人気ブログランキング |

<   2019年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

NC700S、3回目の車検を終了、あと任意保険更新

消費増税前夜、定期券売り場は長蛇の列。ご苦労でござる。

 ・・・

阪神が意地を見せて6連勝し、カープは4位に転落が確定。(+o+)
こうなったらタイガース、この勢いでCSも勝ち上がってくだされ。

 ・・・

NC700S、3回目の車検を通しました。
あっという間の7年だったなぁ。まだ買い替えるつもりはありません。
NCのまったり具合が今の私にはちょうどいいので。

バイクを受け取った後、せっかくなので近所をひと回り。
久し振りに「小雀公園」に向かいました。
e0045768_22242179.jpg
運動広場、えらい荒廃しちゃってます。
だいぶ使っていない雰囲気、どうしちゃったんだろう。
(→グラウンドの陥没対策工事が予定されており、利用休止だそうです。)
e0045768_22274598.jpg
ウチのNC700Sをブチ倒した9月9日の台風15号による強風、公園にも被害をもたらしていたようです。
e0045768_22295622.jpg
e0045768_22301285.jpg
自然の力は恐ろしいですね。
e0045768_22304003.jpg
e0045768_22304971.jpg
e0045768_22305651.jpg
この向こうに彼岸花が咲いていたのですが、柵から先は保護区につき立ち入り禁止。

コスモスが少しだけ咲いていましたが他には見どころも少なく、蒸し暑いし蚊には刺されるしでイイ事ないので小雀公園は切り上げました。
e0045768_22332478.jpg
e0045768_22341016.jpg
彼岸花は龍寶寺に咲いていました。
e0045768_22365941.jpg
無事にハンドル交換が終了したNC700S、帰宅後にブレーキ&クラッチレバーの位置を微調整して好みの位置に戻します。
e0045768_22381300.jpg
バーエンドもピカピカ。
なんだか不自然で嫌だけど。せっかく全体が枯れてきたところだったのに。
e0045768_22385789.jpg
2年ごとのブレーキフルード交換も。カチッとしたタッチが戻りました。

少し気になる点も残りました。
e0045768_22394139.jpg
NC700Sは前側左右のウィンカーが平時は車幅灯的にスモール点灯しているのですが、ウィンカーをキャンセルした後、しばしば反対側が点灯しなくなります。
バイク屋さんで指摘され、確かに店内では再現しましたが、その後走っているうちは再現せず。

スイッチの接触が悪くなっているのでしょうね。走行中はエンジン回転とともに電圧も上がるので症状が出ないのかも。
でも7年で電気系の劣化というのも早い気がする。
サビの早さと言い風の強さと言い、やっぱり停めているところが風の通り道になってるんだろうなぁ。しかも海を渡ってきて塩を含んだやつ。やれやれ。
e0045768_22562124.jpg
台風でビリビリに破けた車体カバーも買い換えました。
なんだかんだで2万円くらいの被害額じゃ。台風。

任意保険も更新しました。
2輪のネット系は扱いが少ないし、少ない中で比べてももともと安いので大して変わらんし、前回と同じくチューリッヒで継続。1万円しませんでした。前回とほぼ同じ。

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-09-30 22:55 | バイク | Comments(0)

イタリア旅行その7、4日目後半 ~ フィレンツェ

うわ阪神勝ってるし。いよいよ奇跡の大逆転か。広島ヤヴァーイ。

 ・・・

まだまだ続くイタリア旅行記、ピサの斜塔の後はフィレンツェ市内へ。
e0045768_19044735.jpg
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。のすぐそばのレストランでまずは腹ごしらえ。
e0045768_19064841.jpg
平たいパスタ。美味しかったです。
当地ではメインとなる肉料理の前菜としてパスタを食べるんですよね。
しかもけっこうボリュームあるし。
イタリア、全般的に料理のボリュームは平均的日本人にとっては多め。
e0045768_19144142.jpg
そして肉。フィレンツェ風ステーキ「ビステッカ・フィオレンティーナ」
炭火焼の風味が豊かで、これも美味しかった。
e0045768_19164935.jpg
ドゥオーモ周辺でフィレンツェの歴史をガイドさんから解説してもらいました。
向かいの「天国の門」の復元には日本企業が尽力したそうで。
e0045768_19204489.jpg
e0045768_19213352.jpg
e0045768_19223157.jpg
e0045768_19225323.jpg
ドゥオーモは眺めるだけで通過、
e0045768_19260465.jpg
ヴェッキオ宮殿のそばのシニョリーナ広場へ。
e0045768_19235201.jpg
ネプチューン像。 あの噴水の出ドコロが気になる・・・。
e0045768_19301964.jpg
ナルホド。でもあのニョロッとしたのも気になるが・・・。
e0045768_19310885.jpg
有名人のダヴィデ像、こちらのはレプリカだそうです。本物は市内のアカデミア美術館に移設されています。
頭と手が大きめなプロポーションなのは、頭と手を使って敵(ゴリアテ)に勝利した事を現しているとか。
e0045768_19341868.jpg
ヴェッキオ宮殿とウッフィッツィ美術館の渡り廊下。

近くのお土産屋さんでトイレ休憩。
フィレンツェは皮革製品も名産。お勧めされた一枚革のコインケースはよくできているけど、私は使わないしなぁ。
ブックカバーで気に入ったものがあれば買おうかと思いましたが、不要な柄が入っていたりで気に入ったのがなく、断念。
e0045768_19374521.jpg
ウフィッツィ美術館に入場。
e0045768_19402535.jpg
どこへ行っても上ばかり見て首が痛い。
e0045768_19412890.jpg
チケットにも使われている初期ルネッサンスの名画、フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」。えぇ、撮影OKなんです。太っ腹。
e0045768_19424610.jpg
ボッティチェリ「春(プリマヴェーラ)」、本物です。
e0045768_19444699.jpg
みんな知ってるボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」も!
e0045768_19454788.jpg
e0045768_19455678.jpg
深紅の壁とドームが印象的なこの部屋には入れません。
e0045768_19470161.jpg
並行した二つの建物を渡り廊下でつないだ「コ」の字型になっているので、アルノ川の際まで来てUターン。
e0045768_19481775.jpg
ドゥオーモが見えます。
e0045768_19484067.jpg
ヴェッキオ橋。
e0045768_19485382.jpg
人がこぼれ落ちそう・・・。
e0045768_19561478.jpg
この屋根の色がイタリアっぽい。
e0045768_19492732.jpg
天才、ダ・ヴィンチの思いが込められた未完の大作。
e0045768_19502056.jpg
ミケランジェロの「聖家族」、壁画以外の絵画としては唯一の作品だそうです。
これも現代の目で見ると退屈な絵にしか見えませんが、当時としてはずいぶん挑戦的、アバンギャルドな作品だったとか。

ルネッサンス期の絵画、正直言って今まではあまり興味がありませんでした。
(ポスト印象派、フォーヴあたりが好き)

でも今回、本物の絵をガイドさんにいろいろ説明してもらって初めて、その意義や良さが理解できた気がします。
なんでもやっぱりその時代背景や文脈と合わせて観ないと、位置づけがわかりませんね。

しっかり見たい向きは引き続きガイドさんが下のフロアも案内してくれるそうでしたが、ウチは他に見たい、行きたいところがあったのでここでリタイヤ。ちゃんと途中下車できる出口がありました。
e0045768_19570264.jpg
再びドゥオーモの近くに戻って、
e0045768_19572442.jpg
西方面へ向かいます。
(ドゥオーモの鐘楼にも登って上から街並みを見下ろしたかったのですが、予約も無いし時間も無いしで断念。)
e0045768_19583220.jpg
こんな道路の上で絵を広げて売るなよ、うっかり踏んづけたらどうすんだ?
と思ったら、それが作戦だそうで。上ばっかり見てるとトラップに引っかかりますよ。
e0045768_19594013.jpg
e0045768_19594886.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
e0045768_20051278.jpg
の近くにある
e0045768_20020433.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局へ。
世界最古の薬局だそうですが、現在では薬というより香水や化粧品がメイン。
日本人?の店員さんがいて大変助かりました。
e0045768_20032866.jpg
私は化粧品より専ら、素晴らしい建物に興味。(撮影はお断りしてOKでした。)
e0045768_20042626.jpg
e0045768_20043759.jpg
e0045768_20044425.jpg
ウチの前にお会計していた韓国美人?、気前よく買ってたなぁ。
「美」にかける投資額が違うらしく。

そろそろ帰路につきましょう。
宿が少し離れている都合上、集合時間に間に合わないと連れて帰ってもらえんので。
e0045768_20075571.jpg
薄ーい。
e0045768_20085709.jpg
アルノ川まで戻ってきました。
e0045768_20081502.jpg
夕日を受けるヴェッキオ橋。
e0045768_20092827.jpg
反対側は夕焼け。
e0045768_20100353.jpg
e0045768_20104567.jpg
橋の上、両側には宝飾品店が並んでいます。
なんでも創建当時はお肉屋さんなどもあったのですが、においが宮殿まで流れてくるので高貴な方の評判が悪く、ご法度になったとか。
e0045768_20132734.jpg
この日も見物を欲張っていたら食事をゆっくり楽しむ時間も無くなり、
e0045768_20143869.jpg
またもファストフード店のピザ。まぁ安くておいしいし注文もラクで間違いなくていいんですが。ちなみにヨメがラッパ飲みしているのは赤ワインではなくてコーラ。
e0045768_20150963.jpg
暑い中よく歩いたのでビールが美味しいこと。
イタリアのビールはだいたいサッパリめの味わいで飲みやすいです。
違う銘柄でもう一本頂きました。
e0045768_20161481.jpg
広場のメリーゴーランド。
e0045768_20164175.jpg
空がいい色です。
e0045768_20165743.jpg
無事に集合場所に到着。
e0045768_20171996.jpg
このシャレた時計屋さん、帰りにもう一度ゆっくり寄りたかったのですが、タイムオーバー。
e0045768_20180254.jpg
ピサの斜塔(カバン置いていたのでスマホ携帯せず)を抜いても21,739歩。
よく歩きました。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-09-29 20:36 | Comments(0)

イタリア旅行その6、4日目 ~ ピサの斜塔

おぉ、ラグビーW杯、日本が強豪・アイルランド相手にまさかの勝利!
全く興味ないので全然見ていないのですが。(^^;

ところで会場になっている静岡は袋井のエコパって、去年の秋のヤマハ「歴史車輛デモ走行見学会 2018」の駐車場で使ったところだな。

 ・・・

イタリア旅行の4日目、9/15(日)はピサの斜塔です。

フィレンツェから高速道路でピサに向かう途中、「ルッカ」という町の手前で古い水道橋が見えます。
e0045768_22343650.jpg
紀元前に作られたローマの水道橋に比べると新しいですが、それでも19世紀だそうです。
ナポレオンの妹であるエリザ・ボナパルトがここら一帯を統治していたこともあるそうで。

少し離れた駐車場でバスを降り、歩きます。
e0045768_22485529.jpg
だいぶ我慢してるらしく。
e0045768_22492473.jpg
折り畳み式テントのようなお土産物店舗が並んでいます。アルベロベッロの街並みみたい?
e0045768_22505250.jpg
この城壁を抜けると
e0045768_22522141.jpg
斜塔のある「ピサ大聖堂」に出ます。ピサの斜塔というのは聖堂の鐘楼なんですね。
e0045768_22535779.jpg
うわ、マジで傾いてるな。
e0045768_21021710.jpg
反対側から見てもやっぱり、傾いている。
e0045768_21023799.jpg
もう見ているだけで気分が悪くなってきそう。

予約の時間まで撮影タイム。
e0045768_21031842.jpg
支えるバージョンと
e0045768_21034509.jpg
押してるパターン。なぜか足元を駆け抜ける犬。(◎_◎;)
e0045768_21041338.jpg
塔に入場する際には手荷物はロッカーに預けなくてはなりません。
e0045768_21044288.jpg
ここの柱も世界のアチコチから分捕ってきた戦利品じゃろうか。
e0045768_21054683.jpg
いざ、行かん。
e0045768_21065874.jpg
床が傾いており、足を踏み入れた瞬間、めまいを感じてフラッとします。
4度近く傾いているそうですが、相当なものです。

えぇ、私の撮る写真もよく傾いており、ブログにアップする前に補正することがありますが、せいぜい2度くらい。
人間の感覚というのはけっこう鋭敏なものです。
e0045768_21123479.jpg
暗いし傾いてるし狭いし階段は擦り減っていて滑るし。
e0045768_21185326.jpg
人数制限で正解です。人の重みで傾くことは無いでしょうけど。
e0045768_21202323.jpg
お~、いい眺めだ。と思いながら一周したら、もう一段上がありました。
e0045768_21210828.jpg
今度こそ最上部♪ と景色を眺めていたら突然、耳元で轟音が! なんと鐘が鳴りだしました。



鼓膜がジンジンする音量でした。
(Wikipediaによると鐘の音はスピーカーから流されているとか。マジか(+o+)
そう言われて録画をよく見ると、確かに内部の「舌」と言われる、ぶら下がった部品が動いてない・・・。)
e0045768_21232419.jpg
e0045768_21233375.jpg
e0045768_21234567.jpg
e0045768_21235582.jpg
街並みがキレイです。そろそろ降りましょう。
特に時間制限とかは無かったです。
e0045768_21242801.jpg
降りる途中でヨメが足を滑らせ、ズルっとしたところで上がってきた女性が思わず「危ないっ!」と日本語で。
関西からお見えになった日本人旅行客でした。(^^;
e0045768_21275137.jpg
お土産物のレモンチェッロも傾いてるし。飲む前から酔いそう。オエッ
e0045768_21281559.jpg
世界中から訪れた観光客が思い思いに記念撮影をしています。
e0045768_21284881.jpg
このくらいでした。
e0045768_21291937.jpg
こちらの聖堂の中にも入れたのですが、時間切れで残念。
e0045768_21325310.jpg
ドンキもビックリの圧縮陳列。

この後はバスでフィレンツェに戻りました。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-28 21:50 | Comments(0)

朝吹真理子「きことわ」

広島カープ、絶対に負けてはいけなかった最終戦、負けてるし。(+o+)

 ・・・

文化庁、あいちトリエンナーレで補助金の全額不交付を決定、ですか。

もうこの国は間違いなく全体主義、復古主義に向かってますね。
こないだの「ふるさと納税」の騒ぎにしてもそう。国家権力に逆らうとこうだよ、と。
カネは出しても口は出さないのが文化芸術の振興、国家パトロンの役割じゃないの?

若い人たちが「それでもいい、現政権支持」と言うなら、先にいなくなる中高年がどうこう言っても仕方ない気もするけど、気づいたときには遅いのかもよ?

 ・・・

朝吹真理子「きことわ」
e0045768_22333077.jpg
この人の小説は初めて読んだけど、いや~、よかったな。

こんな表現、言葉が日本語にあったんだ!という驚きの連続、実に豊かな言葉の世界。
久し振りにストーリーと関係なく、文章・言葉を純粋に味わい、楽しむことができました。

この文章そのものを楽しむ感じ、それ以外は違うかもしれないけど、川上未映子さんにも通じる気がします。

優秀な部下クンはビジネス書を読み漁っているそうですが、ダメな上司は小説三昧。(^^;



by t_bow2002 | 2019-09-27 22:40 | 読書 | Comments(0)

千福「もみじ吟醸」、この世界の片隅に ver.

帰り際になって部下クンの仕事にミス発覚。
明日必要な資料だし本人は外出でN.Rのため、残業してフォロー。
チェックが不十分、上司の責任と言われればその通りですが、人のやった仕事を本気でチェックしようと思うと、最初からやるのと同じくらいの時間がかかると言っても過言ではありません。難しいなぁ・・・。

 ・・・

今日はイタリアの話はお休み。

少し前に銀座の広島アンテナショップ、タウで買ったお酒をいただきました。
e0045768_22193451.jpg
「この世界の片隅に」

ジャケ買いならぬ、ラベル買いです。
(音楽はダウンロードする世代には「ジャケ買い」なんて言われても、わかんないんだろうなぁ・・・。)

中身は呉は三宅本店の「千福 もみじ吟醸」
美味しかったですよ。


by t_bow2002 | 2019-09-26 22:24 | Comments(0)

イタリア旅行その5、3日目 ~ ベネチア市内観光(後半)→フィレンツェへ

9月も末なのに蒸し暑い。

9月も末なのにカープのAクラス=CS進出も決まらない。
カープが残りの1試合に負けて4位の阪神が3試合全部勝つと逆転だとか。マジかよ。
なんか危なくなってきたな。優勝どころかAクラスも危うい。

 ・・・

10月から消費増税との事で、駅の定期券売り場は行列。

私のは更新はまだなのですが勤務先に定期代を請求する月なので増税後の金額を「NAVITIME」で確認したところ、なぜか同額で値上げ無し。

そんな事ないだろうと他のサイトで調べたらちゃんと増額されている。

しっかりしてくれよ、ナビタイム・・・。

 ・・・

イタリア旅行、3日目となる9/14(土)、ベネチア市内観光の続き。
e0045768_21361273.jpg
ガラス工房を後にし、名所「リアルト橋」に向かいます。
ちなみに観光地にある公衆トイレは有料。1€とか1.5程度。
飲食店やお店を利用すれば無料で使えます。
e0045768_21371293.jpg
ゴンドラが行く運河越しにサン・マルコ広場の大鐘楼が。
e0045768_21375099.jpg
小さ目の広場に出ました。人が多いな。近くまで来た感じ。
e0045768_21385398.jpg
あちらのようですね。しかし人が多い・・・。
e0045768_21393660.jpg
あまりの混雑で少しずつしか前に進めません。スリに気を付けないと。
e0045768_21401121.jpg
写真を撮るのも順番待ちです。
e0045768_22211132.jpg
いい眺めですが日差しが強く、暑くて長居はできません。次の人が待ってるし。
日陰となる橋の反対側に移動。
e0045768_21420677.jpg
反対側の大運河。
e0045768_21432091.jpg
どこを切り取っても絵になります。
e0045768_21451013.jpg
橋を渡ると時間が無くなりそうなので、ここで引き返すとします。
e0045768_21465626.jpg
まさかの行き止まり・・・。ベネチアは迷路。
e0045768_21494321.jpg
なんとかたどり着きました。ジェラート店「SUSO」
e0045768_21501587.jpg
暑いので尚のこと美味しい! レモンが特に気に入りました。
e0045768_21532705.jpg
e0045768_21533748.jpg
e0045768_21535061.jpg
いかにもな土産物っぽくないデザインが気に入ったので、Tシャツを購入。
20€(ユーロ)くらいだったかな。

そんな調子でブラブラしていたらレストランでゆっくり食べる時間も無くなってしまったので昼食はファストフード風なお店でピザ。
e0045768_21570259.jpg
カウンターのショーケースに並んでいる現物を「コレをクレ!」と指さすだけで済むので簡単です。ちゃんと温めてくれるので美味しいし。
ワインの注文は問題ないけど、ヨメさんのカンパリソーダの注文がなかなか通らず、てこずった。
お姉さん怖い顔で「ナニガホシイノカワカンネーヨ!」とか言ってるし。まぁ最終的には何となく通ったのですが。割り方とかで色々あるのかなぁ、ひょっとして。
e0045768_22042974.jpg
e0045768_22044302.jpg
チョコレートの老舗ブランド「Venchi」のお店。ディスプレイがカワイイ。
買おうかと思いましたが溶けそうなので止めときました。
e0045768_22060334.jpg
八百屋さん
e0045768_22062053.jpg
トリュフ、松茸と並び称される世界三大キノコの「ポルチーニ」だ!
1kgで37€だって。食べてみたいけど量が多すぎるし第一、生モノは持ち帰れないか。
e0045768_22094930.jpg
人相の悪い人たちが。
人相と言えば横浜市長の林文子サン、最近カジノ関係でよくTVで見るけど、なんか人相が悪くなった気がするなぁ・・・。
e0045768_22112908.jpg
アクリルに植物素材を閉じ込めた皿、「るるぶ」に出てたな。

いよいよ集合時間ギリギリになってきたのでホテルに帰ろうとしますが、ここでまた道に迷いかける。(^^;
添乗員さんが言ってたな、「迷ったときはサン・マルコ広場にいったん戻れ。」って。
e0045768_22161815.jpg
よし、ここまで来れば安心だ。(^^;

無事に集合し、再び水上タクシーに乗り込み、本土を目指します。
e0045768_22192912.jpg
復路は往路と違い、グランド・カナルでリアルト橋を潜るルートでした。
e0045768_22205417.jpg
さらば、ベネチア!

バスに乗り込み、フィレンツェを目指します。
e0045768_22223817.jpg
e0045768_22225352.jpg
途中、初めて高速道路上のSAで休憩。
イタリア人並みにすかさずコーヒーをいただきます。
ピザ以上にコーヒーはハズレがない。ただし、日本で普通に出てくるアメリカンスタイルの薄いのはめったにありません。苦~いヤツですよ。まぁカプチーノにすれば飲みやすいか。私はエスプレッソばかりでしたが。

フィレンツェ市内に入る前に「ミケランジェロ広場」に立ち寄りました。
e0045768_22244758.jpg
フィレンツェ市内がよく見えます。
e0045768_22253987.jpg
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。壮麗。
e0045768_22252635.jpg
ヴェッキオ橋やウフィッツィ美術館は次の日に訪れる予定です。
e0045768_22362650.jpg
リストランテ「ラーメンテイ」
ちょっと食べてみたい気もしましたが、この日はホテルで夕食です。
e0045768_22372493.jpg
キノコのパスタ
e0045768_22373943.jpg
豚肉。レモンソースだったか?
e0045768_22375803.jpg
デザート。NIL HOTEL、食事はイマイチだったか・・・。

(まだまだ当分、続きます。)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-25 22:55 | Comments(0)

イタリア旅行その4、3日目午前 ~ ベネチア市内観光(前半)

イタリア旅行、3日目となる9/14(土)、まずはベネチアの市内観光。
e0045768_21525032.jpg
サン・マルコ広場からは豪華巨大客船が。

日中は日差しが厳しくて暑さを感じますが、朝は涼しくて爽やかです。
e0045768_21532317.jpg
朝早くに眺めたサン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂。
e0045768_21572397.jpg
まずはドゥカーレ宮から。
e0045768_22025668.jpg
中庭
e0045768_22034705.jpg
ドーム屋根は隣のサン・マルコ寺院
e0045768_22062506.jpg
回廊をガイドさんの説明を聞きながら。
有名観光地では必ず現地のガイドさんがついて達者な日本語で説明してくれます。
皆さん実に熱心に、誇りをもって詳細に説明してくれるのですが、脳みそにアルコールが染みたアホ観光客のキャパは超過気味。

いやホント、イタリア人、仕事熱心ですよ、みんな。
いい加減で享楽的なステレオタイプは今回の旅行で完全に覆されました。m(__)mゴメン
e0045768_22104769.jpg
広場の鐘楼が頭をのぞかせています。
e0045768_22113687.jpg
e0045768_22115523.jpg
e0045768_22122324.jpg
e0045768_22123670.jpg
豪華絢爛な天井装飾に今日も口あんぐり。首が痛い。
e0045768_22135791.jpg
このだだっ広い部屋は確か評議会の間だったような。
ベネチア共和国、市民の政治参加が非常に進んでいたそうです。
e0045768_22252207.jpg
ハイ皆さ~ん、こちらが世界最大の油絵、ティントレット(1519~1594年)作の「天国」(1588~1592年)になります。
大きさは(凸凹なのでどこからどこまでかよくわからんけど)なんと、天地7メートル、幅22メートル!

ドゥカーレ宮殿で裁かれた結果、有罪になった罪人は裏手の狭い通路から隣の建物の牢屋へ、運河を超える橋を渡って送られたそうです。
e0045768_22303713.jpg
狭! さっきまでの豪華絢爛な空間と様変わり。
e0045768_22310118.jpg
牢屋ですよ。下層階にある牢はしばしば水に浸かったとか。
e0045768_22313510.jpg
囚人たちが投獄される前、最後に見るベネチアの美しい景色を見てため息をもらした、というところから、19世紀にジョージ・バイロンが「ため息橋」と名付けたとか。
e0045768_22322336.jpg
今では恋人同士がため息橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるそうですよ。
e0045768_22334937.jpg
終了。
e0045768_22341141.jpg
続いて隣のサン・マルコ寺院へ。
e0045768_22351975.jpg
e0045768_22352906.jpg
絵画に見えますがモザイクだそうです。これまた見事。

内部は撮影禁止につき、写真は無し。でも素晴らしかったです。
e0045768_22384252.jpg
その重厚さ加減と歴史の重さにお腹がいっぱいになったところで次の目的地へ歩いて移動。
ガラス工房に向かいました。

いわゆるベネチアングラスは現在では本島ではなく、隣のムラーノ島で全て作られるそうですので、今回訪れる工房は観光客相手のデモンストレーション用です。
e0045768_22410026.jpg
とは言え本物の炉、熱気がスゴイ。
e0045768_22413233.jpg
溶けて明るく輝くガラスを取り出します。
e0045768_22421911.jpg
職人さんがチョイ、チョイといじくりまわしていると、あっという間に
e0045768_22430971.jpg
なんと馬が!
e0045768_22432690.jpg
ドヤア!

この後は同じ建物内のショールームにご案内。
ここでもまた日本語の達者な(現地人)お兄さんが登場、ユーモア満載のセールストークで場を盛り上げます。イタリア人、実にサービス精神が旺盛です。

ヨメは生け花用の花瓶(100€(ユーロ))をお買い上げ。
重たいけど頑張って日本まで持って帰ってね。

一つならいくらだけど二つ買うと大幅値引き!という商法はけっこう多かったな。

(まだまだ当分、続きます。)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-24 22:54 | Comments(0)

イタリア旅行その3、2日目後半 ~ ミラノ→ベネチアへ

長い休暇も終わりました。明日は社会復帰か・・・。

 ・・・

日本海側を通過した台風ですが、意外と日中いっぱい強い風が吹きました。
こないだほどではなかったですが、特に対策もしていなかったので植木の鉢が倒れたり。

南風と共に湿った温かい空気が入り、蒸し暑かったです。

 ・・・

イタリア旅行、2日目となる9月13日(金)の午後はミラノからベネチアへ向かいます。
移動は大型バスで、高速道路を利用して3時間半(280km弱)の道のりです。
e0045768_21360034.jpg
途中、一面のブドウ畑のエリアがありました。ワインの原料になるのでしょう。
イタリア、農業国でもあるんですね。
機械化されているであろう、広大な農地を多く見かけました。
ブドウのほかにトウモロコシやヒマワリ畑、牧草地なども。

バスの移動が長時間になる時は途中でトイレ休憩も兼ねてドライブインに入ります。
高速道路上にも日本と同じような売店・飲食店が併設されたサービスエリアがありますが、今回のツアーではいったん高速を降りて、近くにある民間のドライブイン的なお店に入ることが多かったです。(旅行代理店の都合もあるのでしょう。)

店内に入ると必ずどこでも日本人か、日本語の達者な東洋人の店員がおり、試食・試飲をガンガン勧めながら商品を説明してくれます。
価格はまぁ、地元のスーパーよりは高いかもしれませんが日本で買うよりは安い、というところでしょうか。
とにかく試食・試飲ができるので味を確認して購入できる面はメリットは大きいです。
e0045768_21543171.jpg
イタリア、大都市の中心部は建て込んでいるし車が多くて窮屈ですが、ちょっと郊外に出ると広々していて気持ちがいいです。
トヨタのC-HRはけっこう人気のようで、よく見かけました。
(車とバイクの話は改めて最後にまとめて。)

ベネチア本島へ渡る橋は鉄道と並走します。
e0045768_21392857.jpg
イタリアの新幹線だ!
e0045768_21394697.jpg
「イタロ」も!
最初のは国鉄、イタロは私鉄だそうです。
イタロはフェラーリの資本も入っているのでフェラーリっぽい赤なのだとか。

港でバスを降車。
e0045768_21442313.jpg
高架を走るのは港のターミナルと党内旧市街の入り口広場を結ぶ新交通。
我々は水上タクシーに乗り込みます。
e0045768_21495221.jpg
この日は島内に宿泊するのでスーツケースも持ってきているのですが、荷物だけ先に別な船でホテルへ。大名旅行でラクだなぁ。

水上タクシーの船内はこんな感じ。
e0045768_21503928.jpg
日差しが強いので初めは船内にいましたが、
e0045768_21565353.jpg
やっぱり外の景色をよく見たいので、船頭さんの後ろに陣取ります。
e0045768_21582973.jpg
日差しは強いですが空気はカラッとしているし、水面を渡る風は涼しく、意外と暑さを感じませんでした。

幅の広い大運河(カナル・グランデ)から狭い運河に曲がります。
e0045768_22005519.jpg
いよいよベネチアらしくなってきました。
e0045768_22025510.jpg
まさかのゴンドラ渋滞中。
この後、せっかくゴンドラに乗っても後ろからエンジン船にあおられたら雰囲気無くてかなわんなぁ。
e0045768_22040512.jpg
古い建物ばかり、壁が落ちてきそうでコワい。
e0045768_22091680.jpg
宿泊するホテルは運河沿いにあり、運河に面した出入り口から直接、入館しました。
e0045768_22061415.jpg
「BONVECCHIATI」というホテル。こじんまりとした雰囲気です。
e0045768_22060742.jpg
観光の中心部に近く立地は最高。普通に止まると高いらしい・・・。
e0045768_22343295.jpg
でもこのエレベーターの狭さには驚きましたね。こんなの初めて見た。
とにかく幅が狭くて真っ直ぐ入ると肩が両サイドに触れるし、横向きになって大人なら二人がいいところ。体格のいい欧米人なんか、一人だな。
この隣にあったのは普通だったので、大きめの箱ひとつより小さめでも二つの方がいいと思ったのでしょうけど。

少し部屋で休憩した後、ゴンドラ遊覧に向かいます。
e0045768_22131868.jpg
郵便ポスト、落書きにステッカーにずいぶんお化粧しちゃってます。
e0045768_22141007.jpg
通称「ハードロック・カフェ前」の乗り場から乗船。

同じツアー参加者でも新婚さん?は二人だけで、ウチ含むその他は4人で同乗です。
e0045768_22155392.jpg
シマシマのシャツは船頭さんのトレードマーク。
サービスのいい船頭さんは歌を歌ってくれるみたいですが、今回はハズレでした。
(もしかしてチップ次第?いやチップは後払いだしな。)

後ろの橋は有名な「リアルト橋」です。明日、行こう。
e0045768_22170899.jpg
うん、スゴイ人だ。
e0045768_22174050.jpg
運河でも交差点にはコーナーミラーがありますよ。

ゴンドラ乗船中は水上タクシーに煽られることもなく、静かに楽しめました。

この日の夕食はツアーに含まれていないので自由行動です。
とは言っても不安があるので添乗員さんにいくつか安心できるお店を案内してもらって入りました。
e0045768_22252774.jpg
魚介のフライ、山盛りで出てきてビックリ。
イタリア、基本的にけっこうボリュームはしっかりあるので、オーダーは慎重に、少しずつ頼んだ方がいいと思います。

味はどこも良かったですね。何を食べてもだいたい、美味しいです。
このフライもサクッと軽く揚がっていましたよ。

飲食店の物価はまぁ、日本と同じくらいかな。
税金が20パーセント少し含まれているので、税抜きならその分、日本より安いか。

よく聞く「水よりワインが安い」というのは言い過ぎ、盛り過ぎです。さすがにそんな事はない。
水が割高なので、昼でもワイン・ビールを飲んじゃう、くらいの感じですかね。

食料品は地元の人が買うようなスーパーで買えば、日本より明らかに安いです。
アルコール類も。

イタリア、昔「リラ」だった頃はかなり物価も安かったそうですが、ユーロになってからはだいぶ上がったらしく。

あと店内は実際にはもっと薄暗いですが、食べ物の写りを考えて明るく調整しています。
e0045768_22274090.jpg
お約束のイカ墨パスタ。

食後はサンマルコ広場周辺を中心にブラブラ散策。
e0045768_22292498.jpg
欧米人が多いですが、日本人や東洋人もよく見かけました。
e0045768_22300772.jpg
サン・マルコ寺院は次の日に見学予定。
e0045768_22305682.jpg
広場も夜になると涼しいので、ここで食べるのも気持ちよさそうです。
e0045768_22312343.jpg
バンドの生演奏、3か所で行われていました。





イタリアなのにスター・ウォーズ?!
e0045768_22334681.jpg
e0045768_22364868.jpg
ちょっと怖い雰囲気の土産物店。
ベネチアではカーニバルがあるらしく、それ用の仮面を売っているお店も多かったです。
e0045768_22375077.jpg
ベネチアと言えばガラス。
このお店はモダンテイストの作品が多かったです。
なかなかシャレてるなぁ。猫ちゃんの中にいる金魚は食べられちゃったの?
e0045768_22392285.jpg
日本語で頑張っているけど絵が残念。ちっとも美味しそうに見えない。

ちなみに観光客相手のレストランはメニューも英語併記、どうかすると簡単な日本語は通じたりするので、あまり不便はないです。
商店の品物もみな値段が明記されていますし、会計時にはレストランも同じく、ちゃんとレジで印字されたレシートを事前に見せてくれるので会計も明朗、安心です。

次の日、9月14日(土)、3日目。

朝食と集合の時間に余裕があったので、早起きして周囲を散歩。
(えぇ、ビンボー症なので。)
e0045768_22440407.jpg
サンマルコ広場です。きれいな朝焼けに鐘楼と寺院がシルエットに浮かび上がります。
e0045768_22460364.jpg
EXILIM ZR1600の「HDRアート」で。

大運河を目指します。
e0045768_22472258.jpg
お~、なかなかいい感じだ。
対岸の島にある「サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂」
e0045768_22485700.jpg
右に目を転じると「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」
e0045768_22494148.jpg
ゴンドラが係留されています。
e0045768_22495103.jpg
日の出です。そろそろホテルに戻りましょう。
早起きしてよかった。
e0045768_22421738.jpg
朝ごはんはメニューも豊富、美味しかったです。
e0045768_22423799.jpg
甘そうなケーキもたくさん並んでいました。さすがに朝からは食えん。

出発前にロビーにある新聞を眺めます。読めんけど。
e0045768_22510189.jpg
英語でも語彙不足で歯が立たん。情けない。
e0045768_22514313.jpg
なんと小泉進次郎と滝川クリステル・・・。

「Paternity leave resulted in pay cuts,men say」とあります。
結婚自体の話よりも育児休暇がもたらす給与削減にフォーカスしているようですが。

どうするんでしょうね、大臣。本当に育休とるのかな?

新聞ネタでもう一点、帰国後に留守中の分を読んでいたら
e0045768_22554317.jpg
「沈みゆく水の都ベネチア」 by 朝日新聞。なんてタイムリーな。
e0045768_22563091.jpg
言われてみればテレビでサンマルコ広場がジャブジャブになってる映像を見た覚えがあるな。今回はそんなタイミングに遭遇せずによかったですが。
e0045768_22571726.jpg
壮大な土木工事で対応する計画のようですが、莫大な費用もかかるし水質悪化の懸念もあるようです。
確かにゴンドラ乗ってる時も少し、においが気になる時がありました。

この美しい街を危機に追いやっているのが地球温暖化だとすれば、やっぱりもっと真剣に行動しないといけないですね。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-09-23 23:20 | Comments(0)

イタリア旅行その2、2日目前半 ~ ミラノ市内

今日も日が暮れるまでは降らず、雨になったのは夜になって一時的にだけ。今は止んでる。
今回はオオカミ少年か。なんか天気予報がイマイチ。

 ・・・

9/13(金)、ミラノのホテルで朝食。
e0045768_22291306.jpg
パンにハム、チーズに卵、野菜といったこちらのスタンダードな感じですが、ここ(STARHOTELS TOURIST)のは割と美味しかったです。

バスに乗って市内へ向かいます。
e0045768_22311639.jpg
すごいな、あのビルは。植物で覆われちゃってる。
e0045768_22315282.jpg
こちらは近代的な建物。周囲も珍しく広々としています。
e0045768_22323378.jpg
まずは「スフォルツェスコ城」の見学です。
e0045768_22330175.jpg
e0045768_22332189.jpg
e0045768_22333247.jpg
ガイドさんが色々説明してくれましたが、もうすっかり忘れた。(^^;
e0045768_22340476.jpg
けっこう犬を散歩させている人を見かけました。
リードを付けていない事が多くてビックリしましたが、ちゃんと躾けられているらしく、勝手にどこかに行くこともなければ悪さもせずに飼い主についていくんですね。

距離は近いらしいですが、またバスで移動。
e0045768_22393373.jpg
ジャパニーズ・レストラン「ズシ」。
逗子なのか寿司の事なのかは不明。
e0045768_22372161.jpg
可愛らしい清掃車の向こうの建物は「スカラ座」。
日比谷の映画館じゃありませんよ。正面は意外と大したことないですが中はスゴイ。
(残念ながら見学はできず)

ここでバスを降り、「ガレリア」へ。
e0045768_22414239.jpg
ディズニーランドじゃありません。
e0045768_22430029.jpg
道に面したお店はブランドショップやレストランなど。
e0045768_22434593.jpg
床のモザイクタイルの装飾も素晴らしい。
e0045768_22441656.jpg
おっ、アレはもしや先日テレビで見たやつでは。
e0045768_22445286.jpg
回っときますか。
e0045768_22451346.jpg
上を見上げて。
e0045768_22453844.jpg
レストランはまだ朝なのでお客さんはいませんでした。

アーケードを抜けると、
e0045768_22464774.jpg
ドゥオーモが左側に姿を現します。
e0045768_22474098.jpg
右側は広場。
e0045768_22481324.jpg
鳩に大人気な同じツアーの方。
e0045768_22490064.jpg
今通ってきたガレリア方面を振り返り。
e0045768_22494695.jpg
e0045768_22500646.jpg
e0045768_22502945.jpg
彫刻の数々に圧倒されます。
e0045768_22505513.jpg
これがニューヨークの「自由の女神」のモデルになったとか。

さて厳重な身体検査の後、入場します。
ツアーは一般のお客さんが行列している横をスルーパス。ラクだなぁ。
e0045768_22514954.jpg
e0045768_22523861.jpg
圧倒されて口あんぐり状態。
e0045768_22532303.jpg
e0045768_22533323.jpg
e0045768_22534482.jpg
かなり暗いので画質的に厳しいのはご容赦。
e0045768_22541046.jpg
e0045768_22541986.jpg
e0045768_22542912.jpg
ステンドグラスも素晴らしいです。
e0045768_22544939.jpg
聖書の場面、ストーリーを現しているんでしょうけどね、さっぱりわからん。
e0045768_22552942.jpg
e0045768_22553780.jpg
e0045768_22552397.jpg
観光施設でなく、本当の教会なので信者の方がお祈りしています。

やぁ、すごかった。
この後は少しばかりの自由時間。
e0045768_22572587.jpg
遠くへ行くほどの時間はないので、とりあえずドゥオーモを一周してみます。
e0045768_22580594.jpg
あそこのガラス窓がステンドグラスだった模様。
e0045768_22583228.jpg
ミラノだけでなく、有名観光地には必ず警察だけではなく、軍人が警戒しているのをよく見かけました。銃が大きくてコワいのよ。
e0045768_22592294.jpg
塔の先っぽまで手抜きなし。見ているだけで脚がすくむ。
e0045768_22594808.jpg
先端恐怖症の向きにはたまらないトゲトゲ具合。
e0045768_23002468.jpg
本場のLAVAZZA(ラバッツァ)でエスプレッソでも飲んでみますか。
e0045768_23023407.jpg
本場っぽくカウンターで立ち飲み。安いのに美味しいんだ、これが。
e0045768_23030489.jpg
時間ギリギリにスカラ広場のダ・ヴィンチ像前に集合。
e0045768_23041912.jpg
バスに乗車して移動、途中のレストランで昼食。
e0045768_23054863.jpg
リゾットと
e0045768_23062032.jpg
ミラノ風カツレツ。見た目は大きいけど肉を叩いて伸ばしているので薄いです。

どうしても団体ツアー食だから作りたてって訳にいかないよね。
たぶん、出来たてだともう少しサクサク軽くて柔らかくて美味しかったんだろうけど。
味付けはどちらも薄味でよかったですが。

この後は再びバスでベネチアに向かいました。

(まだまだ続く)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm)



by t_bow2002 | 2019-09-22 23:18 | Comments(0)

イタリア旅行その1、プロローグ ~ 成田→ミラノへ

巨人が優勝ですか。
ま、カープは今年はやはり、力が足りませんでしたね。

 ・・・

すっかり涼しくなりました。快適です。冷房いらず。

台風17号が近づいていますが、今日は結局、いい天気でした。
しかし今年はとことん、週末を狙って天気が悪くなります。
せっかくの秋の三連休なのに。

 ・・・

さてイタリア旅行記。
なにせ二人で3台のカメラ+2つのスマホで撮った写真が8日間で3,700枚余!

1日をBlog1日(1回)でこなしたいと思いましたが、1日の中でも見どころが複数あったりするので、到底それでは収まらない。
何日で終わるかの見通しもつかない状況ですが、見切り発進。(^^;

出発は9月12日(木)
e0045768_20594894.jpg
ウーパーやメダカちゃん達は1週間くらい飯抜きでも平気ですが、植木が心配。
乾燥に弱そうな鉢は南側のベランダから北側の廊下に移し、さらに一番大事なコーヒーの木は数日間は自動的に給水するように細工。

 → 留守の間は涼しかったことも幸いし、1年草の花以外は無事でした。
e0045768_21082920.jpg
初・成田エクスプレス。
皆さん通勤・通学の時間帯ですね。
e0045768_21100631.jpg
レンタルしたスーツケース、
私のは左の小さい方で67L、右のツマの大きい方は80L。
えぇ、私は着替えも最小限ですし、それほど土産を買い込んでくるつもりもないので。
レンタル料は往復の送料も込みで12,000円程度でした。
(サービスの変圧器・アダプター込み)
e0045768_21140841.jpg
8時過ぎの出発で成田空港着は10時前。けっこうかかります。
JR内房線は台風の影響でまだ一部運休。今回の台風は本当に千葉方面に大きな被害をもたらしました。
台風が少し遅れていたら今回の旅行も危なかった。
e0045768_21163331.jpg
ガラガラの車中でサンドイッチを食べつつ、快適な移動です。Wi-Fiも使えるのね。
e0045768_21180649.jpg
スカイツリー。まだ行ったことないな。
e0045768_21185051.jpg
成田空港は大学の卒業旅行で利用して以来だから、四半世紀ぶりか。(^^;
JTBツアーの受付を済ませます。今回は8組16人、多過ぎずで良かった。

空港は空いていましたが、手荷物預かりの列(エコノミークラス)はけっこう長かった。
e0045768_21203774.jpg
アリタリアに乗りますよ。
少し時間に余裕があったので売店を散策。
e0045768_21211542.jpg
ジャパニーズ・ドール「忍者」
久月でこんなの作ってるんだ・・・。(◎_◎;)
e0045768_21222430.jpg
席は右側窓側ですが、翼の上。(^^;

向こうに見えるは大韓航空機。
一連の騒動以来、訪日観光客も激減してしまい、観光産業に与えているダメージも小さくないようです。早いとこ収束するといいのですが。

さて離陸、伊ミラノまで13時間近くのフライトです。
e0045768_21244827.jpg
ANAのウミガメ号はハワイ行き。
e0045768_21282267.jpg
右に空港が見えます。
e0045768_21292989.jpg
利根川でしょうか。田んぼのパッチワークがキレイです。
e0045768_21301104.jpg
雲海の向こうには富士山が。
e0045768_21303293.jpg
掘り込まれた鹿島港を眼下に眺めつつ、北上。

1時間ほどで機内食が配られました。遅めの昼食です。
e0045768_21333428.jpg
洋食はラザニア、美味しかったです。
e0045768_21341165.jpg
和食は豚の角煮っぽいやつ。肉は割と美味しかったけど白米がイマイチでした。
e0045768_21345150.jpg
ビールはイタリアの「FORST」という銘柄。
現地でもよく飲んだ、メジャーなブランドのようです。
他にも何種類かいただきましたが、だいたいアッサリ目の味が多かったかな。
ちなみにイタリア語でビールは「BIRRA(ビッラ)」。
e0045768_21363923.jpg
イタリア語は早口に聞こえますが、やはり英語に比べると同じことを伝えるのにも語数が多い?
ちなみにイタリア語に「J」は無いそうです。もともとは。
そういえばジョルジェット・ジュージアーロの綴りも全部「G」だな。

しばらくすると客実乗務員から窓を閉めるよう、指示がありました。
ヒマなので映画でも見ますかね。
洋画が多いのですが邦画もありました。

まず1本目は「スマホを落としただけなのに(現地題『Stolen Identity』」
コワいですね、スマホは。
私はスマホでは絶対にID・パスワードを入力するような事はしませんよ。
e0045768_22352796.jpg
まだ目が冴えていたので続いて「翔んで埼玉」
えぇ、バカバカしくて楽しかったですよ。
あの仰々しい衣装とか過剰な演出、さらにBLっぽいところとか「パタリロ!」っぽいなと思いながら眺めていましたが、原作者がやっぱり魔夜峰央サンだったのね。どうりで納得。

そうこうしているうちに、お夜食が配給。
e0045768_21555457.jpg
ハムにサラミにパンにチョコレートケーキ。
時に日本時間ではほぼ24時。
普段なら寝ている時間、ここで胃にコレを入れるのは戸惑うところですが、時差をマイナス7時間するとまだ現地では夕方5時。ここで食べておかないと寝るまで多分、もたない。赤ワインで流し込みます。
e0045768_21592140.jpg
いつの間にやら窓の下には雪をかぶった高山が。
e0045768_21594794.jpg
オーストリア・インスブルックとイタリア・ボルツァーノの中間点、アルプス山脈か!
e0045768_22035568.jpg
あっという間に平地に。森と耕作地と街、それぞれがハッキリ分かれていて美しい。
e0045768_22051001.jpg
機体下部を映すカメラの画像にはラウンドアバウト(環状交差点)。
ヨーロッパっぽい。
e0045768_22072778.jpg
ミラノは内陸なので海じゃない。マルペンサ空港北部にあるマッジョーレ湖あたり?
e0045768_22095873.jpg
教会の塔を眺めつつ、着陸。
e0045768_22110352.jpg
空港内の自動販売機を補充に来た職員、警察官と(どうみても)雑談中。
警察官はポロシャツだし、このユルさがいきなりイタリアっぽい。
e0045768_22121115.jpg
空港からはバスでミラノ市内へ向かいます。
写真に写っている入り口には「Non Schengen arrivals」の表記があります。
シェンゲン圏か否かで空港の手続きも違うんでしょうね。
e0045768_22174829.jpg
カッコいい建物がイタリアっぽい。
現地時間では午後7時、まだまだ明るいですが日本時間では午前2時。
眠くてフラフラします。もうひと頑張り。
e0045768_22233607.jpg
この日の宿泊先、ミラノ(少し)郊外のスターホテルに到着。やれやれ。
e0045768_22241131.jpg
イタリアのホテルのバスルームはだいたい、こんな感じ。日本にはないのがある。
バスタブの横の壁にぶら下がっている紐は緊急連絡用です。
e0045768_22245528.jpg
トイレの流し方が最初はわかりませんでした。
壁についている大きなスイッチ、大きい方が「大」で小さい丸が「小」
分かれば確かにそうだけど。このタイプは多かったです。

長い一日の疲れを風呂に浸かって癒した後、
e0045768_22265282.jpg
ビールで乾杯。ここのは1本8ユーロ(約1,000円)。高かった。

興奮気味の頭を飲みながら冷やすべく、少しTVを観ました。当然イタリア語はわかりませんが。
e0045768_22305364.jpg
視聴者が投稿したオモシロ動画を紹介する番組がありました。
笑いのツボは変わらないのね。
e0045768_22313731.jpg
スパゲッティを上手に食べるハムスターとか、さすがイタリア。(◎_◎;)

おやすみなさい。

(この調子ではあと何回になる事やら。)

(この日は全てEXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2019-09-21 22:46 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

JINSの新聞広告
at 2019-11-22 21:15
いい夫婦の日のボージョレ・ヌ..
at 2019-11-22 20:54
11/17(日)、河口湖の紅..
at 2019-11-22 20:49
11/17(日)、河口湖の紅..
at 2019-11-21 21:55
11/17(日)、河口湖の紅..
at 2019-11-20 21:51

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:22
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:32
> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:43
6年前の8月にイタリアに..
by ししとー at 05:47
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:51
こんにちは、t_bowさ..
by たか++ at 18:26
> ししとーさん ソニ..
by t_bow2002 at 21:30
私の場合、2年目に値段が..
by ししとー at 22:09
> ししとーさん お久..
by t_bow2002 at 20:50
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:14

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ