タグ:旅行 ( 382 ) タグの人気記事

7/13「蝶ヶ岳」登山 ~ その7【最終回】諏訪で宿泊+高ボッチ高原

この辺りでは既に台風もピークを過ぎた雰囲気ですが、横浜市の一部では避難勧告も出ているようです。
とにかく西日本に悪さをせずに過ぎ去ってくれるのを祈るのみ。

 ・・・

2週間も前の蝶ヶ岳登山旅行、ようやく最終回。^^;

宿泊先の「ルーピアイン南湖」にチェックイン。
三連休という事もあって予約時には喫煙室しか残っていなかったのですが、禁煙に替えてもらえてサンキューです。

まずは風呂。昨夜は山小屋泊だったので、最優先で。
ホテルの中にも大浴場があるのですが、無料で近隣の温泉浴場に入れる特典付き。
e0045768_21434305.jpg
片倉館「千人風呂」。ここか。
いやしかし暑いな。帰り道でまた汗かいちゃいそう。
e0045768_21445369.jpg
どうみても公園なんだけど、本当にここか?
e0045768_21451827.jpg
立派な建物だなぁ~。
e0045768_21454088.jpg
製糸業で財を成した片倉家が地域の為に温泉保養施設を建設したそうです。
昔は貧富の差も大きかったけど、エライ人もいたのね。
e0045768_21470878.jpg
スキー立像がお出迎え。
私がスキーを始めた頃もまだこんな、身長よりだいぶ長い板だったよね。(遠い目)

面白いお風呂でした。真ん中が深くて、立って入るとちょうどいいくらい。
確かにみんな立って入れば千人、はムリでも百人はいけそうな。
底に玉砂利が敷かれており、歩くと指圧効果で足の裏が気持ちよかったです。

ミュシャの絵画タイルとか彫刻もあったりと内部も装飾的で、雰囲気があります。

お湯が少し熱いので、長風呂には向きません。
ジャグジー風呂が少しぬるめで、ちょうどよかったです。
ジェット水流の刺激が山歩きで疲れた体をほぐすのに気持ちイイ~。
e0045768_21550850.jpg
2回の休憩室も天井が高くてステキ。
ビールを飲みたいけど、ここは我慢・・・。
e0045768_21563422.jpg
e0045768_21564967.jpg
隣の「会館棟」の見学もできるようですが、また今度。
e0045768_22001297.jpg
e0045768_22002010.jpg
いい建物は文化的な財産だな。

部屋に帰ってひと休みした後、夕食に出かけます。
歩くと少し(1.8km程度)あるのでタクシーをホテルのフロントで呼んだのですが、15分程度かかるとの事。
夕方で少し涼しくなってきたし、歩くことにしました。

日も傾いたので日陰になった国道20号線を二人でテクテクと。
しばらく歩くと車が全く流れなくなりました。

ありゃ、交通事故で両車線をふさいじゃってるよ。
大した事故でもなさそうで警察も既に対応中ですが、クルマをどけるにはしばらくかかりそうです。結果的にタクシーに乗らずに良かった。
e0045768_22084043.jpg
焼肉「南大門」
18時前に到着、待たずにすぐ入れました。
この大ジョッキ、サイコー♪
e0045768_22095949.jpg
3年前に訪れた塩尻の「東山食堂」と全く同じスタイル。
焼肉の鉄板といい、大ジョッキにジンギスカン、庶民的なお値段といい。
e0045768_22120105.jpg
キムチもこのボリューム! 安くて良心的なお店です。
e0045768_22125492.jpg
馬肉ユッケ、美味しい。牛のも食べたいけど、もう無理かな・・・。
e0045768_22134447.jpg
カルビだったか、ハラミだったか?
どっちも美味しかった。
e0045768_22151533.jpg
クッパも具だくさんで大満足。
e0045768_22154978.jpg
気を良くして冷麺まで頼んだら、美味しかったけど食べ過ぎた。^^;
e0045768_22161997.jpg
帰りは諏訪湖畔の遊歩道をボチボチ歩きながら戻りました。
まだ西の空が少し明るいな。涼しい風が吹いて、実にいい気分♪

2年前の夏に諏訪湖の花火大会で来たのはこの辺りだったなぁと思い出しながら、ホテルに帰りました。
途中のコンビニで買った酎ハイ「男梅サワー」は少々、味が濃過ぎたな。
e0045768_22202813.jpg
次の朝も晴天、暑くなりそうと思ったら気温は既に32度。ヤレヤレ。

「高ボッチ高原」に向かいます。

国道20号線を右に折れ、狭い山道を上がっていきます。
標高が上がるにつれて気温も下がってきたので、途中からはエアコンを止めて窓を開けて走りました。でもバイク向けの道だな、これは。
e0045768_22230836.jpg
駐車場に到着。
e0045768_22233028.jpg
前の日に蝶ヶ岳から眺めた穂高連峰から槍ヶ岳、常念岳あたりがキレイに一望!
いや、眺めがよくて涼しくて、いいところだな。高ボッチ。
e0045768_22244313.jpg
展望台まで歩くとしましょう。
e0045768_22260408.jpg
自然の造形は面白い。
e0045768_22262418.jpg
アザミの花に来たヒョウモンチョウの仲間。
e0045768_22282184.jpg
広々。

この辺りでEXILIM ZR200はメモリーカードがいっぱいになるし、K-7はバッテリーが無いしでやりくりが大変。^^;
e0045768_22290304.jpg
一応、山頂で記念写真。ヨメは既に筋肉痛で変な動きをしていますが。
e0045768_22295306.jpg
諏訪湖を見下ろす展望台から。少し霞んじゃってます。
見通しが効くときは富士山まで見えるそうです。
e0045768_22310658.jpg
いいところですが、混む前に降りるとしましょう。

ヨメさんが撮影した野鳥。



ホオアカがいい声でさえずっていました。

案の定、帰路は車がジャンジャン上がってきます。連休だしね。
狭い道なので離合は譲り合いとなりますが、ドライブで来た他県ナンバーは運転も慎重でマナーも良好なのに対し、地元車の傍若無人ぶりが少々気になりました。

ヨメさんの指令リクエストにより、岡谷市内のお菓子屋さんに寄り道。
e0045768_22345336.jpg
「ヌーベル梅林堂」
e0045768_22363347.jpg
2018年平昌オリンピックのスピードスケート競技・女子500mで金メダルを取った小平 奈緒 選手のサイン色紙が飾られていました。そう言えば出身も現在の所属も長野でしたね。
e0045768_22451371.jpg
照明器具のシェードはシルク製。ステキなお店でしたよ。
e0045768_22404159.jpg
桃ソフトを購入して店内でいただきました。美味しかったです。

この店舗は八十二銀行の旧岡谷支店跡地に建てられたそうで、当時の金庫の扉が展示されていました。メーカーは広島の熊平。さすがだなぁ。

まだ昼前ですが、中央道が混雑する前に帰るべく、岡谷I.Cから乗って一路、神奈川へ。
作戦的中で混まずによかったですが、
e0045768_22473773.jpg
気温はグングン上昇、途中でついに39度に。ヲイヲイ。

いつも混む小仏TN手前、少しペースが落ちた程度で渋滞は無し。むしろ下り線の方がしっかり渋滞していました。

自宅近くでアテンザに給油。
710.3kmの走行で50.31L、燃費は14.1km/Lとなりました。

レギュラー単価は142円。

アテンザ25S、狭い山道では少々車体の大きさを持て余しますが、実に快適で疲れ知らず、ストレスフリーに走る事ができます。いいクルマですよ。

(ほとんどEXILIM ZR200、少しK-7+シグマ18-200mm)



by t_bow2002 | 2018-07-28 23:04 | 山歩き | Comments(0)

7/13「蝶ヶ岳」登山 ~ その6、下山(後編)

今日の東京は最高気温が30度に届かずじまい。風もあって涼しかったです。

それにしても接近中の台風12号の進路、どうなのよ?!
小笠原あたりから関東に近づいた後、左に曲がって西日本方面へ列島横断。
東から西へ走る台風なんて、あり得るのか。

なにも先日の集中豪雨で痛めつけられた西日本に行かんでもよかろうに・・・。
神も仏も存在しないよね。

 ・・・

蝶ヶ岳の下山です。
e0045768_22010879.jpg
往路では見え隠れしていた常念から前常念の辺り、帰路は常にクリア。
e0045768_22014423.jpg
急斜面をモタクタと慎重に下りるツマ。
e0045768_22053979.jpg
蝶沢を通過。往路と違って混雑していました。
e0045768_22061756.jpg
10時前に「まめうち平」の休憩ポイントに到着。
いやぁ、人が多いな。ベンチは既に満席です。湿ったベンチしか残っていませんでしたが、ウチにはモンベルの「フォームクッション」という強い味方がいるので問題なし。
e0045768_22193025.jpg
前の日とはうって変わって暑いのよ。
いよいよ三連休の初日という事もあってゾロゾロと登山客が上がってきますが、皆さん汗ダラダラ+息は上がって苦しそうです。
頑張ってね、ご褒美は絶景だよ。
e0045768_22205560.jpg
自然の造形はおもしろい。
e0045768_22211785.jpg
なんだこの壺のような、タコチューのようなものは?

帰宅後に調べると、ギンリョウソウの花の後、果実になる部分のようです。面白い形。
e0045768_22221449.jpg
e0045768_22222892.jpg
下りは早いです、11時には「力水」まで下りてきました。
e0045768_22233980.jpg
e0045768_22234881.jpg
この辺りまで下りてくると大きな樹木の日陰になるのに加え、沢からの涼しい風が吹いてきて、かえって涼しい。
e0045768_22242948.jpg
蝶ヶ岳、登山道がキレイに整備されているので、特に下りがラクです。
大きな段差も少ないので膝に負担がかからないのが助かる。
e0045768_22252950.jpg
もう吊り橋まで来ちゃった。楽しかった蝶ヶ岳登山も終わりに近づいています。

この時間(11時過ぎ)でもまだ上がっていく人とすれ違います。
いかにも”やってそうな”人ならともかく、序盤で既に息が上がっているお年寄りとか見るからに初心者とか、大丈夫なのか?ここから5時間かかったら4時過ぎだぞ?

危ない箇所こそないので初心者でも登れる蝶ヶ岳ですが、やっぱり余裕を見て15時には山小屋に入れる計画にすべきと思います。
e0045768_22292587.jpg
蝶ヶ岳の蝶!
私のザックのテープに蝶がとまりました。
e0045768_22300208.jpg
アサギマダラ。写真は順光ですが、逆光だと羽が透けて実に美しい蝶です。

11:40、(本来の)駐車場に到着。
日陰で昼食にします。
e0045768_22324869.jpg
最近お気に入りの「カレーメシ」
カップラーメンより食べ応えがあります。
e0045768_22342016.jpg
12:15、「森の広場」駐車場に戻ってきました。寄り道+休憩込みで4時間半。
あの登っていく人数から考えて、駐車場は酷いことになっていそうだなと思いましたが、案外、空きもある状況。

片付け+着替えていると、また蝶がやってきました。
e0045768_22362791.jpg
色が淡いけど、イチモンジチョウでしょうか。
e0045768_22390796.jpg
お口がクルクル。
e0045768_22393463.jpg
気温は31度。暑い訳だわ。標高1,000mの上なのに。

安曇野I.Cに向かって出発。
「森の広場」駐車場が案外少ないと思ったら、途中の路上駐車とだいぶ下の臨時駐車場はクルマだらけ。さすがに上がってくるクルマもない時間帯なので離合に苦労する局面はなかったですが、皆さんご苦労されてますな。

ウチは有休取って1日早め行動が奏功し、実に快適な登山+山小屋泊りで良かったです。
(職場の皆さんに感謝。m(__)m)

アテンザのクーラーはよく効くのですが(暖房はイマイチな気がする)、あまりに暑いので安曇野I.C手前で寄り道。
e0045768_22462515.jpg
モンベルのお店。思った以上に大きくてビックリ。
e0045768_22465711.jpg
店内は涼しくて快適です。コーラを飲みながらテーブルで休憩。

「安曇野山岳美術館」で畦地梅太郎さんの展覧会をやっていたんですね。
知っていれば少し遠回りになっても寄って来たのに、残念。さすがにここから戻る気にはなれん。
e0045768_22495667.jpg
長野県ショップ限定のTシャツを購入しました。

安曇野I.Cで高速に乗り、岡谷I.Cで下車。
この日の宿泊地である諏訪市内のホテルに到着。
e0045768_22535522.jpg
気温は36度。ヲイヲイ。

(あと1回。)

(この日は全てEXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-07-27 23:04 | 山歩き | Comments(0)

7/13「蝶ヶ岳」登山 ~ その5、下山(前編)

今日は少し涼しかったですね。

 ・・・

まだやってんのかの蝶ヶ岳、下山編です。(しかも2回。^^;)
e0045768_22175686.jpg
まずは蝶ヶ岳の山頂(標高2,677m)で穂高を背景に記念撮影。
ヨメの腕が前日の日焼けで真っ赤っ赤なのに注目。

私たちの後に上がってきた男性に撮影を頼んだのですが、山小屋から上がってきただけにしては妙にお疲れだと思ったら、徳澤から上がって来たところだとか。
それはお疲れのところ、失礼しました。^^;
まだ真っ暗なうちに出発して歩いてきたそうですよ。すごいなぁ。

まだ朝の6時半。この日の予定は特になし。決めていません。
常念岳を巡って下りるコースもあるのですが、結局はノンビリ楽しむ事に。
e0045768_22212650.jpg
いやもう、絵みたいでこっちが恥ずかしくなる。
e0045768_22215339.jpg
e0045768_22220286.jpg
徳澤方面に降りるルートの途中にある「妖精の池」に行ってみる事にしました。
e0045768_22234186.jpg
ん、あれか? 確かに窪地で残雪はあるけど水はありません。
この日は焼岳もよく見えました。
e0045768_22285597.jpg
季節によっては池になるのでしょうか。窪地の周辺がお花畑になっています。
e0045768_22243085.jpg
e0045768_22244813.jpg
e0045768_22245673.jpg
e0045768_22251137.jpg
e0045768_22252827.jpg
e0045768_22254144.jpg
e0045768_22255069.jpg
ちょっとわかりにくいのですが、小さな白い点が見えるでしょうか。
空の低いところに羽虫が無数に飛んでいます。なんだか幻想的。
e0045768_22295244.jpg
まるで海のサンゴみたい。
e0045768_22301167.jpg
e0045768_22302027.jpg
自然の造形は面白い。

そろそろ下りるとしましょうか。
e0045768_22313001.jpg
右が乗鞍、中央奥が御嶽。
e0045768_22321763.jpg
いや~、下りたくないなぁ。

蝶ヶ岳の山頂付近を歩きながら撮った動画です。



e0045768_22350135.jpg
名残惜しいですが、下りるとしましょう。

来る途中は寄らなかった大滝山への分岐路に寄り道。少し下ります。
e0045768_22361502.jpg
コバイケイソウの群落地、ちょうど花が見ごろでした。
e0045768_22365978.jpg
見上げて。
よく晴れて、既に暑くて汗が流れます。こりゃ今日登ろうと思ったら暑くて大変だ。
e0045768_22375411.jpg
e0045768_22381497.jpg
ここで一眼レフがまさかの電池切れ。
やっぱり満タンにしとかないとダメだな。邪魔なだけなのでザックに納めて下山の途に。

(あと2回、続く。)

(PENTAX K-7+シグマ18-200mm、EXILIM ZR200)



by t_bow2002 | 2018-07-26 22:48 | 山歩き | Comments(0)

7/13「蝶ヶ岳」登山 ~ その4、蝶ヶ岳ヒュッテからの日没&日の出

輸入二輪車など販売の老舗「村山モータース」が破産だそうで。
(YAHOO!ニュースはこちら

昔はバイク雑誌にけっこう広告を出していましたよね。
大きな「M」のロゴマーク、私の記憶ではハーレーよりドカティのイメージでしたが。

ピークだった92年の売上げ約24億2600万円に対して2017年は約3億7600万円に落ち込んでいたそうで、そりゃキツイわ。

二輪業界、最悪の時期は脱したような気がしていたけど、相変らず厳しいんだなぁ・・・。

 ・・・

さて山歩「紀」、再開です。まだまだあるし。^^;

蝶ヶ岳ヒュッテで(しょぼい)夕食後、談話室で時間をつぶしていると、何となく外がざわつきだしました。
時刻は18時40分、そろそろ日没ショーの開幕のようです。

飲みかけの缶ビールを片手に、フラフラと外に。
(いやぁ、天気がよくて暖かくてよかった。^^;)
e0045768_22043771.jpg
お~、蝶槍にいた頃には雲がかかり始めていたのですが、その後に晴れたようです。
久しぶりだなぁ、山頂からの夕日。
e0045768_22060802.jpg
梓川へ切れ落ちる谷から断続的に上がってくるガスが幻想的。
e0045768_22071855.jpg
安曇野方面を振り返ると、これまた久々のブロッケン君。
e0045768_21562967.jpg
明暗のコントラストが非常にきついのでEXILIM ZR200のHDRで撮影。
e0045768_22013901.jpg
大キレットの北側、南岳あたりに沈まんとする太陽。
e0045768_22080635.jpg
左側の雲が夕日に照らされて赤みがさしています。
e0045768_22083777.jpg
e0045768_22085120.jpg
e0045768_22085937.jpg
e0045768_22093732.jpg
沈んでいきました。(^_^)/~

ここでいったん、山小屋へ。
また消灯時刻までは間があるので再び談話室で「キャプテン・ハーロック」を読んでいたところ、またも外がざわつきだしました。今度は何だ?

既に真っ暗になった外に出たところ、頭上には満天の星空が!

写真はない(三脚ないし)のですが、数えきれないくらいの星々による天体ショー、これまた久しぶりに満喫しました。まるでプラネタリウム並み。笑
北斗七星に北極星、反対側のカシオペアぐらいしか判別しない自分を呪いました。

ちょうど月の出ない時期だったが幸運だったようです。
ちゃんと三脚+一眼レフで撮影していた男性は「天の川がハッキリ写った。」と嬉しそうでした。私も次はチャチなのでいいから三脚持って上がるかな・・・。

いい加減、上を見過ぎて首が疲れてきたので山小屋に帰ります。
まだ7月中旬なので夜は冷えるかと思いきや全然寒くなく、外が気持ちよかったです。

ヒュッテの部屋は前述の通りカーテンで仕切られていて半個室感覚、スペースも二人ならじゅうぶんで、熟睡できました。

熟睡し過ぎて、目が覚めた時には既にだいぶ明るくなっており、焦って飛び起きます。
e0045768_22171329.jpg
安曇野方面、一面の雲海です。見事。
e0045768_22174550.jpg
南には富士山が頭を出しています。
e0045768_22181407.jpg
少々雲がかかっていますが、日の出。
e0045768_22184309.jpg
穂高連峰にも朝日が当たりだしました。
e0045768_22190433.jpg
e0045768_22191324.jpg
あそこからも日の出を見ている人達がいるんでしょうね。
e0045768_22195140.jpg
今日も晴れて、いい日になりそうです。
e0045768_22202707.jpg
e0045768_22204174.jpg
テントは既にだいぶ減っていました。みんな早起き、元気だなぁ。

ウチはもう、のんびりと楽しみますよ。

(あと3回、続く。)

(今日は全てK-7+シグマ18-200mm)


by t_bow2002 | 2018-07-25 22:30 | 山歩き | Comments(0)

G.W関西旅行、その5~赤穂→草津→米原→帰宅

G.Wの関西ドライブ(帰省)旅行、ようやく最終回。^^;

赤穂での街並み散策の続きから。
e0045768_20021402.jpg
「塩」はいいけどオリエント・・・。
e0045768_20025802.jpg
赤穂城跡にやって参りました。
「近世城郭史上非常に珍しい変形輪郭式の海岸平城」(赤穂観光WEBサイトより引用)だそうですが、ベラボー広いのよ。
e0045768_20062824.jpg
せっかくだからと中へ入って
e0045768_20064640.jpg
大石神社までは行ってみましたが、時間もないし天気良すぎて暑いし、ここまでで引き返しました。
e0045768_20074091.jpg
お昼ご飯は赤穂城大手門そばの「一粋」で名物の穴子をいただくべく、穴重を。
ん~、ちょっとタレが甘過ぎ+多過ぎ。
せっかくの穴子がかわいそう・・・。

お値段も少し上ですが、広島は宮島口「うえの」の圧勝かと。

赤穂を後にし、義父母を姫路駅まで送り届けて解散となりました。
e0045768_20180824.jpg
何やらJRともめている模様・・・。

さて帰路につきます。
この日(5/5(土))は高速道路Uターンラッシュのピーク日、1日で帰るのはキツイので途中の(滋賀)草津までです。

アテンザのナビを設定すると山陽道ではなく、海沿いの第二神明→阪神高速のルートを示しました。そんなもんかなと思い、スタート。
第二神明はスムーズに通過して、これなら高速代が少し浮いたかな、と思っていたら、
e0045768_20231259.jpg
やっぱり神戸近辺はしっかり渋滞しちゃいました。

この日の宿は草津のスーパーホテル。
e0045768_20242439.jpg
窓からは東海道新幹線が見えました。

一息入れて夕食に出ました。
ホテルのすぐ横にある「ホンダドリーム店」で新型のCB1000Rなど跨ってみたりしつつ、1号線沿いのお好み焼き「ここやねん」へ。

人気店らしく、しばし待ってから席へ。
京都発祥のチェーン店だそうですが、お好み焼きは関西の混ぜ焼きだけでなく広島もあるし、もんじゃ焼きもあります。
e0045768_20323251.jpg
まずは鉄板焼きメニューで乾杯。しかる後にお好み焼きをば。
e0045768_20343324.jpg
広島お好み焼きファンの二人ですが、ここは関西風混ぜ焼きにしてみました。
これはこれで美味しいよね。私は餅入りに。
少しサイズが小振りかな。「中盛」が100円高だったので、そちらが正解だったかも。
e0045768_20353990.jpg
けっこうな飲みっぷりで。

例年はいったん東広島のヨメさん方の実家に集合してからレンタカー(ミニバン)でまとまって移動していたのですが、今年は訳あって新幹線とJRも使いながら姫路で集合&解散という事に。やっぱり大変だったな。

食事後にコンビニを探しつつ周辺を歩いたのですが、国道1号線の上を何かが跨いでいて撤去したような工事をしています。
帰宅後に調べてみたら、天井川があったのを廃止して、公園に再整備したとの事。

へ~、「天井川」。
昔、学校で習って、そんなものがあると知ってはいたけど、本当にこんなところにあったんだ。面白いなぁ。

次の日、ホテルで朝食。焼きたてパンを腹いっぱいいただいて出発しました。

希望としては再び近江八幡で安土城跡を見るか、彦根で「ひこにゃん」と記念写真を撮るというのも捨てがたかったのですが、今回お城はたっぷり見たし高速が混む前に帰ろうと、米原でちょい寄り道だけで我慢する事に。

目的地のすぐ手前、
e0045768_20485179.jpg
ガラス張りのえらいモダンな建物があるなと思ったら、ナヌ?「童夢」!

お休みで閉まっていたので、外から眺めさせていただきますよ。
e0045768_20494887.jpg
おぉ、バブルの亡霊「ジオット・キャスピタ」じゃないか! まさかこんなところで観る事ができるとは。

今見てもカッコいいけど、私の記憶にあるスバルF1用3.5リッター水平対向12気筒エンジンを搭載したモデルとはヘッドライトの形やボディの色が違うと思ったら、こちらは2号車だそうで。へ~、そんな兄弟がいたんだ。
e0045768_20524976.jpg
ドーム零(ゼロ)、キタ━━゚+.ヽ(≧▽≦)ノ.+゚━━ ッ !!!
いや~、小さい! 低い!!
e0045768_20552213.jpg
割と新しそうなレーシングカー。
S102・5と言うモデルで2012年のルマン24時間に参戦するもトラブルで完走できなかったらしく。

なんにせよ、大手メーカーでない、このような独立系コンストラクターが元気な方が面白いですよね。
e0045768_21041803.jpg
鉄道総合技術研究所に到着。
4月に新幹線の中から見つけて気になっていた施設です。思ったより早く訪れる事ができました。
e0045768_21071353.jpg
とは言ってもフェンスの外から試験車両を眺めるだけですが。
左から443.0km/hを記録した「300X」。反対側の先頭車両は名古屋のリニア・鉄道館に展示されており、私も2016年に見ています。

真ん中の薄緑色のは「STAR21」、右が「WIN350」だそうです。
e0045768_21163600.jpg
左の「STAR21」はJR東日本のE3系に似てるな。
e0045768_21203426.jpg
「WIN350」の車体色の雰囲気は好き。
e0045768_21223706.jpg
e0045768_21252415.jpg
e0045768_21185383.jpg
傍らを現役の新幹線がバンバン走っていきます。
真っ白いのは露出が難しいんだよね、すぐ白飛びして。
e0045768_21193464.jpg
近江鉄道はノンビリと。

そろそろ切り上げましょう。
米原I.Cから名神道に乗り、ひた走ります。

事前の情報通り、この日は一宮・小牧も全く混まず、スムーズに走行。
まったく、ピークをちょっとずらしただけでこの違い、5/3の激しい渋滞が嘘のようです。

ジャンジャン金使って道路作るのもいいけど、やっぱり働き方・休み方を変えた方がいいよ、日本人。

静岡SAで休憩。
e0045768_21300333.jpg
何だこの「ほてい」のデカイ焼き鳥缶詰! 左の普通のの何個分あるんだ・・・?

「ほてい」って静岡の企業なんですね。

その後も順調に走行。
e0045768_21343207.jpg
富士山もよく見えました。5/3早朝の暗いうち、土砂降りの雨の中をベソかきながら50km/hで走ったのが信じられない。

東名と合流してからはさすがに交通量が増え、渋滞するほどではないものの、流れが時おり悪くなりました。
追い越し車線をチンタラ走ったり、イラついて左車線から乱暴に抜いて行ったり、運転技術もマナーも酷いよね。
特にG.Wはレベルが落ちる気がする。

昼過ぎには地元に到着。米原からの400kmを休憩入れて5時間ちょっと。この位なら訳ないのですが。
e0045768_21395531.jpg
ラ・コリーナで自分たち用に買ったお饅頭の詰め合わせ。パッケージがカワイイ。
e0045768_21403277.jpg
桑の葉と「よもぎ」、黒糖の三種類の詰め合わせ。
写真は桑の葉ですが、よもぎが一番おいしかったかな。

4日間でのアテンザの走行距離はざっと1,300km。
ガソリンは次の週末のドライブも含めて1,451kmの走行で28.70L(近江八幡、140円/L)+21.01L(相生、134円/L)+49.07L(地元、138円/L)=98.79L消費、燃費は14.7km/Lとなりました。

GJ型アテンザワゴン25S Lパッケージ、カタログ燃費が16.0km/Lだから≒92%。上出来ではないでしょうか。

(完)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-27 22:05 | Comments(0)

G.W関西旅行、その4~姫路城と動物園→赤穂へ

焼酎「三岳」、地元のスーパーで5合瓶が≒1,000円で売られていたので買ってきました。
いまだにプレミア価格で販売しているところも多いですが、多少は需給が緩んできたのでしょうか。
「赤霧島」もひところよりよく見かけるようになってきたし。

「三岳」もいいけど、普通に売ってる普通の値段の焼酎もじゅうぶんに美味しいけどね。

 ・・・

なかなか終わらないG.W旅行記、やっと目途が立ちましたよ。今日を入れてあと2回です。^^;

姫路城でしたね。
e0045768_21033473.jpg
姫路城。白い。前に来たのは2009年の年末、まだ修繕工事をする前の頃。
e0045768_21215589.jpg
こんな感じでした。壁は前から白漆喰だったけど、瓦の色が違うんですね。
木も伐採して、天守がスッキリ見えるようになっています。
e0045768_21235597.jpg
城内の「ぼたん園」でも観ようかと考えていたのですが、わざわざ見るほどのものでもない様子。

こっちにしました。
e0045768_21250989.jpg
やはりお城の一角にある姫路市立動物園。
入園料は大人200円。安い。
e0045768_21263300.jpg
カピバラは和むわ。目が半開きなのと鼻の下が長いのが和みポイントか。



e0045768_21280216.jpg
e0045768_21281146.jpg
またこのレトロな遊具が和む×2。
こちらは料金別途ですが、150円というリーズナブルさ。
観覧車は小さいけど2回転してくれるし。蒲田の観覧車は300円で1回転、東京の物価は高い。
e0045768_21324874.jpg
ミニ動物園かと思ったら、キリンまでいるじゃないか!
e0045768_21331987.jpg
モノレールまであるじゃないか!
e0045768_21335536.jpg
「ふれあい広場」にはハリネズミが!

さすがにこれは触れ合うワケにいかず、飼育係のお兄さんが紹介してくれるのを見るのみ。
e0045768_21424187.jpg
まるで達磨さんじゃ。
e0045768_21430636.jpg
手が出た! カワイイの~。飼いたいけど今はムリ。
e0045768_21442761.jpg
マツダ787Bに乗ってご機嫌なオッサン。
よく見ると「CHARGE」が「CHANCE」。笑
e0045768_21455007.jpg
ミニブタ大人気。
e0045768_21461124.jpg
妙にテンション高めなイモムシ列車は人気薄。
e0045768_21491538.jpg
象もいるしシロクマもいるし、驚くほどの充実ぶり、コスパぶり。
e0045768_21500128.jpg
次はもう少し時間を取って大天守にも登ってみたいな。
e0045768_21521703.jpg
お城の南側にある売店で休憩。
天気もいいので外のテーブル席で軽くお茶をして姫路を後にしました。

ここからは義理の両親と甥っ子を乗せ、5人乗車。
2号線と山陽自動車道を乗り継ぎ、赤穂へ向かいます。
途中のI.C料金所では警察官たちが。ウチはちゃんと全員シートベルト着用していたのでセーフでした。
e0045768_21561812.jpg
この日の宿泊先に到着。
やっぱりレヴォーグの方が少し小ぶりで扱いやすそう。でももうアテンザの大きさにも慣れました。
e0045768_22010545.jpg
かんぽの宿赤穂
e0045768_22013893.jpg
部屋はオーシャンビュー。高台にあるので眺めが良くて気持ちいです。
向こうに見える島は家島諸島。
e0045768_22023944.jpg
西島は採石場になっているらしく、山が削られてすごい事になっています。
そのうち山も島も無くなっちゃいそうな感じ。

温泉に入って夕食です。
e0045768_22092458.jpg
e0045768_22100929.jpg
海の幸の品々、美味しゅうございました。
e0045768_22105485.jpg
義父も私の父と同じ歳につき、喜寿お祝いです。

次の日は赤穂市内を観光。
市内の観光駐車場(無料)にアテンザを停めて歩きます。
e0045768_22123471.jpg
スナック パンダ。

息継ぎ井戸の前にある、からくり時計「義士あんどん」
ちょうど11時前です。少し待って見物しました。


うん、いかにもという典型的なストーリーだな。
e0045768_22201095.jpg
台雲山花岳寺
e0045768_22210949.jpg
e0045768_22221958.jpg
いい雰囲気の通りですが観光客は極少。

(もっかい、続く。)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-26 22:29 | Comments(0)

G.W関西旅行、その3~近江八幡ヴォーリズ建築→姫路で“エヴァ”500系

日本橋の上を走る首都高速道路の地下移設、1.2kmの工事で事業費は数千億円ですか。

やめようや、そういうアホな金の使い方は。

いいじゃん、もう。高度経済成長期の負の遺産として残しておけば。

 ・・・

なかなか進まないG.W旅行記。
やっと3回目。(まだ終わりが見えない・・・。^^;)

近江八幡の八幡堀あたりを後にし、引き続き市内を散策。
ここからのテーマは「ヴォーリス建築巡り」。

メンソレータム(近江兄弟社メンターム)を日本に輸入し、今に至るまで続いている建築設計事務所「一粒社ヴォーリズ建築事務所」のルーツであるウィリアム・メレル・ヴォーリズ氏は近江八幡を拠点に活動し、その足跡がいたるところに残されています。
e0045768_21480353.jpg
これはヴォーリズではありませんが、立派な建物は「白雲館」
明治10年(1877)に建設された学校建築物で現在は観光案内所として使われています。
e0045768_21495666.jpg
右の鉢にはメダカちゃんがたくさん。
いい感じのグリーンウォーターだなぁ。
e0045768_21515368.jpg
この筋はメインの観光筋ではないのですが、じゅうぶんにいい雰囲気。電柱が残念だけど。
e0045768_21523380.jpg
まずは「ヴォーリズ記念館」
晩年のヴォーリズ夫妻が住んだ場所で現在は記念館になっています。
内部見学は要事前予約との事で、今回は外から眺めるのみ。
e0045768_21535458.jpg
すぐ裏のヴォーリズ学園は見学可です。いい雰囲気の学校だなぁ。
e0045768_21545499.jpg
「ハイド記念館」は内部見学可。
国登録有形文化財に指定されています。
ヴォーリズに共感したハイド家(メンソレータムの創始者)の多額の寄付により建てられたそうで、現在は創立者ゆかりの品や絵画などが展示されています。
e0045768_21571518.jpg
これはヴォーリズの荷物をアメリカから運んだトランク。
e0045768_21580763.jpg
学園からは先ほどのヴォーリズ記念館の裏側が。
e0045768_21584108.jpg
続いて「旧八幡郵便局」
e0045768_21592399.jpg
かつては原型をとどめないほどボロボロに傷んでいた建物が、保存再生運動により修復されたそうです。中はお店と展示コーナー。
e0045768_22005162.jpg
e0045768_22010139.jpg
「アンドリュース記念館」
ヴォーリズ建築第一号だそうです。煙突がさっきの記念館によく似ていますね。
中はお店と、一粒社ヴォーリズ建築事務所の分室が入っています。

まだ他にもヴォーリズ建築はいくつもあるのですが、いい時間になりました。
観光駐車場も終了時刻近いし、そろそろ切り上げるとしましょう。

この日は近江八幡市内のビジネスホテルに宿泊です。
チェックインしてひと休み後、夕食を食べに出ました。
e0045768_22053971.jpg
部屋にいる間に降った雨が上がり、虹が出ていました。

駅近くの焼き鳥屋に入りました。
割と安かったけど、まぁ内容的にはそれなりか。
しばらくしたら若い人たちがジャンジャン来て満席に。流行っている模様。
e0045768_22122498.jpg
5/3は雨が止んでも曇りがちで気温も低めでしたが、あくる4日はピーカン!
宿泊した「ホテルはちまん」を出発。

竜王I.Cから再び名神高速に乗り、西へ。
吹田あたりが渋滞しているとの事だったので、新しく開通したばかりの「新名神高速」に入りました。
こちらはスイスイ、渋滞名所の宝塚あたりも無関係。順調に神戸JCTから山陽道に合流しました。
いや、便利になったな。これで大津から高槻まで通れば京都周辺の渋滞もクリアできそうです。平成35年度開通って事はあと5年か。
e0045768_22243084.jpg
権現湖PAで休憩。

この日はJR姫路駅でヨメさんの親族と待ち合わせ、合流です。
駅近くの駐車場にアテンザを停め、入場券を購入して新幹線ホームへ。
e0045768_22265711.jpg
姫路城。白い。この後、訪れる予定。

ヨメのご両親が「こだま」で到着するのを出迎えるのですが、
e0045768_22280773.jpg
どうもコレに乗っているらしく。\(◎o◎)/!
e0045768_22290923.jpg
出迎えはヨメに任せ、私は反対側のホームへ。既に待ち構えている人々。
e0045768_22295093.jpg
久しぶりの500系、キタ━━━━ヽ(☆∀☆ )ノ━━━━!!!!
e0045768_22312444.jpg
と言いつつ、この距離ではまだ普通のと違いがわからん。^^;
e0045768_22315719.jpg
降臨。
e0045768_22321217.jpg
ホエ~、ハデじゃな。
e0045768_22323810.jpg
この先端のトンガリがタマラン。^^; N700はイモ。
e0045768_22330910.jpg
e0045768_22332266.jpg
500 TYPE EVA
e0045768_22341689.jpg
そろそろムコもお迎えに行かねば。^^;

エヴァ号、この5月で終わりだそうで、最後に見る事ができてよかったです。
でもやっぱり普通の色の方がいいかな。

無事に合流し、まずは昼食。姫路市内のレストランへ。
e0045768_22351244.jpg
「カフェ・ド・ムッシュ」
11時過ぎに到着したのですが、既に順番待ちの行列が。人気店ですね。

オーナーさんは生き物好きらしく、入り口の水槽、と言うか衣装ケース?にはカメさんがいたり、待合コーナーの水槽にはウーパールーパーが!ウチのうーちゃんよりだいぶ小さかったな。
e0045768_22373070.jpg
私が頼んだのは「カールヘルムセット」
よくわからんネーミングですが、グラタン風オムライス・アーモンドトースト・ドリンクのセットです。

ここのセールスポイントはボリュームとリーズナブルな価格、圧倒的なコスパです。
e0045768_22404734.jpg
いや、ホントにデカいのよ。

セットメニューのアーモンドトーストも美味しかったですが、単品メニューの方はセットのより厚切りで、更に美味しそうでしたよ。あれを食べにまた行きたいけど、ちょっと遠いな。

みんなお腹いっぱいになり、大満足。再び市内へ、姫路城に向かいます。

(続く。あと2回か?)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-23 22:52 | 鉄道 | Comments(2)

G.W関西(帰省)旅行、その2~近江八幡の街を散策・前編

今日は爽やかに晴れ上がり、実にいい天気でしたね。

もう写真が溜まる一方でパンクしそうです。^^;

 ・・・

まだG.Wの(不完全)帰省旅行、やっとパート2。

ラ・コリーナを後にし、近江ちゃんぽんでお腹を満たした後は近江八幡市内を散策。
市営小幡観光駐車場(1回510円。10円ってのが微妙だな。)にアテンザを停めました。
e0045768_21442207.jpg
京街道というのはこの交差点を左右(東西)に走る通りで別名「朝鮮人街道」といい、徳川の時代に朝鮮通信使が通った道だそうです。へ~。
今回は向こう(北)に伸びる「新町通り」を進みます。
e0045768_21460876.jpg
e0045768_21461881.jpg
せっかくの街並みなのに、電柱と電線が残念。
e0045768_21462513.jpg
e0045768_21465497.jpg
e0045768_21470259.jpg
e0045768_21471057.jpg
e0045768_21472546.jpg
e0045768_21473500.jpg
e0045768_21474409.jpg
「お願い地蔵」さまに旅の無事と家内安全を祈願。^^;
e0045768_21495234.jpg
ヨメが突然いなくなったと思ったら「お麩」屋さんにしけ込んで試食していました。マッタク
ちなみに「ちょうじ」とは「丁字」と書きます。
お麩にしては珍しく四角形をしており、近江八幡の町並みを模して作られた、といういわれがあるそうです。
e0045768_21541381.jpg
八幡堀に出ました。
e0045768_21545908.jpg
桜の時期もよさそうです。
e0045768_21553992.jpg
e0045768_21554968.jpg
e0045768_21555827.jpg
e0045768_21560741.jpg
e0045768_21561698.jpg
手漕ぎは静かだし実に風情がありますが、なかなか進まなくて船頭さんは大変そう。
e0045768_21574442.jpg
e0045768_21584336.jpg
e0045768_21585294.jpg
e0045768_21590102.jpg
そうとは知らずに撮ったカットですが、後で入手した「近江八幡漫遊」という観光パンフの表紙とほぼ同じアングルでした。
e0045768_22123624.jpg
日牟禮(ひむれ)八幡宮に向かいます。
e0045768_22143570.jpg
ここにも「たねや」が・・・。
といいつつ、少し歩き疲れたので入っちゃいます。^^;
e0045768_22151242.jpg
お兄さんが早業で焼いているのは「つぶら餅」
e0045768_22155939.jpg
できたてのアツアツを席でいただく事ができます。
もう、口の中を火傷しそうなくらいのアツアツ。美味しかったです。
ただこれだけなのに、お茶までいただいてしまい、ごちそう様でした。

向かいは洋菓子の「クラブ・ハリエ」、こちらも大繁盛で、近江八幡は「たねや」城下町だな。
e0045768_22184882.jpg
日牟禮八幡宮。
e0045768_22214227.jpg
大きくな~れ。
e0045768_22204118.jpg
e0045768_22211188.jpg
シャクナゲ。
e0045768_22221436.jpg
e0045768_22222424.jpg
e0045768_22223751.jpg
赤い大きな飾り、何に使うんだろうと思ったら、春に開かれる「左義長」という祭りで使われるとか。

しかし画像容量の制限が無くなったら、ヘタな写真を迷いも恥ずかしげもなくバカスカ載せるようになって、ますますダメだな。

(まだ続きますよ。あと何回になるかまだわかりませんが。^^;)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-20 22:30 | Comments(0)

G.W関西(帰省)旅行、その1~近江八幡「ラ・コリーナ」へ

朝から日差しも強く、蒸し暑くなりました。

今週は新しい部下クンの力を借りつつ、着実に仕事が進んだ感あり。
自分でやっていた事を他人に引き継ごう、教えようとすると、改めて色々な気付きがありますね。
時にプレッシャーだったりもしますが。^^;

 ・・・

G.Wの後半は例年、ヨメさんの実家である広島に帰省。
今年は訳あって、途中の姫路で合流という事に。

それなら距離が助かるので、今年は久しぶりにクルマにしました。
例によって1日は途中下車(?)の気楽なドライブ旅行です。

とは言いながら出発は下り方面の混雑・渋滞がピークとなる5/3。
(亭主は休めてもヨメは休めない・・・。^^;)
朝3時起床、3:15に出発しました。

そのかいあって東名厚木は渋滞前にクリアできましたが、しばらく走ると心配していた雨脚が強まりました。
天気予報での「かなり強く降る」という予報がドンピシャです。

足柄あたりからは「オート」ポジションに入れっ放しのワイパーが高速運転しても視界が確保できないくらいの豪雨。
せっかく道は空いていても、50~60km/hがいいところ。

いや~、事故が起きたり通行止めにならないでよかったです。
タイヤはウェット性能が大事だよね。新品でよかった。

いつもは2時間走れば休憩を入れるのですが、あまりの雨にその気にもなれず、6時前にようやく新東名の藤枝PAでひと休みとしました。(それでもだいぶ濡れちゃいましたが。)

その後は雨もピークを過ぎて順調に走行し、7:30頃、豊田JCTを過ぎた上郷PAにピットイン。名古屋近辺で渋滞する前に休憩と朝食にしましょう。
先を急ぐ旅につき、コンビニでサンドイッチを買ってベンチでいただき、再スタートしました。^^;

小牧から一宮にかけて激しく渋滞するという予測だったのでそれを避けるべく、名古屋第二環状自動車道へ。
首都高みたいに狭くて走行は快適と言いかねますが、迂回したかいあって流れは順調。
下調べしといたかいがあったワイと思っていたら、一宮南の手前あたりから全く動かなくなりました。

いや、こんなに動かない渋滞は久しぶり、というか初めてなくらい、動かない。
名神高速の本線に合流するまでの1km足らずに1時間以上かかりましたよ。疲れた。

本線は渋滞と言えども少しずつは動いていたとすると、結局はどちらが早かったか、わかりませんね。とにかく、この一宮は造りも悪い。
e0045768_22274607.jpg
ただでさえ合流で混むところなのに、更に下からI.Cで流入してくるんですね。
これらが最終的にたった一車線になって名神本線に入るんだから、混むのも当然。やれやれ。

その後は関ヶ原あたりでの渋滞も大した事はなく、まずまずの走行。
八日市I.Cで高速を降り、近江八幡市内へ向かう道で地味に混みつつ、この日の目的地に到着。
e0045768_22303136.jpg
「ラ・コリーナ」

ありゃ?まだ屋根も手前の庭も緑になってなくて、茶色?!

どうも暑いくらいの時期にならないと青々としてこないらしいですね。

駐車場はギリギリ待ち無しで滑り込みました。
時刻は11:45。距離は430km程度、順調なら5時間半程度のところが8時間半、渋滞と豪雨で3時間も余計にかかっちまいました。やれやれ。
e0045768_22343831.jpg
いや~、藤森センセの世界だなぁ。
e0045768_22351273.jpg
これまた藤森センセらしい小さな扉を開けて中に入った途端、すごい人の数でビックリ。
いや、驚いた。
e0045768_22362015.jpg
その場で作ってくれる「生どらやき」に大行列! 2階のカフェも大行列!! ムリ!!!
e0045768_22393851.jpg
和菓子の「型」を内装に使っています。オサレですな。

行列しているところはスゴイですが、普通の商品はカウンターで普通に買えます。
とりあえず最低限、買うものを買って、先へ足を進めます。
e0045768_22411085.jpg
面白いなぁ。
e0045768_22413878.jpg
お伽の国のようです。
e0045768_22415829.jpg
すごい立派な木。栗の木だそうです。
こちらの建物はカステラショップ。
e0045768_22424303.jpg
同じく栗の木の柱が印象的なカフェ、やっぱり大行列でこちらも退散。
e0045768_22423756.jpg
でもカステラは買って帰りました。
帰宅後にいただきましたが、割と上品な味かな。
私はもう少し濃いめの味で、ザラメがたくさんついてるのが好き。

再び中庭へ。
e0045768_22440289.jpg
この建物は本社事務所につき、一般客は立ち入り不可。
e0045768_22443900.jpg
手前は池のようですが、この後に田植えがされて田んぼになります。
なんとなくアジアンチック?
e0045768_22452817.jpg
e0045768_22454560.jpg
e0045768_22455448.jpg
e0045768_22460273.jpg
e0045768_22461191.jpg
ステゴサウルスの背中みたい。
e0045768_22472823.jpg
木はいいなぁ。
e0045768_22474203.jpg
この一画はテイストが違う。
e0045768_22480238.jpg
ガレージ風ですよ。
e0045768_22481548.jpg
フィアット500、もちろん古い方。
e0045768_22490579.jpg
フードコートならと思ったのですが、こちらも大行列。いや、恐れ入りました。
e0045768_22494721.jpg
右側のグレーの部分は今後の計画予定地だそうで、まだ発展途上らしく。
これ以上の人気になったらディズニーのアトラクション並みに入場制限必至かと。
e0045768_22510895.jpg
ZR1600のHDRアートで。
e0045768_22521741.jpg
施設が全部できた頃、また来るとしましょうか。

ラ・コリーナで食べ損ねたので、近江八幡駅そばのお店に向かいました。
e0045768_22544722.jpg
「ちゃんぽん亭」
e0045768_22552271.jpg
近江ちゃんぽん! 「秘密のケンミンSHOW」で見て、食べたかったのよ。

オーダーしたのは野菜増量Ver.でしたが、美味しかった!
長崎ちゃんぽんと違った「究極の黄金だし」、気に入りましたよ。
e0045768_22593587.jpg
半分程度いただいたら「酢」とコショウを投入。
うん、また一味違った味わいになって、これまたイイ!
e0045768_23015112.jpg
もう一品は「肉そば」ネギ増量。
こちらも美味しかったです。大満足でした。

関東にもあれば食べに行くのにと思ったら、東京の水道橋にあるそうで。
水道橋か、ちょっと遠いな・・・。横浜出店を希望。

(あと何回かわからんけど、続く。)

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-18 23:17 | Comments(0)

4/21,22、山梨に帰省~後編

TOKIOの山口達也サン(あ、「山口メンバー」でしたっけ?)、ジャニーズ事務所を契約解除ですか。残念なことで・・・。

 ・・・

大リーグ・マリナーズのイチロー選手、
今シーズンは試合に出ない事になったそうで。これまた残念。
「アドバイザー」って形がいいのか悪いのか、私にはよくわかりませんが・・・。

 ・・・

G.Wも終了。明日は社会復帰です。残念。ハァ。

 ・・・

こちらはまだ4月の山梨帰省。とっとと片付けましょう。
恵林寺でしたかね。

方丈の庭園。
e0045768_21474397.jpg
e0045768_21475899.jpg
e0045768_21484382.jpg
「うぐいす廊下」を越えて信玄公の廟所にお参り。
e0045768_21495295.jpg
e0045768_21500685.jpg
見事な庭園でした。
e0045768_21502261.jpg
奥から横入りしてしまったので、今さら山門へ。
e0045768_21521477.jpg
南入口、総門の近くのお店やさんのメダカが元気。いいなぁ。
e0045768_21540284.jpg
e0045768_21541197.jpg
花も楽しませてもらっただけで失礼。m(__)m

甲府市内に戻り、県立美術館へ。
e0045768_21551663.jpg
「100万回生きたねこ 佐野洋子の世界展」が開催中。
私はこっちを観たかったのですが、父の所属する絵画サークルの展覧会に付き合わされました。
e0045768_21562919.jpg
太郎さん作「樹人」、久しぶり。
e0045768_21573187.jpg
富士山、まだけっこう白い。

山梨の実家に戻り、
e0045768_21580100.jpg
一息入れると母は大正琴の集まりがあると出かけたので、お暇しました。
e0045768_21584703.jpg
まだ4月なのに気温31度って、どうよ?
e0045768_21591960.jpg
お寺のワンちゃん、久しぶり~♪
e0045768_21594359.jpg
牙をむいてかぶりつくの図。
e0045768_22000437.jpg
キバ出てるって。
e0045768_22003341.jpg
またね~♪

渋滞する前にと早めに出たのですが、やはり小仏トンネル前で渋滞。
e0045768_22012122.jpg
VICSの情報ってホント、いい加減だよね。
e0045768_22025749.jpg
「小仏トンネル 増設計画中」って、バカなの?
圏央道とのジャンクションを小仏TNの東京寄りに作った時点で間違っていたかと。

いや今年のG.Wもつくづく思った次第ですが、日本人の休み方、働き方を変えるべき。
集中日はとことん混むし、ずらせばウソみたいに混まないんだから。

トンネル掘って道路を通すのは莫大な金がかかるけど、休み方・働き方を変えるのはタダだし。

帰りにアテンザ(ワゴン25S)に給油。
652.6kmの走行で49.54L、燃費は13.2km/L。
レギュラーガソリン単価は132円でした。

(EXILIM ZR1600)



by t_bow2002 | 2018-05-06 22:17 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ
鉄道
読書
未分類

最新の記事

是枝監督の映画「万引き家族」..
at 2018-08-13 22:13
サヨナラ打の菊池「振り返った..
at 2018-08-12 22:15
司馬遼太郎「坂の上の雲」8巻..
at 2018-08-11 22:00
Googleユーザーのあなた..
at 2018-08-09 21:40
ふるさと納税、鳥取の岩ガキと..
at 2018-08-08 21:47

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:47
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:13
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:50
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:08
> out>in>out..
by t_bow2002 at 20:45
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 20:41
こんばんは。 このシグ..
by out>in>out at 22:19
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:16
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:25
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:17

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
more...

リンク

タグ

ブログジャンル

車・バイク
カメラ