人気ブログランキング |

タグ:旅行 ( 425 ) タグの人気記事

イタリア旅行、番外編 ~ 現地のクルマ

ラグビーW杯、スコットランド戦に勝利して決勝トーナメント進出!

いや~、まさに死闘と言うべきスゴイ試合だった。

 ・・・

イタリア旅行記、番外編。現地のクルマ関係をダラダラと。

最初に到着したミラノ・マルペンサ空港のタクシー乗り場。
e0045768_16233412.jpg
いきなり見慣れたプリウスα、地球を一周してもとに戻ったのかと。
まぁ、RAV4のタクシーは日本にはないか。
イタリアのタクシーはみな真っ白、見た限りでは車体が汚れているような事もなかったし、ちゃんとメーターも装備されており、こういったタクシー乗り場から利用する限りでは安心して乗れるようです。
e0045768_16262098.jpg
空港からミラノ市内へ向かう高速道路、夕方の帰宅ラッシュ時間に重なって渋滞。
意外とドイツ車が多い。日本みたいなミニバンはほとんどいないけどSUVが多いのは同様。
e0045768_16290567.jpg
ホテルの駐車場、VWパサート・ヴァリアントの隣には見た事ない車が。
「DACIA」って、なんだ?ダーシア?

帰国後に調べたら「ダチア」というルーマニアの自動車メーカーで、ルノーグループの一員だそうで。
この車種はDuster(ダスター)というクロスオーバー系、もっさりしたデザインでお世辞にもカッコいいとは思えませんが、お値段の手ごろさでけっこう売れているようです。確かによく見ました。
e0045768_16341805.jpg
アバルト。フィアット500は本当によく見ました。大人気。
BMW、アウディ、VWが多かったです。ベンツは少し少なかったかも。
e0045768_16362551.jpg
シュコダ。東欧のイメージがあります。
→チェコでした。これも今やVWグループ傘下、チェコでは国内自動車生産のシェア1位だそうです。やっぱり世界的にグループ化が進んでいるんだなぁ。
e0045768_16411324.jpg
日本には導入されていないVWのSUV。マツダのCX-30くらいの車格でしょうか。
ティグアンよりは明確に小柄で背が低く、スタイリッシュな方向性。
e0045768_16421127.jpg
T-ROC(Tロック)。2トーンの塗色も似合っていてカッコいい。
e0045768_16452303.jpg
一瞬トヨタかと思いましたが、
e0045768_16455372.jpg
ヒュンダイ i20。どこかで見たようなディテールの寄せ集め感。
それなりのレベルでまとまってはいるけど、オリジナリティは確立できていないか。
ヒュンダイとKIAはけっこう見ました。明らかにマツダやスバルより多かった。
キアの方が少しデザインが派手め、攻めた感じなのかな。
e0045768_16512289.jpg
働くクルマ、ルノーのバン。
e0045768_16520306.jpg
ヨーロッパの都市と言えば縦列駐車。ミラノはまだ全然、上品でした。
e0045768_16572064.jpg
ミラノとベネチアを結ぶ高速道路は国際的な物流の幹線らしく、各国のナンバープレートをつけた大型トラックがたくさん。
e0045768_17010944.jpg
ベンツのトラック、デカいなぁ。
e0045768_17013160.jpg
ここの高速SAのガソリンスタンドはセルフでした。

Pbって、未だに有鉛ガソリンか?!と思いましたが“Senza(センツァ)”というのがイタリア語で「~無し」という意味だそうなので、鉛無し=無鉛ガソリンですね。
リッター1.659€、1ユーロ120円とするとリッター199円。日本よりずいぶん高いです。
一番下のスーパーがハイオク相当なのかな?

ディーゼル用も普通のと割高な「eco」と二種類あります。
日本にはないなぁ、何が違うんだろう?

イタリアのガソリンスタンドと言えば、昔フェラーリFIで見た「Agip」
e0045768_17161619.jpg
案外少なくて、代わりによく見たのは同じ動物のマークなのに「eni」という看板。
会社名がeniでGSのブランド名がAgipという関係であり、Agipがeniに統一される方向らしく。eniよりAgipの方がカッコイイ気がするけど。
e0045768_18193488.jpg
ナポリ市内の一般道のガソリンスタンドはこんな感じで小さく、屋根も無し。
e0045768_17200823.jpg
料金の支払いは日本のETCのような自動化が進んでいます。
e0045768_17205366.jpg
面白いのがSAのレストランの建物。
割と都市部に近いところではこのように本線をまたぐ形で建物が建てられているのをよく見ました。イタリアでもそれなりに土地は高いのでしょうか?

イタリアの高速道路、アウトストラーダ(Autostrada) 、だいたい片側3車線で朝夕の都市部以外では渋滞もなく、よく流れていました。
運転マナーですが、意外と悪くなかったですよ。一般的なイメージと違って。

確かにけっこう際どい車間距離で車線変更してくる事はありました。日本だと「割り込み」と取られそうな程度で。
でも車線変更するのは理由があるんですよね。ICから合流してきたとか、逆にICで降りるためとか。
速いクルマと遅いクルマがハッキリしているので、割り込んできた速いクルマはすぐに隣の車線に移っていなくなるので邪魔にはなりません。
たまには左車線(日本では右の追い越し車線)をのんびり走っていて、後ろから猛烈に煽られているケースも見ましたが、気づけば進路をゆずり、日本みたいに煽り返すといった事はありません。

ヨーロッパ風の個人主義ってやつでしょうか。お互い他人はヒト、という感じ。
大型車も前が詰まると追い越しますが、日本みたいにいつまでもダラダラ走り続けて蓋をするようなタチの悪いのは見かけませんでした。
e0045768_17410648.jpg
古い500。ガンバレ~と応援したくなる。
e0045768_17423362.jpg
カプリ島の500。ヤレ具合がいい感じ。
e0045768_17441522.jpg
ローマ市内はクルマだらけ。ちゃんとした駐車場というものがない街なんですね。
e0045768_17454987.jpg
日本には導入されていないコンパクトカー、シトロエンC1。
こんなデザインも日産ジューク(次期型は日本には導入されないとか)の影響を受けているのでしょうか。

道が狭く、駐車場所もないのでコンパクトカーが多くなります。
e0045768_18181009.jpg
この状態からどうやって脱出するんだろう? 前の車は動かせても後のゴミ箱は・・・。
e0045768_18184621.jpg
出た! スマートの直角駐車!!
本人は停めるのも出るのもラクでよさそうだけど、前後のクルマは押して動かせないから迷惑じゃないのかなぁ。

ローマ辺りでは二重駐車も見かけました。中のクルマはどうするんだろうと思ったら、ガイドさん曰く、二重駐車している人はすぐ近くにいるから、ホーンを鳴らせば戻ってくる、と。おおらかだなぁ。ま、日本が余裕が無さ過ぎるのか・・・。
e0045768_18271738.jpg
トヨタのC-HR、意外なくらい人気でよく見かけました。
e0045768_18281883.jpg
セアト・イビザ。ナンバープレートが脱落しそう。
セアトはスペインの会社ですが、これまた今はVWグループ傘下。独禁法違反にはならんの?
e0045768_18303400.jpg
前は日本でも普通に買えたオペル。
これは「アダム」、ツートンカラーがステキ。
オペル、インシグニアとかカッコいいし、また日本でも買えるようにならないかなぁ。
(昔のベクトラより立派になり過ぎて、買えないか。(^^;))
e0045768_19512914.jpg
ローマの交差点で強引に左折するのは日産キャシュカイ。けっこうよく見ました。
日本のエクストレイルと同じかと思いきや、ひと回り小さい別ボディ。
日産はキャシュカイの他はマイクラ(日本ではマーチ)がボチボチ。

ちなみにミラノではほとんど耳にすることが無かったホーン(クラクション)、ローマとナポリではバンバンでした。
e0045768_20005931.jpg
リーフのタクシー発見。充電インフラはどの程度、普及しているのでしょうか。
e0045768_20015094.jpg
街角の充電スタンドで充電中の極小電気自動車。メーカー・ブランドは不明。
昔あったスズキの「ツイン」みたいな寸詰まり感。
e0045768_20081109.jpg
小さいクルマと言えば、トヨタの「アイゴ」も時々見かけました。日本未導入。
(この写真のみ、WebCGより拝借)
後ろ半分は悪くないけど、顔がつぶれててパグイヌみたい。イマイチ・・・。
トヨタはヤリス(ヴィッツ)、プリウス(α含む)、C-HRにRAV4、あとレクサスも時々。
e0045768_20114598.jpg
マツダは少なかったですね。
「グローバルシェア2%」って言えば50台に1台?ストック分も入れると及ばないにせよ、滅多に見ませんでした。
6(アテンザ)は現行型よりむしろ初代の方が見たくらい、3(アクセラ)もほんの数回、見かけた程度。

こちらのサイトによれば2018年のイタリアにおけるマツダのシェアは0.6%。
うん、そんなもんだろうなぁ。

ちなみにトップシェアは当然FIATで15.1%、2位はなんと!JEEPの5.4%。
どうりで「レネゲード」をよく見た訳だ。FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)だもんなぁ。
e0045768_20233742.jpg
デカいアメ車は当然、少ないです。停める場所ないもんね。

スバルも少なかったな。現行型アウトバックを2回ばかり見た程度。
あの程度で商売続ける旨味があるんじゃろか。ヨーロッパと言うとWRCでの活躍が即、売り上げにつながるという解説が定番ですが、過去の栄光も賞味切れといったところでしょうか。

イタリアと言えば、のこちら。
e0045768_20232728.jpg
フェラーリは意外なくらい、少なかった。2回しか見なかった。
e0045768_20245729.jpg
フェラーリものを扱うお店の方が数が多かったですね。
e0045768_20254827.jpg
ランボルギーニは走ってるのは1回も見なかった。ローマでお店を見ただけ。
「ウルス」、日本でも見た事なかった。初めて見た。

イタリアのパトカー。
e0045768_20270827.jpg
BMW3シリーズのツーリング。イタ車とは限らないらしく。
e0045768_20343197.jpg
フィアット・プントは履いて捨てるほど(失礼)見たな。

イタリアの観光地には警察だけでなく、軍隊がよく睨みを利かせていました。
ベレー帽がかっこいいけどデッカイ銃を構えていて怖いのよ。
写真撮ってたら「撮るな!」という感じで追い払われちゃいましたが。
e0045768_20275069.jpg
ピサの斜塔にいたアルファロメオ159。
Guardia di Finanza(財務警察)というのは経済財務省の所属であり、脱税、密輸から麻薬取引などを中心に捜査しているそうです(Wikipediaより)。
あんな観光地でそんな取引してるのか?!
(→最近では普通の交通取り締まり等も行うようです。)

最後にイタリア人の運転について再度。
高速道路については前述した通りですが、市街地の運転についても基本的に日本人より上手いと思います。
信号のないラウンドアバウトの交差点が多いですが、実に「あうんの呼吸」でスムーズに流れています。
大きめのラウンドアバウトでは2車線的に使えても大型バスが入ると並走は不可能になりますが、混乱もなくかわしています。
日本だったらいちいち大騒ぎになりますよ、あれは。

お互いの呼吸とアイコンタクトで繋いでいく、あれはサッカーだな。
日本は野球でしょ。その都度信号(ベンチからのサイン)で指示されて自分で判断する部分が少ないという。

小さいクルマを、周囲を見てないようでよく見ながら、MTで器用に操ってますよ。
MTが多い(2世代前のベンツCクラスやBMW3シリーズはMT比率高し)せいもあるでしょうし、コンパクトカーでも平気で4人乗車するのが普通、よってシートポジションは前寄りとなり、はた目からは窮屈な感じすら受けますが。
e0045768_20584822.jpg
こんなストレートアームはほとんど見ませんでした。

気になるのは「携帯電話」
イタリアでも運転中の携帯電話は禁止の筈なのですが、とにかくよく見かける。
スマホ見ながらで大丈夫なんだろうか。クルマどころか、バイクでもスマホ片手の運転を見ました。
この辺のいい加減さがイタリアと言うべきか。

警察の取り締まりや交通事故は滞在中、一度も見ませんでした。故障で止まってるのは何度か見たけど。
日本の取締りのあり方とか、運転マナーとか、本質とはかけ離れた部分でせめぎ合っていて、子供っぽいなと思います。

あのイタリアの雑踏の中をスイスイ走れるようにならない限り、日本人はサッカーで一流になる事も、モータースポーツのドライバーとして一流になる事も難しいのかなと感じました。

(K-7+タムロン10-24mm、 ZR1600、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-10-13 22:10 | | Comments(0)

イタリア旅行その11、7日目・最終日 ~ ローマを見て帰国

イタリア旅行記、ようやく「本編の」最終回です。
e0045768_21475599.jpg
イタリアでの最後の朝食。1週間なんてあっという間ですね。
e0045768_21500099.jpg
このホテル(ローマのHOTEL NH ROMA VILLA CARPEGNA)、珍しくアメリカンスタイルのコーヒーがありました。

最終日はローマ市内で5日目に見切れなかったところを見て観光終了、あとは帰国です。
e0045768_21522165.jpg
e0045768_21525022.jpg
車窓から古そうな遺跡が。
ローマはそこら中に遺跡があるというか、遺跡の中に町があるというか。

バスを降ります。
e0045768_21554026.jpg
コロッセオ~♪
e0045768_21592089.jpg
e0045768_21593692.jpg
ローマあたりに多い「笠松」の木。日陰を作るために街路樹として植えられたそうです。
e0045768_22012333.jpg
ひとしきりガイドさんの詳しすぎる解説が。

コロッセオが完成したのは西暦80年、そのころ日本は弥生時代!
ローマ帝国すごすぎるよ。
建設に際しては労働力として奴隷を大量投入したので、規模の割には工期は短かったとか。
e0045768_22094725.jpg
e0045768_22095934.jpg
e0045768_22101127.jpg
e0045768_22102175.jpg
e0045768_22133661.jpg
内部は改修されているようで、上下するエレベーターが見えました。

(説明が長過ぎたせいで?)時間がなかったので中にも入れんし、周囲をぐるっと一周すらできなかった。残念。
e0045768_22110629.jpg
コロッセオと夾竹桃。

ついにこれで終了。
イタリア、数々の名所をこの目で見ることができて楽しかったけど、もう少し、ゆっくりしたかったなぁ。
ツアーは効率はいいけど自由時間は制限されますね。

バスに乗り、フィウミチーノ空港に向かいます。
e0045768_22144287.jpg
古い建物や街並みを大事にする一方で、郊外にはモダンな建物も。
e0045768_22152554.jpg
空港で手続きを終えた後、しばし昼食を兼ねた自由時間。立派な空港でお店もたくさん。
e0045768_22160644.jpg
なんと「味千ラーメン」が!
e0045768_22162648.jpg
味千ラーメンが13€(ユーロ)、1,600円くらいでしょうか。
日本人の感覚では高いですが、けっこうお客さんは入っていました。
e0045768_22182002.jpg
ウチはイタリア料理店に入り、まずはビール。BIRRAがビールの意味です。
e0045768_22211994.jpg
イタリアのレストランでは突き出し的にパンが出てくるのですが、今回の旅行ではほとんどが固くてボソボソ、サービス料に含まれているから食べないと損だと思っても、とても食べられる代物ではない事が多かったのですが、このレストランのは例外的に美味しかった。今回ベスト。
e0045768_22192348.jpg
アマトリチャーナと
e0045768_22200377.jpg
牛の尾の身を煮込んだ料理。どちらも美味しかったです。
e0045768_22210284.jpg
フェラーリのお店もありましたが、特にファンでもないので。
e0045768_22243538.jpg
おぉ、こんなところで出会えるとは♪
e0045768_22251646.jpg
そろそろ搭乗口に行く時間なのですが、ヨメがイリーのは飲んでみたいと。
e0045768_22255855.jpg
イタリア人デザイナーの手によるコーヒーカップのセット、カワイイけど小さくてエスプレッソにしか使えなさそう。
全く同じものが日本でも買えるようですが、お値段はほぼ2倍でした。
e0045768_22312233.jpg
我々の乗るアリタリアの隣のエミレーツ、エアバスA380だ。デカい!
e0045768_22322488.jpg
エンジンもデカいなぁ。
e0045768_22331002.jpg
総二階でずんぐりしてます、ボーイング747の方がカッコよかったかも。
垂直尾翼も相当デカそう。今までの格納庫では入らないんじゃないかと心配になる。
e0045768_22414189.jpg
主翼の反り具合がよくわかります。
離陸するのを見たかったのですが、ずいぶん向こうの方に移動してしまいました。残念。
e0045768_22453164.jpg
それに比べて我らがボーイング777のボロイこと、狭いこと。
e0045768_22344173.jpg
e0045768_22353249.jpg
部品が取れて落ちかかってるし! よく見たら粘着テープで補修してるけどダメだし。

もうとにかく前後の間隔が近くて狭い。しかもシートの背中部分とヘッドレスト部分の位置関係がおかしくて首や背中が妙に疲れるし。
体の大きい人は大変だぞ、あれじゃ。
テレビも液晶のタッチパネルの反応が悪くて操作性が悪い。画面も小さくて暗いし。
押しても反応が鈍いのでつい強く押しますよね。後ろの人が強く押すと圧力を感じるペラペラシート。

窓側だったのですが3人掛けなので廊下側の人(現地人)に気を遣うし。

成田→ミラノの往路はよかった。エアバスのひと回り小さい機種だったのですが窓側二人だったのでトイレも行きやすいし、狭くてもシートはけっこう快適、テレビも見やすかったです。空調は往復とも寒めでした。

チェックインしているのに登場しなかった客がおり、その人の荷物を下ろすとかで30分ほど遅れての離陸となりました。
e0045768_22423212.jpg
さらば、イタリア!
e0045768_22431017.jpg
海沿いの町を眼下に見つつ、高度を上げていきます。
e0045768_22523255.jpg
バラトン湖、ハンガリーの上空です。
e0045768_22534270.jpg
ブダペストの市内中心部がよく見えます。下部の長円形は競馬場。

機内食が運ばれてきました。
e0045768_22553071.jpg
イタリアの味にも少し飽きてきたので和食を選択。唐揚げという事でしたが、固くてパサパサ、味も悪いし最悪でした。大失敗。
e0045768_22564866.jpg
洋食の方が間違いなかったけど、小麦粉にチーズも少し飽きた。
e0045768_22575801.jpg
太陽が沈んでいきます。

暗くなって景色も見えないので、映画でも見ますか。
e0045768_22583196.jpg
”A Star Is Born” 日本では「アリー/ スター誕生」、レディー・ガガ主演の話題作でした。
見ようかと思いつつ見逃していた作品なのでラッキー♪と思ったら、日本語吹き替え版がない。
まぁそんなに難しいストーリーじゃなかろうと英語のオリジナルで観ました。
まぁ、歌の良さは損なわれないし、だいたいの筋は理解できたので楽しかったですが、やっぱり細かい部分は私の英語力では理解できんかった。なんで面倒見の良さそうな付き人さんとケンカしてるの?とか、帰国後に復習して理解した次第。

レディー・ガガ、エキセントリックな印象が強くて好みではないなぁとこれまで自発的に歌を聞いたことなかったですが、あの才能はさすがですね。イメージ的にもっと大きい人かと思ってたら意外と小柄だったし。

狭いしシートがボロで寝心地が悪いので熟睡できず、ウトウトしては目が覚めるを繰り返している間に夜が明けました。
e0045768_23043351.jpg
日本だ! 山形県酒田市です。
e0045768_23084531.jpg
あっという間に反対側の海=太平洋側に出ました。日本は小さい。
e0045768_23092282.jpg
海岸線に沿って南下していきます。
e0045768_23095024.jpg
緑がキレイだな、日本は。
e0045768_23112325.jpg
鹿島の石油?ガス関連施設。
e0045768_23114764.jpg
利根川、銚子方面を見ながらぐっと右旋回。
e0045768_23124837.jpg
成田空港に無事着陸。帰ってきちゃいました。
e0045768_23135290.jpg
あれ?ボーイング747だ。まだ飛んでるんだ。
カリッタエアというのはアメリカの貨物航空だそうです。
e0045768_23144593.jpg
ジャンボジェット、旅客用としては引退してもまだ貨物ではバリバリ現役なのね。
e0045768_23153338.jpg
タイのライオンエア、垂直尾翼の模様がカワイイ。
e0045768_23161467.jpg
写真は京成スカイライナーですが、ウチは帰りもJRの成田エクスプレス。
e0045768_23164371.jpg
日本のコメは美味しいし、席は広々、サイコーだ!
e0045768_23171703.jpg
e0045768_23172815.jpg
街はゴチャゴチャしていて、どうしようもないけど。

(本編はこれにて終了)

(K-7+タムロン10-24mm、 ZR1600、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-10-08 23:19 | Comments(0)

イタリア旅行その10、6日目 ~ カプリ島「青の洞窟」へ

昨日とは打って変わって涼しくなりました。
プロ野球のCSは第2戦、セパとも熱く盛り上がっているそうで。どこが勝ち上がりますかね。

今週末はまた台風なの? いい加減、勘弁して欲しいなぁ。
千葉なんか1ヶ月も経つのにまだ停電が続いているとか屋根の修理も進まないとか、そんな状況なのに。

 ・・・

イタリア旅行記、10回目。

この日はローマからナポリへ移動。
ホテル出発が朝6時半と早いため、朝食は弁当(?)配給。
e0045768_20065447.jpg
リンゴを丸一個というアバウトさがイタリアと言うか。
えぇ、ナイフもないので丸かじりでいただきましたよ。美味しかったです。
サンドイッチはまぁ、日本のコンビニの方が上。
アプリコット(あんず)、こちらでは割とポピュラーな果物のようです。
e0045768_20091586.jpg
まだ日の出前のローマ市内。でもけっこう通勤らしい車やバイク、人々を見かけました。
何度も言うようですが、けっこうイタリア人は働き者だと思います。

この日も高速道路は鉄道と並走。
e0045768_20110983.jpg
色々な保守車両が停まっていました。

休憩含み3時間少々でナポリ市内へ。
e0045768_20145349.jpg
e0045768_20151654.jpg
市内中心部は高層ビルが立ち並んで都会風ですが
e0045768_20155848.jpg
この辺りは港町、コンテナが積みあがっています。
e0045768_20171646.jpg
ナポリは日本と同じく、洗濯物を外に干す習慣があるそうで、ローマよりさらに庶民的な雰囲気。
と言えば聞こえはいいけど、言い方を変えると治安に不安を覚えます。
聞けばアフリカあたりからイタリアに不法入国した場合、最初にたどり着くのがナポリだったりするそうで。

バスを降りて港に向かいます。
e0045768_20181451.jpg
そびえるは「ヌオーヴォ城」日本語では「新城」。13世紀の建築でも新しいの?もっと古いのがあるそうですよ。
日本の城で古いのと言えば、現存する国宝の天守閣の中でも最古である犬山城は1537年だそうです。
e0045768_20322941.jpg
10:35発のカプリ島行きの高速船に乗る予定ですが、少々到着が遅れ気味。
さらに乗り口が直前に変更され、列を作って待っていた人々がゾロゾロ大移動。
e0045768_20390760.jpg
10分ほど遅れて出港。巨大客船が入港しています。
e0045768_20400177.jpg
ベスビオ火山、上の方が雲に隠れていました。
e0045768_20403482.jpg
船の中はこんな感じ。まぁ日本のと似たような感じです。
けっこう大きな船だったので揺れも気になりませんでした。
e0045768_20414230.jpg
1時間ほどでカプリ島に到着。
すぐに小さなボートに乗り換えます。
e0045768_20425190.jpg
「アンチョビがたくさん泳いでますよ~♪」とはガイドさん(現地人)のセリフそのまま。
e0045768_20462456.jpg
これに乗り換えて「青の洞窟」入り口に向かいます。
e0045768_20472803.jpg
すぐに慌ただしく出港。
e0045768_20491730.jpg
ものすごい切り立った岩山です。中腹になんと道が通っている!
手前の船がナポリ港から乗ってきた高速船。
e0045768_20501577.jpg
船はこんな感じ。他のツアーや個人客も一緒に、30人くらいだったかな?多国籍。
日よけがあるのは前半分ですが、救命ボートの影もあるし海風が意外と涼しく、日差しは強めなものの、それほど暑さは感じませんでした。
e0045768_20515232.jpg
この後の待ち時間を知らないので、まだ余裕の表情。
e0045768_20531729.jpg
「青の洞窟」近くで船が停止しました。ここでしばらく順番待ちだそうです。
同じような船が何艘も見えるけど、大丈夫なの?

ガイドさんや船頭さんが携帯電話で情報交換した結果を船内に通知。
「5ボートが私たちの前にいます。」と。

幸いにも波の状態は良好で洞窟には入れているようですが、相当、待ちそうですね。
ま。急いだところで仕方ない。待つとしましょう。

途中、船酔いしたという熟年女性がリタイヤ、洞窟見物を終えて港に戻る船に乗り移っていきました。
もう一人、西洋人(?)の若い女性が猛烈にクレームをつけ、しばらくガイドさんとやりとりしていました。
早口なので私の語学力では意味はおろか、何語かも不明でしたが。
おそらく「こんなに待たされるなんて聞いていなかったわよ!」といったところか。
e0045768_21001031.jpg
ヨットはいいなぁ、エンジン無しで進むって、エレガント。
e0045768_21071114.jpg
こちらもエンジンは切っているのですが、だんだん流されて入り口に近寄っていきます。
思った以上に洞窟入り口が狭く、あの小さなボートで少しずつ、中に入っては出てきてを繰り返すそうです。
そりゃ、こんなに世界中から観光客が押し寄せたらキャパオーバーになる訳だ。

しかも海からだけでなく、陸路からも続々と合流しています。
あの辺の順番、ちゃんと公平に処理されているんだろうか?イタリアだけに心配。
e0045768_21090520.jpg
でもね、待たない人もいるのよ。
e0045768_21143034.jpg
お金持ちですかね。

ようやく我々の船の順番になったようです。
待ち時間は1時間40分ほど、カプリの港を出てから2時間ですか。
e0045768_21183163.jpg
あのお兄さん、船底に溜まった水を何杯も汲み出しているんだけど!
まさかあれじゃないだろうな・・・。
e0045768_21211992.jpg
こんな感じで乗り込みます。ベネチアのゴンドラ同様、我々エコノミーなツアー客はグループ乗船。
さっきのヤバそうなボートではなかったものの、多少、船底には水が。汚れてもいい服装がお勧めです。
海の上とは思えない、いい加減な感じで船を乗り移りますが、波が静かなのでOK。
e0045768_21240822.jpg
スマホで何やら連絡を取る船頭さん。イタリア人、けっこう電話好きらしく、バスのドライバーさんも運転中でも平気でかかってきた電話を取ります。
e0045768_21260581.jpg
あそこが「青の洞窟」入り口です。高さは1mちょっとでしょうか。幅も狭い。
どうりで少しでも波が高い日は入れなくなる訳です。

船頭さん、外では立ち上がってオールを漕いでいるのですが、入り口を通り抜ける際はオールを船べりに置いてしゃがみ込み、岩壁に設置された鎖をたぐってボートを進めます。

こちらのサイト(「ITALIA EXPRESS」青の洞窟入場率予報と確率の徹底分析!)によれば、9月の入場可能確率は60%だそうです。
6,7,8月の夏場が高くて80%を超えるようですが、真夏の暑い時期に外で待たされたら死にそう。
e0045768_21300606.jpg
いよいよ突入!

頭をぶつけそうな入り口を潜り抜けて中に入ると真っ暗!
一眼レフの感度をISO1600まで上げてスタンバイしていたのですが、暗すぎてK-7では全くピントが合わない。のでシャッターが切れない!
後から思えば距離は目検討でMFモードにしておき、ピンボケでも切れるようにしとくべきでした。

結局K-7は全く役に立たず、コンデジのEXILIM ZR1600とヨメのスマホ(ギャラクシーA30)で何とか何枚かボケボケ・ブレブレ写真を。
e0045768_21353624.jpg
e0045768_21355184.jpg
e0045768_21355957.jpg
撮影は失敗でしたが、この青さは聞きしに勝る美しさ、自然の色とは思えない、今までに見た事の無いようなブルーで最高でした。

ZR1600もピントが合わないので動画でも。


歌声が響いているのは他のボートの船頭さん。
うちのボートの船頭さんはおとなしかったです。もしかしてチップ上乗せだったのか?
e0045768_21430074.jpg
あっという間に出てきちゃいました。眩しくて目が開かない。

カプリ島の中心部に戻り、昼食です。
洞窟の入場待ちが予定外に長かったので、食事時間にしわ寄せがいきました。
15分しかありません!って、マジか。
e0045768_21454730.jpg
そうは言ってもまずはカプリ島っぽくレモンビールで乾杯。
PERONIってよく見るブランドだから、地ビールではなさそう。
お味の方は、少し甘すぎか。ジュースっぽい。泡立たないし。
e0045768_21453749.jpg
スパゲティ・ボンゴレ(アサリのスパゲティ)。まぁ普通に美味しい。
e0045768_21472748.jpg
「魚介のフライ」と聞いていたのですが出てきたのはイカ君。まぁ素揚げってのもあるか。
味は悪くないんだけど固いので食べるのに時間がかかる。あごが疲れた。
e0045768_21482739.jpg
リゾートは程遠い雰囲気で食事をやっつけて、港に向かいます。
e0045768_21510110.jpg
e0045768_21512377.jpg
街並みもカワイイし、「カプリ・ウォッチ」なんて腕時計も名物らしいですが、それどころじゃなく。
e0045768_21522324.jpg
アンタいつの間にレモンチェッロ買い込んだの?たいしたもんだ。
e0045768_21532432.jpg
島内のタクシーはだいたい、こんな感じ。けたたましくクラクションを鳴らして観光客を蹴散らしながら爆走します。

再び高速船に乗り、カプリ島にはさようなら。もう少しゆっくりしたかったなぁ。
e0045768_21542486.jpg
ナポリ港に到着。ベスビオ火山が今度はよく見えました。
港からバスに乗り、ローマへの帰路につきます。ナポリ市内も観光なしでした。
ナポリタン食べたかったなぁ。笑
e0045768_21560359.jpg
ベスビオ火山、昔は大きな一つの山だったのが、数回にわたる大噴火で割れてしまったとか。古代都市ポンペイを壊滅させたのもこの火山の噴火です。
(ちなみにこの日、天気が悪くて青の洞窟に入れないことが最初からわかっていたらポンペイ見学だった。)
e0045768_22014257.jpg
途中の休憩ではコーヒーを。
e0045768_22024699.jpg
エスプレッソもカプチーノも、どこで飲んでも安くて美味しく、ハズレなし。

バスの中で居眠りしているうちにローマのホテルに到着。バスは楽です。
e0045768_22033009.jpg
例によってパスタと
e0045768_22035349.jpg
肉の組み合わせ。ニンジン、私の嫌いな甘いやつかと身構えましたが、そうでなくてセーフ。
e0045768_22044576.jpg
毎日パスタに肉にピザでしたが、それぞれ味付けが違ったりとバリエーションがあり、それほど飽きませんでした。
e0045768_22062463.jpg
部屋で入浴後、飲みなおし。
スーパーで買ってきた安い紙パックワインでも、普通に美味しく飲めましたよ。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-10-06 22:29 | Comments(2)

イタリア旅行その9、5日目 ~ ローマ・バチカン(後編)

ラグビーW杯サモア戦、ダブルスコアで3連勝!
今日はじめて通してTV観戦しました。
細かいルールはわかりませんが(高校の時、体育の授業で少しやったので「スローフォワード」と「ノックオン」だけは覚えてた)、それでもけっこう楽しめました。

 ・・・

10月だというのに東京では30度を超えたという暑さ。

空気は乾いているので本当の夏のような蒸し暑さはありませんが、日差しは強く、イタリアの気候を思い出しました。(^^;

 ・・・

そろそろ片づけたいけど終わらないイタリア旅行記、ローマの続きです。

バチカンを後にし、再びバスに乗って移動。ローマの有名観光地に向かいます。
距離にして2.5km、歩いても30分少しですが。
e0045768_21404108.jpg
車窓から見るサンタンジェロ城(聖天使城)。
並びにある最高裁判所も歴史を感じる立派な建物でした。

バスを降りて移動。
e0045768_21430794.jpg
こんな石畳が多いです。凸凹して歩きにくいし車で走ると騒音がうるさいし、あまりいい事ない。
e0045768_21441955.jpg
街角には時々このような水道があります。水は常時、出っ放し。
蛇口の下を押さえると上に空いた穴から水が吹き出して、口で飲みやすくなるというアイデア商品。

ちなみにイタリアの水道事情、水質は悪くはないようですが成分的に石灰質が多く、日本人には合わない場合もあるという事です。
平時よりお腹が下りやすい私は売られているミネラルウォーターで通しました。

日本のようにそこら中にコンビニや自販機がある訳ではないのでお店で買うのが普通。
今回はツアーのバスに冷蔵庫が備えられており、500mlボトルが1€という良心価格で買う事ができたので助かりました。毎日晴れて暑かったので、よく飲みましたよ。
e0045768_21494712.jpg
ママチャリというのは日本の発明だと聞いたことがありますが、これはママチャリっぽいな。でもさすがイタリア、おしゃれっぽい。
e0045768_21503985.jpg
「トレビの泉」に到着しました。
e0045768_21505896.jpg
泉の近くはスリがいるそうなので、予めコインを準備、財布はしっかりしまい込みます。
e0045768_21514470.jpg
あれ? なんかTVで見たのと違う・・・。
e0045768_21521273.jpg
なんと工事中で水がないというオチ。残念。
e0045768_22012186.jpg
それでもなかなかの混雑でした。
せっかく用意したコインも空堀に投げ入れる訳にもいかず、不発。
e0045768_21531017.jpg
すぐ横のお店でジェラートを食べて休憩。お店の中はエアコン効いて涼しかった。
ショーケース眺めてどれにしようか迷っていたら(おそらく)中国人の団体がご入店、押し出されそうになっちゃいました。まぁ、どこでも押しが強いよね、彼の国の方々は。
日本人もバブルの頃はあんなんだったんだろうか・・・。

次の目的地に向けて歩いて移動。
e0045768_22023940.jpg
スペイン広場です。

ここの石段に腰かけてジェラートを食べるのが定番だったようですが、少し前から石段に座る事が禁止されたそうです。
旅行前にニュースで聞いて知っていましたが、どうせイタリア(失礼)、そんなこと言っても実際にはOKなんじゃろうと思っていたらさにあらず、黄色いベストを着用した警察官が厳しくチェック、座る人を見ると即座に笛で警告を発していました。

いやイタリア人、日本で一般的に思われている(私だけか?)イメージと違い、けっこう真面目で熱心に仕事しますよ。ホント。
e0045768_22062057.jpg
空が青い、日差しが眩しい。
e0045768_22064995.jpg
振り返るとバチカンのサン・ピエトロ寺院が見えました。
e0045768_22081934.jpg
ここで目撃したのが「バラの花押し売りサギ」
(おそらく)西洋人の熟年カップルが目の前で餌食に。お気の毒・・・。
「ミサンガ詐欺」にも気を付けるようにとガイドさんから注意されました。

この日の観光は終了。テルミニ駅近くのレストランで夕食です。
e0045768_22130602.jpg
カルボナーラ。日本のよりあっさり目?店によっても違うのかな。
e0045768_22134825.jpg
「サルティンボッカ」という肉料理。
e0045768_22174037.jpg
最後はティラミス。ココアパウダーどっさり、むせそうだったけど美味しかった。

(あと4~5回かなー。)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-10-05 22:30 | Comments(0)

イタリア旅行その8、5日目 ~ ローマ・バチカン(前編)

・役員らが原発の町、福井・高浜町の元助役から3億円!を超える金品を受け取っていた
 関西電力。
・かんぽ生命保険の不正販売を報じたNHK番組「クローズアップ現代+」に抗議した
 日本郵政グループ。
・その圧力に屈したNHK。

世も末。

 ・・・

イタリア旅行記、再開です。
5日目となる9/16(月)はフィレンツェを出発し、ローマへ向かいます。

この日もバスで移動。
e0045768_22174305.jpg
広々とした農村地帯、時おり美しい町が現れます。
e0045768_22183857.jpg
鉄道と並走している区間もあるのですが、なかなか急には撮れません。
e0045768_22191317.jpg
少し遠い・・・。
e0045768_22194408.jpg
歴史を感じる城塞都市。
e0045768_22200427.jpg
羊だ。
e0045768_22202334.jpg
バスのガラスの反射が・・・。

4時間の長丁場につき途中でドライブインで休憩。
e0045768_22030483.jpg
黒トリュフソース大粒切りを試食。美味しゅうございました。
18.9€は少しお高いので別なのをお買い上げ。

ローマ市内に入りました。
e0045768_22222879.jpg
すぐ近くを新幹線が通過。けっこう高い頻度で走っている感じでした。
昔はイタリアの鉄道は時間にいい加減でアテにならなかったけど、近年はかなり改善されたとか。「やればできる子」ですか。
e0045768_22225093.jpg
キレイなお姉さんが登場する広告。
「Hai fatto i compiti a casa?」って、どういう意味だろうと変な期待をしながら調べたら、「宿題をしましたか?」だって。なんじゃそりゃ、
 → MARÏNAという女性歌手のアルバムの広告だったらしく。2019.9.6発売なのね。
e0045768_22092095.jpg
ピンクの花が咲いている木は夾竹桃。
丈夫で暑さや水不足にも耐える樹木なので、イタリアの気候にも合うのでしょうね。
クルマの密度が高いし街のゴチャッとした雰囲気が南寄りイタリアな感じです。
e0045768_22341630.jpg
日本と同じく、市内区間では路面電車の軌道敷内も自動車走行可能。
電停の幅が狭いのがコワい。

バスを降り、まずは昼食。
e0045768_22355858.jpg
ピザ、とっても美味しいんだけど量が多いのよ。これで一人分だから。
普通、ナポリに対してローマ風のピザは生地が薄めらしいですが、ここのお店のはモチモチ系で食べ応えあり。残念ながら少し残しちゃいました。これ以外にも野菜もたくさん出たし。

バチカンへ向かいます。
e0045768_22400051.jpg
この城壁の向こうがバチカンらしく。
パスポートの提示は不要ですが、空港っぽい手荷物検査がありました。
e0045768_22404701.jpg
ここんとこが国境だそうで。
建物の中をしばらく上ったり下りたりした後、キレイな庭に出ました。
e0045768_22420238.jpg
e0045768_22440509.jpg
サン・ピエトロ寺院のドーム屋根が見えています。
e0045768_22444408.jpg
ここで現地ガイドさんがバチカンの歴史や美術館を含めた見どころを熱心に解説。
ユーモアたっぷりの軽妙な喋り、内容もなかなかに興味深いのですが、とにかく日差しが猛烈に強くて暑いこと、話に身が入りません・・・。

ようやく解放され?バチカン美術館へ向かいます。
e0045768_21531199.jpg
大きな松ぼっくりの前を通過。
e0045768_21551226.jpg
e0045768_21560498.jpg
今日も見上げっ放しで首が痛い。
e0045768_21571885.jpg
e0045768_21575539.jpg
ボチボチこの手の名画も食傷気味。(^^;
e0045768_21585157.jpg
「地図のギャラリー」は少し毛色が変わって面白かった。
e0045768_22012065.jpg
イタリア半島、日本と同じように中央部を山脈が貫いています。
でも今回の旅行で見た範囲では可住地、農業に適した面積はずっと広そうだった。
e0045768_22032128.jpg
ベネチア。左上の方は橋が架かったり港湾・交通施設が整備されてずいぶん地形も変わっていますが、
e0045768_22045395.jpg
サン・マルコ広場を中心とした旧市街はあまり変わっていません。
e0045768_22113144.jpg
何台ものカメラで撮ってるので順番がわかんなくなってきた。(^^;
e0045768_22122275.jpg
e0045768_22130290.jpg
e0045768_22134473.jpg
法王フランシスコ、あの辺の窓から顔を出すらしいです。

この日のハイライトはシスティーナ礼拝堂、ミケランジェロの最高傑作「最後の審判」でしょうか。
(撮影禁止なので画像無し)
うん、確かに素晴らしい絵画だったけど、ずいぶん高い天井に描かれた絵だから遠くてよく見えんし、なにより人が多くて混雑した電車の中みたいな込み具合で息苦しかった方が記憶に強かったりして。(^^;

続いてサン・ピエトロ大聖堂。
e0045768_22225703.jpg
まぁデカい建物です。
e0045768_22231691.jpg
初代ローマ教皇でもある「聖ペトロ像」、足に触るとご利益があるとか。
e0045768_22244916.jpg
e0045768_22250622.jpg
e0045768_22252095.jpg
見事ですが、さすがにそろそろ疲れを感じます。(^^;
e0045768_22261096.jpg
オモチャのような兵隊さんが槍!を持って警備中。
帰国後に調べたら、バチカンの兵隊はスイス傭兵なんだそうで。へ~。
e0045768_22271265.jpg
e0045768_22284962.jpg
サン・ピエトロ広場の中央に立つオベリスク。
e0045768_22293582.jpg
広場入り口のお土産屋さんでトイレ&買い物休憩。
喉が渇いていたので冷たいドリンクの美味しいこと。
e0045768_22304027.jpg
法王フランシスコの絵ハガキがたくさんありました。人気者っぽい。

映画「ローマ法王になる日まで」を観た事もあり、個人的にも親しみを感じます。
この秋には来日するそうですね。
e0045768_22345856.jpg
列柱廊を抜け、次の目的地に向かいます。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-10-03 22:48 | Comments(0)

イタリア旅行その7、4日目後半 ~ フィレンツェ

うわ阪神勝ってるし。いよいよ奇跡の大逆転か。広島ヤヴァーイ。

 ・・・

まだまだ続くイタリア旅行記、ピサの斜塔の後はフィレンツェ市内へ。
e0045768_19044735.jpg
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。のすぐそばのレストランでまずは腹ごしらえ。
e0045768_19064841.jpg
平たいパスタ。美味しかったです。
当地ではメインとなる肉料理の前菜としてパスタを食べるんですよね。
しかもけっこうボリュームあるし。
イタリア、全般的に料理のボリュームは平均的日本人にとっては多め。
e0045768_19144142.jpg
そして肉。フィレンツェ風ステーキ「ビステッカ・フィオレンティーナ」
炭火焼の風味が豊かで、これも美味しかった。
e0045768_19164935.jpg
ドゥオーモ周辺でフィレンツェの歴史をガイドさんから解説してもらいました。
向かいの「天国の門」の復元には日本企業が尽力したそうで。
e0045768_19204489.jpg
e0045768_19213352.jpg
e0045768_19223157.jpg
e0045768_19225323.jpg
ドゥオーモは眺めるだけで通過、
e0045768_19260465.jpg
ヴェッキオ宮殿のそばのシニョリーナ広場へ。
e0045768_19235201.jpg
ネプチューン像。 あの噴水の出ドコロが気になる・・・。
e0045768_19301964.jpg
ナルホド。でもあのニョロッとしたのも気になるが・・・。
e0045768_19310885.jpg
有名人のダヴィデ像、こちらのはレプリカだそうです。本物は市内のアカデミア美術館に移設されています。
頭と手が大きめなプロポーションなのは、頭と手を使って敵(ゴリアテ)に勝利した事を現しているとか。
e0045768_19341868.jpg
ヴェッキオ宮殿とウッフィッツィ美術館の渡り廊下。

近くのお土産屋さんでトイレ休憩。
フィレンツェは皮革製品も名産。お勧めされた一枚革のコインケースはよくできているけど、私は使わないしなぁ。
ブックカバーで気に入ったものがあれば買おうかと思いましたが、不要な柄が入っていたりで気に入ったのがなく、断念。
e0045768_19374521.jpg
ウフィッツィ美術館に入場。
e0045768_19402535.jpg
どこへ行っても上ばかり見て首が痛い。
e0045768_19412890.jpg
チケットにも使われている初期ルネッサンスの名画、フィリッポ・リッピ「聖母子と二天使」。えぇ、撮影OKなんです。太っ腹。
e0045768_19424610.jpg
ボッティチェリ「春(プリマヴェーラ)」、本物です。
e0045768_19444699.jpg
みんな知ってるボッティチェリ「ヴィーナスの誕生」も!
e0045768_19454788.jpg
e0045768_19455678.jpg
深紅の壁とドームが印象的なこの部屋には入れません。
e0045768_19470161.jpg
並行した二つの建物を渡り廊下でつないだ「コ」の字型になっているので、アルノ川の際まで来てUターン。
e0045768_19481775.jpg
ドゥオーモが見えます。
e0045768_19484067.jpg
ヴェッキオ橋。
e0045768_19485382.jpg
人がこぼれ落ちそう・・・。
e0045768_19561478.jpg
この屋根の色がイタリアっぽい。
e0045768_19492732.jpg
天才、ダ・ヴィンチの思いが込められた未完の大作。
e0045768_19502056.jpg
ミケランジェロの「聖家族」、壁画以外の絵画としては唯一の作品だそうです。
これも現代の目で見ると退屈な絵にしか見えませんが、当時としてはずいぶん挑戦的、アバンギャルドな作品だったとか。

ルネッサンス期の絵画、正直言って今まではあまり興味がありませんでした。
(ポスト印象派、フォーヴあたりが好き)

でも今回、本物の絵をガイドさんにいろいろ説明してもらって初めて、その意義や良さが理解できた気がします。
なんでもやっぱりその時代背景や文脈と合わせて観ないと、位置づけがわかりませんね。

しっかり見たい向きは引き続きガイドさんが下のフロアも案内してくれるそうでしたが、ウチは他に見たい、行きたいところがあったのでここでリタイヤ。ちゃんと途中下車できる出口がありました。
e0045768_19570264.jpg
再びドゥオーモの近くに戻って、
e0045768_19572442.jpg
西方面へ向かいます。
(ドゥオーモの鐘楼にも登って上から街並みを見下ろしたかったのですが、予約も無いし時間も無いしで断念。)
e0045768_19583220.jpg
こんな道路の上で絵を広げて売るなよ、うっかり踏んづけたらどうすんだ?
と思ったら、それが作戦だそうで。上ばっかり見てるとトラップに引っかかりますよ。
e0045768_19594013.jpg
e0045768_19594886.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ教会
e0045768_20051278.jpg
の近くにある
e0045768_20020433.jpg
サンタ・マリア・ノヴェッラ薬局へ。
世界最古の薬局だそうですが、現在では薬というより香水や化粧品がメイン。
日本人?の店員さんがいて大変助かりました。
e0045768_20032866.jpg
私は化粧品より専ら、素晴らしい建物に興味。(撮影はお断りしてOKでした。)
e0045768_20042626.jpg
e0045768_20043759.jpg
e0045768_20044425.jpg
ウチの前にお会計していた韓国美人?、気前よく買ってたなぁ。
「美」にかける投資額が違うらしく。

そろそろ帰路につきましょう。
宿が少し離れている都合上、集合時間に間に合わないと連れて帰ってもらえんので。
e0045768_20075571.jpg
薄ーい。
e0045768_20085709.jpg
アルノ川まで戻ってきました。
e0045768_20081502.jpg
夕日を受けるヴェッキオ橋。
e0045768_20092827.jpg
反対側は夕焼け。
e0045768_20100353.jpg
e0045768_20104567.jpg
橋の上、両側には宝飾品店が並んでいます。
なんでも創建当時はお肉屋さんなどもあったのですが、においが宮殿まで流れてくるので高貴な方の評判が悪く、ご法度になったとか。
e0045768_20132734.jpg
この日も見物を欲張っていたら食事をゆっくり楽しむ時間も無くなり、
e0045768_20143869.jpg
またもファストフード店のピザ。まぁ安くておいしいし注文もラクで間違いなくていいんですが。ちなみにヨメがラッパ飲みしているのは赤ワインではなくてコーラ。
e0045768_20150963.jpg
暑い中よく歩いたのでビールが美味しいこと。
イタリアのビールはだいたいサッパリめの味わいで飲みやすいです。
違う銘柄でもう一本頂きました。
e0045768_20161481.jpg
広場のメリーゴーランド。
e0045768_20164175.jpg
空がいい色です。
e0045768_20165743.jpg
無事に集合場所に到着。
e0045768_20171996.jpg
このシャレた時計屋さん、帰りにもう一度ゆっくり寄りたかったのですが、タイムオーバー。
e0045768_20180254.jpg
ピサの斜塔(カバン置いていたのでスマホ携帯せず)を抜いても21,739歩。
よく歩きました。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-09-29 20:36 | Comments(0)

イタリア旅行その6、4日目 ~ ピサの斜塔

おぉ、ラグビーW杯、日本が強豪・アイルランド相手にまさかの勝利!
全く興味ないので全然見ていないのですが。(^^;

ところで会場になっている静岡は袋井のエコパって、去年の秋のヤマハ「歴史車輛デモ走行見学会 2018」の駐車場で使ったところだな。

 ・・・

イタリア旅行の4日目、9/15(日)はピサの斜塔です。

フィレンツェから高速道路でピサに向かう途中、「ルッカ」という町の手前で古い水道橋が見えます。
e0045768_22343650.jpg
紀元前に作られたローマの水道橋に比べると新しいですが、それでも19世紀だそうです。
ナポレオンの妹であるエリザ・ボナパルトがここら一帯を統治していたこともあるそうで。

少し離れた駐車場でバスを降り、歩きます。
e0045768_22485529.jpg
だいぶ我慢してるらしく。
e0045768_22492473.jpg
折り畳み式テントのようなお土産物店舗が並んでいます。アルベロベッロの街並みみたい?
e0045768_22505250.jpg
この城壁を抜けると
e0045768_22522141.jpg
斜塔のある「ピサ大聖堂」に出ます。ピサの斜塔というのは聖堂の鐘楼なんですね。
e0045768_22535779.jpg
うわ、マジで傾いてるな。
e0045768_21021710.jpg
反対側から見てもやっぱり、傾いている。
e0045768_21023799.jpg
もう見ているだけで気分が悪くなってきそう。

予約の時間まで撮影タイム。
e0045768_21031842.jpg
支えるバージョンと
e0045768_21034509.jpg
押してるパターン。なぜか足元を駆け抜ける犬。(◎_◎;)
e0045768_21041338.jpg
塔に入場する際には手荷物はロッカーに預けなくてはなりません。
e0045768_21044288.jpg
ここの柱も世界のアチコチから分捕ってきた戦利品じゃろうか。
e0045768_21054683.jpg
いざ、行かん。
e0045768_21065874.jpg
床が傾いており、足を踏み入れた瞬間、めまいを感じてフラッとします。
4度近く傾いているそうですが、相当なものです。

えぇ、私の撮る写真もよく傾いており、ブログにアップする前に補正することがありますが、せいぜい2度くらい。
人間の感覚というのはけっこう鋭敏なものです。
e0045768_21123479.jpg
暗いし傾いてるし狭いし階段は擦り減っていて滑るし。
e0045768_21185326.jpg
人数制限で正解です。人の重みで傾くことは無いでしょうけど。
e0045768_21202323.jpg
お~、いい眺めだ。と思いながら一周したら、もう一段上がありました。
e0045768_21210828.jpg
今度こそ最上部♪ と景色を眺めていたら突然、耳元で轟音が! なんと鐘が鳴りだしました。



鼓膜がジンジンする音量でした。
(Wikipediaによると鐘の音はスピーカーから流されているとか。マジか(+o+)
そう言われて録画をよく見ると、確かに内部の「舌」と言われる、ぶら下がった部品が動いてない・・・。)
e0045768_21232419.jpg
e0045768_21233375.jpg
e0045768_21234567.jpg
e0045768_21235582.jpg
街並みがキレイです。そろそろ降りましょう。
特に時間制限とかは無かったです。
e0045768_21242801.jpg
降りる途中でヨメが足を滑らせ、ズルっとしたところで上がってきた女性が思わず「危ないっ!」と日本語で。
関西からお見えになった日本人旅行客でした。(^^;
e0045768_21275137.jpg
お土産物のレモンチェッロも傾いてるし。飲む前から酔いそう。オエッ
e0045768_21281559.jpg
世界中から訪れた観光客が思い思いに記念撮影をしています。
e0045768_21284881.jpg
このくらいでした。
e0045768_21291937.jpg
こちらの聖堂の中にも入れたのですが、時間切れで残念。
e0045768_21325310.jpg
ドンキもビックリの圧縮陳列。

この後はバスでフィレンツェに戻りました。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-28 21:50 | Comments(0)

イタリア旅行その5、3日目 ~ ベネチア市内観光(後半)→フィレンツェへ

9月も末なのに蒸し暑い。

9月も末なのにカープのAクラス=CS進出も決まらない。
カープが残りの1試合に負けて4位の阪神が3試合全部勝つと逆転だとか。マジかよ。
なんか危なくなってきたな。優勝どころかAクラスも危うい。

 ・・・

10月から消費増税との事で、駅の定期券売り場は行列。

私のは更新はまだなのですが勤務先に定期代を請求する月なので増税後の金額を「NAVITIME」で確認したところ、なぜか同額で値上げ無し。

そんな事ないだろうと他のサイトで調べたらちゃんと増額されている。

しっかりしてくれよ、ナビタイム・・・。

 ・・・

イタリア旅行、3日目となる9/14(土)、ベネチア市内観光の続き。
e0045768_21361273.jpg
ガラス工房を後にし、名所「リアルト橋」に向かいます。
ちなみに観光地にある公衆トイレは有料。1€とか1.5程度。
飲食店やお店を利用すれば無料で使えます。
e0045768_21371293.jpg
ゴンドラが行く運河越しにサン・マルコ広場の大鐘楼が。
e0045768_21375099.jpg
小さ目の広場に出ました。人が多いな。近くまで来た感じ。
e0045768_21385398.jpg
あちらのようですね。しかし人が多い・・・。
e0045768_21393660.jpg
あまりの混雑で少しずつしか前に進めません。スリに気を付けないと。
e0045768_21401121.jpg
写真を撮るのも順番待ちです。
e0045768_22211132.jpg
いい眺めですが日差しが強く、暑くて長居はできません。次の人が待ってるし。
日陰となる橋の反対側に移動。
e0045768_21420677.jpg
反対側の大運河。
e0045768_21432091.jpg
どこを切り取っても絵になります。
e0045768_21451013.jpg
橋を渡ると時間が無くなりそうなので、ここで引き返すとします。
e0045768_21465626.jpg
まさかの行き止まり・・・。ベネチアは迷路。
e0045768_21494321.jpg
なんとかたどり着きました。ジェラート店「SUSO」
e0045768_21501587.jpg
暑いので尚のこと美味しい! レモンが特に気に入りました。
e0045768_21532705.jpg
e0045768_21533748.jpg
e0045768_21535061.jpg
いかにもな土産物っぽくないデザインが気に入ったので、Tシャツを購入。
20€(ユーロ)くらいだったかな。

そんな調子でブラブラしていたらレストランでゆっくり食べる時間も無くなってしまったので昼食はファストフード風なお店でピザ。
e0045768_21570259.jpg
カウンターのショーケースに並んでいる現物を「コレをクレ!」と指さすだけで済むので簡単です。ちゃんと温めてくれるので美味しいし。
ワインの注文は問題ないけど、ヨメさんのカンパリソーダの注文がなかなか通らず、てこずった。
お姉さん怖い顔で「ナニガホシイノカワカンネーヨ!」とか言ってるし。まぁ最終的には何となく通ったのですが。割り方とかで色々あるのかなぁ、ひょっとして。
e0045768_22042974.jpg
e0045768_22044302.jpg
チョコレートの老舗ブランド「Venchi」のお店。ディスプレイがカワイイ。
買おうかと思いましたが溶けそうなので止めときました。
e0045768_22060334.jpg
八百屋さん
e0045768_22062053.jpg
トリュフ、松茸と並び称される世界三大キノコの「ポルチーニ」だ!
1kgで37€だって。食べてみたいけど量が多すぎるし第一、生モノは持ち帰れないか。
e0045768_22094930.jpg
人相の悪い人たちが。
人相と言えば横浜市長の林文子サン、最近カジノ関係でよくTVで見るけど、なんか人相が悪くなった気がするなぁ・・・。
e0045768_22112908.jpg
アクリルに植物素材を閉じ込めた皿、「るるぶ」に出てたな。

いよいよ集合時間ギリギリになってきたのでホテルに帰ろうとしますが、ここでまた道に迷いかける。(^^;
添乗員さんが言ってたな、「迷ったときはサン・マルコ広場にいったん戻れ。」って。
e0045768_22161815.jpg
よし、ここまで来れば安心だ。(^^;

無事に集合し、再び水上タクシーに乗り込み、本土を目指します。
e0045768_22192912.jpg
復路は往路と違い、グランド・カナルでリアルト橋を潜るルートでした。
e0045768_22205417.jpg
さらば、ベネチア!

バスに乗り込み、フィレンツェを目指します。
e0045768_22223817.jpg
e0045768_22225352.jpg
途中、初めて高速道路上のSAで休憩。
イタリア人並みにすかさずコーヒーをいただきます。
ピザ以上にコーヒーはハズレがない。ただし、日本で普通に出てくるアメリカンスタイルの薄いのはめったにありません。苦~いヤツですよ。まぁカプチーノにすれば飲みやすいか。私はエスプレッソばかりでしたが。

フィレンツェ市内に入る前に「ミケランジェロ広場」に立ち寄りました。
e0045768_22244758.jpg
フィレンツェ市内がよく見えます。
e0045768_22253987.jpg
フィレンツェのシンボル、ドゥオーモ。壮麗。
e0045768_22252635.jpg
ヴェッキオ橋やウフィッツィ美術館は次の日に訪れる予定です。
e0045768_22362650.jpg
リストランテ「ラーメンテイ」
ちょっと食べてみたい気もしましたが、この日はホテルで夕食です。
e0045768_22372493.jpg
キノコのパスタ
e0045768_22373943.jpg
豚肉。レモンソースだったか?
e0045768_22375803.jpg
デザート。NIL HOTEL、食事はイマイチだったか・・・。

(まだまだ当分、続きます。)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-25 22:55 | Comments(0)

イタリア旅行その4、3日目午前 ~ ベネチア市内観光(前半)

イタリア旅行、3日目となる9/14(土)、まずはベネチアの市内観光。
e0045768_21525032.jpg
サン・マルコ広場からは豪華巨大客船が。

日中は日差しが厳しくて暑さを感じますが、朝は涼しくて爽やかです。
e0045768_21532317.jpg
朝早くに眺めたサン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂。
e0045768_21572397.jpg
まずはドゥカーレ宮から。
e0045768_22025668.jpg
中庭
e0045768_22034705.jpg
ドーム屋根は隣のサン・マルコ寺院
e0045768_22062506.jpg
回廊をガイドさんの説明を聞きながら。
有名観光地では必ず現地のガイドさんがついて達者な日本語で説明してくれます。
皆さん実に熱心に、誇りをもって詳細に説明してくれるのですが、脳みそにアルコールが染みたアホ観光客のキャパは超過気味。

いやホント、イタリア人、仕事熱心ですよ、みんな。
いい加減で享楽的なステレオタイプは今回の旅行で完全に覆されました。m(__)mゴメン
e0045768_22104769.jpg
広場の鐘楼が頭をのぞかせています。
e0045768_22113687.jpg
e0045768_22115523.jpg
e0045768_22122324.jpg
e0045768_22123670.jpg
豪華絢爛な天井装飾に今日も口あんぐり。首が痛い。
e0045768_22135791.jpg
このだだっ広い部屋は確か評議会の間だったような。
ベネチア共和国、市民の政治参加が非常に進んでいたそうです。
e0045768_22252207.jpg
ハイ皆さ~ん、こちらが世界最大の油絵、ティントレット(1519~1594年)作の「天国」(1588~1592年)になります。
大きさは(凸凹なのでどこからどこまでかよくわからんけど)なんと、天地7メートル、幅22メートル!

ドゥカーレ宮殿で裁かれた結果、有罪になった罪人は裏手の狭い通路から隣の建物の牢屋へ、運河を超える橋を渡って送られたそうです。
e0045768_22303713.jpg
狭! さっきまでの豪華絢爛な空間と様変わり。
e0045768_22310118.jpg
牢屋ですよ。下層階にある牢はしばしば水に浸かったとか。
e0045768_22313510.jpg
囚人たちが投獄される前、最後に見るベネチアの美しい景色を見てため息をもらした、というところから、19世紀にジョージ・バイロンが「ため息橋」と名付けたとか。
e0045768_22322336.jpg
今では恋人同士がため息橋の下で日没時にゴンドラに乗ってキスをすると永遠の愛が約束されるそうですよ。
e0045768_22334937.jpg
終了。
e0045768_22341141.jpg
続いて隣のサン・マルコ寺院へ。
e0045768_22351975.jpg
e0045768_22352906.jpg
絵画に見えますがモザイクだそうです。これまた見事。

内部は撮影禁止につき、写真は無し。でも素晴らしかったです。
e0045768_22384252.jpg
その重厚さ加減と歴史の重さにお腹がいっぱいになったところで次の目的地へ歩いて移動。
ガラス工房に向かいました。

いわゆるベネチアングラスは現在では本島ではなく、隣のムラーノ島で全て作られるそうですので、今回訪れる工房は観光客相手のデモンストレーション用です。
e0045768_22410026.jpg
とは言え本物の炉、熱気がスゴイ。
e0045768_22413233.jpg
溶けて明るく輝くガラスを取り出します。
e0045768_22421911.jpg
職人さんがチョイ、チョイといじくりまわしていると、あっという間に
e0045768_22430971.jpg
なんと馬が!
e0045768_22432690.jpg
ドヤア!

この後は同じ建物内のショールームにご案内。
ここでもまた日本語の達者な(現地人)お兄さんが登場、ユーモア満載のセールストークで場を盛り上げます。イタリア人、実にサービス精神が旺盛です。

ヨメは生け花用の花瓶(100€(ユーロ))をお買い上げ。
重たいけど頑張って日本まで持って帰ってね。

一つならいくらだけど二つ買うと大幅値引き!という商法はけっこう多かったな。

(まだまだ当分、続きます。)

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)


by t_bow2002 | 2019-09-24 22:54 | Comments(0)

イタリア旅行その3、2日目後半 ~ ミラノ→ベネチアへ

長い休暇も終わりました。明日は社会復帰か・・・。

 ・・・

日本海側を通過した台風ですが、意外と日中いっぱい強い風が吹きました。
こないだほどではなかったですが、特に対策もしていなかったので植木の鉢が倒れたり。

南風と共に湿った温かい空気が入り、蒸し暑かったです。

 ・・・

イタリア旅行、2日目となる9月13日(金)の午後はミラノからベネチアへ向かいます。
移動は大型バスで、高速道路を利用して3時間半(280km弱)の道のりです。
e0045768_21360034.jpg
途中、一面のブドウ畑のエリアがありました。ワインの原料になるのでしょう。
イタリア、農業国でもあるんですね。
機械化されているであろう、広大な農地を多く見かけました。
ブドウのほかにトウモロコシやヒマワリ畑、牧草地なども。

バスの移動が長時間になる時は途中でトイレ休憩も兼ねてドライブインに入ります。
高速道路上にも日本と同じような売店・飲食店が併設されたサービスエリアがありますが、今回のツアーではいったん高速を降りて、近くにある民間のドライブイン的なお店に入ることが多かったです。(旅行代理店の都合もあるのでしょう。)

店内に入ると必ずどこでも日本人か、日本語の達者な東洋人の店員がおり、試食・試飲をガンガン勧めながら商品を説明してくれます。
価格はまぁ、地元のスーパーよりは高いかもしれませんが日本で買うよりは安い、というところでしょうか。
とにかく試食・試飲ができるので味を確認して購入できる面はメリットは大きいです。
e0045768_21543171.jpg
イタリア、大都市の中心部は建て込んでいるし車が多くて窮屈ですが、ちょっと郊外に出ると広々していて気持ちがいいです。
トヨタのC-HRはけっこう人気のようで、よく見かけました。
(車とバイクの話は改めて最後にまとめて。)

ベネチア本島へ渡る橋は鉄道と並走します。
e0045768_21392857.jpg
イタリアの新幹線だ!
e0045768_21394697.jpg
「イタロ」も!
最初のは国鉄、イタロは私鉄だそうです。
イタロはフェラーリの資本も入っているのでフェラーリっぽい赤なのだとか。

港でバスを降車。
e0045768_21442313.jpg
高架を走るのは港のターミナルと党内旧市街の入り口広場を結ぶ新交通。
我々は水上タクシーに乗り込みます。
e0045768_21495221.jpg
この日は島内に宿泊するのでスーツケースも持ってきているのですが、荷物だけ先に別な船でホテルへ。大名旅行でラクだなぁ。

水上タクシーの船内はこんな感じ。
e0045768_21503928.jpg
日差しが強いので初めは船内にいましたが、
e0045768_21565353.jpg
やっぱり外の景色をよく見たいので、船頭さんの後ろに陣取ります。
e0045768_21582973.jpg
日差しは強いですが空気はカラッとしているし、水面を渡る風は涼しく、意外と暑さを感じませんでした。

幅の広い大運河(カナル・グランデ)から狭い運河に曲がります。
e0045768_22005519.jpg
いよいよベネチアらしくなってきました。
e0045768_22025510.jpg
まさかのゴンドラ渋滞中。
この後、せっかくゴンドラに乗っても後ろからエンジン船にあおられたら雰囲気無くてかなわんなぁ。
e0045768_22040512.jpg
古い建物ばかり、壁が落ちてきそうでコワい。
e0045768_22091680.jpg
宿泊するホテルは運河沿いにあり、運河に面した出入り口から直接、入館しました。
e0045768_22061415.jpg
「BONVECCHIATI」というホテル。こじんまりとした雰囲気です。
e0045768_22060742.jpg
観光の中心部に近く立地は最高。普通に止まると高いらしい・・・。
e0045768_22343295.jpg
でもこのエレベーターの狭さには驚きましたね。こんなの初めて見た。
とにかく幅が狭くて真っ直ぐ入ると肩が両サイドに触れるし、横向きになって大人なら二人がいいところ。体格のいい欧米人なんか、一人だな。
この隣にあったのは普通だったので、大きめの箱ひとつより小さめでも二つの方がいいと思ったのでしょうけど。

少し部屋で休憩した後、ゴンドラ遊覧に向かいます。
e0045768_22131868.jpg
郵便ポスト、落書きにステッカーにずいぶんお化粧しちゃってます。
e0045768_22141007.jpg
通称「ハードロック・カフェ前」の乗り場から乗船。

同じツアー参加者でも新婚さん?は二人だけで、ウチ含むその他は4人で同乗です。
e0045768_22155392.jpg
シマシマのシャツは船頭さんのトレードマーク。
サービスのいい船頭さんは歌を歌ってくれるみたいですが、今回はハズレでした。
(もしかしてチップ次第?いやチップは後払いだしな。)

後ろの橋は有名な「リアルト橋」です。明日、行こう。
e0045768_22170899.jpg
うん、スゴイ人だ。
e0045768_22174050.jpg
運河でも交差点にはコーナーミラーがありますよ。

ゴンドラ乗船中は水上タクシーに煽られることもなく、静かに楽しめました。

この日の夕食はツアーに含まれていないので自由行動です。
とは言っても不安があるので添乗員さんにいくつか安心できるお店を案内してもらって入りました。
e0045768_22252774.jpg
魚介のフライ、山盛りで出てきてビックリ。
イタリア、基本的にけっこうボリュームはしっかりあるので、オーダーは慎重に、少しずつ頼んだ方がいいと思います。

味はどこも良かったですね。何を食べてもだいたい、美味しいです。
このフライもサクッと軽く揚がっていましたよ。

飲食店の物価はまぁ、日本と同じくらいかな。
税金が20パーセント少し含まれているので、税抜きならその分、日本より安いか。

よく聞く「水よりワインが安い」というのは言い過ぎ、盛り過ぎです。さすがにそんな事はない。
水が割高なので、昼でもワイン・ビールを飲んじゃう、くらいの感じですかね。

食料品は地元の人が買うようなスーパーで買えば、日本より明らかに安いです。
アルコール類も。

イタリア、昔「リラ」だった頃はかなり物価も安かったそうですが、ユーロになってからはだいぶ上がったらしく。

あと店内は実際にはもっと薄暗いですが、食べ物の写りを考えて明るく調整しています。
e0045768_22274090.jpg
お約束のイカ墨パスタ。

食後はサンマルコ広場周辺を中心にブラブラ散策。
e0045768_22292498.jpg
欧米人が多いですが、日本人や東洋人もよく見かけました。
e0045768_22300772.jpg
サン・マルコ寺院は次の日に見学予定。
e0045768_22305682.jpg
広場も夜になると涼しいので、ここで食べるのも気持ちよさそうです。
e0045768_22312343.jpg
バンドの生演奏、3か所で行われていました。





イタリアなのにスター・ウォーズ?!
e0045768_22334681.jpg
e0045768_22364868.jpg
ちょっと怖い雰囲気の土産物店。
ベネチアではカーニバルがあるらしく、それ用の仮面を売っているお店も多かったです。
e0045768_22375077.jpg
ベネチアと言えばガラス。
このお店はモダンテイストの作品が多かったです。
なかなかシャレてるなぁ。猫ちゃんの中にいる金魚は食べられちゃったの?
e0045768_22392285.jpg
日本語で頑張っているけど絵が残念。ちっとも美味しそうに見えない。

ちなみに観光客相手のレストランはメニューも英語併記、どうかすると簡単な日本語は通じたりするので、あまり不便はないです。
商店の品物もみな値段が明記されていますし、会計時にはレストランも同じく、ちゃんとレジで印字されたレシートを事前に見せてくれるので会計も明朗、安心です。

次の日、9月14日(土)、3日目。

朝食と集合の時間に余裕があったので、早起きして周囲を散歩。
(えぇ、ビンボー症なので。)
e0045768_22440407.jpg
サンマルコ広場です。きれいな朝焼けに鐘楼と寺院がシルエットに浮かび上がります。
e0045768_22460364.jpg
EXILIM ZR1600の「HDRアート」で。

大運河を目指します。
e0045768_22472258.jpg
お~、なかなかいい感じだ。
対岸の島にある「サン・ジョルジョ・マッジョーレ聖堂」
e0045768_22485700.jpg
右に目を転じると「サンタ・マリア・デッラ・サルーテ聖堂」
e0045768_22494148.jpg
ゴンドラが係留されています。
e0045768_22495103.jpg
日の出です。そろそろホテルに戻りましょう。
早起きしてよかった。
e0045768_22421738.jpg
朝ごはんはメニューも豊富、美味しかったです。
e0045768_22423799.jpg
甘そうなケーキもたくさん並んでいました。さすがに朝からは食えん。

出発前にロビーにある新聞を眺めます。読めんけど。
e0045768_22510189.jpg
英語でも語彙不足で歯が立たん。情けない。
e0045768_22514313.jpg
なんと小泉進次郎と滝川クリステル・・・。

「Paternity leave resulted in pay cuts,men say」とあります。
結婚自体の話よりも育児休暇がもたらす給与削減にフォーカスしているようですが。

どうするんでしょうね、大臣。本当に育休とるのかな?

新聞ネタでもう一点、帰国後に留守中の分を読んでいたら
e0045768_22554317.jpg
「沈みゆく水の都ベネチア」 by 朝日新聞。なんてタイムリーな。
e0045768_22563091.jpg
言われてみればテレビでサンマルコ広場がジャブジャブになってる映像を見た覚えがあるな。今回はそんなタイミングに遭遇せずによかったですが。
e0045768_22571726.jpg
壮大な土木工事で対応する計画のようですが、莫大な費用もかかるし水質悪化の懸念もあるようです。
確かにゴンドラ乗ってる時も少し、においが気になる時がありました。

この美しい街を危機に追いやっているのが地球温暖化だとすれば、やっぱりもっと真剣に行動しないといけないですね。

(EXILIM ZR1600、K-7+タムロン10-24mm、少々スマホ)



by t_bow2002 | 2019-09-23 23:20 | Comments(0)


バイク、車、鉄道、スキー、写真など話題はとめどなく拡散。H23春、広島から大船に転居。


by t_bow2002

プロフィールを見る
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
バイク


choro-Q
スキー
ハリネズミ
山歩き
カメラ・写真
メダカ・ウーパールーパー
鉄道
読書
未分類

最新の記事

日帰り用ザック、カリマー「セ..
at 2019-10-19 21:58
熊谷達也「相克の森」
at 2019-10-18 23:32
口呼吸テープ「おやすみブリー..
at 2019-10-17 23:04
安曇潤平「黒い遭難碑 山の霊..
at 2019-10-16 22:34
イタリア旅行、番外編 ~ 現..
at 2019-10-15 22:34

最新のコメント

> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 21:22
おはようございます、t_..
by たか++ at 05:32
> ししとーさん こん..
by t_bow2002 at 21:43
6年前の8月にイタリアに..
by ししとー at 05:47
> たか++さん こん..
by t_bow2002 at 22:51
こんにちは、t_bowさ..
by たか++ at 18:26
> ししとーさん ソニ..
by t_bow2002 at 21:30
私の場合、2年目に値段が..
by ししとー at 22:09
> ししとーさん お久..
by t_bow2002 at 20:50
お腹がくちくなったら、眠..
by omachi at 22:14

以前の記事

2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

タグ

外部リンク

ブログジャンル

車・バイク
カメラ