<   2018年 10月 ( 37 )   > この月の画像一覧

パッチョ・ムンク

今日はカープ、いいとこ無しで負けちゃいましたね・・・。

切り替えて明日ガンバレ!

 ・・・

今日で10月も終わり、明日からは11月です。

こないだの土曜から上野の東京都美術館で「ムンク展」が開催中。
e0045768_22023578.jpg
(画像は美術展公式サイトより拝借)

今日で終わっちゃいましたが、職場で使っている東京ガスの卓上カレンダー、10月は
e0045768_22035771.jpg
「叫び」風な。笑

偶然なのか? それとも知ってて合わせたのか??



by t_bow2002 | 2018-10-31 22:06 | Comments(0)

10/28、NC700Sで茅ヶ崎里山公園へ

日本シリーズ、今日から博多。
いい試合してたけど、遂に岡田がソフトバンクのデスパイネに一発くらっちゃったな・・・。

と諦めかけていたら安部のまさかの満塁ホームランで1点差!
これでまたわからなくなった、スゴイ試合だ。

 ・・・

10/28(日)、朝からいい天気でしたが少し風邪気味だったのと、まだ片付けもあり、遠出はせず。
NC700Sで茅ヶ崎里山公園に散歩に行ってきました。
e0045768_21415924.jpg
やけに賑やかだと思ったら、「里山公園まつり」開催中。
e0045768_21451494.jpg
何やらキャラクターも。
e0045768_21453633.jpg
ジャンボかぼちゃの重さ当て。
e0045768_21464346.jpg
ネコちゃん、こんにちは。
人が多くて嫌気がさしていたのか、逃げられちゃいました。
e0045768_21473737.jpg
ツワブキ
e0045768_21485880.jpg
小川の水たまりでメジロちゃんが水浴び中。
e0045768_21493563.jpg
シジュウカラも登場。

いつもは本気っぽいオジ様たちが占拠しているのでニワカは参加しにくいのですが、この日は一人おられるだけだったので後ろからお邪魔にならないように眺めます。
e0045768_21495022.jpg
ワラワラとシジュウカラが集まってきました。
小鳥カワイイ。次は一眼レフに望遠レンズつけて行くかな。
e0045768_21523192.jpg
カエルもたくさんいました。里山公園いいところ。
e0045768_21533280.jpg
やっぱり今年は枯れ方が汚い。台風の塩害か。
e0045768_21541223.jpg
シュウメイギクも最後かな。
e0045768_21543990.jpg
イナゴ君ゲット。
e0045768_21545617.jpg
e0045768_21590829.jpg
キタテハ
e0045768_21595338.jpg
マルバルコウ。カワイイけど外来種らしく。

と写真をパチパチ撮っている間も
e0045768_21594464.jpg
イナゴ君は私の指でまったり落ち着いてます。そんなに気に入った?

こうなったら連れて帰るかと思っていたら、まんまと指にウ○チを・・・。(-_-;)
ご退場いただきました。
e0045768_22032826.jpg
コスモスが満開!
e0045768_22035143.jpg
色とりどり。 ウチのはまだ咲かないけど。
e0045768_22043401.jpg
台風にもやられなかったようで、何よりです。
e0045768_22050879.jpg
e0045768_22051599.jpg
e0045768_22053109.jpg
e0045768_22053967.jpg
e0045768_22054776.jpg
ゴメンナサイネー。
e0045768_22060992.jpg
オッサン、戻ってきやがった。
e0045768_22062812.jpg
まぁ、ほっとくか。
e0045768_22065130.jpg
眠いし。
e0045768_22070394.jpg
またね~、バイバイ(^_^)/~

途中の無人販売で買った水菜(100円!)をNC700Sのトランクスペースに入れて帰宅。
暑くも寒くもない、最高の季節ですね。

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-10-30 22:16 | Comments(0)

OKストアの格安ワインを飲んでみた

目覚ましが鳴った時間はまだ暗くてほとんど、夜。
セットした時間が違ってたんじゃないかと、二度寝しそうになりました。

自宅を出た時は気温もヒンヤリ、今日からの冬物スーツがちょうどよかったです。
(15分歩いて駅のホームについたら体が温まって少し暑かったけど。)

 ・・・

OKストアの格安ワインを買ってみました。
e0045768_22353768.jpg
なんと379円!(税抜)

うん、メルシャンのマークが入っているだけあって、普通に飲める。驚異のコスパ。

OKストア、近くになくてめったに行かないので、今まではカートのシステムがわからずに使ったことなかったのですが、WEBサイトで勉強して理解したので、次はカート使ってたくさん買ってみよう。笑



by t_bow2002 | 2018-10-29 22:40 | Comments(0)

10月21日(日)、石割山

昨日は昼前から晴れても蒸し暑かったですが、今日は湿度も低く、爽やかな秋晴れでした。

 ・・・

日本シリーズ第2戦は広島が快勝!ヽ(^。^)ノ

昨日は延長12回引き分け、両チームで投手15人という壮絶な試合でした。
広島がいい形で千賀の立ち上がりを攻めて先制したものの、イヤな形で同点に追いつかれ、その後どっちもチャンスを作るものの得点に結びつかないという重い展開が最後まで続きました。

ソフトバンクもいいチームですね。甲斐キヤノンすごい。
レギュラーシーズン優勝の西武には気の毒だけど、やはり広島とソフトバンクが実力的には日本一決戦な気がします。

 ・・・

10月21日(日)、3年ぶりの石割山に行ってきました。
e0045768_21260295.jpg
雲一つない好天、富士山がよく見えます。この時期にしては雪の量が多いな。
e0045768_21292264.jpg
静岡県道147号→山梨県道730号で「山中湖 パノラマ台」へ。
やっぱり富士山の雪が多い。3年前と全然眺めが違う。

でも周囲の紅葉は3年前の方が進んでいて、自然って面白いもんだな。
寒さは前と同じくらい、サムイ。風もあって長時間はいられません。
気温は6度。体感的には氷点下でした。

ここまでの途中の明神峠に至る急坂ワインディング、前のBP5レガシィ2.0iでは4ATの1速-2速間のギアが合わずに大苦戦でしたが、6ATのGJアテンザ25Sではストレスなく駆け上がる事ができました。
タイトな上りコーナーではFF故、トラクションがいっぱいいっぱいな雰囲気もありましたが、私のペースではトラクションコントロールが発動する事も無く。
でも車体サイズはやっぱり大きいですね。基本的に思った通りに動く、よく出来たクルマですが、やはりワインディングで一体感を味わえる限界は間違いなく越えちゃってます。

5:40に出発して2時間ちょうどの7:40、石割神社の駐車場に到着。
e0045768_21275290.jpg
なんとマツダ×3。新旧CX-5に挟まれるアテンザ。
e0045768_23041033.jpg
手前から奥へ、マツダデザインの変遷がよくわかります。躍動感から落ち着きへ。
e0045768_21401002.jpg
さらに向かいにもう一台、いたりします。マツダ祭り状態。
e0045768_21410743.jpg
まずは途中からちょっとヤバかったトイレを済ませ^^;、クルマの中で持参したオニギリで朝食。
7:50、ソウルレッドな(?)鳥居をくぐり、歩き出します。
e0045768_21465471.jpg
さて403段、ガンバロー!

息が上がらない程度のペースに抑えて上って行くうち、体がジワジワ温まってきます。
全身の血の巡りがよくなっていく、この感じがとても好きです。

上りは好きだけど下りはキライ。膝が痛くなるし、技術的にも下手なので滑って転んだりするし。
e0045768_21543305.jpg
尾根筋に出ると傾斜も緩くなり、快適な山歩きを楽しめます。
風も爽やか、気分は最高。
e0045768_21553333.jpg
e0045768_21555049.jpg
3年前より紅葉の進みは明らかに遅いです。
e0045768_21563563.jpg
8:30、石割神社に到着。
e0045768_21574482.jpg
e0045768_21575303.jpg
相変らず狭いな。
e0045768_21581564.jpg
巨石を見上げて。

お参りして一息入れた後、再び歩き出します。
e0045768_21593670.jpg
時おり富士山がのぞきます。
e0045768_21595430.jpg
倒木をぶら下がるようにしてクリアするツマ。

今回は倒木が本当に多かった。
片付けてある木もありましたが、処理が追いついていない感じ。
台風の影響なんでしょうね。

体をかがめてザックの背中を木に擦りながら潜り抜けるケースもありました。
そんな状況だと背中のポケットがメッシュ素材のザックだと引っかけたり、最悪、破いちゃうリスクもあるなぁと改めて感じた次第。
(ちなみに今回は新しく買ったカリマー・リッジではなく、古いミレー・ハイカーとのお別れハイク。^^;)
e0045768_22111749.jpg
いい木だなぁ。
e0045768_22121834.jpg
e0045768_22125895.jpg
e0045768_22135784.jpg
9時前、山頂(標高1413m)に到着。

3年前と比べて、周囲の紅葉は進んでいないのに富士山だけは冬山状態。
e0045768_22182822.jpg
右が北岳で左が間ノ岳でしょうか。あちらも冠雪した模様。
e0045768_22232595.jpg
ファナックの工場、今日安倍総理がインドのモディ首相を連れて視察したそうで。
うん、経済政策だけ、しっかりやっといて。

ここまでの道では温かくもなく寒くもなく、ちょうど良かったのですが、ここの山頂はやっぱり北風が吹き抜けて寒い!
今回も記念撮影だけしたら退散です。

平尾山方面に下ります。
e0045768_22272665.jpg
急斜面のあたりがリンドウ街道でした。
e0045768_22275416.jpg
すごい蕾の数!
e0045768_22281257.jpg
こちらは咲いてます。
e0045768_22425324.jpg
この区間も登山道は傷んでおり、土が流れてしまって本来のルートから外れたところを歩かされる事しばしば。
e0045768_22433331.jpg
9:40、平尾山に到着。本日の目的地です。
ここは温かくて快適、荷物を下ろして休憩にします。
e0045768_22431565.jpg
途中のコンビニで買った菓子パン+お湯を沸かしてドリップコーヒーで。
山で淹れて飲むコーヒーは格段に美味しい。
e0045768_22470246.jpg
富士山、今年は登ろうと思ってルートの選定までしていたのですが、盆休みに肝心の天気がイマイチで断念(弱)。
e0045768_22480535.jpg
山中湖にはヨットが。
e0045768_22482157.jpg
朝通ったパノラマ台の辺り。ススキヶ原もピークにはもう少しか。

そろそろ帰りますか。
e0045768_22490161.jpg
今年はキノコの当たり年らしく、そのせいかキノコ採りで遭難する人も増えているとか。
e0045768_22500886.jpg
e0045768_22501635.jpg
ヤマボウシの実。食べられるらしいですが、ちょっと遠くて手が届かなかった。^^;

11時前に駐車場に戻ってきました。
少し物足りないけど、眺めもよくて快適な山ですね。

帰りは国道413号「道志みち」で。
e0045768_22535974.jpg
道の駅は相変わらずの賑わいですが、かろうじて待たずに駐車場に入れました。
さすがに川遊びの季節は終了ですね。

さっきパンを食べてお腹もすかないので休憩と買い物(クレソン他、野菜類)をして出発。

途中で国道が土砂崩れだそうで通行止め、北側のダムを経由する迂回路に回されました。
道幅が狭くて普通車どうしても離合できないような部分もあります。
よく晴れた休日という事も相まって交通量は大目、向こうから来たクルマとタイミングや呼吸が合わないと、離合でけっこう、てこずります。
e0045768_22571737.jpg
崩れた部分の復旧、相模原市のWEBサイトによれば、けっこう時間がかかりそうです。

道志みち、信号が少なくて走りやすいけど、最近は交通量が激増で事故やら変なのも増えたし、ここが復旧するまではしばらく遠慮するかな・・・。
30年前は一部にダート(非舗装)も残る、秘境的裏道だったんだけど。(遠い目)

(山中はK-7+シグマ18-200mm+C-PLフィルター、その他はEXILIM ZR1600)


by t_bow2002 | 2018-10-28 23:17 | 山歩き | Comments(0)

山用ヘッドライト、誤作動点灯で電池を交換

4年前に購入したモンベルのヘッドライト、
e0045768_22161504.jpg
9月に苗場山に行ったあと、帰宅して後片付けをしていたらスタッフバッグの中で点灯しているのを発見。右のオレンジの方です。

あちゃ~、やっちまいました。
ザックの中で何かがスイッチに触って誤作動した模様。

各点灯モードも全て点くし明るさも落ちている気もしないのですが、どのくらい前からスイッチが入っていたのか、電池の消耗が気になるところ。
e0045768_22231452.jpg
100円ショップ(セリア)でバッテリーチェッカーを買ってきました。
e0045768_22242757.jpg
単4のエネジャイザー3本入り。

防水のパッキンが細くてフニャフニャ、歪んでいて頼りない。こんなんで大丈夫なのか?
e0045768_22251592.jpg
3本中の2本は「多」エリアまで針を振り上げるのですが、
e0045768_22254530.jpg
残る1本は、ほとんど反応なし。
1本だけ完全に切れちゃってるの? でもそれにしては問題なく点灯するんだけど。
電気に詳しい人、教えて。

3本入っているけど、もしかして直列ではなく2本+1本が別系統の並列つなぎなのか?と思って1本抜いたパターンを色々試してみましたが、点かない。やっぱり直列つなぎだよね。

なんか腑に落ちないけど、山で使おうという時に使えないのもイヤなので、新品のアルカリ電池に全て交換しておきました。

だいたいスイッチが押しやす過ぎるんだよね。
出っ張っていて軽いタッチでスイッチが入って。使いやすいと言えばそうだけど。
もう一つの安い方がまだ適度に押し難くて、実戦的。

使う時までは電池を抜いておくという向きもいるようですが、暗い中で電池を装着するのも面倒だしねぇ。

そんな事を考えていたら、最近の新しい製品はちゃんと進歩していて、誤作動を防ぐために消灯状態からはダブルクリック操作でないと点灯しないようになっている模様。
(モンベル、現在の同等品はこちら

新しいのはいいなぁ。でもわざわざ買い替えるのももったいないし、ライトをケースに入れて持ち歩くくらいなら予備電池×3本の方がまだ軽いし、ガサ張らない。
当面、予備電池で対応するとします。



by t_bow2002 | 2018-10-27 22:43 | 山歩き | Comments(0)

NC700Sのエンジン冷却水(クーラント)を交換

いい天気でしたね。
秋の日差しが眩しいくらいで、仕事サボって遊びに行きたかった・・・。^^;

 ・・・

NC700Sのエンジン冷却水(クーラント)を交換しました。
e0045768_21533256.jpg
まずはアンダーカウルを取り外します。
e0045768_21544125.jpg
左右一か所ずつ、六角穴付ボルト(キャップボルト)で固定されています。
こちら側は隙間から冷却水のリザーバータンクが覗いており、レベルが確認できるようになっています。見難いけど。
e0045768_21551378.jpg
六角棒スパナ(ヘキサゴンレンチ)、すっかりマーキングも消えていますがKTC製。
バイクに乗り始めた頃に購入したものなので、もう30年ですな。^^;

本当は早回しができる、長い方がボールポイントになっているのが欲しかったのですが、当時はお金も無かったのでKTCのベーシックグレードのものばかり(ドライバーだけはベッセル)で必要最小限、買い足していったものです。
壊れやしないしプラスドライバーのように摩耗もしないので、結局ずっと使い続けている次第。^^;
e0045768_22015954.jpg
左右のボルトを外したあとは、カウル側の4ヵ所の突起が車体側のゴムの受け(グロメット)に差し込まれているので、アンダーカウルを左右に広げつつ、前方に抜き取るような感じで取り外します。
e0045768_22054544.jpg
e0045768_22061489.jpg
草や泥がこんなところまで入り込んでいて汚いな。(あとで洗い流しました。)
並列2気筒エンジンなのですが、エキゾーストポートがシリンダーヘッド内部で集合してから出てくる作りなので、まるで単気筒のような眺めです。
e0045768_22060776.jpg
触媒。排気管が90度に方向転換なのが気になるけど、まぁどうせ回らんエンジンだし関係ないか。

さてドレンボルトは・・・、
e0045768_22103942.jpg
アレか。 角度を変えて真下から見ると、
e0045768_22110709.jpg
あそこね。だいぶ奥です。
e0045768_22113352.jpg
てれれれってれ~♪ (ドラえもん風に)

T型レンチ(10mm)の登場。
e0045768_22151143.jpg
これでバッチリ。長過ぎて地面に干渉する事も無く、ベスト。素晴らしい。

ラチェットも当時は高くて買えず、結局これも買わずじまい。^^;
e0045768_22153623.jpg
無事に外れました。
冷えてる時に抜いたのでアチチになる心配はありません。
このワッシャー、本来なら新品に交換っぽいけど。
e0045768_22185984.jpg
ドレンボルトを外してもクーラントは落ちてきません。

なぜかと言うと
e0045768_22193034.jpg
ラジエターキャップをまだ開けていないから。

NC700Sのラジエターキャップ、なんでこんなに錆びるのよ?
キャップの外側は少々錆びても機能的には問題ないだろうけど、この前側についた小さなボルト(ビス)、これが外せないとキャップも外せんのよ。

見るからにナメそうで怖いので、最初にCRC5-56を吹いといて浸透待ち。
e0045768_22212253.jpg
さすがに1番のドライバーは持っていないので、眼鏡のビス締めに使っている精密ドライバーセットを持ち出しました。
e0045768_22220022.jpg
ピッタリ合うけどね、やっぱり固くて、力が入らんドライバーでは全く緩まない。
e0045768_22223967.jpg
私が絶大な信頼を寄せているベッセル「メガドラ」@2番の登場。

前座として同じくベッセルの木柄貫通ドライバー(年代物)にご登場いただき、カンカンと叩いておきました。
e0045768_22254119.jpg
「ネジをガッチリとらえて離さないNEWジョーズフィット」、これならイケる気がする、頼むぜ!

絶対なめない様、押し95:回し5位の感じで、無事に外れました。やれやれ。

それにしても1番プラスとかマジ止めて欲しい。
ネイキッドタイプでキャップが露出しているので、イタズラ防止なんでしょうか。
e0045768_22271645.jpg
ラジエターキャップを外した途端、シャーッ!と気持ちよく放尿排出されます。
e0045768_22280668.jpg
オイルフィルターにも排気の触媒にも廃液がかからない、絶妙なコントロール。見習いたい。

古いクーラント、2012年秋の新車購入時から6年、無交換でしたが、汚れとか劣化は見たところ感じられませんでした。キレイに透き通っていて濁りもない。泡も間もなく消えたので、蛋白も漏れていない健康体。
少し何かのカスみたいのが排出されたくらい。サビでは無さそうです。
まぁ6年経ったけど走行距離(=運転時間)は伸びていないし、こんなもんでしょうか。
このペースだとクーラントの交換は最初で最後でしょう。
e0045768_22322791.jpg
最初に取り外したアンダーカウル内側に配置されているクーラントのリザーブタンク、こちらの中のも抜きましょう。ここの10mmボルトだけで留まっています。
e0045768_22340442.jpg
上下のホースは外さないでもタンクをずらす事ができ、ひっくり返して中身を捨てる事ができます。

本当はここでラジエターやエンジン内部を上からホースで注水してジャブジャブ洗った方がいいのでしょうが、都合により割愛。^^;

ドレンボルトを締めて新しいクーラントを注入します。
e0045768_22355998.jpg
実は1年前に買っておいたクーラント。
コーナンで買ったCCIというブランドのもの、希釈済みなのでそのまま使えます。2.0L入り。
e0045768_22365689.jpg
NC700S(MT)の冷却水容量は1.69L。2Lあれば十分でしょう。

プラ製の注ぎ口がついているので、漏斗がなくてもこぼさずに注ぐことが出来ます。
e0045768_22375601.jpg
いったん口いっぱいまで注いだ後に車体を揺らすと空気がコポッ!と抜けて水面が下がるので、再度継ぎ足したりして。
e0045768_22385109.jpg
リザーブタンクの方はアッパーとロウワーの間まで注入。抜く前はLOWERギリギリだった気がします。
サイドスタンドでこの辺りにしておくと、車体を水平に起こすとちょうどUPPERになります。(取説に依れば冷却水もエンジンオイルも車体水平状態で合わせるとの事。)

最後にエアー抜き。
e0045768_22393261.jpg
このエアー抜き穴ボルトも奥まっているので通常のメガネレンチでは届いても回せません。
e0045768_22415378.jpg
持っていると思い込んでいた8mmのT型、実は12mmだったのに気づき、慌ててコーナンまでアテンザで買いに行ったのは内緒ですが。^^;
KTCのは取り扱いが無く、藤原産業製。店頭在庫ラスト1点。危なかった・・・。
e0045768_22413180.jpg
レンチは短めだけどボルトは長ーい。

エンジンをかけると間もなく
e0045768_22463092.jpg
クーラントがタラ~リと。
完了という事でよろしいでしょうか?先輩。

次に走った時にレベルを確認しておこう。

アンダーカウルを装着する前に、エンジンをウェスでざっと拭き拭き。
e0045768_22481095.jpg
クランクケース表面の黒塗装が剥げちゃいました。ヤレヤレ・・・。

ホースを元通りに取回してアンダーカウルを取り付けて終了です。
e0045768_22484842.jpg
フロントフォークも腐食なのか、白い点々が。これでもだいぶ擦って落とした後の状態。
e0045768_22492643.jpg
サイドスタンドのリターンスプリングも錆びが進行中、切れる前に交換しとかないとダメか・・・。来年の車検の時かな。

VTR1000FファイアーストームもSL230も10年以上、乗ってもこんな事にはならなかったのに、やっぱりNC、耐久性的な品質レベルは低い気がするなぁ・・・。

(EXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-10-25 23:26 | バイク | Comments(0)

みやざき地頭鶏(じとっこ)「てげてげ」@伊勢佐木町

今日の「秘密のケンミンSHOW」でも紹介されていた「鶏の炭火焼き」、
先日、横浜関内で食べてきました。
e0045768_21423504.jpg
てげてげ。
間違って隣のお店に入らないように要注意。

前回は2016年5月だから、2年4か月ぶりの訪問。もうそんなに経ったのか。早いなぁ。
ちなみにお店のサイトはこちら
e0045768_21441140.jpg
e0045768_21441912.jpg
e0045768_21443280.jpg
炭火焼はコレ↑
e0045768_21490996.jpg
e0045768_21450002.jpg
e0045768_21450891.jpg
今回もまた、料理も焼酎も美味しかったです。

(EXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-10-25 21:49 | Comments(0)

アテンザのワイパーゴム交換

ウチのアテンザ・ワゴンも納車以来、はや1年を過ぎました。
相変らず快調で気に入ってますよ。

トラブルと言えばナビ中のマツコネが一回だけフリーズしたくらい。

拭き取りが特に悪化した感じもまだありませんが、ワイパーのゴムを交換しときました。
e0045768_21452227.jpg
相変らず無駄にデカい段ボールで届きます、アマゾン。
e0045768_21455408.jpg
やれやれ。
e0045768_21461445.jpg
しかも同時に購入したのにリア用は別便という。
e0045768_21464381.jpg
フロント用、NWBのDW60GNとDW45GN、それぞれ1,020円と900円。
前のBPレガシィ用、標準装備のより高いけど、途中で交換したフラットタイプのよりは安い。
e0045768_21475249.jpg
後ろ用は同じくNWB製のTN30G 、800円也。

さて交換。今回は後ろから。
e0045768_21512875.jpg
グリッと回すとアームから外れます。
e0045768_21515947.jpg
古いゴムを引っ張って抜き取り、新しいものをはめ込みます。
新しい方には金属の薄くて細長い板が付属しています。
e0045768_21532757.jpg
慎重に挿し込んでいっても、どうしてもこうなります。気にせずに最後まで嵌めこんでから爪で直した方が早い。
あとは取り外す時と逆にアームにセットして終了。

次にフロント。
e0045768_21563019.jpg
最初にこのカバーを引き起こす必要があります。
私は爪でこじ開けちゃいましたが、けっこう固いのでマイナスドライバーとかあった方がいいかもしれません。

あと念のため、アームがガラスにぶつかって不幸な事にならない様、雑巾を敷いときました。
今のクルマのフロントガラス交換ってすごく高モノにつきそうだし。
e0045768_21585447.jpg
このカバーさえ起せれば、あとは普通にU字クリップ状なので簡単に外せます。
e0045768_21594741.jpg
外したワイパーからゴムを抜き取ります。
e0045768_22001632.jpg
e0045768_22002586.jpg
方向性があるな。逆でも機能的には問題ないかもしれないけど、間違えない様に覚えておくか。
e0045768_22005764.jpg
さっきの後ろ用と違い、前用の方には金属板が付属していないので、古い方から外して継続使用する事になります。
e0045768_22020071.jpg
GJアテンザのワイパー、外側は流線型っぽい形状ですが、中にはトーナメント型に近いような樹脂製の支持部品があります。
「デザインワイパー」というタイプになるのでしょうか? 機能的にもトーナメント型とフラットタイプの中間っぽい感じ?
e0045768_22040908.jpg
この切欠きの非対称性には意味があるんだろうか?
わからなかったけど、とりあえず同じ向きに取り付けておきました。
e0045768_22050366.jpg
完了です。
アテンザのワイパーは常時丸出しタイプ。うん、高級感ナシ。笑
その代り作業性は良好。写真を取りながら、初めてなので慎重に作業しても15分ほどで済みました。

ワイパーも基本的には「オート」にしっ放し。
時々手動で動かしたり止めたりもしますが、まずまず任せられるレベルかと。



by t_bow2002 | 2018-10-24 22:26 | | Comments(0)

ザックはカリマーのリッジ40に決定

中国に対してまだODAって続けてたんだ。

このほど終了だそうですが、驚き。
就職して自立して自分より稼ぐようになった子供に小遣い与え続けてた、みたいな。

 ・・・

ザックはカリマーのリッジ40にしました。
e0045768_21501605.jpg
新色のスチールブルー。
最初は地味かと思いましたが、見ているうちにコレもいいかと。アラフィフのオジサンだしね。汚れも目立たなそうだし。
サイズは3つあるうち真ん中のタイプ2。
e0045768_21535219.jpg
上下気室の仕切りはドローコードで締めるタイプ。
ここはミレーのファスナーの方が良かったですが。
e0045768_21562351.jpg
細かい話ですけどね、ミレーのサース・フェーは妙にバックルが固くて気になりました。
軽く操作できるリッジのはニフコ製。日本の会社です。
ちなみにカリマーは英国発。その語源は「carry more=もっと運べる」って、ムリ。
e0045768_22040565.jpg
余ったテープがブラブラしないように留めておけるループ、これまた細やかな気配りです。
e0045768_22050118.jpg
サイドのワンドポケット、サース・フェーに比べると浅目で、ボトルが納まるか心配でしたが、コンプレッションベルトがちょうどいい位置にあるので、これなら落とす心配なさそうです。
ヨメさんのオスプレー・カイト36は非常に浅く、下を向くとかなりの確率でボトルがこぼれ落ちます。
(まぁそもそもが長モノ受け、ボトルをメインに考えていないのかもしれませんが。)
e0045768_22101402.jpg
標準装備のレインカバーはお尻の専用スペースに収納されています。
ここが一番、合理的な気がします。一度濡れた後にしまっても気にならないし(雨蓋ポケット収納はこの点、気になる)。
鮮やかなブルーで良かった。暗い色だとただでさえ雨で気分が沈むし。
e0045768_22132942.jpg
チェストストラップのバックルがクリップタイプなのは許容するとしても、両方外れる必然性は理解できない。無くしそうだよ。
e0045768_22144590.jpg
今までのミレー・ハイカー38と比べて収納力はいかに?
e0045768_22152787.jpg
本体にも余裕があるし、雨蓋ポケットはほとんど空。一眼レフを入れても余裕ありそう。
次は三脚も持って行けるかな。
e0045768_22174157.jpg
グレゴリーのZULUやドイターなどの背中がメッシュになっているタイプほどでないにせよ、割と背中がカーブしています。
もう少し下のコンプレッションベルトを締めて上目に使った方が重心が下がらず&離れずにいいかも。

古いミレーはゴミに出しました。お名残惜しいけど。
2006年の秋に鳥取の大山に登る際に(慌てて)購入したものです。
何もわからずに広島のアウトレット店で安く買ったのですが、使いやすくて良い買い物でした。アリガトウ。
e0045768_22344636.jpg
ファスナーの引き手が
e0045768_22350237.jpg
光を反射する工夫がされていたりと、安かった(13,650円から3割引で9,489円)のに細かいところまで手抜き無しで。

そうそう、割引と言えばカリマーのイントレピッド、
定価は¥25,920円とけっこう高いのですが、今なら公式サイトで¥20,736 (税込)と2割引き!

レインカバーが付属していませんが、この値段なら別途購入してもお釣りが来ます。
既に色・サイズによっては品切れになっているようですので、欲しい方はお早めに。



by t_bow2002 | 2018-10-23 22:47 | 山歩き | Comments(0)

山のザック選びもいよいよ山場

朝晩は寒さを感じるくらいになりました。
寒さよりも朝の暗さがイヤ。

 ・・・

最近何かと話題(男の子が行方不明・自転車逃走犯)の周防大島、
今度は本土側と結ぶ唯一の橋に船が衝突し、断水になっているとか。

外国船、当て逃げだそうで。ヒドイ話。

 ・・・

新しいザック選びも佳境です。
いつもそうですが、買い物はどれにしようかと迷っている時が一番、楽しい。
e0045768_21285301.jpg
グリーン×ネイビーブルーのツートンカラーが魅力的なのは
ドイター「エアコンタクトライト40+10」。
e0045768_21302874.jpg
ショルダーハーネスの取付位置を上下に動かして背面長を調整できる仕組み。
背負うと何か、背中がビシッと伸びる感じ。悪くはありません。
e0045768_21325479.jpg
腰ベルトのポケットが左右とも、メッシュ。
何でかなぁ。片方は普通の生地にしてくれれば雨で濡れないのに。設計思想が理解できん。
20,500円が1割引きなのは助かるけど、見送り。

今までのミレー・ハイカー38みたいな、ファスナーでガバッと開く、パネルロード式のは今はないのかと思っていたら、ちゃんとありました。
e0045768_21382767.jpg
ミレーの「クンブ」シリーズ、35Lと45L。
(このクンブだけ写真はメーカーサイトより)
e0045768_21421129.jpg
ほれ、ガバッと。
e0045768_21423434.jpg
パネルローダーですがトップリッドっぽい大きなポケットには一眼レフも入るという、まさに私向けのモデルかも。45Lは2気室だし。

でも実際に背負ってみたら、腰ベルトの作りが今一つ、頼りない。
山を歩く事よりも収納性や出し入れの容易さに重点を置いたモデルですね。明確に。
これはこれで存在価値はあるけれど、同じ値段ならサースフェー40+5だろうなぁ。今回は。
e0045768_21481980.jpg
オスプレーのストラトス36
e0045768_21554014.jpg
こないだのグレゴリーZULU40みたいに背中がメッシュで通気性の良いタイプ。
でも背負い心地はZULU40の方が上だったな。
e0045768_21574315.jpg
同じくオスプレーのケストレル38。
ヨメさんが使っているカイト36の男性用版です。
e0045768_21583577.jpg
ストラトスより汎用性の高い位置づけのモデルのようですが、どうもこの背面の素材がお気に召さない。

モンベルのザックも似たような作りだったような。
モンベルも「チャチャ」「キトラ」を試してみましたが、どちらもどうにも腰が決まらず、肩で背負う感じになってしまい、ダメでした。体型との相性もあるんでしょうね。

モンベルにするならこれかなぁと思ったのは「キトラパック 40」、2気室モデルです。
e0045768_21240065.jpg
この色はなかなかカッコいい。濃いグリーンだけだと地味っぽいけど、オレンジの差し色がいいアクセントで。

「ダークマラード」って色だそうで、「マラード」って何だ?
e0045768_21310338.jpg
マガモの意味だそうです。ナルホドねぇ。 ダークというか、青みが濃い気がするけど。
(マガモちゃんの写真はサントリー「日本の鳥百科」サイトより拝借。)

話がそれました。
オスプレー、色々多機能なのに似たような大きさで他メーカーより2割くらい安く、コスパ最高なんですけどね。
一度買えばまた10年使うだろうから、少々の金額の差で妥協しても仕方ないし。
e0045768_22061205.jpg
あっ、カリマーの「イントレピッド」があるじゃないか!
最近どこでも全然、店頭に置かれていなかったのに。

久し振りに背負ってみると、確かに内部にフレームが回された腰ベルトは歴然としっかりしていて頼れる感じだけど、前に感じたほどダントツ感はないかも?
e0045768_22090572.jpg
背負い心地が良ければ、フロントジッパーもあるし、1気室なのは我慢するかとも思いましたが・・・、
e0045768_22102933.jpg
独特の斜め開きフロントポケットは大容量。薄手の上着くらいは難なく入りそう。

上級モデルの位置づけなので、生地も丈夫でコーティングの耐久性に優れるというのも魅力。
e0045768_22121749.jpg
左のリッジでも背負い心地は悪くないし、それなら細かい使い勝手で気に入った方でもいいかも。
形はリッジが丸っこくてイントレピッドは四角っぽく、イントレピッドの方がカッコいいか。
e0045768_22133503.jpg
2気室モデルだと、やっぱり最後はリッジとサース・フェーの対決。
あぁ、結局は定番モデル同士で、面白くもなんともない選択だ。

写真ではわかり難いですが、サース・フェーの方がスリムでスッとした縦長のプロポーションでカッコいい。
色もミレーの紺は地味というよりシックな感じ、生地の質感も落ち着いて上質です。
e0045768_22162847.jpg
背負い心地は甲乙つけがたいレベル。もう好みでいいんじゃないでしょうか。

私が重視する、腰ベルトのポケット。
e0045768_22172943.jpg
絶対的な容量としてはサース・フェーの方が大きいです。特に背負って左側は折り畳みを拡張すると相当、入りそう。
でも改めて背負って開け閉めしてみると、開くときはスムーズに開くことが出来るのですが、閉じる際に妙に生地が引っ張られてしまい、片手では一発で閉められない事がしばしば。
e0045768_22195332.jpg
リッジの方はマチが薄いですが大きさ自体は不足の無いレベル、何より開け閉めがスムーズでストレスが無い。
e0045768_22213997.jpg
サイドのメッシュポケットもサース・フェーの方が明らかにデカい。
500MLのペットボトルが完全に納まるサイズですね。リッジはコンプレッションベルトも使えば何とか、といったところか。
e0045768_22235116.jpg
リッジの正面ポケットは真ん中にファスナー。+左右にもあり。
e0045768_22271387.jpg
サース・フェーは片側サイド部にあるだけ。ここはやや物足りないか・・・。
e0045768_22292797.jpg
リッジなら色は鮮やかなカリマー・ブルーかA・グリーンと思っていたのですが、どちらも売り切れだそうで。
オレンジはパス、いっそ地味目にいくなら、生地がイントレピッドと同じになる「リミテッド」の濃紺にするかと思ったら、こっちも売り切れだそうで。

やっぱりこの時期になるとお値段的には特典があっても、選択肢は狭まりますね。

(続きはWEBで!) ←バカ

(もう一回、お付き合いください。)


by t_bow2002 | 2018-10-22 22:51 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
読書
未分類

最新の記事

川島良彰「コンビニコーヒーは..
at 2018-11-15 22:43
池上彰「世界を動かす巨人たち..
at 2018-11-14 22:28
11/11(日)AM、NC7..
at 2018-11-13 22:41
ヤマハ「歴史車輛デモ走行見学..
at 2018-11-12 23:13
ズボンの裾上げテープ
at 2018-11-11 21:56

最新のコメント

> bitiさん やっ..
by t_bow2002 at 22:20
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 22:15
(^^;確かに、もうこの..
by biti at 13:52
いゃぁ~!!これは羨まし..
by biti at 13:42
> bitiさん こん..
by t_bow2002 at 21:39
85年行きました、鈴鹿へ..
by biti at 22:49
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:25
おはようございます、t_..
by たか++ at 08:57
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:03
おはようございます、t_..
by たか++ at 06:39

以前の記事

2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ