人気ブログランキング |

<   2007年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

SL230 ~ フロントフォークブーツ補修

昨年秋に亀裂が入ってしまったSL230のフロントフォークのブーツ。

修理に出すほど致命的な故障じゃないし、とりあえずDIYでの補修をタクラミました。

接着剤がつくほどの“のりしろ”はないので、ビニールテープで貼り付ける事に決定。

フォークブーツは曲面形状なので、ビニールテープを小さく切って、少しずつずらしながら貼り付けていきます。

できあがりはこんな感じ。
e0045768_22354264.jpg

なかなかよくできた!ヽ(^o^)丿

と、思ったのもつかの間。
奥まった、フロントフェンダーの近辺は手が入りにくいこともあり、事前の洗浄とテープの圧着が不十分だったようで、早くもテープが浮いてきちゃいました…。(T_T)

しばらくダマシだまし使ってみて、また次の手を考えようっと。
by t_bow2002 | 2007-02-28 22:40 | バイク | Comments(0)

レガシィ ~ ボディカラー

相変わらず暖かいこの頃。
花粉だけでなく、既に中国からの黄砂も飛来している模様。
e0045768_222122.jpg

ボディカラーが濃いので、砂が目立ちます。

私の愛車、BP型レガシィ 2.0i B-SPORT LIMITED

車体色は「ニューポートブルー・パール」。
今回初めて「青系」のカラーを選びました。

初めての愛車、日産パルサーN14型 5ドア X1-Rは「赤」でした。
まぁ、積極的に赤を選んだわけではなく、中古車だったので色よりも車種や車体のコンディションを優先させた結果でした。
それなりに気に入っていたのですが、転勤に伴い田舎暮らしを始めると、この色が大きな支障になりました。
とにかく田舎で車も少ない土地柄、目立つ色の車に乗っていると行動が筒抜けです。
「お前、昨日○○○におっただろう。」「国道○号線で△□方面に走っていたろ!隣にいたのは誰だ!?」など、うるさい事この上ない…。

次に買った車、レガシィ セダン BD型 TS Type R では迷わず「目立たない色」に。

幸いというか、このグレードでは車体色の選択肢は少なく、白、濃い青、グレーメタの3色のみ。
この車を選んだ理由の一つが、スバルのこの広告写真のカッコよさでした。
e0045768_2216529.jpg

セダンらしい水平基調のボクシーなフォルム、ハイデッキ処理を際立たせる横一線のテールコンビネーションランプとガーニッシュ。
う~ん、カッコいいなぁ。今見てもしびれます。

よって、当然買ったのも白。

TS-Rでは残念ながらアンダースカートとボディサイドのプロテクターが黒の梨地でした。
当時はTS-Rなんて、廉価グレードの扱いだったんですね。
アンダースカートは諦めましたが、サイドプロテクターは同色に塗装してもらいました。

汚れ、特に水垢は目立ちましたが、キレイにしたときの満足感はひとしおでした。


次のレガシィ、BH型 TX-SⅡ(2)はシルバーメタリック。

ちょうど結婚前後で、仕事も職種が変わって公私ともども忙しかった頃です。
車に対する関心、愛情もちょっと低調気味だったですね。
このグレードも廉価版につき、車体色は気持ち少なめの4色、「白」「黒メタ」「紺」「銀」でしたが、迷わず汚れもキズも目立たないシルバーを選択。

このD型で登場した「プレミアムシルバーメタリック」はA~C型までの「アークティックシルバーメタリック」よりも光輝感が強い銀でした。
やはりD型で彫りが深くなったボンネットフードの造形とも相まって、洗車後は青みを帯びた陰影が深く出て、これまたけっこう満足感がありました。

ただ、塗装がちょっと弱かったようで、ボンネットの前部には石跳ねによる塗装の剥離が何箇所か生じていました。不幸中の幸い、錆びることはなかったのですが。
アルミボンネットの恩恵でしょうか?逆に塗膜が弱いのもアルミならではか??


さて今回の車選び、グレードはすぐ決まったのですが、車体色はけっこう迷いました。

BP-D型レガシィのボディカラーは全部で7色のラインナップ
白パール、黒メタ、銀、グレーメタ、濃いグレーメタ、青パール、紺パール、とモノトーンの充実振りがスゴイです。
逆に、今まであった緑系、赤系、奇抜なオレンジや黄色、などはありません。
やっとグレード間による格差が解消されてきたのはいい事ですね。

車を買ったのは広島スバルの「五日市店」ですが、車体色を決める日には「本店」で全色を実際に見て決めました。

白はやはり汚れが目立つのと、レガシィにパールホワイトは似合わないと思う(A~C型の普通の白の方が似合うのに。)ので却下。
黒は汚れも傷も目立ちそう+何より暑そうなので却下。
せっかく新車を買い換えるので気分を変えたい、のでシルバーも却下。
濃いグレーはちょっと地味なので却下。

残るは3色、薄い方のグレーメタと青系2色。

カタログ写真ではパッとしなかった「アーバングレー・メタリック」ですが、実車を見るとなかなか上品でいい感じ。
D型でちょっと派手になった外観がちょうどよく中和される感じです。

でも、ここんとこ10年「無彩色」ばかり乗っていたので、今度は色味が欲しくなり、ここで脱落。

青系2色は本当に迷いました。

濃い方の「リーガルブルー・パール」は本当に深い、艶のあるブルーで、景色の映り込みもキレイでホレボレします。
先に決めていた内装色のアイボリーとの相性も良さそう。
BP型になってルーフレールがBHまでの黒からシルバーになったのですが、こちらとのコントラストもいい感じです。
ただ、濃色はやっぱりキズが目立ちそう+暑そう…。

結局、D型のイメージカラーの新色、ちょっと明るめの「ニューポートブルー・パール」に決めました。
新しモノに弱いなぁ。

晴れているときは明るいブルー、暗いところではダークブルーと、かなり表情に幅がある色で、気に入ってます。
目論見どおり、汚れも目立ちませんし。

ただ、カタログの色はちょっと明るすぎますね。あんな「水色」ではないです。絶対。
e0045768_2335425.jpg

これ↑がカタログの色。一方、実物は薄曇りの天気で
e0045768_2343895.jpg

これくらいです。

購入を検討されている方、カタログだけで決めるのはちょっと危険かも、です。
実物を見てから決める事を強くお勧めします。
by t_bow2002 | 2007-02-27 23:18 | | Comments(2)

エコ? エゴ??

会社帰りにホームセンターでちょっと買い物。

一昨日なくなった、洗濯用の柔軟仕上げ材をお求めに。
(生活臭にあふれているなぁ。)

いつもはゴミを少なくするために(安くあげるためにも)、補充用のビニールパックのものを買うようにしています。

が、今日は隣においてある、プラスチックボトル入りの通常品の方が特売で安い!

う~ん、これじゃぁ詰め替え用を買うインセンティブが薄れますね…。
(詰め替える際、時々こぼすし。)

結局安さに負けてボトル入りを買ってしまいました。

エコへの道は遠い…。(~_~;)
by t_bow2002 | 2007-02-27 21:57 | Comments(0)

№31 スズキSX4

これまたひっさびさのチョロQ購入。
なんと3ヶ月ぶりです。

(だって欲しいのなかったんだもの。)
e0045768_22133162.jpg

スズキのSX4です。

スタンダードですが、なかなかの力作です!

ボディカラーのオレンジ、もとい「サンライトカッパーパールメタリック2」は艶やかだし、
ヘッドランプのシルバーとテール&ハイマウントストップランプの赤い塗装もばっちり、
フロントグリル、ルーフレールやバンパー下部~フェンダーエクステンションの黒い部分もちゃんと再現されています。
何より、フロントとリアのスズキのCIマークやフォグランプまでちゃんと塗り分けられているのが泣かせます。
やればできるじゃないか!!ヽ(^o^)丿

スタンダードの出来がいいと、本当に嬉しくなってきます。
by t_bow2002 | 2007-02-26 22:22 | choro-Q | Comments(2)

呉 ~ てつのくじら

ひっさびさにバイクを引っ張りだしました。
ちょうど2ヶ月ぶりになります。
バイクさん達、ごめんなさい。m(__)m

まずはVTR1000F(Firestorm)号。

いくら軒下でカバーをかけているとは言っても、だいぶホコリになっています。
エンジンがかかるか心配でしたが、2回目で無事、始動。
日本の工業製品は優秀です。

天気は薄曇、気温は8℃。
寒いので進路をは南にとります。

国道2号から31号へ。手がすっかりかじかんだ頃、呉市内に到着。
e0045768_21494279.jpg

ジャ~ン。でっかい潜水艦だなぁ。

この4月に開館予定の「海上自衛隊呉史料館(愛称:てつのくじら館)」
目玉の展示品、潜水艦「あきしお」です。

全長76m、重さ約2000トン。
すごいっす。

戦艦「大和」の10分の1模型ですっかり観光名所になった「呉市海事歴史科学館(大和ミュージアム)」の道を挟んで真向かいという場所がら、こちらもまたオープンしたら賑わうことでしょうね。またゆっくり来ようっと。

こんなものが活躍する時が、永遠に来ないようにしないといけませんね。


海辺に出てみました。
e0045768_2157501.jpg

川崎汽船の「HUMEN BRIDGE」とかいうらしい、これまた巨大なタンカー(?)が建造中。
戦艦大和が建造されたドックもあの辺りだったのでしょうか。

帰宅途中にガソリンスタンドに寄って給油。
95.2kmの走行で7.9リットル入ったので、12.0km/L。
レガシィのいい時と変わりません。(T_T)

家に帰って2台まとめて洗車。
e0045768_2231642.jpg

SL230は年末にバッテリーを交換したばかりなので一発始動!
日本の工業製品はつくづく、優秀です。

バイクも楽しいけど、やっぱりもう少し、スキーに行きたいなぁ。
by t_bow2002 | 2007-02-25 22:09 | バイク | Comments(0)

春の花

テレビではスキージャンプの中継をしています。
札幌、さすがに雪が多いなぁ。

あと何十年かしたら、「昔は広島でもスキーができたんだよ。」
なんて、昔話になってしまうのかもしれませんね。

--------------------------

わが家はすでに、妻が活けた花で春爛漫です。
e0045768_2055572.jpg


e0045768_20562550.jpg

これは「アネモネ」

e0045768_20564787.jpg

小さくて可憐な「コデマリ」

e0045768_2111441.jpg

「グラジオラス」


明日も天気は良さそうです。
久々にバイクでひとっ走りするかな?
by t_bow2002 | 2007-02-24 21:03 | Comments(0)

今日は夜から雨。
やっぱり雪にはなりませんね。

今日も暖かい一日でした。
昨日はさらによく晴れて暖かく、日中はコートがいらないどころか、
スーツの上着も手に持ってワイシャツで歩く人がそこかしこに。

温暖化も極まれりですね。

----------------------------

私の勤務先の会社、ちょっとしたお祝いでお花をいただきました。
白い胡蝶蘭と赤い洋蘭(名前不明)。

せっかくなので会社のデジカメで写真を撮りました。
e0045768_21184022.jpg

e0045768_2118417.jpg

照明が蛍光灯なので、ちょっと色合いがイマイチか…。

使ったデジカメはソニーの"サイバーショット"『DSC-P7
e0045768_21263614.jpg

(画像はソニーWebサイトより拝借)
もう4年以上、使っているものです。

画素数は320万、ISO感度は最高でも400とスペック的には完全に時代遅れですが、なかなか捨てたもんではありません。
コンパクトデジカメでは最近珍しくなった光学ファインダーがちゃんとついていて、屋外の明るいところで撮影する際には便利だったりします。
起動は遅いし、時々レンズバリアが開かなくなったりとだいぶくたびれてきましたが、まだ頑張って欲しいものです。
by t_bow2002 | 2007-02-22 21:29 | Comments(0)

テールランプの規制

しばらく前からマツダのアテンザのテールランプ(ストップランプ)が気になっていました。
e0045768_2248950.jpg

せっかくの4灯式ランプなのに内側は点灯していないんですよね。

どうも同じアテンザでも点灯する車両としないものがあるようです。
不思議に思ってネットで調べてみると、どうやら車両保安基準の改定により、平成18年1月の生産車両からは尾灯(スモールランプ)、制動灯(ストップランプ、ブレーキランプ)とも「2個」と規定されたとの事。
この規制に対応するためにアテンザの場合、内側の赤い部分はダミーになっていたんですね。
う~ん、なんだかなぁ。
機能が伴わないデザインというのは一抹の寂しさを感じます。

そういえばレガシィツーリングワゴン、BH型までは4灯だったのに平成15年からのBP型は2灯になっています。
単にデザイン的な変更かと思っていたのですが、実はこの法規制を先取りして対応していたのかもしれませんね。(たまたま?笑)


今回の灯火(操作含め)の規制は、国際的な基準の統一への流れの一環のようです。

根底には安全性の向上(後方から見て距離感をつかみやすくする、等)があるようですが、どうなんだろう?本当にそんな事で安全になるんだろうか??

幅の広い大型車や狭い車もあるでしょう。
それに後ろから見て距離を把握するときには確かに「幅」も大切な情報ですが、「高さ」もかなり判断に影響を与える要素だと思います。

これだけ多種多様な自動車が走る中、完全に統一なんかできっこないだろうになぁ。

むしろ、デザインの画一化を招くといったネガの部分も見逃せないと思います。
少し前のクラウンのでっかい3連ランプ。(う~ん、ゴージャス)
個人的にはちょっとパスですが、あれはあれで自己表現だなぁと思います。

複数のバルブがあれば一つや二つ切れても被視認性が確保できて、こちらの方がむしろ安全かもしれないですよね。

何はともあれ、テールランプを欧州基準に近づけるのもけっこうですが、
後部中央座席シートベルトの3点化やスタビリティコントロールなど、もっと重要な安全装備の内外格差解消も積極的に進めて欲しいもんです。
by t_bow2002 | 2007-02-21 23:23 | | Comments(0)

レガシィ ~ シート

今日も広島はスッキリしない天気でした。
2日間まるまる家の中にいると、不完全燃焼気味です。ブスブスブス…。

----------------------------

私のレガシィ、2.0i B-SPORT LIMITEDのシートです。
e0045768_2242661.jpg

運転席8ウェイパワーシート」が装備されています。

前のBH型TX-SⅡではリフターすらつかない、手動の前後スライドとリクライニングのみだったので、2階級特進です。笑

そんなの必要なのかな?と懐疑的でしたが、使ってみると便利ですね。
理由① ~ 小刻みに調整できる。
  手動シートだと、ベストな位置がノッチの刻みの間だったりして、妥協せざるを得ない
  ケースがありますが、電動だとベストな位置で止めることができます。
理由② ~ 走行しながら調整できる。
  これはあまりお勧めできませんが。
  走る道(一般道か、高速道路か、峠道etc.)によって微妙に位置を変えたいものです
  が、いちいち車を停めるのも面倒なもの。
  走行しながら微調整ができるのは思った以上に便利です。

しかし、いろいろ調整機能がついていれば良いシートかというと、そうでもないのが難しいところ。
8ウェイの調整+ランバーサポートを駆使しても、いまだベストポジションは見出せていません。
1時間も走ると腰に疲労感が溜まり、腰を捻ると「ボキボキッ!」と音が…。
う~ん、凝るなぁ。

前のBH型のシートは調整機構がほとんどないにも拘らず、私の体には合っていたようで、何時間走っても全く疲労感がありませんでした。

シートも奥が深いですね。


今回アイボリーの内装を選んだ理由の一つが、このシート生地の違いでした。

標準(?)のブラックインテリアのシートファブリック、どうしても腰が滑って前にずれる気がして、我慢できませんでした。
(腰を深く入れて座るタイプなので。)

ただ、アイボリーインテリアの試乗車は広島スバルにはなし。
実車で確かめる事はできず、カタログ写真だけで決めるという“賭け”的な選択でしたが、幸い、アイボリーは滑りにくいファブリックで成功でした。

あと、細かい不満点としてはヘッドレストの位置(高さ)調整。
もう少し、細かく調整できるようにノッチを細かく刻んで欲しいです。

あとは、この汚れの非常に目立つ色。
食べこぼしなどで汚さないように気をつけないといけません。
プレッシャーだなぁ。笑
by t_bow2002 | 2007-02-18 23:02 | | Comments(0)

スタッドレスタイヤ用アルミホイール

先日車と一緒に買い換えたスタッドレスタイヤ用のアルミホイールです。
e0045768_18212618.jpg

5本スポークを基本に、それぞれのスポーク中心にスリットが入ったデザイン。
デザイン的にはまぁ、こんなもんでしょうか。
マルチP.C.D対応のホイールは穴を隠すためにキャップが必要になるので、どうしても
安っぽくなりますね…。
ホイール単体で見ても、レガシィとのマッチング的にも、特に可もなく不可もなく、かと。
サイズはサマータイヤより1インチダウンの15インチです。

難点としては、細かい話ですがスリット部分の掃除がしにくい点。
布切れを細くして隙間に突っ込んでますが、なかなか汚れを取りきれません。

ブリヂストン製で、いっちょまえに“VAGGIO”なんて名前もついてます。
(公式HPはこちら

新車購入時のみのスタッドレスタイヤ(BS“REVO2”)とのセット割引で、けっこう格安に購入できて助かりました。
マツダのアテンザやアクセラにも装着されているのをよく見るので、BSがスバルだけでなく、マツダにも同様なキャンペーンを行っているんでしょうね。

前に使っていたスタッドレス用ホイールはよくわからないメーカーのものでした。
そのせいか、バランスウェイトはどっさり付いてくるし、そのうち空気漏れが生じるなど品質面での不満がありましたが、こんどはバッチリでしょう!と思いつつ、覗き込んでみると…、
e0045768_1834276.jpg

しっかり付いてます、オモリ君たち。(T_T)

大きい方が10g、小さいのが5gとあるので都合、35g
なんとか許容範囲でしょうか。
一応、軽点は合わせてタイヤと組んであるけどなぁ。
BSの名前は冠してもしょせんはローコスト品でしょうかね。

あぁ、この前の純正ホイール+ヨコハマDNA db ES501の組み合わせで実現した
「バランスウェイト『ゼロ』」の精度が懐かしい。
by t_bow2002 | 2007-02-17 19:05 | | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

芋焼酎「 山猪(やまじし)2..
at 2019-10-20 21:06
日帰り用ザック、カリマー「セ..
at 2019-10-19 21:58
熊谷達也「相克の森」
at 2019-10-18 23:32
口呼吸テープ「おやすみブリー..
at 2019-10-17 23:04
安曇潤平「黒い遭難碑 山の霊..
at 2019-10-16 22:34

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:22
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:32
> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:43
6年前の8月にイタリアに..
by ししとー at 05:47
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:51
こんにちは、t_bowさ..
by たか++ at 18:26
> ししとーさん ソニ..
by t_bow2002 at 21:30
私の場合、2年目に値段が..
by ししとー at 22:09
> ししとーさん お久..
by t_bow2002 at 20:50
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:14

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ