21213364.jpg
おぉ、なかなかカッコいいじゃないか。濃いめの赤もよく似合っています。
全長4,750mm×全幅1,860mmとアテンザワゴン(4,805×1,840)並みに大きなボディですが、今どき控えめな小さ目の顔のせいか車体色のせいか凝縮感があり、あまり大きさを感じません。
e0045768_21482951.jpg
タイヤサイズは235/45R18。アテンザより太くて小径。なんか妙にリムガードが出っ張っていて、引っ張り気味に見えるのは気のせいか。タイヤはミシュランのPILOT SPORT4。
e0045768_21281361.jpg
後もスッキリですが、コンビネーションランプの作りと光り方は奥行きが深く、高級感があります。
リアフェンダーはFRのようにたくましいブリスター形状。
e0045768_21295953.jpg
セダンのように見えてハッチバック。
私の初めてのクルマ、日産パルサー(N14型)みたいだ。
欧州車はBMW、アウディ、VWと今でもこのタイプのボディをラインナップしますよね。
e0045768_21334965.jpg
容量自体は不足もありませんが、ちょっと開口部が高いかな。
デザインより使い勝手を優先する向きには後で出てくるワゴンを、という事でしょう。
e0045768_21345528.jpg
床下には今どき珍しいスペアタイヤが。
イザという時の対応力はあるけど、収納スペースは減る訳で、そこをどう評価するか。
e0045768_21360089.jpg
BPレガシィみたいに右サイドにスピーカーが、低音用サブウーファーでしょうか。フォーカルブランド。
e0045768_21365206.jpg
これまた今どき珍しい、サッシュレスのドアウィンドウ。昔のレガシィみたい。Bピラーの太さは3倍くらいあるけど。
ドアを開けようとするとシュッとわずかに下がります。
e0045768_21381397.jpg
なんかスゴイ模様の本革シート、座ってみると気になる事も無く、座り心地は良好でした。
気になったのが電動での調整位置、私のポジションで一番前だった気がします。
男性としては小柄ですが女性含めもっと小さい人も普通にいるレベルな訳で、これで対応できるんじゃろか?
e0045768_21390337.jpg
プジョーお約束のメーターレイアウト。
e0045768_21405180.jpg
そして小さくて変形したステアリングホイール。
メーターパネルだけでなくセンターコンソールも高くてボリュームがあり、包まれ感が高い。
e0045768_21410997.jpg
308では操作系がほとんど全てタッチパネルなのが使い難くて致命的にイヤでしたが、508ではだいぶ物理スイッチが復活した模様で喜ばしい方向性。でも短い試乗では結局ほとんど触らなかったけど。

さてスタート。
普段、自然なドライビングポジションのマツダ車に乗っているせいか、508のペダルが左に寄っているのが気になりつつ。

今回の試乗車は2.0Lディーゼルターボ+8AT。
ディーゼルのノイズは車内では全く気にならず、1.6tを超えるボディを軽快に加速させます。

乗り心地はまずまず、特に気になる部分はありませんでした。
途中で営業マン氏がスポーツモード?に切り替えてくれました。
エンジンのレスポンスが鋭敏になり、乗り心地も固めになります。508に相応しいかと言うと、私は不要。

最初は違和感のある小さくて速いステアリングも少し走れば慣れてきますが、インフォメーションが薄めなのは残念ポイント。

自慢のフォーカルサウンドは実感できるほどボリュームを上げられなくて未確認です。

508、ブッ飛んだ内装デザインと操作系さえ受け入れる事ができれば、クルマそのものは実にまっとうであり、悪くないと覆います。(308の時も似たような事を感じたかな。)

ただ、508 GT BlueHDiの492万円、今回の試乗車はフルパッケージオプション65万!加算で約560万は高過ぎるよね。いくらカッコよくっても。

アテンザならディーゼルの4WDでも420万。安いなぁ、内容の割に安すぎるよ。
e0045768_22072334.jpg
さてアテンザに乗って帰りますよ。
古臭くも感じますが、開放感のある視界(BPレガシィから乗り換えた時は包まれ感があると思いましたが)と自然な操作感にホッとします。

とにかくどこにも尖った部分、不自然なところがないクルマです。
よくここまでまとめあげたものだと感心します。

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-06-02 22:20 | | Comments(0)

自動車税を納付

おぉ、今日もカープは勝利、これで9連勝!ヽ(^。^)ノ

大瀬良、やるなぁ。
ピッチングもですが、あの粘りの打席は黒田を思い出しました。

 ・・・

避けては通れぬこの時期のイベント、自動車税。
e0045768_22321873.jpg
アテンザ25Sが45,000円、NC700Sが6,000円の〆て51,000円也。やれやれ。

それにしてもバイクの方の鎌倉市、既にしっかり新元号対応。
無駄なところばっかり頑張るなぁ。他にやる事あるだろ。

役所も完全に西暦に移行すべきかと。血税を無駄な事に使うの反対。



by t_bow2002 | 2019-05-22 22:37 | | Comments(0)

G.W広島帰省、番外編その1 ~ アテンザの走行距離と燃費

GWに東広島まで走ったアテンザ、給油と燃費は下記の通り。

①区間
自宅→滋賀草津 458.2kmで35.00L、
燃費は13.1km/L、レギュラー単価は141円

②区間
滋賀草津→東広島 354.7kmで17.10L、
燃費は20.7km/L、レギュラー単価は138円

③区間
東広島→自宅 
e0045768_22305667.jpg
燃料警告灯を点けながらの768.6kmで50.59L、
GJアテンザ25Sのガソリンタンクは62L入るから、まだ10Lは残ってました。
残り走行可能距離が59kmと表示されていますが、だいぶ余裕をみていますね。
長距離ドライブならワンタンク800kmは走れそうです。

燃費は15.2km/L、レギュラー単価は142円。

①区間が悪めで②区間が以上にいいのはたぶん、滋賀草津の給油はセルフではなかったので、かなり継ぎ足しでギリギリまで入れたのでしょう。

トータルすると1,552kmの走行で102.69Lを消費、
均した燃費は15.1km/L。まぁ、こんなもんですかね。
ガソリン代は14,479円。高速代は請求が来てから確認するとします。

GJアテンザワゴン25S、長距離を走っても疲れにくく快適、いいクルマだと思います。
ディーゼルなら長距離はもっとラクかもしれませんが、
私はガソリンの軽く回る感じが気に入っています。



by t_bow2002 | 2019-05-12 22:44 | | Comments(0)

マツダ CX-5 25Tの試乗

今日のカープは大瀬良の完封勝利!ヽ(^。^)ノ
これでなんと7連勝!! 3位が見えてきたぞ。

長野サンも懲りずに走ってチョウダイ。

 ・・・

アテンザの定期点検中、ヒマなので試乗させてもらいました。
e0045768_21360192.jpg
アテンザは前に試乗したのと同じディーゼルで残念。
隣のCX-5は25Tとの事。
e0045768_21382533.jpg
ガソリンターボは乗った事ないので、こちらをお願いしました。
「ソウルレッドクリスタルメタリック」はウチのアテンザのより濃い。

今回も一人で乗せてもらえたので、たっぷり試せました。
e0045768_21394439.jpg
ウチのアテンザとよく似た眺め。目線は明らかに高いですが。
現行型のアテンザはカーナビの画面が大きくなって精細感も上がっていますが、CX-5のは前と同じ雰囲気。

エアコンの吹き出し口が低過ぎて、風向きをもう少し上向きにしたいのに、限界でした。
詰めが甘い。

2.5Lのターボエンジンという事で、低回転から実にトルクフル、ガソリンらしい軽やかさは保ちながらも力強く加速します。かと言って加速し過ぎる事も無く、まるで大排気量のNAエンジンのようです。流れを軽々とリードできて、こりゃ、いいや。

CX-5は2017年に現行型にフルモデルチェンジした時に試乗しているのですが、静粛性が向上していてワンランク上のクルマにすら感じました。アイドリングストップから復帰する際の振動・ノイズ・所要時間も少なくて快適。

なんか部分的にはマイチェン前のアテンザ(=ウチの)と下剋上な気がする。現行アテンザはもっと上に行ってるけどね。絶えず進化するマツダ。
e0045768_21564141.jpg
前に試乗した時の本革シートは表面の感触がツルツルのテカテカ、滑って質感的にもイマイチだったのですが、今回のはウチのアテンザ(25S Lパケ)のナッパレザー程ではないにせよ、ほぼ不満が無いレベルでした。
これも改良されたのか、もしかすると標準の本革にしてもナッパレザーにしても白の方がやや固め、黒の方がしっとり目な気もしないでもない。

少々、気になったのが乗り心地。
ちょっとした段差で突き上げられた際、車体にロール=横向きの動きが出て、頭が左右に揺さぶられて気分が悪い事がしばしば。

基本的にサスペンションのセッティングはウチのアテンザより固めな気がします。
重心の高いSUVで操安性を確保しようと思えば当然の事なんでしょうけど、今までCX-5に2度ばかり乗った時も、他メーカーの似たようなクラス(スバル・フォレスターや日産エクストレイル)に乗った時に意識した事なかったけどなぁ。

自分のアテンザワゴンに乗って帰りますよ。

うん、やはり低いポジション+適度な包まれ感で安心感があります。
乗り心地は明らかにCX-5より良好。サスもよく動いて、片側だけの段差でも車体が横に動かされる感覚はありません。

ターボに乗っちゃうと物足りないかと思ったエンジンですが、まぁ街中では不満も不足もありません。
CX-5 25Tもターボにしてはラグも少なくレスポンスも良好でしたが、やっぱり自然吸気の方が扱いやすい。

古典的なステーションワゴン+100%内燃機関という、今の日本では全く流行らない構成のクルマですが、アテンザワゴン、気に入っています。
e0045768_22270604.jpg
現行型の落ち着いた表情も悪くないけど、この型の方が躍動感とのバランスが取れている気がします。
えぇ、自分の故の贔屓目ですが。

(EXILIM ZR1600)


by t_bow2002 | 2019-04-25 22:26 | | Comments(2)

アテンザ、6ヵ月点検 ~ カタカタ音とマツコネ”Unknown”

おぉ、今日もカープ勝ったぞ!

 ・・・

週末、ウチのアテンザワゴン25Sの6ヵ月点検に行ってきました。

購入した店舗は整備スペースを工事中との事で、日野インター近くの別な店舗へ。
こじんまりしたお店でしたがお客さんの数は明らかに多く、賑わっていました。

購入から1年半でアテンザの走行距離は17,000km弱。
冬場のスキー通いで順調に伸びています。

走行に関する部分で特段の不調や気になる事もなく、基本的には快調・快適に乗れており、気に入っています。

以前から荒れた舗装でダッシュボード?グローブBOXあたり?から生じるカタカタ音の事を今回も告げたところ、ご丁寧に試乗までしてくれたようですが、再現しなかったとの事。ま、そんなもんだよんね。
e0045768_22443514.jpg
ETC配線の取り回しを変更してくれたそうですが、帰り道でやっぱりカタカタ言っちゃいました。

エンジンオイルも交換しましたが、購入時に「安心サポートパック」に入っているので、無料でした。これでGWも気分よく走れそうです。

もう一点、時々機嫌が悪いのがマツコネさん。
e0045768_22464871.jpg
アーティスト名、アルバム名が「Unknown」になっちゃう現象。

ネットで調べてみたら、けっこう「マツコネあるある」らしく。やれやれ。

もう一本のUSBメモリ、主にクラシック系の曲を入れている方の「再生可能なファイルがありません。」の件と合わせて伝えてみたのですが、
「音源データの種類や入れ方で色々ありますからね~。」と、こちらに関しては全く責任も感じていなければ解決する気も無さそうな反応でした。やれやれ。
ま、「Unknown」になっちゃっても聴けない事は無いんだけどさ。

(後日追記:クラシック系の曲を入れているUSBメモリ「再生可能なファイルがありません。」の件は解決しました。
メモリ内のファイルに問題があったようで、いったんフォーマットして入れ直したところ、今のところ聞く事ができています。クルマ側の問題ではなかったようで、失礼しました。)

関東マツダじゃなくて湘南マツダの方で買っとくべきだったか?
どうせ似たようなもんか・・・。



by t_bow2002 | 2019-04-24 22:55 | | Comments(0)

アテンザ、洗車と傷

NHK大河ドラマ「いだてん」が騒々し過ぎる。なんでいちいちバカでかい声出すのよ。
演技過剰、演出過剰のバカ騒ぎ、うるさくてかなわん。最悪。

 ・・・

同じようにクルマで人をはねて2人死なせても
長年勤めてきた路線バスの運転手は即逮捕で容疑者扱い、
元高級官僚は逮捕されずに自宅で任意の事情聴取で「さん付け」ですか。

いよいよ日本もすごい事になってきましたね。

 ・・・

久し振りにアテンザを洗車。
e0045768_20263865.jpg
e0045768_20264858.jpg
とにかく今年は花粉がひどい。こんな大量にいつまでも飛んでいた記憶が無い。
私は今までほとんど影響が無かったのですが、今年はさすがにクシャミ鼻水。
e0045768_20275352.jpg
ピッカピカ~♪
いつもより汚れ落としにいささか手間がかかりました。

精を出し過ぎたせいか、少し前から肩と背中が痛くて腕が上がり難くなってます。
単なる疲労ではなく、五十肩?

少し前なのですが、身に覚えのないキズを発見しました。
e0045768_20303648.jpg
ルーフ後端、リアスポイラーっぽいプラスチック部品と、隣のクオーターピラー。
けっこう深くイッちゃってます。やれやれ、何を当ててくれたんだか。
e0045768_20323223.jpg
少し前に買っておいたタッチペン。
こちらは割高という事も無く、普通の色と同じお値段でした。
e0045768_20370493.jpg
ま、こんなもんでしょ。
前のBPレガシィのニューポートブルー・パールの時はタッチペンの色合いがだいぶ違っていて(濃過ぎ)違和感がありましたが、これはイイ線いっているのではないでしょうか。
e0045768_20385334.jpg
コーナンに買い物に出かけました。
e0045768_20391737.jpg
気持ちよさそうに寝ています。
e0045768_20393924.jpg
暗くて落ち着くのかもしれんけど、重くないんじゃろか。
e0045768_20400466.jpg
仲良し♡

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-04-21 20:46 | | Comments(0)

アテンザ、スタッドレスからサマータイヤに交換

ピエール瀧のコカイン使用、残念ですね。
私にとっては「アナ雪」での雪だるまのイメージしかないのですが、最高に上手でした。

ここのところ多い、過去の出演作品についてもお蔵入りさせることに対しては、私は反対。

 ・・・

寒波ももう無さそうなので、アテンザのタイヤを交換しました。
e0045768_20422406.jpg
腰の調子がイマイチだったので、19インチのクソ重いタイヤ+ホイールには殺意すら覚える。(-_-;)
今住んでいるところはGLに倉庫があるので保管&交換もセルフでやってますが、今度引っ越したら無理だな。
e0045768_20462718.jpg
気になる排気系や下回りのサビ具合。ロワーアーム長いな。
e0045768_20464503.jpg
自分で防錆スプレーを吹いた部分と未施工部分の差が歴然。
e0045768_20480830.jpg
あんな方まで吹こうと思ったらウマに乗せるかピット跨がないと無理。
e0045768_20485478.jpg
スタッドボルトは割ときれいだけどハブが錆びてます。
e0045768_20495635.jpg
できる範囲でサビ落とし。
e0045768_20502824.jpg
真鍮ブラシ、そろそろ買い替えか。
e0045768_20504513.jpg
スタッドレス用のアルミホイール、ダンロップのDUFACT(デュファクト)DS9、ナットホイールが狭いので最初に車載のホイールレンチで傷をつけてしまった部分の塗装が剥がれ落ちてしまいました。最初からクロスレンチで対応するんだったなぁ。
e0045768_20523353.jpg
空気圧を確認、補充。地味に面倒。
e0045768_20530942.jpg
2シーズン使用したスタッドレスタイヤ、ダンロップ「WINTER MAXX 02(ウインターマックス ゼロツー)」の摩耗具合。
ショルダー部分はまだリブレットが残っています。
e0045768_20541340.jpg
一方でセンター部分のリブレットは無くなっています。
プロファイル・トレッド面が凸形状気味なんだろうか。
空気圧はちゃんと適正に管理しているので過剰ではありません。
e0045768_20580952.jpg
外したタイヤ、ホイールは水洗いして仕上げにワックスをば。
今まで使っていたのが無くなったので、こないだコーナンで買ってきたリンレイ「日本の半ねりJAPANワックス」
e0045768_20592399.jpg
「雨の多い日本の気候に適した日本製『木蝋』配合」
安かったのですが、こだわりを見せています。
e0045768_21010844.jpg
ホイールになぞワックス不要・ムダと言う考え方もあるとは思いますが、かけておくと汚れもつきにくいしついても落ちやすいので、私はかける派。

冬の間、濃いめに調整していたウォッシャー液もタンクに水を入れて濃度を薄めて、衣替え完了です。
e0045768_21070010.jpg
洗車もしたいけど、この花粉がひと段落するまではムダになりそうなので止めときます。




by t_bow2002 | 2019-03-17 21:13 | | Comments(0)

車のカタログを(だいぶ)処分

暖かくなったと思えばまた冬の寒さが戻ったり、なかなか風邪が治りません。
えぇ、花粉症じゃないですよ。(たぶん。)

 ・・・

溜まっていた車のカタログを整理、処分しました。
e0045768_22104266.jpg
収集癖があるので何かと集めて溜まりがちなのですが、いい加減、狭い部屋に対して限界。

だいたい私も女房も趣味のモノが多過ぎる。

 私:バイク・スキー・山歩き・車関係
 妻:テニス・生け花・山歩き・食器

更に本やらCDやら観葉植物の鉢やら、もう大変。^^;

車のカタログ集めは古くは学生時代に遡ります。
学生の分際でディーラーに行くのは勇気が要ったもんです。

就職・引っ越しの際に捨ててしまったのですが、スバルのSVXやマツダのユーノス500、プレッソなど、デザインが非常に優れていた車種のカタログは後になって捨てたことを非常に後悔しました。

でもやっぱりスペースが限界です。

これだけ捨ててもまだ同じくらい、あるんですけどね。^^;

また何年か後、引っ越す際にでも整理するとしましょう。


by t_bow2002 | 2019-03-14 22:21 | | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

田村直美「 N'」
at 2019-07-21 21:06
内田樹「街場の平成論」
at 2019-07-20 21:22
山口のご当地”柑橘系”ビール..
at 2019-07-19 22:55
焼酎「だいやめ」
at 2019-07-18 22:43
コーヒーの木の種を蒔いたり
at 2019-07-17 22:47

最新のコメント

> tomoe1991さ..
by t_bow2002 at 22:21
はじめまして 21日は..
by tomoe1991 at 08:03
> たか++さん あり..
by t_bow2002 at 21:59
いやっ、カープは11連敗..
by たか++ at 05:46
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 20:29
おはようございます、t_..
by たか++ at 08:08
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:32
こんばんは、t_bowさ..
by たか++ at 20:27
> out>in>out..
by t_bow2002 at 21:23
ご無沙汰しております。 ..
by out>in>out at 23:22

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ